フィットネスシューズ
2018年7月24日

ジムで使用する靴はどのようなものが良い?

日常生活の中で身体の体調を管理していく事は、仕事や私生活を送る中で一番重要な事です。そこで、これから体の体調や筋力増加のためにジムに通うかと思っている方に、ジムを利用する際になくてはならないジム用の靴を紹介します。ジムは基本、靴を持ち込み着用しなければ行けません。では、どんなジムの靴があるのか見て行きましょう。

男性(メンズ)におすすめ!ジムウェアとアイテム10選についてはこちら↓↓
男性(メンズ)におすすめ!ジムウェアとアイテム10選

ジム用の靴を履いてトレーニングをするメリット

トレーニングの種目に応じて靴に必要とされる機能は変わります。もしその運動に適していない靴を履くと、思わぬケガをする危険があります。
ジム用の靴を履いてトレーニングをするメリットの一つ目は、このケガのリスクが減ることです。
そして、もう一つ大きなメリットは自分の最大限のパフォーマンスを発揮できることです。
ジムのランニングマシーンを走ったり、ダンスエクササイズをしたり、ウェイトリフティングをしたりする中で、自分の持てる力を100%出すためには専用の靴が必要です。

力を出し切ることで、それぞれのトレーニングの運動効果が高まるのです。

ジム用シューズの選び方

それでは、これからジムに通う予定の方、今、既にジムに通っている方向けに、どのようなジム用シューズを選べば良いか見て行きましょう。ジム用シューズもメーカーやシューズの種類によって機能性が異なるため、自身のトレーニング方法によって判断しましょう。

  • 安定性が大事
  • クッション性のあるものを
  • 足の幅に合っているか
  • ジム用の靴下を着用して試着
  • ランニングメインの人はランニングシューズでも可

安定性が大事

ジム用シューズの中で一番重要視されるポイントが安定性です。ジムトレーニングは前後の動きや左右の動き、そして、ウエイトトレーニングと全てにおいて足を軸に行う事が多いです。足が不安定であれば身体の他の部分に力が入り怪我を起こしてしまう可能性があります。

クッション性のあるものを

次にクッション性のあるかどうかを見極めましょう。前項でも取り上げた、ジムトレーニングの中で動作部分が前後、左右の動きに加え、ランニング、ジャンプなど足腰に負担が掛かるトレーニングもあります。その為、クッション性があるシューズかどうか確認してトレーニングシューズを選ぶ必要があります。

足の幅に合っているか

ジム用シューズは様々なスポーツメーカーが出しています。メーカーによっては足幅が細身のシューズや足幅が広く作られているシューズなど、全てが同じと言う訳ではありません。ジム用シューズを履いて、激しい動きをする場合などは足の幅に合っていないシューズを履くと安定性も確保出来ません。シューズを選ぶ場合は、足幅に合ったシューズかどうか確認しましょう。

ジム用の靴下を着用して試着

ジム用シューズを試着する場合は、実際にシューズを着用する時に使用する靴下を使い試着しましょう。靴下もジム用靴下と販売されていますが、自身が持っている靴下でも問題は無いです。しかし、できるだけ厚手のものを使用する事により靴下もシューズ同様、クッションの役割を果たしてくれます。

ランニングメインの人はランニングシューズでも可

ジムに通う人たちは各々、様々な目的を持っており、筋力を付けたい、持久力あげたいなど人それぞれトレーニング項目が違います。ランニングマシーンで歩行やランニングだけのトレーニングであれば、ランニングシューズでも可能です。

ランニングシューズは歩く、走ると前後の動きに強く作られているので、ランニングメインの方はランニングシューズだけでも可能です。

ジム通いする人の中には、走る為のランニングシューズ、他のトレーニングする用のシューズと2種類を使い分けている人もいるため、ランニング以外をしたい場合はこのような使い方をする事により、目的に応じたトレーニングが可能になります。

トレーニング種目によって靴のタイプを考えよう!

ジム用靴といっても、実はタイプは色々あります。ジムであなたが何をしたいのかで考えましょう!
トレッドミル(ランニングマシーン)やエアロバイクなどの有酸素運動を中心に行うのか、スタジオでエアロビクスやエクササイズを行うのか、それともウェイトトレーニングを行うのかによって、最適な靴は違います。メインとするトレーニング種目に合わせて靴を選びましょう。

総合的な運動する人は万能型の靴がおすすめ!

