2018年6月3日

マウンテンバイク用チェーンオイルの選び方と人気おすすめ10選!

マウンテンバイクに使うチェーンオイルの選び方と人気おすすめ10選を紹介します。
自転車を乗るときの環境や、メンテナンス方法によりチェーンオイルの選び方は変わります。
おすすめ商品を参考にチェーオイルを探してみてください。

マウンテンバイクに使うチェーンオイルの選び方のポイント

雨の日や悪路にはウェットタイプを選ぼう

ウェットタイプは雨の日や悪路などを走るマウンテンバイクにおすすめのチェーンオイルです。
チェーンを濡れた状態に保つオイルで、雨にぬれてもチェーンの性能を保てます。
汚れやすいというデメリットはありますが、オイルの耐久性が高く、メンテナンスの回数をへらすことができるため、メンテナンスの時間が取れないという方にもおすすめのチェーンオイルです。

ロングライドにはドライタイプがおすすめ

ドライタイプは晴天での走行を前提とした、ロングライドや速度を出しての走行に向いているチェーンオイルです。
汚れにくく、チェーンの摩擦を低減してくれるオイルなので、マウンテンバイクの走行を楽にしてくれます。
ただし、オイル自体の耐久性は低く、300キロに一度はメンテナンスをしなくてはなりません。
晴天での走行を想定しているため雨には弱く、雨の日の走行後には注油が必要となります。

ワックスタイプは上級者向け

ワックスタイプのチェーンオイルは、ロードレースなどに使われるチェーンオイルで、チェーンを汚したくないという方におすすめです。
ですが、耐久度が非常に低く、頻繁なメンテナンスを必要とするチェーンオイルです。
基本的にはロードレースなどに使われるチェーンオイルのため、マウンテンバイクにはあまり向きません。

マウンテンバイクのチェーンオイル人気おすすめ10選

AZ(エーゼット) BCL-005 チェーンルブ セミウェット スプレー 70ml

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

AZのウェットタイプのチェーンオイルです。価格が非常に安く、初心者の方やマウンテンバイクで悪路を走る方におすすめです。
また、水置換性であるため、洗浄してふきとったあとすぐに使えます。
注意点としてはやや容量が少ないことですが、本体が小さいので持ち運びに便利で、出先での注油などにもおすすめです。

FINISH LINE(フィニッシュライン) セラミック ウエット ルーブ 120ml プラボトル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

フィニッシュラインのウェットタイプのチェーンオイルです。
ボトルタイプのため飛び散りを気にすることなく注油ができます、雨でもしっかりと潤滑性能を発揮してくれるため、普段使いのマウンテンバイクにおすすめのチェーンオイルです。
ウェットですので汚れやすいというデメリットはありますが、汚れてもしっかりと性能を維持してくれます。

AZ B1-004 自転車用 チェーンルブ ロードレース用 50ml (チェーンオイル/チェーン潤滑剤/チェーン 油)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

チェーンオイルの中でも上位の価格の安さである、AZのウェットタイプのチェーンオイルです。
ウェットタイプの中でも粘度が低く、なじみやすいため、マウンテンバイクのメンテナンス初心者の方にもおすすめです。
また、50mlと量が少ないですが、買いだめもしやすく、携帯にも便利なため一長一短の特性を持つチェーンオイルとも言えます。
乾きやすいという特性もあるため、メンテナンスの頻度は上がりますが、コストパフォーマンスの面では優秀で、普段使いのマウンテンバイクにもおすすめのチェーンオイルです。

ワコーズ CHL チェーンルブ 浸透性チェーン用防錆潤滑剤 A310 180ml

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ワコーズのチェーンオイルで、ウェットとドライの中間の特性を持つチェーンオイルです。
しっかりと潤滑し、チェーンの摩擦を軽減してくれます。また、雨にも強いという特性を持ちながら、汚れにくいという特性も持っているため、チェーンのメンテナンスの頻度を抑えられます。
マウンテンバイクのメンテナンスの時間は取れないが、汚したくないという方におすすめです。

MORGAN BLUE(モーガンブルー) オイル シンルブ [syn lube] 125ml

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

モーガンブルーのチェーンオイルです。マウンテンバイクの変速をキレをよく行える潤滑性と、長持ちするという特性のチェーンオイルです。
全天候に対応しており、雨の日でも気にせず走行できます。また汚れても、ウエスで拭き取るだけで簡単に綺麗になります。
現在も多くのプロチームで使われていることもあり、性能は保障されています。確かな性能と安心を求める方におすすめです。

KURE(呉工業) 自転車専用チェーンルブドライ No.1602

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

KURE(呉工業)のドライタイプチェーンオイルです。摩擦が軽減され、スムーズな走行で足にかかる負担を減らし、快適な乗り味を作り出すことができます。
チェーンに汚れがつきにくく、マウンテンバイクの見た目を綺麗に保てるため、常に清潔な見た目を維持したい方におすすめです。
水置換性のため錆びの防止にも優れています。

AZ(エーゼット) B1-003 自転車用 チェーンルブ クリーン 110ml (チェーンオイル/ チェーン潤滑剤/チェーン 油/チェンオイル)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

AZのドライタイプのチェーンオイルです。ドライタイプであることから、チェーンの汚れを最低限に抑えられることに加え、ドライタイプの中でも持ちがいいチェーンオイルのため、メンテナンスの頻度は抑えることができます。
コストパフォーマンスにも優れ、買いだめなどもしやすく、ドライ系チェーンオイルの初心者の方にはとてもおすすめです。

MORGAN BLUE(モーガンブルー) オイル エクストラドライルブ [extra dry lube] 125ml 防水 撥水 防錆 MTB/シクロクロスに最適

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

モーガンブルーのオフロードに特化したチェーンオイルです。ウェットタイプのチェーンオイルでは、泥や砂などを拾ってしまうという問題点を解決したチェーンオイルで、泥や砂を弾きつつ、高い潤滑性を持つオイルです。
悪路を走ることを想定したマウンテンバイクにおすすめです。欠点としては、耐久性がやや低く、200キロほどでのメンテナンスが必要という点には注意が必要です。

イノテック 105 チェーンオイル 200ml(リキッドタイプ)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

イノテックのチェーンオイルで、チェーンオイルの中でも変わった特性を持つチェーンオイルです。
チェーンを綺麗に保つことに特化していて、その性能はチェーンオイルの中でもトップクラスです。
ですが、乾燥させるまでに2日ほどかかったりと、イノテック105チェーンオイルを使ってのメンテナンスは非常に時間がかかり、技術を要するという点には注意する必要があります。完璧な見た目のマウンテンバイクを目指す方にはおすすめです。

Vipros チェーンオイル muon 60ml VS-667

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ヴィプロスのチェーンオイルは潤滑性能に極めて優れ、muonの文字どおりにチェーンの音をなくしてくれるほどの性能です。
変速のキレも抜群で、雨の日でも走行できるため、さまざまな場面で活躍してくれます。

自分にあったチェーンオイルを選ぼう!

マウンテンバイクは、乗り方にあったチェーンオイルを選ぶことによって最大限の性能を発揮してくれます。
上記のおすすめなどを参考に、乗り方に合ったチェーンオイルで最高のマウンテンバイクに仕上げましょう。

関連リンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。