2018年7月13日

ロードバイクメーカースコットの特徴とおすすめバイク20選!

この記事では、ロードバイクメーカーであるスコット社の紹介をしています。

もともとスキー業界から自転車業界に参入したという一風変わった経歴の持ち主であるスコットの歴史や、業績、さらにおすすめのロードバイクを紹介します。

ロードバイクを始めてみて、スコットのバイクが気になっている、これから始めようとしているが他のメーカーとスコットの比較をしたいという方に、おすすめの記事となっています。

おすすめ関連記事↓
【ロードバイク】老舗メーカーLOOKの解説とおすすめ2選

スコットはスイスに本拠地を置くスキー用品&自転車メーカー

以下では

  • 始まりはスキー用品
  • 現在でもスコットのスキー用品は世界ブランド

について触れていきます。

始まりはスキー用品

スコット社の誕生は1958年、エド・スコットという人物によって創設されました。
本社はスイスのジヴィジエという場所にあります。

創業当初は自転車関連の製品は製造しておらず、スキーのストックを主に製造していました。もともとスキーヤーだったスコット氏のアイデアと技術力によって世界初のアルミ製スキースティックが誕生します。

このスティックは、それまで竹や銅製で作られていたスティックの常識を破り、瞬く間に世界的なスキー用品メーカーとなります。
その後1986年に、アルミ加工技術などをさらに洗練させ、スコット社初のマウンテンバイクが発売されます。

そしてその3年後、同社初のエアロハンドルバーを発表し、アメリカのプロライダー、グレッグ・レモンの同年のツールドフランス優勝へ導きます。

こうして確かな品質とプロからの支持を集めたスコットは、現在では世界的なスキー用品、自転車メーカーに成長しました。

現在でもスコットのスキー用品は世界ブランド

1958年に革新的なアルミ製スキースティックを発表し、世界を驚かせたスコットですが、その後も1971年に世界最軽量のスキー用ブーツを発売するなど、ヒット商品を作り続けてきました。

そして最初のマウンテンバイクを発表した1986年に、さらなる画期的な製品の発売と品質向上を目指し、新しくスキーストック専用の工場を建設しました。

ロードバイクとともに、スキー用品も世界的ブランドになっています。

自転車メーカーとしてのスコットの台頭と躍進

以下では

  • 世界初1Kgを切ったフレーム『チームイシュー』を発表
  • 世界各国のレースに参加
  • 女性プロサイクリングチームの立ち上げ

について触れていきます。

世界初1Kgを切ったフレーム『チームイシュー』を発表

2001年には、当時世界最軽量のロードバイクフレーム『チームイシュー』を発売します。

こだわりの原糸から加工したカーボンフレームを使用しています。極限まで軽量化を追求し空気抵抗を抑え、空力性能を高めたフレームです。

この『チームイシュー』は、現在でも進化を遂げて販売されており、数々のプロライダーに供給されています。

2年後にはCR1を発表し、更なる軽量化に成功

『チームイシュー』が発売された2年後にさらなる軽量化を追求したモデルである、CR1を発表します。

このバイクに搭載されているフレームは、それまでの世界記録を更新する895グラムを達成し、1kgを下回る重量のフレームを開発しました。

この軽量で高速巡行が得意なCR1は、ツールドフランスなどの世界的なレースで数多くのプロライダーに使用され根強い人気を誇っています。

世界各国のレースに参加

確かな品質と技術力で作られたスコットのバイクは数多くのレースに参加しています。

先に述べたグレッグレモンが優勝を飾ったツールドフランスや悪路コースで有名なジロ・デ・イタリア、またMTB世界選手権や、オリンピックなどでも勝利を飾っています。

スコットの高い品質と性能は、世界中のロードバイク大会の結果が証明してくれています。

女性プロサイクリングチームの立ち上げ

スコットのロードバイクと用具契約を結んでいるチームも数多く、その中には女性プロライダーチームも存在します。

例えば2004年に設立されたContessaというチームは、主にマウンテンバイク愛好家の女性が集まってできたチームです。

またMichelton-SCOTT WOMEN’S TEAMはオーストラリアのワインメーカーであるMicheltonがスポンサーとなっているプロのチームです。

それぞれ多数の実績があり、近年の女性のロードバイク人気の火付け役の一人でしょう。

スコットの代表的なロードバイク

以下では

  • 世界中にファンを持つ『スピードスター』
  • スピードスターの性能
  • 女性用の『コンテッサ・シリーズ』

について触れていきます。

世界中にファンを持つ『スピードスター』

スピードスターは、スコットの起源ともされるアルミ製スキースティックの技術を生かしたロードバイクです。
軽量なアルミ製フレームを取り入れている同社のロングセラーであり、定番モデルです。

