クライミングシューズ 靴下
2018年6月22日

クライミングシューズに履く靴下の選び方と人気おすすめ10選

クライミングシューズを履く時、靴下を履く派ですか?履かない派ですか?クライミングとは垂直に近い地形や人工物等を自らの手、足、体、もしくは登山用具を利用して登ることであり、登山用具の一つとして重要なものがシューズであります。
さらに重要になるのがクライミングシューズを履いた際に履く靴下です。

クライミングジムが増えてきておりレンタルスシューズの利用者も多くなりました。レンタルシューズの利用にあたっては衛生上の観点から基本的にシューズを履くときは靴下が必要です。
そこで今回は人気メーカーのクライミングシューズの靴下10選について紹介します。
【初心者必見!】クライミングシューズの選び方と人気おすすめ9選!

クライミング靴下を履く理由


出典:amazon.co.jp
クライミングの競技や練習には緊張感がつきものです。人間は緊張すると汗をかきます。クライミングシューズを利用する場合は素足派も靴下履く人も比率は同じくらいです。それぞれメリットデメリットがあり各人の好みにもなります。

特にクライミングやボルダリングは足の裏の感触は大切であり敏感ですが競技に移ると緊張は最大になります。その緊張により汗が出てきて競技に集中すればするほど緊張して大量の汗をかきます。

シューズの中は汗による雑菌や細菌が発生し悪臭や皮膚病の減になります。シューズの汗による汚れや皮膚病感染を最小限に抑えるのが靴下の役割です。
クライミングの際に靴下を履く理由について

  • メリット
  • デメリット

の2点について解説します。

靴下を履くメリット

靴下を履くメリットは、第一に靴が履きやすいことです。
第二に靴を汚す原因となる汗を靴下が吸収しシューズの汗による汚れや皮膚病感染を防ぐことができます。シューズは基本的に汚れたとしても洗濯することはなかなかありません。
洗濯することによってシューズの素材を劣化させシューズの傷みを進めるからです。シューズは使い込むほどに更に劣化し、伸びて大きくなってきます。そのサイズの変化の調整役も靴下はしてくれます。

靴下を履くデメリット

シューズを使用するとき靴下を履くことによって、足の裏に伝わる感覚が鈍くなります。そしていつも同じ靴下なら感覚も問題なく同じように伝わりますが毎回異なった靴下であれば靴下によって靴底の感覚も鈍くなってつま先の感覚も異なって使い込みによる慣れの感覚が生まれません。

クライミングシューズ用の靴下を生産販売しているところは少なく専門的な靴下は1足2000円ぐらいと高くつきます。

クライミングシューズ靴下選び方

クライミングシューズ用靴下の選び方条件として、第一は靴下素材がどれだけ薄いかです。普通の靴下では利用者自身に若干厚く感じさせ不安が生じてきます。

二番目には極度の緊張から起こる溌汗は靴の素材に吸収して雑菌などによる臭いの元となり不衛生になります。当然靴下ですからまず安さが大切です。洗濯により素材の劣化、破れたり穴が開いたりと消耗していきます。
誰でもどこでも入手できるそして素材的にも薄手の物、通気性大、吸湿性大、速乾性大、伸縮可能なクライミングシューズ靴下を選ぶことが大切です。

選び方のポイントを

  • 靴下の薄さ
  • 通気性
  • 速乾性

の観点から詳しく解説します。

靴下の薄さ

クライミングシューズ用の靴下は薄いことが条件の一つです。なぜならシューズを通してつかむ足裏の感覚が大切だからです。特に初心者においては足の肌=靴下となる感覚を身に着けておくことが必要です。

しかし靴下は消耗品ですから薄いと言ってすぐ使い物にならなくなる靴下ではコスパが悪いです。値段が手頃で入手のし易さも大切な条件です。最近は素材の開発が進み靴下を通しても足裏の感覚が敏感につかめるようになりました。厚い靴下の特徴として吸湿吸汗性がよく抗菌性を重視した靴下が多く足の健康環境上は以前に比べて数段改善されています。