ジムに行ったら、なるべく色々なトレーニングをやりたい!ランニングもやりたいし、ダンスエクササイズもやりたいし、筋トレもやりたい、というアクティブなあなたには、万能型の靴をおすすめします。
なぜなら万能型の靴は、この後それぞれ説明するランニング用、エクササイズ用、ウェイトトレーニング用の靴が持つ特徴をすべてバランスよく兼ね備えているからです。メーカーによってはクロストレーニング用シューズという名称で販売されているので、総合的な運動を考えているなら探してみてください。

ランニングをする人はクッション性の高い靴がおすすめ!

ジムでは主にトレッドミル(ランニングマシーン)で、ランニングやウォーキングをするという人は、一般的なランニングシューズを使うといいでしょう。トレッドミルはコンクリートで舗装された硬い路面に比べれば、足に対する衝撃がいくらかやわらぎますが、それでもクッション性のない靴で走っていると足を痛める恐れがあります。
ソールにクッション性をもたせたランニング専用の靴を選べば気兼ねなく走れますよ。
ちなみにエアロバイクなどの他の有酸素運動マシンでもランニングシューズは使用できます。

エアロビクスやエクササイズをする人は安定性のある靴がおすすめ!

ジムのスタジオで行われるエアロビクスやエクササイズは、仲間と一緒にがんばれることから非常に人気が高いです。
エアロビクスなどの運動をメインに考えているなら、フィットネスシューズがおすすめです。
なぜなら、エアロビクスやエクササイズはランニングのような前方向に進むだけでなく、横のステップやターンなどの動きがあるからです。
ランニング用の靴はこうした横の動きを想定して作られていないため、場合によっては足首を捻挫する危険もあります。

フィットネスシューズならば、横方向に対しても安定性がある作りのため、思いっきり汗をかくことができますよ!

ウェイトトレーニングをする人は安定性のある靴がおすすめ!

ジムではウェイトトレーニングで体づくりをしたい!と考えている人には、何よりソールが薄く、しっかり足を踏ん張ることができる靴をおすすめします。
高重量のバーベルやダンベルを扱うウェイトトレーニングでは、クッション性のある靴は足元が安定しないためかえって危険をともないます。
特に挙上重量が限界ギリギリになってくると、わずかな重心のずれでバーベルを持ち上げることができなくなります。
まずソールにグリップ力があり、なるべく足の裏がダイレクトに床を感じられるような靴を選ぶ必要があります。

ジムの靴人気おすすめメーカーを紹介!

ナイキ

おしゃれなスニーカーの代名詞といえるナイキの靴は、ジムでも活躍します。
ジム用の靴が必要なのは分かるけど、見た目が地味だったり、デザインがやぼったいものだとやる気が出ないという人におすすめです。
発色のいいカラーリングやデザイン性に優れたナイキの靴を履くと、間違いなくやる気が出ます。
ナイキはズームフライのような高機能なランニングシューズを数多く展開しているのはもちろんのこと、メトコンのようなクロストレーニングシューズと銘打った、まさにジムでのトレーニングを想定した専用シューズも発売しています。
このクロストレーニングシューズにもフライメッシュ素材など、ナイキが開発した最新技術がつぎ込まれています。

アンダーアーマー

アンダーアーマーの靴は、ジムで本格的なトレーニングをする人の間で非常に人気が高いです。
アンダーアーマーの靴の魅力は何と言っても武骨な男らしさ!
これはアンダーアーマーが展開するウェア全般にも言えることですが、無駄な装飾をそぎ落とし、派手なカラーも少なく、トレーニングに集中できるようなデザインとなっています。
鍛え上げた肉体の男性が使うイメージでしたが、シンプルなデザインの靴は女性が履くとクールな魅力を発揮します。
最近は、アンダーアーマーはランニングシューズにも力を入れていて、高機能かつ他の主要メーカーとは一味ちがったデザインのモデルが人気を集めています。

アディダス

タウンスニーカーのイメージが強いアディダスですが、ドイツ発祥のメーカーだけに質実剛健なスポーツシューズを長年作り続けています。
ランニングシューズではウルトラブーストなどの独自技術による高機能モデルをラインナップしていますが、実はウェイトリフティング専用の靴を作っている数少ないメーカーでもあります。
アディダスが作るウェイトリフティング専用の靴は、ソールに強度をもたせるとともに足元の安定感を高める構造になっているため、本気でウェイトトレーニングに取り組みたい人に最適です。

おすすめのジム用シューズ

それでは、ジムで使用するおすすめのシューズを紹介していきます。足の幅やクッション性の有無に注意しながら見て下さい。

  • おすすめのジム用メンズシューズ5選
  • おすすめのジム用レディースシューズ5選

おすすめのジム用メンズシューズ5選

ミズノ MAXIMIZER 20 マキシマイザー 20

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ミズノ MAXIMIZER 20 マキシマイザー 20

これからジムトレーニングを始めようと思う人におすすめのトレーニングシューズです。ランニングやウェイトトレーニングとマルチに使用出来ます。また、値段もリーズナブルな点がおすすめです。