特徴としては、エンデュランスバイクというカテゴリーに分類され、長距離走行が得意という点です。

ロードバイク特有の前傾姿勢を取らずとも首や腰などに負担がかからす、楽な姿勢で長時間運転できるような設計になっています。そのためビギナーでも快適なツーリングが楽しめます。

そして最新モデルでは、その機能がさらに進化して発売されました。
フレームの形状をさらに工夫することで、前モデルよりもさらなる快適な乗り心地を実現しています。

さらにタイヤのサイズを32Cとやや太目のサイズまで許容範囲を拡大しました。そのためぐらつきを抑え、
さらなる安定した走りを実現しています。

スピードスターの性能

スコットの特徴でもある軽量な車体から生み出される爽快なスピードと、高い安定性を両立させたバランスのいい性能を持ったバイクです。

ラインナップは、SPEEDSTER10、20、30、40と4つの異なるモデルがラインナップされていています。
数字が小さいほどグレードが高くなります。

最上位グレードの10は、シマノ製105シリーズのコンポーネントを搭載しているため、スピード性能などはかなり高い性能を持っています。

一方で20、30、40シリーズは、最初からそこまでの性能を求めないというビギナー向けに、スピード性能よりも安定した走りを重視した設計となっています。

このように幅広いユーザー層に対応している点も、スピードスターが長年愛されている理由でしょう。

女性用の『コンテッサ・シリーズ』

近年の女性のロードバイク人気の高まりに伴い、女性専用に再設計したモデルである「コンテッサ・シリーズ」を発表しました。

もともと男性用だった他のモデルのフレーム形状やサイズなどを根本的に見直し、女性でも安定したツーリングを可能にしているのがこのコンテッサ・シリーズです。

コンテッサ・シリーズの性能

コンテッサシリーズでは現在「SOLACE」「SPEED STAR」の2種類がラインナップされています。
そのため用途に合わせたバイクを選ぶことができるようになっています。

この「SOLACE」「SPEED STAR」の二つのモデルは、もともとスコットが男性ライダー向けに販売していたモデルです。
その後設計を見直し、女性専用の「SOLACE」「SPEED STAR」として発売されました。

従来のこれらのバイクが持っていた走りや快適な乗り心地はそのままに、女性の身長や、腕の長さに最適になるようなサイズに再設計されています。

スコットのおすすめロードバイク20選

SCOTT(スコット) ADDICT TEAM ISSUE(アディクト チーム イシュー) ロードバイク 2014年 52サイズ

Amazonで詳細を見る

2007年に、脅威のフレーム重量790グラムという他に類を見ない軽さで発売され、世界を驚かせたADDICT Team Isuue です。

そして最新モデルでは、さらに剛性を高めスピード性能をアップさせ登場しました。
ライダーのパワーがそのままバイクに伝わる、効率の良いフレーム設計となっています。

また安定した走りを実現する絶妙な重量比も、プロライダーからも高い支持を集めています。

ヒルクライムからスプリントまで、幅広い用途で活躍する一台です。

SCOTT(スコット) SPEEDSTER50(スピードスター50) ロードバイク 2015年 Sサイズ

Amazonで詳細を見る

SPEED STAR50はスコットのモデルの中で最も低価格なモデルとなっています。

最初の一台として、手軽に購入できるロードバイクを探している方におすすめです。
どちらかというとスピード性能より、耐久性を重視したロードバイクです。

普段の通勤通学といった用途におすすめです

SCOTT(スコット) FOIL RIO EDITION(フォイル リオエディション) ロードバイク 2017年 Sサイズ

Amazonで詳細を見る

数多くのプロライダーチームの走りを支えるFOILシリーズから、ユニークなモデルを紹介します。

この鮮やかな黄色と黒のデザインが目を引くモデルは、リオオリンピック特別版として発売されました。
スイスのプロライダーチームであるオリカ・バイクエクスチェンジ所属のミハエル・アルバジーニなどのプロライダーも使用しました。

