ジム ウェア メンズ
2018年7月18日

男性(メンズ)におすすめ!ジムウェアとアイテム10選

この記事では、「ジムに通いたいが良いウェアの見つけ方が分からない!」と考えている男性の方向けに、ジムウェアの選び方や、おすすめのジムウェアを紹介しています。ウェア選びは、ジムでのトレーニング中のパフォーマンスを、最大限発揮するために重要なアイテムです。

合わせて読みたい↓
おしゃれで快適にトレーニング!男性(メンズ)のスポーツジムの服装

メンズジムウェアの選び方

メンズウェアの選び方を、4つのポイントから紹介します。

  • 速乾性が高いウェアを
  • 綿100%はNG
  • 着心地の良いウェアを選ぶ
  • 動きやすさが大事

速乾性が高いウェアを

トレーニング中は、ランニングや筋トレなど、普段の生活では行わないようなハードな動きを行います。したがって、トレーニング中は大量の汗をかきます。その際に重要になってくるのがウェアの速乾性です。

汗が大量にしみ込んだウェアは着心地も悪く、身体も冷やしてしまいます。このように、汗でパフォーマンスが低下してしまわないよう、吸収した汗を素早く乾かす機能に優れているウェアを選びましょう。

綿100%はNG

素材に綿を100%使用しているウェアは避けましょう。綿100%のウェアのデメリットは、先に述べた速乾性が極めて低いことです。トレーニングの終盤では汗でウェアがベタベタになってしまいます。

また汗を吸いやすいため、雑菌が繁殖しやすく、衛生面でも不安です。そして、綿は暖かさを感じやすい素材であるため、体感温度が上がってしまい、夏場のトレーニングには特に不向きです。

このように綿製のウェアは、トレーニング中の不快感が上がってしまうため、選ばないほうがベターです。

着心地の良いウェアを選ぶ

ウェアは直接肌に触れるものであるため、着心地も重要なポイントです。ハードな動きで汗をかいても、さらりとした着心地を維持してくれるウェアは、着心地に優れているウェアと言えます。

また、縫い目部分が身体に当たり、気になるというケースもあります。最近では縫い目をスムーズにして、なるべくチクチクしないよう工夫しているウェアもあるので、一度試着して、着心地を確認してください。

動きやすさが大事

ジムでのトレーニングは、身体を伸ばしたり、捻ったりなど大きく動く場面が多いです。そのような場面で、デニムのような硬い素材のウェアでは、当然思い通り動くことはできません。

さらに、動きにくいウェアで無理に身体を動かすと、思わぬ怪我をする可能性もあります。このようなことから動きやすいウェアは、パフォーマンスの向上や、けが防止につながります。

試着の際には、自分がジムで行う動きを実際にやってみると、ウェアの伸縮性が確認できるのでおすすめです。

身に着けてるとおしゃれなアイテム

汗や髪が邪魔にならない帽子

ジムでのトレーニングの際に重宝するアイテムが帽子です。身体から出た汗はウェアが吸い取ってくれますが、頭から出てきた汗は、吸い取るものがないため、そのまま顔に落ちてきます。

トレーニング中に、顔に落ちてくる汗はかなり気になります。また髪が長めな方は、髪も気になってしまいます。

帽子は、そのような悩みを一気に解決してくれるアイテムです。さらに、帽子は小顔に見えるという効果もあるようなので、おしゃれという点からもおすすめのアイテムです。帽子を選ぶ際もウェアと同様に、速乾性に優れた帽子を選びましょう。

筋力アップの効果も期待できる加圧シャツ

トレーニングの効率を高めたい人などに、最近注目されているウェアです。加圧シャツと呼ばれているように、ウェアが身体に圧力を掛けることで、筋トレの効率を上げたり、代謝がよくなる効果が期待されています。

普段の筋トレに加圧シャツを取り入れると、効果が高まるかもしれません。

筋疲労軽減効果もあるスポーツタイツ

トレーニングパンツなどの下にスポーツタイツを履くことをおすすめします。このスポーツタイツの効果は「着圧機能」です。加圧シャツと同じく、身体に適度な圧を掛けることで、筋肉の無駄な動きを抑制し、疲労感の軽減を図っています。

また関節などへの負担が心配な人にもおすすめです。スポーツタイツにはテーピングと似たような効果があり、関節をサポートしてくれます。

故障の確率が高い膝などを保護したい人は、ぜひスポーツタイツを活用しましょう

おすすめのメンズジムウェア10選

(リーボック) Reebok ランニングウェア OSR アクティブチル Tシャツ EKF12 [メンズ]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