アンダーアーマー トレーニングシューズ UA BAM Trainer メンズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アンダーアーマー トレーニングシューズ UA BAM Trainer メンズ

トレーニング専用ブランド、アンダーアーマーのシューズです。重いウェイトを持ち上げた時の安定感が抜群です。また、ジムシューズで白色のソールが必須な場所に適したシューズです。(ジムに寄って、シューズのソールが白で無いと使用許可が出ない場所もあります)

アシックス レスリングシューズ MATFLEX 5 メンズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アシックス レスリングシューズ MATFLEX 5 メンズ

ウェイトトレーニングメインの人におすすめのシューズです。レスリングシューズは足元のグリップ性、安定性が優れており、ウェイトトレーニング時における足の安定、固定にはレスリングシューズがおすすめです。

ミズノ フィットネスシューズ ウエーブダイバース DE

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ミズノ フィットネスシューズ ウエーブダイバース DE

ジムトレーニングでスタジオエクササイズをしたい人におすすめです。回る、ひねる動作をよりスムーズにできます。アウトソールがダンスで使う動作をフォローしてくれます。

[アディダス] トレーニングシューズ CrazyTrain LT メンズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アディダス トレーニングシューズ CrazyTrain LT

ビギナー向けのトレーニングシューズです。クッション性、通気性、安定性を持ち、これからのジムトレーニングをサポートしてくれるシューズです。

おすすめのジム用レディースシューズ5選

[ニューバランス] トレーニングシューズ FUEL CORE AGILITY

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ニューバランス トレーニングシューズ FUEL CORE AGILITY

激しいエクササイズトレーニングから、ランニングまで幅広く対応したシューズです。シューズ自体、メッシュ素材で出来ているため、足の蒸れが気になる人におすすめです。また、デザインカラーも多く、好きなカラーを選べ、女性に人気です。

ミズノ トレーニングシューズ マキシマイザー 20

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ミズノ トレーニングシューズ マキシマイザー 20

クッション性と軽さが魅力のシューズです。また、足幅の広い人向けに作られているため、足の幅が広い人におすすめです。また、簡単なトレーニングからはじめたい人にもおすすめです。

アシックス トレーニングシューズ GEL-FIT TEMPO 3 TGF206

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アシックス トレーニングシューズ GEL-FIT TEMPO 3 TGF206

スタジオフィットネスを目的にする人におすすめです。アウトソールも従来の3倍の強度を持ち、激しい動きににも耐えられるシューズです。

プーマ フィットネスシューズ PUMA Flex XT Knit Wn's

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

プーマ フィットネスシューズ PUMA Flex XT Knit Wn’s

ジムにおいて、まずはウォーキング、ランニングからはじめたい人におすすめです。サイズがワンサイズ小さめなので0.5プラスのサイズで購入する事をおすすめします。

アシックスランニングシューズ LADY JOG 100 2

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アシックスランニングシューズ LADY JOG 100 2

ランニング時における必要機能が全て入っており、ランニングメインでジムに通う人向けにおすすめです。また、設計も幅広に作られており足の幅が広い日本人にとって、一番フィットするシューズです。

ランニングシューズとフィットネスシューズの違いとは

ランニングシューズは屋外の使用を目的に設計されており、フィットネスシューズは室内を目的に設計されています。

屋内と屋外とではフィールドの環境が違うため、滑り易や、クッション性の必要性が全く異なります。ジムで使用する靴は滑りにくくグリップ力の効いたフィットネスシューズを使用する事をおすすめします。

その他、ランニングシューズは走る事を目的として設計されているため、ジムトレーニングの動作の横の動きに付いては、ランニンングシューズは考えられていません。


この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 ミズノ MAXIMIZER 20 マキシマイザー 20 アンダーアーマー トレーニングシューズ UA BAM Trainer メンズ アシックス レスリングシューズ MATFLEX 5 メンズミズノ フィットネスシューズ ウエーブダイバース DE [アディダス] トレーニングシューズ CrazyTrain LT メンズ[ニューバランス] トレーニングシューズ FUEL CORE AGILITYミズノ トレーニングシューズ マキシマイザー 20 アシックス トレーニングシューズ GEL-FIT TEMPO 3 TGF206プーマ フィットネスシューズ PUMA Flex XT Knit Wn'sアシックスランニングシューズ LADY JOG 100 2
購入先 Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天

まとめ

ジム用シューズはメーカーや靴の種類によって機能が変わってきます。これからジムに通う予定のある方、今ジムに通っている人は自身のトレーニングに応じた適切なシューズ選びをしましょう。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。