特徴としては、スコットの持っているテクノロジーを結集した「HMX」カーボンフレームを使用し、
空力性能などを引き上げています。

本格的なレース向けロードバイクに仕上がっています

SCOTT(スコット) SPEEDSTER35 JAPAN LIMITED(スピードスター35 ジャパンリミテッド) ロードバイク 2016年 XXSサイズ

Amazonで詳細を見る

ハイグレードな入門機を探している方におすすめのロードバイクです。

SPEEDSTAR 35は、エントリーモデルでありながら使用している素材は、上位機種と同等のものを使用するなど高い走行性能も兼ね備えています。

フレーム素材には、NASAでも使用されている空気抵抗を極限まで減らすことを目的に開発された、F01 AERO TECHNOLOGY という技術を使用しています。

そのおかげで、どのような速度域でも空気抵抗が少なく安定した走りを楽しめます。

SCOTT(スコット) ADDICT RC(アディクト RC) ロードバイク 2017年 Sサイズ

Amazonで詳細を見る

本格的レース用のロードバイクです。

山岳レースや、平地でのレースなどどのような環境でもハイパフォーマンスが発揮できるよう従来のADDICTシリーズの設計を抜本的に見直しました。

プロライダーである、ミッチェルトン・スコットが山岳コースで好んで使用することでも知られています。

従来のADDICTシリーズは、直線的でスマートなデザインが特徴でしたが、改良版はフレーム形状に若干扁平させた形状に変更しました。
それにより地面からの振動吸収性を高めています。

SCOTT(スコット) CR1 20(CR1 20) ロードバイク 2014年 52サイズ

Amazonで詳細を見る

軽量ロードバイクの先駆けとなったCRシリーズの改良版です。

この新しいCR1は、従来の超軽量スピード重視のスタイルから、より安定性を求めたスタイルに変更されています。

安定性を生み出す機能として、SDS(ショックダンピングシステム)という機能を搭載し、地面からのショックを吸収してくれます。

SCOTT(スコット) SPEEDSTER 40.1(スピードスター 40.1) ロードバイク 2017年 XSサイズ

Amazonで詳細を見る

エントリーモデルとしても経験者の方にもおすすめできるモデルです。

もともとレース向けに設計されているSPEEDSTARシリーズのため、入門グレードであってもその機敏な操作性は健在です。

バイクを自分の手足のように扱いたい方におすすめです

SCOTT(スコット) FOIL30.1(フォイル30.1) ロードバイク 2017年 -サイズ

Amazonで詳細を見る

数多くのプロライダーが使用するFOILシリーズの性能を体験してみたいが、値段がネックという方に朗報です。

このFOIL30.1は、FOILシリーズで最もコストパフォーマンスが高いモデルです。他の部品などのグレードを工夫することで価格を抑えています。

フレームにはエアロ形状を採用し、軽やかな走りを楽しめます。

SCOTT(スコット) CR1 25 JAPAN LIMITED(CR1 25 ジャパン リミテッド) ロードバイク 2017年 -サイズ

Amazonで詳細を見る

落ち着いたブラックが特徴のCR1 25のJAPAN LIMITED です。

スコットのレースモデルの座は譲った形となったCRシリーズですが、創業当初からの技術はしっかりと受け継がれています。

これからカーボンフレームデビューしたいという方におすすめしたいロードバイクです。

SCOTT(スコット) ADDICT GRAVEL DISC(アディクト グラベル ディスク) ロードバイク 2017年 XXSサイズ

Amazonで詳細を見る

オフロードを走るシクロクロス用のロードバイクです。

オフロードの地面から受けるショックを吸収するため、特別に開発されたHMFカーボンを採用しています。

またディスクブレーキを搭載し、制動も素早く行えます。

SCOTT(スコット) SPEEDSTER 10(スピードスター10) ロードバイク 2018年 Sサイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

上半身への負担が軽減できるエンデュランスジオメトリーが採用され、上半身をやや起こした状態で乗ることができ、快適な姿勢で走行が可能です。
※ジオメトリー(フレームなど部品の位置関係のこと)
通勤や通学で使用する人におすすめです。もちろんタウンユース以外のサイクリングやロングライドにも使えるため幅広いシーンで使用可能です。
コンポーネントはシマノの105仕様になっています。

