卓球ラケット 女性
2018年7月3日

卓球女子必見!卓球ラケットの人気おすすめ5選!【2018年最新版】

日本の卓球は、中学生高校生選手の活躍で、現在子供たち及び母親の間で静かなブームを呼んでいます。
未来のオリンピック選手を目指す方々を対象に、ラケットについて解説します。昨今のブームのおかげで卓球場のみならずバーや喫茶店などでも親しまれている卓球。
老若男女問わず気軽にはじめることができることから、長年親しまれている競技でもあります。

今回は長年愛されている卓球をはじめたい人に向けて初心者でも迷わないおすすめのラケットをご紹介します!

卓球を始めるには、ラケットが必要です。市販のラバーもすでに張っているラケットを選ぶか、自分の好みに合わせてラケットそのものやラバーの種類、色などを自分に合わせて選ぶことも、これから卓球を長く楽しめるための工夫をすることが大切です。
ここではラケットの種類、持ち方などによるラケットの選び方を説明します。

おすすめ関連記事↓
卓球ラケットの人気おすすめメーカー5選と着用選手を徹底解説!

卓球ラケットの種類

以下では

  • ペンホルダー
  • シェ-クハンド

について触れていきます。

ペンホルダー

卓球ラケット 女性
出典:amazon.co.jp
ぺンを持つようにして握るグリップのことです。欧州にはペンホルダータイプのラケットを使用する選手はほとんどません。
日本・中国・韓国などの東アジア圏特有のグリップといえます。ラケット角度は微調整しやすうなりますが、その反面、タイミングがずれるとミスにつながりやすいといった短所もあります。
ラケットの両面を使うのが構造上難しく、表片面のみでフォア・バックハンドを打つのが基本となります。
だからバックハンドで打つ時は、ラケットを引っくり返えし脇下にラケットを移動させる窮屈な形が必要なり、そのうえ裏面を支える3本指が浮いてラケットを固定できなくなり不安定になってしまう。
そのため、シェ-クハンドに比べてバックハンドは攻撃力に欠けることがペンホルダーの最大の弱点でもあります。

シェ-クハンド

卓球ラケット 女性
出典:amazon.co.jp
現在、多くの選手がシェ-クハンドであり、握り方の主流になっています。おもにヨーロッパで発展され、ヨーロッパの卓球選手はほぼ100%シェ-クハンドです。
日本や韓国、中国などのアジア諸国でも、使用率が高まっています。

握り方としては、握手をするように手全体でラケットを握る持ち方を指し、作られたラケットをもシェ-クハンドと呼びます。
シェ-クハンドでの戦型は主に5つのタイプに分けられ、ドライブ主戦型、異質攻撃型、前陣速攻型、オールラウンド型、カット主戦型です。
中でもドライブ主戦型は現在最も多い戦型で、両面にラバーを貼って使用します。

シェ-クハンドは一般にペンホルダに比べバックハンドでの攻撃力は増大し逆に上手く振れるとフォアハンドが甘くなります。
また、カットマンなど様々なプレイスタイルが存在する点も特徴です。しかしミドルを処理しにくいと言われていた弱点がかげをひそめ攻撃オンリーが目につきます。


ラケットの選び方のポイント

以下では

  • ラバー付き卓球ラケットの方が手軽で便利
  • プロが好む「シェイクハンド」、初心者が扱いやすい「ペンホルダー」
  • 丸系か四角か?卓球ラケットの形で選ぶ

について触れていきます。

ラバー付き卓球ラケットの方が手軽で便利

卓球のラケットには必ず表裏にラバーというゴム製の板が貼ってあります。
ラバーにも種類が様々あり、ラバーを張るのにもコツが必要なので、卓球初心者の方は最初からラバーが貼ってあるものをおすすめします。

プロが好む「シェイクハンド」、初心者が扱いやすい「ペンホルダー」

卓球のラケットには大きく分けて二種類あります。握手をするように握るシェイクと、指先を使って操作するペンです。
シェイクは手のひらの感覚で打てるのが特徴で、テニスのようにラケットの両面で打つことができます。
対して、ペンは手先が器用な人に向いており、通常は片面の表面のみで打ちます。

