2018年7月14日

クロスバイクのドロップハンドル人気おすすめ8選【デメリットばかりじゃない!】

クロスバイクは、長距離のツーリングや、日常の通勤、通学用途など、幅広い用途に対応できる点から人気です。

そして、クロスバイクにしばらく乗っていると、カスタマイズに興味が湧いてくる方も少なくありません。
そのなかでもハンドルは、バイクのパフォーマンスが顕著に変わるため人気の高いカスタマイズパーツです。

この記事では、主にドロップハンドルのメリット、デメリットやおすすめのドロップハンドルを紹介します。

ロードバイクのハンドルについて知りたいという初心者や、ドロップハンドルへの交換を考えているという経験者の方向けにおすすめの記事となっています。

おすすめ関連記事↓
クロスバイク用サドルの選び方と人気おすすめ10選

クロスバイクのドロップハンドルとは?


ドロップハンドルとは、ハンドルの先端が、下向きに下がっているデザインのハンドルのことです。
牛の角のような形をしていることから、ブルホーンハンドルとも呼ばれます。

主ににレースなど、高速走行が必要とされるロードバイク向けに作られたハンドルです。

しかし、クロスバイクにも転用可能です。
ドロップハンドル化は、バイクの空気抵抗を減らすことで、よりスピード感のあるツーリングが楽しめます。

クロスバイクのドロップハンドル化のメリット・デメリット

ドロップハンドル化のメリット、デメリットを紹介します。

メリット

以下では

  • クロスバイクをロードバイク化したい人におすすめ
  • 前傾姿勢になりやすい
  • 走行が安定しやすい

について触れていきます。

クロスバイクをロードバイク化したい人におすすめ

スポーツ系自転車にはクロスバイクの他に、ロードバイクがあります。

ロードバイクは本格的なレースにも使用される自転車です。ツールドフランスやオリンピックなど大規模な大会に出場しているプロライダーはロードバイクを使用しています。

しかし、値段もかなり高額なモデルも存在し、最初から買うには、敷居の高さを感じてしまう人もいます。
そこで、最初は街乗りや、軽いツーリング向きの比較的安価なクロスバイクを購入し、後からハンドルだけ交換するという方におすすめです。

前傾姿勢になりやすい

スポーツバイクの走行姿勢の特徴は深い前傾姿勢を取ることです。
特徴的な姿勢ですが、この前傾姿勢は、ライダーが最も楽にバイクを操作できる姿勢です。

ドロップハンドルでは、握る位置が多くあるため、自分に合った姿勢が取れるほか、
その形状から、深い前傾姿勢をとりやすいという特徴があります。
不自然な姿勢では身体に負担がかかり、疲労感が増すだけでなく、怪我の恐れもあります。

最初は恐怖感があるかもしれませんが、自分の体を守るためにも数をこなして、前傾姿勢に慣れましょう。

走行が安定しやすい

先に述べたようにドロップハンドルは、フラットハンドルに比べ握る位置が多く、しっかり握れます。
これは、操作性の向上にも繋がります。
ツーリング中に、未舗装道路などで、安定性を求めるときはがっちり握れる形状のドロップハンドルは重宝します。
またオフロードを走るバイクレースである、シクロクロスに興味がある方にも安定性が期待できるドロップハンドルはおすすめです。

デメリット

以下では

  • Vブレーキのクロスバイク場合、ブレーキ交換が必要
  • 価格は高め

について触れていきます。

Vブレーキのクロスバイク場合、ブレーキ交換が必要

スポーツ系自転車のブレーキには、キャリパーブレーキとVブレーキがあります。
クロスバイクはVブレーキで、ロードバイクはキャリパーブレーキが使われていることが多いです。

そして、ロードバイクのキャリパーブレーキ、STIレバーは、クロス用Vブレーキと互換性がなく、ブレーキレバーを引いても制動が効きません。
つまり、クロスバイクのドロップハンドル化は、同時にブレーキシステムをすべて取り換える必要があります。

必要な追加パーツは、ドロップハンドル用のブレーキレバーや、ブレーキ本体に使用するワイヤーなどです。

ブレーキは、安全にバイクを使用するために不可欠なシステムです。
また初心者の方は、ブレーキの交換は多少の知識が必要なため、不安に感じたらショップのプロの方に相談することをおすすめします。

価格は高め

ドロップハンドルの素材は、アルミ、鉄、カーボンの3種類があります。
カーボン製は、若干値段が高いですが、他のアルミや鉄はリーズナブルな製品も発売されています。

しかし、ドロップハンドル化には、ブレーキ交換などの作業が必要です。
ハンドル本体は高価でなくとも、ブレーキ交換などにかかる費用が高く、トータルで見ると高額なカスタマイズです。

安くドロップハンドル化もできる

ハンドルごと変えなくても、手軽にドロップハンドル化する方法も存在します。

ドロップバーエンドをつける

最も安価にクロスバイクのドロップハンドル化を実現する方法です。

バイクのハンドルバーの先端にはバーエンドという部品があります。
そこに下向きに、短い棒を取り付けることでドロップハンドルと同等の効果を得ようとして開発された部品がドロップバーエンドです。

