クライミング グローブ
2018年6月30日

クライミンググローブの選び方と人気おすすめ10選!

山登り(クライミング)する際に大事なアイテムの一つにクライミンググローブがあります。

クライミンググローブは手を保護するだけでは無くて、その他にもクライミングをする際に必要とする機能があります。

そこで今回、クライミンググローブについて紹介して行きます。

トレッキングリュックについてはこちら↓↓
トレッキングリュックを選ぶために必要なポイント

クライミンググローブとは


出典:amazon.co.jp
クライミンググローブとは基本的に山登りをする時に使用する手袋のことです。

クライミング時に常時着用するのでは無く、要所要所で付けたり外したりしてクライミングをして行きます。

基本的に使用する場面はロープを掴んで登ったり、岩や木などを掴む場合に着用します。

  • クライミンググローブをつけるメリット
  • クライミンググローブをつけるデメリット

クライミンググローブをつけるメリット

クライミンググローブのメリットは素手でロープや岩、木を掴む際に躊躇なく掴む事が可能な事です。

素手で劣化したロープを握ると、ロープ自体で手の平切ってしまうなどあります。

その時にクライミンググローブを着用する事で安心してクライミングを行えるようになります。

クライミンググローブをつけるデメリット

クライミンググローブを着用するメリットもありますがデメリットもあります。

それは、グローブを着用したままだとスマホの操作が出来ない事です。

昨今、スマホで写真を撮る人も増えてますので写真を撮る時は毎回グローブを外す必要があります。

その他にも、細かい指先の作業などはクライミンググローブを着用したままでは、作業しにくいデメリットがあります。

クライミンググローブの選び方


では、クライミンググローブの選び方を見て行きましょう。

クライミングは様々な場面に出くわします。

そのため以下の5つポイントを抑えて選びましょう。

  • 使いやすさ
  • 着脱しやすいグローブ
  • 耐久性があるか?
  • グローブの素材は?
  • サイズ感

使いやすさ

まずは何と言っても使いやすやを重視しましょう。

クライミンググローブと言っても厚手の物から薄い物まで様々あります。

ほかにも、グローブ中にはフィンガーレスのグローブもあります。

クライミングするフィールドや季節に応じて使いやすいクライミンググローブを選びましょう。

着脱しやすいグローブ

クライミンググローブは常時着用する事では無くて、必要な箇所で着用します。

そのため、着脱しやすいグローブを選びましょう。

また、着脱を繰り返し行うのでグローブの手首部分に穴が開いておりカラビナやザック横にすぐ付けれる物がおすすめです。

耐久性があるか?

クライミンググローブはロープや岩肌、木を力強く握る事が多くなります。

そのため、グローブも痛みやすく耐久性が無いものだとすぐに穴が空いてしまったり縫い目部分が破れたりします。

耐久性も重視して選びたいです。

グローブの素材は?

グローブの素材は通気性とグリップとなる手の平の方が強い生地になっているかが重要になります。

その他では、手の平部分の力が入る部分の生地の厚みなど要所要所でクライミンググローブが機能を果たしているかも選ぶ時の基準になります。

サイズ感

クライミンググローブを選ぶ時にサイズを重要視しなければなりません。

グローブは、はめてるだけでは全く意味が無いです。

グローブ自体を付けた際、遊びが多すぎるとクライミングの時何かを掴むのに力が入らなくなりしっかりロープなどを掴め無く事故の原因になります。

サイズは適切なサイズ感の物を選びましょう。

クライミンググローブ人気おすすめ10選

BLACKDIAMOND(ブラックダイヤモンド) クラッググローブ BD14036

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

手の甲部分にはメッシュ素材を採用し通気性も確保します。

手の平部分は、レザーパーム製を使用しています。もちろん手首部分はカラビナやカバンに取り付けやすいよう穴も空いています。

全体のバランスから見ても、ビギナークライマーはブラックダイヤモンドのグローブからがおすすめ。

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) クラッググローブ ハーフフィンガー BD14037

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラックダイヤモンド、クライミンググローブのハーフフィンガータイプです。

通気性、耐久性とも優れており、指先はグローブで覆いたく無い人におすすめです。

Metolius(メトリウス) ビレイグローブ M ナチュラル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

オール牛革製のクライミンググローブです。

ロープなどが当たる部分には厚く補整されており。長く自分自身のグローブを育て上げたいクライマーにおすすめです。

(モンベル) mont bell トレッキンググローブ クールグローブ 1118304 SHAD M

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アウトドアトレッキング有名メーカーのモンベルのグローブは春夏のトレッキングに使用するのにおすすめです。

通気性と吸水拡張性機能を持っており、暑い夏場に活躍します。

[ザ・ノース・フェイス]シンプルトレッキンググローブ Simple Trekking Glove

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

伸縮性に優れており、手の動きを制限する事無くノンストレスでクライミングが可能です。

通気性も良くクライミンググローブでストレスを持ちたく無い人におすすめです。

(モンベル) mont bell トレッキング フィンガーレスグローブ 1118295 BK L

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

モンベルのフィンガーレスタイプのグローブです。

指先を自由に使え、手の平はしっかりとグローブでカバー。メンテナンスも衣類類と同等で洗濯できるので、衛生的にもおすすめです。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ソロイスト BD73032

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

冬季クライミング用のグローブです。

厚く設計されていますが、通気性機能と保温性機能を両方持っているグローブです。冬季にクライミングする人におすすめです。

Metolius(メトリウス) クライミンググローブ(3/4フィンガー) S(7cm~7.75cm)パーム円周フィット ナチュラル/ブラウン

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

メトリウスの牛革製、フィンガーレスタイプのクライミンググローブです。

牛革のグローブを使いたいがフィンガーレスがいいと言うクライマー向けのグローブです。

イスカ(ISUKA) ウェザーテック トレッキンググローブ XS ブラック 230001

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

グローブの各パーツごとに必要な機能を各箇所に設けた、ハイクオリティーのクライミンググローブです。

機能性重視のクライマーにおすすめです。

ISUKA(イスカ) ク-ル メッシュグロ-ブ L

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ハイレベルなクライミングより、トレッキングよりのクライミングにおすすめなグローブです。

薄手に作られており付けている感覚が無く、真夏のクライミングに最適です。

クライミンググローブおすすめのまとめ

登山 地図
クライミンググローブは自分自身を守る大事なアイテムの一つです。

また、グローブを着ける事でグリップ力を増す事でロープや岩をしっかりキャッチできスムーズにクライミングする事が可能になります。

そのためにも自分自身の手にあったクライミンググローブを選びましょう。

登山靴についてはこちら↓↓
登山靴のおすすめ20選!安い初心者向けからシリオなどの人気メーカーまで

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。