SCOTT(スコット) スピードスター40(SPEED STER40) ロードバイク 2018年 XSサイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

コストパフォーマンスが良く、初めてロードバイクを買う人にぴったり!
スタイリッシュなデザインのフレームは上位モデルと相違なく、さらにケーブルが内蔵式になっている優れたロードバイクです。
比較的、手が届きやすい価格ですがコンポーネントはシマノのClaris仕様のエントリーモデルで文句なしの機能性を持っています。
初めてロードバイクを購入する人、街でのちょい乗りや週末のサイクリングを楽しみたい人におすすめです。

SCOTT(スコット) CONTESSA SOLACE35(コンテッサソレイス35) ロードバイク 2018年 XSサイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

スコットの中でも数少ない女性用のロードバイクです。
女性の体格に合わせて設計され、振動吸収性に優れていて長時間走行でも疲れにくく非常に乗り心地が良いコンフォートバイクです。それだけではなくコンフォートゾーンとパワーゾーンを分けて設計されているのも特徴の一つです。
デザインも女性ならではの色使いで、ケーブル類も内蔵式でスッキリしています。
女性はもちろん、スピード重視ではなくサイクリングや運動として楽しみたい人におすすめです。

SCOTT(スコット) ADDICT RC10(アディクト RC10) ロードバイク 2018年 Sサイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

軽さと速さを兼ね備えたレースバイク!
コンペティションロード用に開発された、プロフェッショナルレースにうってつけのバイクです。
最新技術のIMPを採用しカーボン強度を高く保ちつつ軽量化されているためキビキビした乗り心地を体験することができます。
コンポーネントはシマノのDURA-ACE仕様でレースに参加する人など本格的にロードバイクを使用するライダーや軽さを重視してロードバイクを探している人におすすめです。

SCOTT(スコット) SPEEDSTER S30(スピードスター S30) ロードバイク 2012年 -サイズ

Amazonで詳細を見る

振動吸収性が良く、滑らかに走行ができるためアルミフレーム仕様とは思えないほど優れたロードバイクです。
コンポーネントはシマノのTiagra・105仕様で前モデルより9変速から10変速になっています。
デザインも今までのスコットにはないカラーでホイールの色もフレームとマッチするよう設計されています。細部までこだわったおしゃれな自転車です。
機能性もデザイン性も兼ね備えたS30はロードレーサービギナーにおすすめ!

SCOTT(スコット) SPEEDSTER 21 JAPAN LIMITED(スピードスター 21 ジャパン リミテッド) ロードバイク 2017年 XSサイズ

Amazonで詳細を見る

エアロフレームを採用し、最大限に空気抵抗を軽減できるアルミバイクでは珍しいロードバイクです。
前モデルからブレーキがシマノ105にグレードアップし、コンポーネントはシマノのティアグラ仕様になっていてロングランでも安心して使用できます。
デザインもブラック一色のダンディな感じでかっこいいです。
フレームはアルミがいいけど走りをちょっと変えたいと思っているライダーにおすすめです。他のアルミロードバイクでは味わえない走りを体験することができますよ!

SCOTT(スコット) FOIL10(フォイル10) ロードバイク 2016年 XSサイズ

Amazonで詳細を見る

FOILは2010年に誕生し、自転車業界に改革をもたらしたモデルと言っても過言ではありません。そのモデルが更に進化したモデルがFOIL10です。
全ての性能がグレードアップし、コンポーネントはシマノDURA-ACE Di2仕様でハイスペックのロードバイクです。
ハイモデルで乗り心地も良いFOIL10は一台でレースからヒルクライム、ロングライドまでカバーできるため、幅広いシーンで使用したいライダーにおすすめです。

SCOTT(スコット) FOIL30.1(フォイル30.1) ロードバイク 2017年 Mサイズ

Amazonで詳細を見る

市場の中で最も軽いモデルのうちの一つで、軽さだけでなく剛性にも優れオールラウンドモデルではないが、それに匹敵する機能性を持ち合わせています。
軽量性や剛性は前モデルにも搭載されていたが、今回はそれにプラスして快適性が加わったまさにハイモデルのロードバイクです。
コンポーネントはシマノ105仕様で文句なしの機能性です。
レースやトライアスロンなど激しい道を走行する必要があるライダーにおすすめします!

