2018年7月31日

ランニングシューズのサイズ選びにお困りの方必見!選び方とおすすめ紹介!

ランニングシューズを選ぶ時は何をポイントに選んだらいいのか?ランニングシューズ選びの重要なポイントの一つがサイズ選びです。
自分に合わないシューズを履いてトレーニングを続けるとケガを引き起こす原因にもなります。自分に合ったランニングシューズの選び方を紹介します。

初心者向けのランニングシューズを紹介している記事はこちら!
初心者におすすめのランニングシューズを徹底解説!

「足の相談所」で足の悩みを解決!

「足の相談所」は足の不調などを専門医に相談できるサービスです!
LINEにて友だち登録を行い、現在の症状や要望を伝えるだけで、そのために必要な靴やインソールの選び方、ケアの方法をお伝えします!

こちらから友だち登録を行い、早速相談してみて下さい。

QRコード
足の相談所
友だち追加ボタン
友だち追加

「足の相談所」の詳しい使い方はこちら!

「足の相談所」の詳しい使い方について

ランニングシューズのサイズ選びのポイント

ランニングを行う時にランニングシューズ選びは大事なポイントの一つです。
ランニング中に足が痛くならないか、マメができないか、ランニング中にストレスにならないかなど慎重に選ぶことが大切です。ランニングを行う時には地面に接地している部分は足裏だけです。地面を蹴った時の力はシューズを通して伝わるので発揮した力を無駄なく路面に伝えるシューズを選ぶと快適に走れるでしょう。

  • フィット感を確かめよう
  • ランニングシューズ選ぶ時はかかとに合わせるのつま先にあわせるの?
  • ランニングシューズ、何センチ余裕を持たせるの?
  • フィット感を確かめよう

    自分が発揮した力を無駄なく地面に伝えるにはランニングシューズが足にフィットしているかということが大切です。
    フィット感が自分に合っておらず、シューズの中で足がずれてしまうと自分が発揮した力が逃げてしまいます。逆にフィット感がきついと地面を強く蹴れない、マメができるなどの原因になります。また、ランニングは長時間行うと足が浮腫んでくるので、きつすぎるシューズは足が圧迫されてケガの原因につながります。
    足にフィットするシューズを選ぶ時は何種類かのシューズを店頭で実際に履き比べてみることが大切です。

    ランニングシューズ選ぶ時はかかとに合わせるのつま先にあわせるの?

    店頭でランニングシューズを選ぶ時は何種類かのシューズを手に取って実際に履いてみることが大切です。足を入れたらまずはかかとをしっかり合わせるようにしましょう。

    ランニングシューズ、何センチ余裕を持たせるの?

    次に靴紐を締めます。この時につま先に1cm程の余裕を持たせることが理想です。長時間のランニングでは足が浮腫んでランニング後半は足が大きくなってしまうので、余裕を持たせることで解消できます。
    店頭で履いてみる時は両足履いて少し歩きフィット感や違和感がないかなどを確かめるようにしましょう。

    ナイキのおすすめランニングシューズ3選

    ランニング初心者の人でも快適にランニングを行えるシューズを紹介します。

  • ナイキ ルナエピック LOW フライニット 2
  • ナイキ エア ズーム ペガサス 35
  • ナイキ エア ズーム ストラクチャー 21
  • ナイキ ルナエピック LOW フライニット 2

    NIKE ナイキ ランニングシューズ 24.5cm ルナエピック ロー フライニット 2

    Amazonで詳細を見る

    ナイキ ルナエピック LOW フライニット 2は月面を歩いているような感覚のクッショニングの柔らかさと軽さで快適な履き心地です。重さが気になるランナーの方におすすめの1足です。

    ナイキ エア ズーム ペガサス 35

    ナイキ(NIKE) ウィメンズ エア ズーム ペガサス 35

    Amazonで詳細を見る

    ナイキ エア ズーム ペガサス 35はナイキのクッショニングを重視したシューズの中でもポピュラーで、長年初心者からエリートランナーまで幅広く使用されているシューズです。ソールの厚み、クッション性はもちろん、ナイキID対応で自分の好きなデザインのシューズを作成することができるので、クッションんですが軽さや反発性もあるので路面に加えた力を推進力に変えてくれるシューズになります。デザイン性重視のランナーにおすすめです。

    ナイキ エア ズーム ストラクチャー 21

    ナイキ ウィメンズ エア ズーム ストラクチャー 21

    Amazonで詳細を見る

    ナイキ エア ズーム ストラクチャー 21 は安定性を重視したシューズです。初心者のランナーに多いのが筋力不足やフォームが安定しないために起こる膝や足首などのケガの予防に役立つシューズです。従来の履き心地は硬さや重さがありましたが、現在は改良され柔らかさや軽量化も図られており、快適に足をサポートしてくれます。
    オーバープロネーションや膝に不安のあるランナーにおすすめのシューズです。

    ランニングシューズ選びはランニング専門店のスタッフに相談してみよう

    ランニング専門店のスタッフは、シューズを販売するプロなのでサイズからシューズの性能まで幅広く知識を持っています。自分に合ったシューズを選ぶためには自分の現状をスタッフに伝えて相談しながら選んでいきましょう。
    シューズを選ぶ時は5時間で走る人、3時間で走る人、2時間台で走る人、健康目的で走る人など走力も目的も人それぞれでランニングシューズもそれぞれに適したシューズがあります。普段のランニング内容を伝えてどのくらいのレベルで走るのかをスタッフに伝えましょう。

    まとめ

    ランニングシューズを選ぶ時にサイズはとても重要になってきます。
    むやみに通販などを使用せず、ランニングシューズ専門店で手に取り実際に足を通してみてフィット感や履き心地を必ず確かめてから購入すれば自分に合ったシューズが見つかり快適にランニングを行うことができます。

    この記事で紹介している商品一覧

    商品画像
    商品名 NIKE ナイキ ランニングシューズ 24.5cm ルナエピック ロー フライニット 2 ナイキ(NIKE) ウィメンズ エア ズーム ペガサス 35ナイキ ウィメンズ エア ズーム ストラクチャー 21
    購入先 AmazonAmazonAmazon

    合わせて読みたい!

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

    AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

    「AspoleZERO」の特徴

    • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
    • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
    • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
    >>詳しくはこちら!

    コメント

    コメントを残す

    ※承認後に表示されます。