2018年7月15日

トライアスロンのキャップの選び方と人気おすすめ11選!【スイムキャップ&ランキャップ】

トライアスロンではスイムキャップとランキャップの2つの種類のキャップが必要になります。
スイムキャップは頭を障害物から守るという観点からトライアスロンには欠かすことのできないアイテムです。
また、ランキャップも熱中症予防の観点からトライアスロンには欠かすことのできないアイテムでしょう。

そこで今回は、それぞれのキャップの必要性や選び方に言及し、さらにおすすめのキャップを紹介していきます。

おすすめ関連記事↓
トライアスロン用サングラスの選び方と人気おすすめ10選

スイムキャップの必要性

トライアスロン スイムキャップ

以下では

  • 水の抵抗を軽減する
  • 頭を守る

の項目ごとにスイムキャップの必要性について言及します。

水の抵抗を軽減する

スイムキャップをかぶることで水の抵抗を軽減することができます。
トライアスロンはタイムを競うスポーツなので、水の抵抗を最小限にし、いかにスピードをあげるかがカギになります。

さらに、スイムキャップをかぶることで髪の毛をまとめることができます。
そのため、髪の毛が邪魔になることなくスイムに集中できます。

頭を守る

トライアスロンはスイムからスタートします。
そのため、海の上でレース参加者が一斉にスタートすることになります。

スタート地点は参加者が多くいるので、隣の選手と頭と頭をぶつかってしまうことも多々あります。
その時にスイムキャップをかぶっておけば、衝撃も多少抑えられ、気持ちを切り替えて、再びレースに集中することができます。

また、海には何が浮いているかわかりません。
そのため、スイムに集中しすぎると、障害物に頭をぶつけてしまう可能性があります。
しかし、スイムキャップをかぶっておけば、その際に頭を守ることができます。

スイムキャップの種類

以下では

  • メッシュタイプ
  • シリコンタイプ

について触れていきます。

メッシュタイプ

トライアスロン スイムキャップ1
出典:amazon.co.jp
メッシュタイプのスイムキャップは安価ため、練習用として利用する人が多いです。
メッシュタイプは無数の小さな穴があるので、水を通しやすくムレ感が軽減されます。
また、シリコンタイプに比べ、着脱しやすいという特徴があります。

スイムキャップのデメリットはやや水の抵抗を受けやすいことです。
そのため、レースにはあまり向かず、練習用として利用するのがベストでしょう。

シリコンタイプ

トライアスロン スイムキャップ2
出典:amazon.co.jp
シリコンタイプのスイムキャップは水の抵抗を受けにくいという特徴があるため、レース用に利用する人が多いです。
トライアスロンではほとんどの選手がシリコンタイプのスイムキャップをかぶり、レースに参加します。

シリコンタイプのデメリットは着脱がしにくい点です。
頭にフィットするというメリットがある反面、かぶるのが少し面倒です。
また、シリコンタイプはほとんど水を通さないため、ムレやすくなります。

ランキャップの必要性

トライアスロン
以下では

  • 熱中症予防
  • 紫外線対策
  • 汗止め効果

の項目ごとにランキャップの必要性について言及します。

熱中症予防

日差しの強い日や夏場にトライアスロンをする場合は熱中症に気をつける必要があります。
スイム、バイクとこなし、最後のランでは疲労が蓄積した状態でスタートします。
そのため、ランキャップをかぶり、できるだけ体力を消耗せずにランニングしたいところです。

ランキャップは頭部に直射日光が当たるのを防ぎ、頭に熱がこもるのを防いでくれるため、体温の上昇を防ぎ、熱中症の予防に効果があります。

紫外線対策

ランキャップは紫外線対策にも効果を発揮します。
紫外線を浴び続けると皮膚に悪影響があるため、トライアスロンをするときにはランキャップは必須です。

また、屋外でランニングをしているときは常に光が目に入ってきます。
紫外線を長時間浴びると目にも悪影響をもたらすので、十分に紫外線をカットできるランキャップを使用して、目を守りましょう。

汗止め効果

ランキャップをかぶることで汗止め効果が期待できます。
ランニングをしていると季節に限らず、汗をかきます。
汗が顔に垂れてきて不快な気持ちにならないためにもランキャップを使用して気持ちよくランニングをしましょう。

トライアスロンのランキャップの選び方

トライアスロン
以下では

  • 通気性
  • 撥水性
  • サイズ

の項目ごとにランキャップの選び方について言及します。

通気性で選ぶ

汗をかいたり、頭部に熱がこもってしまうと、熱中症になりやすいので、通気性のよいメッシュ素材がおすすめです。
熱が逃げて涼しさも感じランニングも快適にできるでしょう。
色は日光を吸収せず反射してくれる白色、紫外線対策には黒色がおすすめです。

撥水性で選ぶ

多くのランナーは雨が降ってもトレーニングは欠かせません。
また、大会の日に雨が降る可能性も十分に考えられます。
雨の日にはランキャップをかぶれば雨を防げますが、だんだん重たくなってランニングの負担になってしまいます。
そのため、撥水性のあるランキャップを選ぶことが大切です。