通気性

靴下において利用する人は通気性を大切にします。足の皮膚と靴の生地とのアイデアで皮膚を護る役目が靴下です。通気性は欠かせない条件です。

人間は緊張すると発汗すると同時に体温調整のためにも発汗します。しかし靴の中は通気性が良いとは言えないため靴下の通気性でカバーすることになります。通気性が悪いと当然靴の中は蒸れ蒸れの状態となり悪臭や雑菌の増殖となります。足の温度が上がることによって感覚も鈍くなってきます。

足における通気性の大切さを認知することも大切です。

速乾性

スポーツ用靴下の三大必要条件の一つである「速乾性」は「吸湿性」と相反するところもありますが速乾性が良ければ吸湿性の効果をさらに上げることになります。

靴下に吸収された汗がそのまま残ったとしたら、靴の中はどうなるか?行動に影響を与えてしまいます。靴の中で足が滑ると、行動に危険が生じます。
その意味で「速乾性」はスポーツ靴下の欠くことのできない条件です。速乾性はスポーツ選手の意気高揚にもつながります。

クライミングシューズ靴下人気おすすめ10選

(フットマックス) FOOTMAX 5本指モデル FXR107 [メンズ]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

フットホールドにおけるインとアウトサイドエッジに力のかかるつま先、親指側面、母趾球部にグリップ性の高いナノフロントを採用しています。汗をかきやすいシューズ内でも足が滑らないよう、力が入りやすくなっています。かかとにもナノフロントを採用し、ヒールフック時にクライミングシューズ靴下がずれないような構造に工夫されています。左右立体設計にてフィット性も向上一体感を持ち、つま先や足裏の感覚をつかみやすくしています。

FIVE TEN(ファイブテン) ドラロン R ロックソックスショート

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

素材はコットン、アクリルをベースにシームレス製法を採用し、ソックスの縫い目感を最小限としてクライミングに必要な足裏感覚を最大限に引き出したソックスです。吸汗速乾、抗菌防臭機能を併せ持ち臭いのもととなるバクテリアの増殖を抑えると共にクライミングシューズ内も快適な環境を保つよう工夫されています。

[ザノースフェイス] クライミングプロテクトブリスター Climbing Protect Blister

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

臭いのもととなる繊維上の細菌の増殖を抑えるポリジン加工を採用しており抗菌防臭機能を高くしたトレッキング用のパイルソックスです。素材はウールをベースにした多少厚みのある快適さと共に備えた汎用性の高いソックスです。アーチサポート機能とインステップ、アキレス腱へのプロテクト機能を付加し、長時間の歩行に快適さを感じさせるソックスです。

(モンベル) mont-bell WIC.トレッキング ソックス

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ウールを使用し優れた吸湿性と保温性を有したソックスです。汗や汚れによる臭いなどの防臭作用も優れています。洗濯による収縮防止には効果のある防縮加工を採用しています。素材はウールなので吸放湿性に富みトレッキングから旅行や普段にも履くこともでき幅広く活用されているソックスです。

トレッキングソックス 中肉厚 登山用 靴下 / ふくらはぎ半ば丈 クライミング ウォーキング 旅行 【WL Products】TS12Ver2

Amazonで詳細を見る

中肉厚のトレッキングソックスでミドル丈によりふくらはぎあたりまでカバーします。カラーバリエションは「ブラック、グレー、無地ブラック、無地グレー」の4種類です。伸縮性の高い素材は幅広いサイズにも対応可能で、履き口や土踏まずの部分も適度な締め付けを持っています。もちろん繰り返しの洗濯による履き心地にも大きな変化を生じな靴下です。

