卓球シューズ アシックス
2018年5月25日

【高性能!!】アシックス卓球シューズおすすめの選び方と人気おすすめ6選 

テレビなどを見て卓球を始めたいと思われている方も多いです。そんな卓球初心者の皆さんはもちろん上級者の方にもおすすめの卓球シューズの選び方とプロ選手も使っているアシックスの卓球シューズ人気おすすめ6選をご紹介します。

自分の足がどのような形をしているかを知ろう


出典:amazon.co.jp

足の幅が広いか狭いかを知る

足の形は人の顔と同じく、それぞれ違っています。足の幅の広い人もいれば、偏平足の人もいます。一般的に日本人の足は、甲が高く幅が広いと言われ、欧米人は甲が低く細い足だといわれています。これから卓球を始めようとする皆さん、それぞれの足の形が違えば当然シューズも同じにはなりません。

シューズの選び方のポイント

自分の足に合わない卓球シューズを履くと足が疲れるだけではなく、膝や腰を痛める場合があり、自分の足にあった卓球シューズを選ばなければなりません。シューズの幅がきつい人は幅広のシューズを選ばなければなりませんし、偏平足の人は、アーチ状のシューズを選ばない方が良い場合もあります。つまり、自分の足にできるだけぴったりしたシューズを探すことが大切なのです。シューズを選ぶ時には、自分の足の形を確かめておきましょう。

かかと

ふつうシューズを選ぶ時はつま先から合わせがちですが、卓球シューズの場合はかかとに合わせフィットするものを選んでください。かかとにフィットしていないとシューズの中で足が動いてしまい痛くなります。シューズ選びの中でかかとは一番重要な部分です。絶対にかかとがフィットするシューズを選びましょう。卓球のクイックな動きの中で、足が痛くなる殆どがシューズのかかとがフィットしていないことが多いからです。

つま先の余裕

つま先は、ジャストサイズでなくシューズの上から指で押したときに足の指先にゆとりがあるか確認して下さい。1.0~1.5㎝ぐらいの余裕は必要です。シューズを履いて立った時に足の指が自由に動くか確かめて下さい。つま先合わせでピッタリだと履いて動いているうちに足が痛くなります。

土踏まずの違和感は

シューズの中には土踏まずの当たるところがアーチになっているタイプのシューズがあります。アーチに土踏まずを合わせ、違和感があればシューズが足に合っていないのでやめましょう。

グリップ力が高いシューズを選ぶべし

大切なシューズ底のグリップ力おもに体育館などの床で卓球をするのであれば、相手からのボールを返す時にクイックに自分の思う場所に止まるには、床を捕まえて離さないシューズの強力なグリップ力が必要です。卓球では、相手から前後左右にボールを振られた時に、このグリップ力がないと体の姿勢が安定せず、ボールが思ってもいない方向に飛んでしまうからです。

重さがパフォーマンスに影響される

初心者には軽さよりクッション性のある動きやすいシューズが最適ある程度の卓球のキャリアを積んだ人であればシューズの軽さを重視した選び方をするでしょう。まさに素足感覚に近いシューズの軽量性は目をみはるものがあります。ただ、初心者には軽量シューズは足への負担が大きく疲れやすいので、適度な重さとクッション性のあるシューズが必要でしょう。

性能重視ならアシックスがおすすめ

クッション性の高さなら断然アシックスです。アシックスの卓球シューズはクッション性に優れ、フィット感抜群の卓球シューズのメーカーです。特に卓球初心者からは適度な軽さとクッション性で人気があります。アシックスの卓球シューズといえば、人気と実力のプロ卓球選手である石川佳純選手のモデルです。アシックスに「足に優しく、勝てるシューズ」を要望し、まさに勝てるシューズを提供しています。男女に関わらず、初心者からプロ卓球プレイヤーまで安心してプレーのできるシューズからプロ選手の要望を満たす技術力を持っているのがアシックスなのです。

アシックス卓球シューズ人気おすすめ6選

[item-box1]
アシックス得意のクッション性だけでなく、地面を直に感じやすく初心者プレイヤーの足を守るためのクッション性は外さない絶妙のバランスでできている卓球シューズです。靴底には、滑り止めのラバー部分が分割されて貼ってあり、土踏まずにはラバーを貼っていません。靴底ラバーも通常の物より軽量であるsolyteという素材を用いており、軽量に仕上がるよう工夫されています。素足感覚シューズを体験したい初心者から中学生プレイヤーにおすすめです。

[item-box2]
女子プロ卓球選手の石川佳純選手がアシックスにリクエストしたのは足に優しく、勝てるモデルです。素材はできるだけ軽量なものを使って、軽さを追求しています。そして、グリップ力にもこだわり、横ブレを防止する仕組みを取り入れています。優れた紐締め効果を発揮するパワーホールドシューレースを標準装備しています。女子選手に人気のスピードモデルで、中堅プレイヤー女子にも人気で足にフィットして動きやすいと評判のシューズです。

[item-box3]
激しい踏み込み足を多用し、強く踏ん張るプレイヤーに適しているおり、衝撃から足元をしっかり守ってくれるクッショニングモデルです。ソールの耐久性を強化しながらもクッション性・グリップ力は維持。足への柔軟なフィット、アウターソールへの耐久性向上、シューズのムレの軽減してくれます。中堅、上級者に向いており若宮三紗子選手・松澤茉里奈選手も使用しています。

[item-box4]
前陣で俊敏な足さばきをするプレースタイルに適したシューズです。シューズ本体も卓球台から離れずに前陣に張り付いて、ピッチとスピードで攻める前陣速攻型のプレースタイルに対応した卓球シューズです。アウターソールの前足部内側にはマルチコンタクトエッジを採用し、エッジ部分が面でコートをつかんで優れた高グリップ性を発揮します。アウターソールの母指球部中心の意匠がグリップ力を高め、更に中足部の高硬度E.V.Aがシューズを安定させて左右のブレを抑制し左右に素早く動くステップワークをサポートします。丹波孝希選手(2017年)が使用していた卓球シューズです。

[item-box5]
ドライブ主戦パワー型のトッププレイヤーの動作分析から生まれた新しい卓球シューズです。かかと部分の外側にクィックカウンターを搭載し、左右の激しい動きも横サポートします。また、踏み込み動作がしやすく、バックステップ時のブレを抑えます。アウトソール意匠で屈曲しやすいです。フレクションフィットを搭載し、屈曲時のフィッティングが向上と機能が盛りだくさんです。上級者にふさわしいシューズです。

[item-box6]
グリップ性と屈曲性に優れ、デザインもスマートなエントリーモデルの卓球シューズです。アッパーのデザインが一新され、流れるようなシャープなイメージになりました。フレックスグルーブによる高い屈曲性でフロアを確実にとらえ、軽快なフットワークをサポートします。アウターソールは独特な粘りのあるグリップ性を発揮します。

自分の足に合う卓球シューズを選ぼう

今回は、これから卓球を始めたい人に向けて卓球シューズを購入する時の選び方と初心者から上級者に向けてアシックスの卓球シューズをご紹介しました。 これから卓球を始める皆さん、シューズ選びは、自分にフィットするラケットを選ぶことと同じくらい大切な事です。どうかこれから卓球をエンジョイするためにアシックスの卓球シューズで大切なシューズを選んでください。

卓球シューズ関連リンク

【初心者におすすめ!!】卓球ラケットの選び方と人気おすすめ10選

【卓球】ラバーの選び方とおすすめ12選

卓球ボールの選び方と人気おすすめ10選【ラージボールも!】

【収納力抜群!!】卓球用リュックの選び方と人気おすすめ10選

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。