2018年6月18日

ランニングシューズの人気おすすめメーカー 10選とその特徴を徹底解説!

ランニングにとって必要不可欠なアイテムはなんと言ってもランニングシューズです。

そんなランニングシューズの中からおすすめのメーカーを10選ピックアップし、特徴とおすすめランニンングシューズ、そのメーカーはどんな方に向いているのかについて紹介します。

onシューズについてはこちら↓↓
【メンズ・レディース別】Onランニングシューズの選び方と人気おすすめ12選

アシックス(asics)


出典:amazon.co.jp
アシックスは兵庫県神戸市中央区に本社を置き、設立は1977年から日本のスポーツ界を牽引してきた大手総合スポーツメーカーです。

元々は鬼塚株式会社、そしてオニツカ株式会社を経て現在の株式会社アシックスへと進化してきました。

アシックスの特徴

アシックスランニングシューズの特徴は日本人の足に一番フィットするシューズと言っても過言ではありません。

アシックスランニングシューズは昔から日本人の足を研究して、より日本人の為のランニングシューズを開発する事に成功しました。

特に昔から日本人の足の典型である「幅広・甲高」であったのが最近は幅狭の人や甲低の人と多種多様化しています。

その中でもアシックスランニングシューズは現代にあったランニングシューズを開発しています。

アシックスのおすすめランニングシューズ

[アシックス] ランニングシューズ TARTHERZEAL TS 4 TJR285 (現行モデル)

[アシックス] ランニングシューズ TARTHERZEAL TS 4 TJR285 (現行モデル)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アシックスのランニングシューズと言えばターサーシリーズです。

学生ランナーや部活で陸上を経験していた人は一度は履いた事があるシューズです。アシックスの機能を全て搭載した代表シューズです。

アシックスランニングシューズで有名な選手は、誰もが知るQちゃん事、高橋尚子選手です。

シドニーオリンピックで金メダルを獲得した時に履いていたシューズがアシックスでした。

アシックス GT-2000 New York 7


アシックス GT-2000 New Yorkはセーフティー系ランニングシューズの定番モデルです。
海外のランナーにも人気があり世界で一番売れているランニングシューズと言われいます。

人気の秘密はクッションと反発力が絶妙にバランスしている点です。
厚めのミッドソールは着地衝撃からランナーの脚を故障から守り、適度な反発力があります。

ミッドソールの内側には硬めの素材が使われ、着地時の内側倒れ過ぎを防止しています。

初心者にシューズにおおすすめですが、中・上級者がゆっくり走るトレーニングにもおすすめです。

アシックスのランニングシューズはどんな人に向いているか?

アシックスランニングシューズは日本人の足に合わせた構造でシューズを作っている為、他の海外ブランドシューズが合わない方や、足の幅が広く甲の高い人におすすめです。

また、これからアシックスランニングシューズは健康志向の方向けにもランニングシューズを開発している為、これからランニングやウォーキングを始めようと思う方におすすめです。

ナイキ(nike)


出典:amazon.co.jp
アメリカ合衆国オレゴン州に本社を置くNIKE社は1964年に設立されました。

設立後は現アシックス株式会社から靴を作るノウハウを学びながら現在に至りました。

日本のアシックスが今のナイキシューズを作ったと言っても過言ではないです。

ナイキの特徴

ナイキランニングシューズは欧米の人向けの、足の幅が狭く甲が低い方向けに作られています。

最近の日本人の足も多種多様化して来ていて、足の幅が狭い人や甲が低い方も増えて来てます。

足の幅、甲の低い方におすすめです。

ナイキのおすすめランニングシューズ

(ナイキ) NIKE ナイキ ズーム ストリーク 6

(ナイキ) NIKE ナイキ ズーム ストリーク 6

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ナイキズームストリークは200gを切る重さのシューズです。