(アシックス)asics ストッキング XSS097

Amazonで詳細を見る

解剖学的5本指デザインはきちんとつま先を一列に並べて靴擦れを防止し姿勢を整えバランスを良くします。縫い目のない指先は履き心地が良く、自然に素足に近い感覚でフィットします。デュアルバンド、ソックスのズレを防ぎます。かかとは補強されており耐久性に優れています。アーチサポートで快適フィット、などの好条件は足の疲れを抑えます。

DESCENTE(デサント) 3D SOX plus LOW CUT Ankle DRN-9344 RED

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

クッション性を必要とする初級者向靴下です。高いクッション性と【ブークレ糸】による滑り止め、また片側アーチサポート機能を施したグラフィックソックスです。クッション性を良くし足裏に伝わる感覚を体で感じるように薄さを第一にし、体と靴下とシューズが一体になれるよう設計しています。

YUEDGE レディース ソックス 吸汗 通気 防臭 靴下レディース アウトドアウェア スポーツ トレッキング 登山用靴下 23-26cm

Amazonで詳細を見る

中厚クルー靴下で、素材は綿混紡素材で通気性良く履き心地も抜群です。終日涼しい気持を保ち効果的に臭気を抑制します。かかとをYヒールにして足にフィット感を与え優れた快適感を提供する靴下です。優れた弾力性が摩擦を抑え水疱リスクを抑えあなたの足を保護します。

(ミズノ) MIZUNO アウトドアウエア ブレスサーモ アツデパイルソックスM 73UM402[メンズ]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

メイン素材はポリエステルを使用しかかと部を補強しながらつま先の感覚を敏感にとれる設計としています。足裏はアーチ支えとして衝撃を緩和するとともに薄手のパイルタイプを取り入ている生。すぽーゆタイプの靴下は吸湿性、放湿生、速乾性そして防臭性と抗菌性がともに備えた靴下です。

[グンゼ] エドウィン メンズ ソックス スニーカー丈(無地) 3足組 EWH005

Amazonで詳細を見る

足底を押し上げるアーチサポートタイプでサポートずれやずれを軽減させ速乾式の素材を使用することで汗を素早く吸収するとともに優れた銀イオンを繊維自体に練りこみ消臭効果も発揮させます。ビジネス製品からスタートしたスポーツソックスは、吸汗性と通気性に優れ靴の中での悪臭発生防止、抗菌予防にも優れています。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 (フットマックス) FOOTMAX 5本指モデル FXR107 [メンズ]FIVE TEN(ファイブテン) ドラロン R ロックソックスショート[ザノースフェイス] クライミングプロテクトブリスター Climbing Protect Blister(モンベル) mont-bell WIC.トレッキング ソックストレッキングソックス 中肉厚 登山用 靴下 / ふくらはぎ半ば丈 クライミング ウォーキング 旅行 【WL Products】TS12Ver2(アシックス)asics ストッキング XSS097DESCENTE(デサント) 3D SOX plus LOW CUT Ankle DRN-9344 REDYUEDGE レディース ソックス 吸汗 通気 防臭 靴下レディース アウトドアウェア スポーツ トレッキング 登山用靴下 23-26cm(ミズノ) MIZUNO アウトドアウエア ブレスサーモ アツデパイルソックスM 73UM402[メンズ][グンゼ] エドウィン メンズ ソックス スニーカー丈(無地) 3足組 EWH005
購入先 Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天AmazonAmazonAmazon楽天AmazonAmazon楽天Amazon

クライミングシューズ靴下のまとめ

クライミングシューズに使用する靴下は利用する人の足裏感覚が大きく左右します。人によっては靴下のないほうが良い人もいれば、衛生観念の強い人は靴下なしではシューズを履けないでしょう。

また、厚めの靴下あるいは薄めの靴下を好むのも個人感覚です。最近のソックスは厚くても薄くても足の裏感覚が伝わるような素材が開発されています。
どのメーカを選んだとしても各人好みに合わせた靴下が利用できます。
上記を参考に自分にあった靴下を選びましょう。

合わせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。