メリットとしては、1本3000円ほどと、圧倒的に安い点です。

しかし、デザインも異なる部品を後付けするため、統一感がなかったり、サイズが合わないといったこともあるため、慎重に検討しましょう。

それでも、最も手軽な方法のため、ハンドルやブレーキの交換に自信がない方、ハンドルにお金を掛けたくない方におすすめです。

クロスバイクのドロップハンドル人気おすすめ5選

【YuHaru】ブルホーンハンドル ドロップタイプ 410mm 25.4φ バーテープ 3×200cm

Amazonで詳細を見る

手軽にハンドル交換をしてみたい方におすすめです。
素材はアルミ製で、耐久性に優れています。
ハンドル幅は400mm、クランプ径は25.4mmと、一般的なサイズなため、どのようなバイクにもフィットします。

ブルホーンという名前の通り、角のような形をしています。
落ち着いたブラックのデザインもスタイリッシュで人気です。

GORIX ゴリックス SENBA 31.8mm ドロップハンドル ショートリーチ/末広がりタイプ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

リーチが短めのドロップハンドルです。
リーチが短いと、身体の近くでハンドルを握れるため、安定性は低くなりますが、
細かな取り回しが容易になります。

ハンドル幅は400mmとスタンダードなサイズです。
一般的なツーリングはもちろんですが、オフロードを走行する、シクロクロスにもおすすめです

GRK ブルホーンハンドルバー ブラック HS-RA-02-BK

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

リーチが長めの150mmな点が特徴です。
長いリーチのハンドルは、より深い前傾姿勢を取りやすくなります。
これは、より重心の位置が安定し、ふらつきにくいというメリットがあります。
クロスバイク初心者で、安定性を重視した方におすすめです。

DIXNA(ディズナ) ジェイフィット アーク26 ソフトシルバー バークランプ径:26.0mm ドロップハンドル シルバー 380mm シルバー 380mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

リーチが65mmとかなりコンパクトな設計のドロップハンドルです。
リーチが90㎜前後の通常サイズのドロップハンドルでは、身体が小さいライダーはサイズが合わないといったデメリットがありましたが、このハンドルはそうした心配はありません。
また、ブラケット部分が若干前に下がっている点が特徴です。
このデザインは、スタイリッシュなバイクだけでなく、クラシックなデザインのバイクにも似合うハンドルです。

フィジーク Cyrano R3 スネーク ドロップハンドル 400mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

サドルのクオリティに定評があるフィジーク製のドロップハンドルです。

このハンドルの特徴は、ライダーの体の柔軟性に合わせた商品ラインナップがされているという点です。
柔軟性が低い方向けのBullはリーチが短めで、楽に前傾姿勢を取れます。
反対に柔軟性が高い方向けのSnakeはリーチが長めです。

このように、ライダーの柔軟性に合わせて、ハンドルの寸法が異なるというのは珍しいです。

このハンドルが気になったら、自分の身体の柔らかさをチェックしてショップに行きましょう。

NITTO(ニットー) B261AA

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ハンドルには定評のある、日東のブルホーンハンドルです。
アルミ合金製で、耐久性も高い点が特徴です。バーエンドバーを握ることができ、疲労を低減することができ、ツーリングに向いています。

またハンドル幅は480mmと長めであるため、大柄な男性の方におすすめなハンドルとなっております!

フィジーク(FIZIK) シラノCYRANO R5 アルミ ドロップバー <ブル>

Amazonで詳細を見る

自転車のパーツやグッズを多く出しているフィジークのハンドルです。
ハンドル幅は、400・420・440mmの3種類があります。

リーチが短く、コンパクトであるため背中を立てたポジションが取りやすくなることが特徴です。ロードバイクのような背中を曲げたエアロポジションをとることに抵抗がある方におすすめです!

ディズナ クロス バンディー31.8ハンドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

街乗りにぴったりのショートリーチ・コンパクトなハンドルです。
フラット用のブレーキも装着できるため、ドロップハンドル化も簡単です。
リーチは60mmとかなり短く、コンパクトな仕様です。ハンドル幅はトップ部分が385mm、エンド部分が470㎜で、女性の方も使えるサイズになっております。

重量も300gアンダーと、この価格帯にしては軽くコストパフォーマンスを求める方におすすめです!

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 【YuHaru】ブルホーンハンドル ドロップタイプ 410mm 25.4φ バーテープ 3×200cmGORIX ゴリックス SENBA 31.8mm ドロップハンドル ショートリーチ/末広がりタイプGRK ブルホーンハンドルバー ブラック HS-RA-02-BKDIXNA(ディズナ) ジェイフィット アーク26 ソフトシルバー バークランプ径:26.0mm ドロップハンドル シルバー 380mm シルバー 380mmフィジーク Cyrano R3 スネーク ドロップハンドル 400mmNITTO(ニットー) B261AAフィジーク(FIZIK) シラノCYRANO R5 アルミ ドロップバー <ブル>ディズナ クロス バンディー31.8ハンドル
購入先 AmazonAmazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天AmazonAmazon楽天

まとめ

この記事では、クロスバイクのドロップハンドル化について解説しています。
ドロップハンドルのメリットや、デメリットからおすすめのドロップハンドルも紹介しました。

ハンドルのカスタマイズは、バイクのパフォーマンスが顕著に変わるカスタマイズです。
ドロップハンドルは、見た目のカッコよさもありますし、走りもロードバイク並みの本格的な走りを楽しめます。

ハンドルのカスタマイズに興味があるが、ちょっと不安という方はこの記事を参考にカスタマイズデビューをしてみてください。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。