サイズで選ぶ

ランキャップのサイズが大きめだとゆとりがありますが、走っている間に落ちやすくなります。
反対に小さいと気になってランニングの負担になります。
自分にあったサイズのランキャップを選ぶには、アジャスターなどで調節できるタイプのランキャップがおすすめです。

トライアスロンのスイムキャップ人気おすすめ5選


通気性の良い、メッシュタイプのスイムキャップです。
キャップ内がムレることなく、快適なスイムを実現します。
安価なため、練習用として利用することをおすすめします。

TYR(ティア) スイムキャップ RPINT MESH SWIM CAP LCMM-13

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

キャラクターデザインが可愛らしいメッシュタイプのスイムキャップです。
子供用、大人用とサイズが分かれているので、親子でお揃いのデザインを楽しむことができます。

2XU(ツータイムズユー) シリコン スイムキャップ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

水の抵抗が軽減されるシリコンタイプのスイムキャップです。
フィット感に優れ、快適なスイムをサポートします。
また、髪のダメージ軽減も期待できる優良モデルです。

HUUB(フーブ) SWIM CAP スイムシリコンキャップ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

耐久性に優れた軽量モデルのスイムキャップです。
ストレッチ性が高く、低刺激性の素材を使用しているため、快適なフィット感を実現します。

arena(アリーナ) シリコンキャップ 両側ロゴ2個付き スイムキャップ

Amazonで詳細を見る

カラーバリエーションが豊富な「arena(アリーナ)」のトライアスロンに使えるスイムキャップです。
伸縮性のあるシリコンが頭にフィットし、水を通しません。

トライアスロンのランキャップ人気おすすめ3選【メンズ編】

2XU(ツータイムズユー) ランニングキャップ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

軽量素材を採用することでレース時の快適性を確保します。
UVカット機能と抜群の呼吸機能を兼ね備えたパワーメッシュのランキャップです。

HUUB(フーブ)RACE CAP ランニングキャップ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ヘッドバンド部分にテリー織が使われているため、通気性に優れ、蒸れを最大限軽減します。
調整可能なリアーバックルでサイズの微調整が可能。

Orca(オルカ) 通気性に優れた粗いメッシュ切り替え サングラス固定ループ付き 軽量 ランニング キャップ S/M

Amazonで詳細を見る

炎天下でのトライアスロンにおすすめしたいメッシュ素材のランキャップです。
粗めのメッシュはこもった熱を放出して蒸れが残りにくい機能があります。
また、後ろのマジックテープ留めで簡単にサイズ調節ができます。

トライアスロンのランキャップ人気おすすめ3選【レディース編】

2XU(ツータイムズユー) ランキャップ ユニセックス

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

カラーバリエーションが豊富な「2XU」のトライアスロン用ランキャップです。
メッシュが通気性を確保し、キャップ内にこもった熱を放出します。
また、通気性だけでなく紫外線対策も施されているため、熱中症対策に効果的です。

TYR(ティア) RUNNING CAP メッシュ ランニングキャップ マラソン トライアスロン

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

通気性、速乾性に優れたシンプルなデザインが特徴のランキャップです。
後ろは面テープになっており、サイズ調節が可能なため、快適なフィット感を実現します。

newline(ニューライン) VISIO RunningCap

Amazonで詳細を見る

抜群の機能性に加え、デザイン性に優れたトライアスロンのランキャップです。
後ろのネックストラップでサイズの調節ができます。
サイドのメッシュ素材によって通気性が確保されランキャップ内の蒸れを防ぎます。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 TYR(ティア) MECH SWIM CAP LCMSHNTYR(ティア) スイムキャップ RPINT MESH SWIM CAP LCMM-132XU(ツータイムズユー) シリコン スイムキャップHUUB(フーブ) SWIM CAP スイムシリコンキャップarena(アリーナ) シリコンキャップ 両側ロゴ2個付き スイムキャップ2XU(ツータイムズユー) ランニングキャップHUUB(フーブ)RACE CAP ランニングキャップOrca(オルカ) 通気性に優れた粗いメッシュ切り替え サングラス固定ループ付き 軽量 ランニング キャップ S/M2XU(ツータイムズユー) ランキャップ ユニセックスTYR(ティア) RUNNING CAP メッシュ ランニングキャップ マラソン トライアスロンnewline(ニューライン) VISIO RunningCap
購入先 Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天AmazonAmazon楽天Amazon楽天AmazonAmazon楽天Amazon楽天Amazon

自分にあったキャップを選ぼう!

いかかでしたか?
今回はトライアスロンで使用するキャップに焦点を当て、スイムキャップ、ランキャップについて紹介しました。
上記を参考にし、トライアスロンのスイムキャップ&ランキャップを合わせて手に入れて、思う存分トライアスロンを楽しみましょう!

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。