ウォーキング リュック おすすめ
2018年7月31日

【目的別】ウォーキングリュック人気おすすめ8選!選び方のポイント4つも紹介!!

ウォーキングをする際は水分や着替えなどで荷物がどうしても増えてしまいます。そんな時に必要になってくるのがウォーキング用のリュックです。

ですが、リュックの選び方が何かわからないという人のために、今回はウォーキングの際のリュックの選び方や、買い物時、通勤時などの用途ごとに、おすすめのリュックについて紹介します。
ウォーキングで使用するポーチ人気おすすめ10選!

ウォーキングするときのリュックを選ぶ基準

ウォーキングをする際のリュックはどんな基準で選ぶのがいいのでしょうか。リュックの大きさや容量の他にも注意すべきポイントがあります。
次の章からは、ウォーキングをするときの持ち物などに触れながら、リュックはどのような基準で選べばいいのかということを紹介していきます。

  • ウォーキングするときの持ち物
  • 通勤を兼ねてウォーキング
  • 買物を兼ねてウォーキング
  • 目的別で選ぶウォーキング用リュックのおすすめ商品

ウォーキングするときの持ち物

ウォーキングをするときの持ち物をまずは挙げてみましょう。
考えられる持ち物は、

  • 水筒やペットボトルなどの水分
  • タオル
  • 着替え

があれば十分です。
単なるウォーキングを目的としているのであれば、水分とタオル、着替えを持ち歩いておけば十分なので、上記3つが入るサイズのリュックを選択してみてください。

ウォーキングする時間

ウォーキングをする時間によってリュックを選ぶことも必要です。
長時間ウォーキングをするとなると、汗を書いたり、体とリュックの触れている部分に熱がこもってしまいます。熱がこもると歩く際に熱くなり、長時間のウォーキングで汗をかいてしまいます。背中に熱をこもらせないためにも、通気性のいいリュックをおすすめします。

通気性の良いリュックには、背中の部分や体に接する部分にはメッシュ素材が使用されている場合が多いです。メッシュ素材なら蒸れることなく、快適な通気性を保ってくれます。

通勤を兼ねてウォーキング

通勤を兼ねてウォーキングをするのであれば、仕事に必要な荷物が入るサイズで、なおかつ蒸れを逃がしてくれる通気性の良いリュックを選びましょう。
仕事に必要なものと言えば、

  • パソコン
  • 書類
  • 手帳
  • 水分

などが必要になってきます。
背中の部分に専用のポケットがついているリュックの方が使い勝手良いです。
女性であれば化粧品も持っていくことになり、例えば名刺やハンコなどの小物が入るポケットがたくさんついていると整理もしやすく、使いやすいです。

背負っている際は、背中と接する部分や、肩と接する部分に通気性のいいメッシュ素材が使われているリュックがおすすめです。

買物を兼ねてウォーキング

スーパーなどに買い物にいく場合にウォーキングをするのであれば、買ったものがたくさん入る容量が必要です。

また、買ったものによっては濡れている商品があったり、土がついた商品もあります。もしリュックが布製だと濡れてしまったり土がついてしまいます。汚れを洗おうとすると、布製のリュックだと乾くまでに時間がかかるので、布製ではないリュックを選びましょう。

目的別で選ぶウォーキング用リュックのおすすめ商品

それではここからは、先ほども紹介してきた

  • 買い物を兼ねたウォーキング
  • 通勤を兼ねたウォーキング

で使い勝手のいいリュックを紹介すると共に、夏場でも濡れずに使いやすいリュックを紹介していきます。

買物を兼ねたウォーキングで使えるリュック

まずはじめに紹介するのは、買い物を兼ねたウォーキングでも使えるリュックです。

ウィルダネスエクスペリエンス クレッタースモール

[ウィルダネスエクスペリエンス] リュック Kletter Small A3収納

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

1つ目は、「ウィルダネスエクスペリエンス クレッタースモール」です。
ウィルダネスエクスペリエンス クレッタースモールは、大きく厚いパッチとサイドに取り付けられているパッチが特徴的なリュックです。
派手さはないものの、使い勝手がよくリュックの形が崩れることもないですし、丈夫な作りになっていますから、重いものを買った際にも安心して使うことができます。