SCOTT(スコット) SPEEDSTER 30.1(スピードスター30.1) ロードバイク 2017年 Sサイズ

Amazonで詳細を見る

コンポーネントがシマノTiagra仕様にもかかわらずリーズナブルな価格で購入できるため非常にコストパフォーマンスが高いロードバイクです。
前モデルよりも機能性が向上し、上位モデルにも引けを取らないほどのスペックを備えています。またデザイン性も高く渋いマット調にビビットカラーが際立ち、見る角度によって雰囲気が変化する一面もあります。
通勤通学で使用する人や初めてロードバイクを購入する人におすすめです。さらに一台のロードバイクを長く使用したいと思っているライダーにもおすすめ!

SCOTT(スコット) ADDICT30(アディクト30) ロードバイク 2015年 Mサイズ

Amazonで詳細を見る

秀でた性能を持っているわけではないが、エアロロード「FOIL」とエンデュランスロード「SOLACE」の良いところ組み合わせ、持ち前の軽さに磨きをかけグレードアップしたまさにオールラウンダーと言えます。
ただ軽いだけはなく、剛性や快適性にも優れていて幅広いシーンで使用することが可能です。コンポーネントシマノ105仕様ですが、初心者ライダーでも安心して走行でき、快適な乗り心地を味わうことができます。
ロングライドをはじめ、ジャンル問わず色々なレースに参加したいライダーにおすすめです。また、日頃からヒルクライムや山岳で使用しているライダーの2台目としてもおすすめできます。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 SCOTT(スコット) ADDICT TEAM ISSUE(アディクト チーム イシュー) ロードバイク 2014年 52サイズSCOTT(スコット) SPEEDSTER50(スピードスター50) ロードバイク 2015年 SサイズSCOTT(スコット) FOIL RIO EDITION(フォイル リオエディション) ロードバイク 2017年 SサイズSCOTT(スコット) SPEEDSTER35 JAPAN LIMITED(スピードスター35 ジャパンリミテッド) ロードバイク 2016年 XXSサイズSCOTT(スコット) ADDICT RC(アディクト RC) ロードバイク 2017年 SサイズSCOTT(スコット) CR1 20(CR1 20) ロードバイク 2014年 52サイズSCOTT(スコット) SPEEDSTER 40.1(スピードスター 40.1) ロードバイク 2017年 XSサイズSCOTT(スコット) FOIL30.1(フォイル30.1) ロードバイク 2017年 -サイズSCOTT(スコット) CR1 25 JAPAN LIMITED(CR1 25 ジャパン リミテッド) ロードバイク 2017年 -サイズSCOTT(スコット) ADDICT GRAVEL DISC(アディクト グラベル ディスク) ロードバイク 2017年 XXSサイズSCOTT(スコット) SPEEDSTER 10(スピードスター10) ロードバイク 2018年 SサイズSCOTT(スコット) スピードスター40(SPEED STER40) ロードバイク 2018年 XSサイズSCOTT(スコット) CONTESSA SOLACE35(コンテッサソレイス35) ロードバイク 2018年 XSサイズSCOTT(スコット) ADDICT RC10(アディクト RC10) ロードバイク 2018年 SサイズSCOTT(スコット) SPEEDSTER S30(スピードスター S30) ロードバイク 2012年 -サイズSCOTT(スコット) SPEEDSTER 21 JAPAN LIMITED(スピードスター 21 ジャパン リミテッド) ロードバイク 2017年 XSサイズSCOTT(スコット) FOIL10(フォイル10) ロードバイク 2016年 XSサイズSCOTT(スコット) FOIL30.1(フォイル30.1) ロードバイク 2017年 MサイズSCOTT(スコット) SPEEDSTER 30.1(スピードスター30.1) ロードバイク 2017年 SサイズSCOTT(スコット) ADDICT30(アディクト30) ロードバイク 2015年 Mサイズ
購入先 AmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天AmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazon

まとめ

この記事ではスイスに本拠地を構えるスコット社の歴史やバイクの特徴、おすすめのロードバイクを紹介してきました。
世界を驚かせるバイクを製造してきているスコットの性能を是非体験してみてください

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。