3時間を切るランナーにおすすめの上級用シューズです。

軽さを追求するのであればナイキズームストリークを選びましょう。

ナイキランニングシューズを履き好成績を残しているのが設楽啓太選手です。

箱根駅伝でも一躍活躍をして今も実業団で数々の成績を残しています。

ナイキ ズーム フライ フライニット

ナイキ ズーム フライ フライニット

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ナイキ ズーム フライ フライニットは話題のシューズです。

最近フルマラソン世界記録を出しているランナーが履いているのはほとんどがナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%というシューズです。ズーム フライ フライニットはヴェイパーフライ 4%の廉価版モデルです。

軽くてソールが厚いため、上級者ランナーだけでなく中級者も使用できます。

但し、ズーム フライ フライニットの機能を最大限に活かすには、靴底に仕込まれたカーボンプレートの反発力を使うランニング技術が必要です。

フルマラソンの記録を伸ばしたい中上級者ランナーにおすすめのシューズです。

ナイキのランニングシューズはどんな人に向いているか?

ナイキランニングシューズ はトレーニングを日々続け、データー化したい人におすすめです。

携帯アプリ「NIKE+」とランニングシューズを連動させ、日々の練習記録やタイムをパソコンで管理ができます。

目標に向けてデーター化し練習メニューを考えたい人におすすめです。

アディダス(adidas)


出典:amazon.co.jp
アディダスはドイツ、バイエルン州に本社を置くスポーツ総合メーカーです。

兄ルドルフ、弟アドルフのダスラー兄弟が靴製造会社「ダスラー兄弟商会」を設立しました。

その後、ダスラー兄弟商会を解消後、弟がアディダスを設立、兄が現プーマを設立させました。

アディダスの特徴

アディダスのランニングシューズは、なんと言ってもデザイン性の高さです。

他のシューズメーカーと比べカラーの種類が多いです。

また、軽量化にも力を入れておりシューズ自体の重量も軽いのが特徴です。

アディダスのおすすめランニングシューズ

[アディダス] ランニングシューズ adiZERO japan BOOST 3 (現行モデル) メンズ

[アディダス] ランニングシューズ adiZERO japan BOOST 3 (現行モデル) メンズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

日常のランニングからレースまでを走破出来るシューズです。

アディダスの代名詞、3本ラインもはっきりデザインされていてスマートなデザインの仕上がりです。

日常ランニングでおしゃれにランニングできます。

アディダスのランニングシューズと言えば、箱根駅伝にて青山学院大学が学校を推薦して使用しているのがアディダスランニングシューズです。

1年や2年だけで箱根駅伝の結果を残すだけでは無く、毎年結果を残しているのが青山学院大学でアディダスのランニングシューズです。

アディダス Adizero Japan 4


アディダス Adizero Japan 4はクッション性、反発性のバランスが良い中級者向けモデルです。

ミッドソール素材に使われている「ブースト」は耐久性に優れ、クッション性、反発性を両立しています。サブ4向けの中級者モデルとして販売されていますが、上級者でも十分使用できます。

かつてフルマラソン世界記録はこのAdizero Japan 4で樹立されてたことからも、スピードが出せるシューズであることが証明されています。

フルマラソンで安定性とスピードを求める中上級者ランナーにおすすめです。

アディダスのランニングシューズはどんな人に向いているか?

アディダスのランニングシューズは通気性が抜群に良く、蒸れにくい設計になっています。

ランニングの際やトレーニング中に足汗を頻繁にかいてしまう人におすすめです。

ミズノ(mizuno)


出典:amazon.co.jp
ミズノは漢字で書くと美津野株式会社です。大阪府大阪市に本社を置く総合スポーツメーカーです。

1923年設立後、日本のスポーツ界を支え続けている誰もが知るスポーツメーカーへと進化しています。

ミズノの特徴

ミズノランニングシューズはなんと言っても、クッション性が抜群である事です。

ミズノの独自開発したミズノウェーブはプレートを使用しているので頻繁に使用してもクッション性能が落ちないのが特徴です。

他のシューズはプレート採用されていない為、クッション性能が落ちて行きます。

ミズノのおすすめランニングシューズ

[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブアミュレット 7 (旧モデル)

