バックパス
2018年6月28日

サッカーのバックパスについて徹底解説!

最近ではバルセロナのようにディフェンダーだけではなく、ゴールキーパーまでも攻撃の起点となるポゼッションサッカーが主流になっており、単なる時間稼ぎの目的だけではなく、攻撃手段としてバックパスが多様されています。ここではバックパスのルールを解説し、バックパスが必要な場面やバックパスに似ている反則を紹介します。
サッカーのフィールドについて徹底解説!

バックパスとは

バックパス
バックパスとは、味方選手からゴールキーパーへのパスを意味します。フォワードからミッドフィルダーへ下げるパスや、ミッドフィルダーからディフェンダーへ下げるパスはバックパスとは呼びません。

バックパスのルール

バックパスにおけるルールは、試合終盤での極端な時間稼ぎを防ぐ目的で1992年に設けられたルールです。バックパスで反則の対象となる行為は、ゴールキーパーが味方選手から意図的に蹴られたパスを手で触れた時です。反則の成立要件は、味方の意図的に足で蹴るパスをゴールキーパーが手で触れたときです。

つまり、意図的であってもヘディングや胸という足以外の場所でパスをする場合には手で触れることができ、バックパスのルールに反することにはなりません。反則があった場合は、ゴールキーパーが手で触れた場所から最も近い、ゴールラインに平行なゴールエリアのライン上から相手チームの関節フリーキックを行います。

どんな場面で使われるのか

バックパスは自チームがリードしている試合の終盤において時間稼ぎなどの場面や、ポゼッションサッカーにおいて多く使われます。カウンターサッカー主体のチームとは違い、ポゼッションサッカーを主体とするチームにおいては、自陣深くからパスをつないでいくため、自然とゴールキーパーにも足元のテクニックが要求されます。右サイドから崩そうとして攻め上がり、ディフェンスが右サイドによってきたらゴールキーパーまでバックパスをし、左サイドから再び崩しにかかるというポゼッションを展開する場面では非常に有効です。

バックパスに似ている反則

バックパス
次に、バックパスに似ている2点の反則を紹介します。

  • 反スポーツ的行為に対する警告
  • 味方選手がスローインしたボールを誰にも触れずにゴールキーパーが直接手で触れた場合

反スポーツ的行為に対する警告

例えば、バックパスをする際に、時間稼ぎのためにキーパーが手で扱えるように無理やり地面にはいつくばって頭でバックパスする行為は、反スポーツ的行為として反則の対象になります。サッカー競技規則には反スポーツ的行為の一つとして「競技者が競技規則の裏をかき、(フリーキックからも含め)意図的にゴールキーパーに頭や胸、膝などでボールをパスする。ゴールキーパーがボールに手または腕で触れたか否かは関係しない」と規定しています。実際に2017年1月21日に行われたナント対パリ・サンジェルマンで、パリ・サンジェルマンのマルコ・ヴェラッティが地面にはいつくばって頭でゴールキーパーへバックパスを行い、これを見た主審はマルコ・ヴェラッティに警告を与え、ナントに直接フリーキックが与えられるという珍しいシーンがありました。

味方選手がスローインしたボールを誰にも触れずにゴールキーパーが直接手で触れた場合

味方選手のスローインを他の誰にも触れずにペナルティエリア内で直接ゴールキーパーが手で触れる行為は反則の対象になります。フィールド内では足以外の部分で行うバックパスはペナルティエリア内で手で触れることはできますが、スローインから直接手で触れることはできないので注意が必要です。試合の再開方法は、ゴールキーパーが手で触れた場所から最も近い、ゴールラインに平行なゴールエリアのライン上から相手チームの関節フリーキックを行います。
また、味方のスローインをゴールキーパーがペナルティエリア外において手で触れた場合は通常のフィールドプレーヤー同様に、手で触れた場所から相手チームの直接フリーキックで再開されます。

まとめ

時間稼ぎという反スポーツ的行為を排除する目的から誕生したバックパスルールですが、その背景にはポゼッションサッカーというゴールキーパーも攻撃に参加する現代サッカーの時代の流れがあることがわかります。
8人制サッカーとは?ルールや戦術について徹底解説

合わせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

  1. 匿名 より:

    味方選手がスローインしたボールを誰にも触れずにゴールキーパーが直接手で触れた場合
    ※ ペナルティエリア内で手で触れることはできますが、スローインから直接手で触れることはできないので注意が必要です。試合の再開方法は、ゴールキーパーが手で触れた場所から最も近い、ゴールラインに平行なゴールエリアのライン上から~   この再開方法はゴールエリア内の話であって、ペナルティーエリア内なら基本、直接ボールを触れた地点からの間接フリーキックではないでしょうか?

  2. スポシル編集部 より:

    返信遅くなり大変申し訳ありません。

    ご指摘いただきありがとうございます。
    匿名さんのご指摘の通り、味方選手がスローインしたボールを誰にも触れずにゴールキーパーが直接手で触れた場合の再開方法は「直接ボールを触れた地点からの間接フリーキック」となります。
    わたしくしどもの勉強不足でございました。
    大変申し訳ありません。

    SPOSHIRUは「スポーツを愛する全ての人と共にスポーツの発展に努めていきたい」と思いますので、今後ともご指摘・ご意見あればよろしくお願いいたします。

コメントを残す

※承認後に表示されます。