どちらを選ぶかは実際に持ってみるのがおすすめです。

丸系か四角か?卓球ラケットの形で選ぶ

 卓球のラケットには円に近い丸型と、長方形に近い角形があります。
丸型はコントロールに優れており、細かい技術を出しやすです。対して角形は、スピードが出やすく強いフォアハンドを打つことができます。コントロール重視か強いフォアハンド重視かで、丸型か角形か選びましょう。

女性におすすめ卓球ラケット5選

誰もが一度は見たことがある卓球ですが、実はラケットの種類だけでもかなりの数があります。
プロの選手や上級者のプレイヤーは、自分の戦法や体型に合わせて様々なラケットを試して選んでいます

最初からラバーが貼ってある卓球ラケットと、自分で別途ラバーを購入して貼る卓球ラケットとがありますが、初心者はラバーがあらかじめ貼ってある卓球ラケットを選び、卓球ラケットの操作に慣れましょう。

ニッタク(Nittaku) 卓球 ラケット JOプラス ペン1500 ペンホルダー

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

これからはじめてみようと考えている人におすすめのペンホルダー型のラケットです。
ラバーがすでに貼ってあるので、すぐに卓球をすることができます。値段が安価で、ボールも2つ付属しているため初期費用が抑えられるのがポイントです。

バタフライ(Butterfly) 卓球 ラバーばりラケット 水谷隼 2000

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

シェイクハンドタイプのラバーが貼はってあるラケットです。学校の授業などで卓球に興味を持ち、これから少しずつ上達を考えている小学生~中学生におすすめのラケットです。
まだ、ラケットに慣れていない人などがステップアップの初期段階で使いやすく感じる一本です。

Butterfly(バタフライ) 卓球 ラバーばりラケット シェーク ステイヤー1500

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

卓球ラケットの2大メーカーのもう一つ、バタフライ製の商品です。
バタフライはニッタクに比べてシェ-クハンドの卓球ラケットに力を入れており、デザイン性の良さが人気です。
おしゃれな卓球ラケットを選ぶなら、バタフライの商品から選ぶと良いでしょう。

バタフライ(Butterfly) 卓球 ラケット ハッドロウ・VK FL 攻撃用シェーク

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

初心者向けの扱いやすさを残しつつ、より鋭い打球を打つことを可能にした卓球ラケットです。
グリップが反りながら拡がっているため、手が固定されて握りやすいのが特徴です。
また手首を柔らかく使うことができるので、安定感がありながらもスピードのある打球が打てます。

バタフライ(Butterfly) 卓球 ラケット インナーフォース・レイヤー・ALC FL 攻撃用シェーク

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ロンドンオリンピックで銀メダリスト、リオデジャネイロオリンピックでは銅メダリストの石川佳純選手が愛用していることでも有名な卓球ラケットです。
シェ-クハンドで攻撃的なスタイルを目指すのに適した、優れた打球の弾みとコントロールのバランスの良さが最高級です。

まとめ

卓球ラケットは円に近い丸形と、長方形に近い角形にわかれます。その中間の角丸型(楕円型)の卓球ラケットもあります。
シェ-クハンドのラケットはほとんどが丸形です。しかし、ペンホルダーのラケットは丸形・角形・角丸型があり、丸形はコントロールに優れ細かい技術が出しやすいです。
角形はスピードが出やすく強烈なフォアハンドが打てます。角丸型はその中間の性能を持ちます。
よりペンホルダーの特徴を活かしたいなら、角形の方が優れています。
なによりドライブのかかった強いフォアハンドを打つ感触がすかっとして気持ちが良いので、幅広い人に好まれています。
迷ったなら角形のペンホルダーを試すと良いかもしれません

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 ニッタク(Nittaku) 卓球 ラケット JOプラス ペン1500 ペンホルダーバタフライ(Butterfly) 卓球 ラバーばりラケット 水谷隼 2000Butterfly(バタフライ) 卓球 ラバーばりラケット シェーク ステイヤー1500バタフライ(Butterfly) 卓球 ラケット ハッドロウ・VK FL 攻撃用シェークバタフライ(Butterfly) 卓球 ラケット インナーフォース・レイヤー・ALC FL 攻撃用シェーク
購入先 Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天


合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。