[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブアミュレット 7 (旧モデル)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ミズノウェーブアミュレットはアウトソールの特殊な素材を使用している為、レース後半や使用頻度が多くてもソールが削れにくく、レース後半でもタイムが落ちないのが特徴です。

ミズノのランニングシューズを履いて活躍した選手の中には末續慎吾選手がいます。

今までの日本陸上界短距離を引っ張って来て、昨今の日本短距離界を作りあげてきました。

ここ最近の日本短距離チームの活躍を作った選手です。

ミズノ ウエーブライダー 22

ミズノ ウエーブライダー 22

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ミズノ ウエーブライダー 22は伝統あるミズノの人気ランニングシューズです。
22代目となる今回のモデルには伝統の技術と新しい技術が盛り込まれています。

伝統の技術はミッドソールに組み込まれたミズノウエーブと呼ばれる波型プレートです。着地の安定性を高め、衝撃を吸収します。

ミッドソールは設計を新しくし、素材を見直すことにより、クッション性、安定性を向上させました。

フルマラソンの完走、サブ4を目指すランナーからウルトラマラソンランナーまで、幅広い層におすすめのシューズです。

ミズノのランニングシューズはどんな人に向いているか?

ミズノランニングシューズの最大の特徴であるクッション性能は長時間マラソンをする人や、これからスポーツを始めようと考えの方に膝や足への負担が軽減できます。

ニューバランス(new balance)


出典:amazon.co.jp
Nのマークでお馴染みのニューバランスは、アメリカ合衆国マサチューセッツ州に本社を置く会社です。

1906年設立と、他のスポーツメーカーに比べ設立はまだ新しいが現代のスポーツに欠かす事ができないスポーツメーカーとなっている。

ニューバランスの特徴

ニューバランスのランニングシューズは初心者から大会エントリーする人向けに作られています。

デザイン性も高く、目につきやすいカラーリングのシューズが特徴です。

ニューバランスのおすすめランニングシューズ

[ニューバランス] ランニングシューズ FRESH FOAM 1080(現行モデル) メンズ

[ニューバランス] ランニングシューズ FRESH FOAM 1080(現行モデル) メンズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

FRESH FOAM 1080は、クッション性と安定性を兼ね備えたランニングシューズです。

今からランニングやマラソンを始める人にとっては安定性が増し、ランニングホームを作るにはおすすめです。

ニューバランスのランニングシューズで一躍活躍した選手がアメリカ出身のジェニーシンプソン選手です。

最近の北京オリンピックでは1500mにて金メダルを手にしました。

その後の世界陸上でも惜しくも2位となりましたが、まだこれから注目を集める選手です。

ニューバランス Hanzo R V2


ニューバランス Hanzo R V2はシューズ職人である三村仁司氏とニューバランスが共同開発した上級者向けシューズです。

日本人の足にあった足型を使用し、高いフィット感を実現しています。安定性と反発性のバランスが良い素材をミッドソールに採用することにより、スピードを出しても安定するシューズになりました。

アッパー素材は通気性が良く、走行時にブレが少ない素材を使用しています。

高いレベルの走りを追求する上級者におすすめのシューズです。

ニューバランスのランニングシューズはどんな人に向いているか?

ニューバランスのランニングシューズは今からランニングを始めようと試みるランナーや市民マラソンなどにチャレンジしたい方向けにおすすめです。

またデザイン性も他のブランドに負けておらず、おしゃれにマラソンやトレーニングに励みたい人におすすめです。

まとめ


日本や海外をはじめとするランニングシューズメーカーには様々な特徴があります。

機能性やデザインをはじめとする多くのランニングシューズがあり、選手自身のスタイルに合わせて選ぶ必要があります。

他にも今からランニングや健康改善に取り組む人はビギナータイプのシューズから徐々にシューズを変えてレベルアップを計りましょう。

サブ5向けランニングシューズはこちら↓↓
【2018年最新版】サブ5を目指すためのランニングシューズ20選!

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。