メンズ ランニング ウェア
2018年10月17日

メンズランニングウェア人気おすすめ3選!選び方を徹底解説!!

ランニングウエアの選び方とは?

ランニングウエアはどのメーカーも機能性やデザイン性に優れたものが多く揃っています。一番はランニング時にストレスを感じないものを選ぶことをおすすめします。

また、自分の気に入っているデザインやメーカーを選ぶことはモチベーションにもつながります。季節や天候、トレーニング内容によっても変化をつけるとトレーニング効果も充実していきますのでそういったことも頭に入れながら選ぶと快適にランニングを行うことができます。

トレーニング内容によってランニングウエアを変えよう!

ゆっくりランニングを行う日は身に付けるグッズを増やしてカッコ良くお洒落にしてみたり、スピードを出すトレーニングの日はランニングウエアが邪魔になってストレスにならないように、走ることに集中できる軽装で、といったようにトレーニングの内容によってウエアに変化をつけるとトレーニングに取り組む時のモチベーションにメリハリをつけることができますし、多くのバリエーションを持つとランニングを楽しむこともできます。

ストレスレスの自分に合ったランニングウエアを選ぼう!

速乾性に優れたウエア、自分の体にフィットしたウエア、など走っている時に不快感がなくランニングに集中できる、楽しめるウエアを選ぶことが大切です。

自分の気に入ったデザインのウエアでモチベーションアップ!

ランニングに限らずどんなトレーニングへ行く時やレースへ出場する時はどのレベルでもいかにモチベーションを上げられるかということは大切な要素です。

ナイキのメンズおすすめランニングウエア3選

メンズ DRI-FIT ハイパードライ GFX タンク タンクトップ

NIKE-JAPAN(ナイキジャパン) メンズ DRI-FIT ハイパードライ GFX タンク タンクトップ 889634-M-010

Amazonで詳細を見る

タンクトップは夏の気温が高い日のトレーニング時のマストアイテムです。ランニング時にはできるだけストレスなくトレーニングできるウエアを選ぶことがポイントです。

ナイキ Tシャツ 半袖 ライズ 365 ショートスリーブ ランニングトップ

ナイキ Tシャツ 半袖 ライズ 365 ショートスリーブ ランニングトップ 910837-328 DEJU/IGL S

Amazonで詳細を見る

Tシャツは夏も冬も使用できるアイテムです。夏は少しゆっくり目のジョギング時に、冬はアームウオーマーや手袋を着用すればTシャツでスピードを上げたトレーニング時でも冷えを防止しながらトレーニングを行うことが可能です。

NIKE メンズ DRI-FIT 7インチ プリンテッド チャレンジャー ショート

(ナイキ) NIKE メンズ DRI-FIT 7インチ プリンテッド チャレンジャー ショート(PU-パープル、S)

Amazonで詳細を見る

ショートパンツも夏も冬も活用できるアイテムです。夏はロングタイツよりもショートパンツを着用したほうが快適に走れ、動きを意識できてトレーニング効果をより得ることが可能です。

冬はロングソックスを着用してショートパンツを着用すればスピードを出す質の高いトレーニングも可能です。ただし、あまりにも寒い日は筋肉が冷えてケガの原因にもなるためロングタイツを着用するなど、自分の感覚に合わせて対応することが大切です。

季節や天候によってランニングウエアに変化をつけよう!

ランニングウエアを選ぶときは天候や気温や季節に応じて選ぶことも大切になります。
気温が高くなる季節な熱を逃がしやすいような通気性に優れたウエアを選ぶようにしましょう。半袖、ランニングパンツのような短いパンツがおすすめです。ランニングタイツを履きたいという人は通気性のよい薄手のタイツがおすすめで。夏の暑い日に厚着をしてしまうと脱水症状になる危険性おありますし、厚着をするとダラダラ走ってしまったりランニングウエアが邪魔になりストレスを感じて集中力に欠けたりランニングフォームが悪くなる可能性もあるので自分が快適に感じるラフなウエアを選ぶことが大切です。

気温が低い季節は保温性に優れたウエアがおすすめです。冬の気温の低い日に肌が露出するウエアを着用すると冷えて筋肉が硬直しけがの原因になるためトレーニングに応じて長袖シャツやロングタイツを着用すると快適にトレーニングすることができます。

さらに、あまりスピードを出さないジョギングやウオーミングアップ時にはウインドブレーカーを着用すれば保温性が高まります。
スピードを出すトレーニング時はアームウォーマーやネックウオーマーや手袋、ロングソックスなどを着用すれば冷えを防止しながらしっかり動きも意識できるため冬でも質の高いトレーニングが可能になります。

まとめ

ランニングウエアを選ぶ時は季節や気温天候、トレーニングの内容に合わせて変えていくとより良いパフォーマンスを発揮することができます。
夏に厚着で走るとランニングフォームの動きが悪くなる可能性だけでなく、脱水症状になる恐れもありますし、冬の気温が低い日に薄着をしていると冷えてケガにつながる恐れがあるため、自分の感覚に合わせて臨機応変に変えていくことが大切です。

また、お気に入りのランニングウエアを着用すれば大きなモチベーションに繋がります。自分に合ったお気に入りのランニングウエアを着用してランニングをもっと楽しみましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。