モンベルのバランスライト

[モンベル] mont-bell バランスライト

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

2つ目は、「モンベル バランスライト」です。
モンベル バランスライトは、登山でも使えるように容量も大きく、丈夫な作りが特徴です。軽量性と強度を両立した生地を使用し、水を弾く機能も兼ね備えています。
少しの汚れでも水で軽く洗えば洗い流せるため、汚れを気にしなくても使い続けられるリュックです。

夏でも使える蒸れないウォーキングで使えるリュック

続いては、暑い夏に背負っていても蒸れずに快適に使えるリュックについて紹介します。

ボレアス(boreas) MONTEREY 35L

[ボレアス] boreas モントレイ MONTEREY 35L バッグパック 防水

Amazonで詳細を見る

1つ目は、「ボレアス(boreas) MONTEREY 35L」です。
ボレアス(boreas) MONTEREY 35Lは、生地に「USTコーティング」というものを使用しているため、高い強度を誇ります。背中の部分には「EVAフォーム」という設計が施されており、しっかりとしたクッション性と荷物の間に隙間を作ることで通気性を確保しています。
長時間背負っていても重たい荷物も、蒸れることなく快適に背負えるリュックです。

コールマン(Coleman) リュック トレックモーション35

Coleman TREKKING TREK MOTION35 コールマン トレッキング トレックモーション35 リュック バックパック トレッキングパック TREKMOTION35-ブラック

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

2つ目は、「コールマン(Coleman) リュック トレックモーション35」です。
コールマン(Coleman) リュック トレックモーション35は、背中の部分に、通気性に優れた「3Dメッシュパネル」を採用しているため、長時間背負っていても蒸れないように工夫が施されています。
バックルやファスナーの部分にも軽量化にこだわっているため、リュック自体が軽く、背負いやすいリュックです。

モンベル(mont-bell) サイクールパック 20 1130305

[モンベル] mont-bell サイクールパック 20

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

3つ目は、「モンベル(mont-bell) サイクールパック 20 1130305」です。
モンベル(mont-bell) サイクールパック 20 1130305は、日本のアウトドアブランドである「モンベル」が開発しているリュックで登山にも向いているため、大容量でなおかつ軽量化のための努力が施されています。
背中にはアルミフレームによって、背中とリュックの間に隙間を作り通気性を確保するような設計となっています。
バックパネルにはメッシュ素材を採用しています。メッシュ素材を採用しているということからもわかるように、通気性の高さを追求しているリュックです。

通勤ランにも使えるランニング用バックパック

続いては、通勤時にも使えるリュックを紹介していきます。

THE NORTH FAITH Martin Wing(マーティン ウイング) 6

ノベルティマーティンウィングLT

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

1つ目は、「THE NORTH FAITH Martin Wing(マーティン ウイング) 6」です。
THE NORTH FAITH Martin Wing(マーティン ウイング) 6は、荷物を入れる部分のサイズを極力小さくすることで、体への負担を減らし、通気性の高さを実現しています。
パソコンなどの大きな荷物は入りませんが、機能性と使いやすさを追求しているリュックです。

アシックス ランニングバックパック 5L

[アシックス] リュック ランニングバックパック 5L 155896

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

2つ目は、「アシックス ランニングバックパック 5L」です。
アシックス ランニングバックパック 5Lは、名前にもある通り「5L」の容量なので、小さなリュックです。通気性のあるメッシュ素材を使用し、動く際に邪魔にならないように伸縮性に優れたストレッチ素材を使用しています。
リュックを背負うというよりは「着る」感覚で身につけることができるため、あなたの動きを妨げることはありません。

サロモン TRAIL 20(トレイル20)

[サロモン]リュックサック TRAIL 20

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

3つ目は、「サロモン TRAIL 20(トレイル20)」です。
サロモン TRAIL 20(トレイル20)は、サイドにポケットがあるため使い勝手が良く、背中の部分と肩のショルダーストラップを一体成型にすることで、高いフィット感を生み出しています。
軽量で柔軟性のあるショルダーストラップは、摩擦を軽減してくれるため、激しく動いても邪魔になりません。

まとめ

今回は、ウォーキングの際におすすめのリュックを紹介してきました。
「リュック」を一言に言っても、買い物用や通勤用、ランニング用のように、用途に合わせて設計されたリュックがあることがわかっていただけました。
あなた自身の用途に合わせてリュックを選んでみてください。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。