着用したときに、少し冷感を感じられるウェアです。速乾性に優れており、暑い夏場でも、トレーニング終了まで快適な着心地を維持します。またデザインも派手過ぎず、地味すぎずといった印象なので、着る人を選びません。

ナイキ(NIKE) メンズ ドライフィット レジェンド 半袖 Tシャツ 718834 1604 紳士 男性

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

トレーニングウェアの有名ブランドである、ナイキのトレーニングシャツです。快適な着心地と動きやすさにこだわっています。また、ナイキドライフィット機能で、体温の上昇を抑え、最後までベストパフォーマンスが発揮できます。

値段も安価なため、初心者の方の一着目としてもおすすめです。

(アディダス) adidas トレーニングウェア テックフィット BASE タンクトップ LOZ72 [メンズ]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

タンクトップスタイルのトレーニングウェアです。タンクトップは着る人が限られそうで敬遠されがちですが、スリムな人でも似合うような設計のため、全く似合わないということはなさそうです。

また、品質の高さに定評があるアディダスらしく、通気性や速乾性にも優れている、こだわりのポリエステル100%素材を使用しています。

(アンダーアーマー) UNDER ARMOUR ヒートギアアーマーコンプレッションSS(トレーニング/半袖ベースレイヤー/MEN)[MCM3749]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

世界で初めてコンプレッションウェアを発売したアンダーアーマーのトレーニングウェアです。身体に圧を掛けるウェアのため、ピッタリフィットするという着心地です。

それでありながら、縫い目の糸が気にならないような工夫がされています。プロのアスリートも多数使用している非常に人気の高いウェアです。

[MIZUNO] トレーニングウェア 半袖Tシャツ N-XT 32JA8020

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ミズノのトレーニングウェアです。シルエットは、細身のすっきりしたデザインとなっており、ファッション性も高いウェアです。機能面では、吸い取った汗を素早く逃がし、ウェア内のムレを抑えるという機能がついています。

動きやすさも優れており、総合的に高い品質のウェアです。

ナイキ(NIKE) クラブ フレンチテリー ジョガー パンツ 804466

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

スタイリッシュなデザインが、特徴のナイキのウェアです。太もも部分はやや太目で、足首に行くにつれて、細身のデザインになっています。ジムでもおしゃれに着こなしたい、という方におすすめです。

また着心地は、どちらかというとピッタリフィットするタイプです。動きやすさも良好です。

[アディダス]トレーニングウェア ロゴキャップ EMB BXA66 [ユニセックス]

Amazonで詳細を見る

アディダスのトレーニング用キャップです。落ち着いたデザインが特徴で、そのなかにさりげなく、アディダスの3本線が入っているのがおしゃれですね。トレーニング中の集中力を高められるアイテムです。

(ナイキ) NIKE ナイキ クラブ フレンチテリー フルジップ フーディ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

早朝や、夜間のランニングなどに重宝するパーカーです。また、まだ体が温まっていないときに、一枚羽織るという点でもおすすめです。パーカーといっていもごわごわ感はなく、快適な着心地です。

(アンダーアーマー) UNDER ARMOUR ヒートギアアーマー2.0コンプレッションレギングス(トレーニング/ベースレイヤーレギングス/MEN)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アンダーアーマーのコンプレッショントレーニングパンツです。肌にピッタリフィットする設計ながら、動いていても気にならない快適な着心地で人気です。

また、4つの方向への伸縮性を高めるという設計になっていて、どの方向へどのような動きをしても、高い伸縮性を保ちます。

(アディダス) adidas トレーニングウェア D2M 3ストライプスショーツ MLS42 [メンズ]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

シンプルなデザインで人気の、ナイキ製トレーニングパンツです。ナイキ独自開発の、「CLIMATE」テクノロジーにより、激しい運動でも体温の上昇を抑え、快適な運動をサポートします。またカラーラインナップも豊富で、選ぶ楽しみも広がります。

Spochiおすすめプロテイン

【マッスルプレス】

  • L-アルギニン60,000mg配合
  • L-シトルリン30,000mg配合

【マッスルプレス】はアルギニンとシトルリンを高配合してアスリートクオリティの毎日をサポートをします。

詳細を見る

まとめ

ここまで、おすすめのトレーニングウェアの紹介と、ウェアの選び方を解説しました。ウェアは、各メーカーごとに様々な工夫が施されています。またデザインも、派手なウェアから地味目なウェアまで様々です。

ウェア選びは、ジム通いが長続きするかどうかも決める、大事なプロセスです。ジムに通い始めようか考えている方は、この記事を参考に、お気に入りの一着を見つけてください。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。