パーソナルジム,CREBIQ
2018年5月31日

【今流行中のパーソナルジム!!】CREBIQの食事制限を徹底解説

食事制限や食事管理という言葉を聞くと「厳しすぎて自分には耐えられない」と感じてしまう人がいるのも事実です。しかし、CREBIQで実施されている食事管理は、誰もが続けていくことのできる優しい指導になります。具体的にどんな食事指導がCREBIQで行われているのか詳しく紹介します。

CREBIQの食事管理具体的な内容(特徴)とは??

CREBIQの食事管理の具体的な内容や特徴は、無理のないことで知られています。非常に興味深いので、これからCREBIQの食事管理の具体的な指導方法や内容について詳しく紹介します。
【もうリバウンドも怖くない!】食事制限+筋トレ徹底解説!

優しい指導

実は、CREBIQの食事管理では、優しい人が行われます。教え方が優しいという意味にもなります。厳しい食事管理がノルマとしてかされているジムだと、自然と教え方も厳しくなってしまいます。でも、CREBIQでは日々の食事に健康に良い食事をプラスしてより良い食事を目指します。自然とかされるノルマが厳しすぎないことになるので、CREBIQでの指導も優しいことがわかります。

食べないのではなく管理

CREBIQで行われるのは食事制限ではなく、食事管理です。食事制限では、普段食べていた食事を制限しなければなりません。しかし、食事管理では食事の内容をコントロールすることを目的としているので、食事する量を無理に減らす必要がありません。しかも、CREBIQでは、栄養管理士によるアドバイスを受けることができます。トレーニングをしている担当トレーナーの人とは別に、栄養管理士が自分の食事管理をサポートしてくれることになります。CREBIQには、食事管理に関する専門的な知識を持つ栄養士さんのサポートがあり、ダイエットをする上で非常に心強いです。
【今人気の野菜!!】筋トレの味方ブロッコリー 

筋トレにおけるバナナの役割を徹底解説!

CREBIQで実施される食事管理の方法とルール

CREBIQで実施される食事管理の方法とルールについて詳しく紹介します。


食べるものを写メで撮影する

CREBIQの食事管理を実施するために、自分が食べるものを写メで撮影することができます。写メで撮影すれば、どんな食事をとっているのか言葉に説明する必要はありません。他のダイエットジムの場合、自分が撮った食事を、細かくレポートに記入しなければならない場合があります。しかし、CREBIQでの食事管理を実施する時には写メを取れば良いので、時間の節約にもなります。

食べ物の写メを添付してで報告する

自分の摂取している食べ物の写メを送付して、CREBIQに報告することができます。基本的には、CREBIQで三食きっちり食べる事が進められているので、しっかり食事を食べていたとしても、注意されることはほとんどありません。

具体的な報告の方法

CREBIQの食事に関する具体的な報告の方法はLINEです。最近では、ほとんどの人がスマートフォンでLINEアプリを持っているので、外出先でも気軽に食べ物の写メを送付して報告することができます。そうすれば、CREBIQの担当トレーナーの人が自分の食事内容がダイエットに適しているのかどうか判断してくれます。

忙しい場合

「写真であったとしても、忙しくて、いちいち食事のたびに写真を送る時間がない」と感じている人もいるはずです。CREBIQの食事会の報告のタイミングについては、指定されていません。望むのであれば、食事のたびに写真を送ることもできます。とても忙しく生活しているのであれば、1日分をまとめて送ることもできます。少しでも多くの時間を節約したい人はCREBIQの担当トレーナーに、1日分の食事をまとめて報告することをおすすめします。

CREBIQが過激な食事制限をしない理由

CREBIQが過激な食事制限をしない理由は、リバウンドを防ぐことにあります。CREBIQ以外にも、ダイエット効果を発揮しているジムはたくさんあります。しかし、カロリー制限や糖質制限を徹底的に管理している場合が少なくありません。結果として、無理な食事制限をすることから、ジムを卒業した後にリバウンドしてしまう人がいるのも事実です。CREBIQでの食事管理は食事制限ではないので、自分の食事のカロリーが多かったとしても、優しいアドバイスを受けることができます。長い期間かけてダイエットするために必要なプログラムがCREBIQにあることがわかります。

糖質コントロールのメリットとは?

食事管理をすることにより、糖質コントロールができます。糖質コントロールのメリットとは何なのか詳しく紹介します。

最速で痩せられる

最速で痩せられるのが、糖質コントロールのメリットです。人間の体は運動している時に、余っている余計な糖質から消費します。糖質コントロールで、不必要な糖質を取り入れるのを避けることで、体の脂肪や余計な糖質が燃焼されやすい体質を手に入れることができます。

目覚めがよくなる

糖質コントロールの別のメリットは、目覚めが良くなることです。糖質を取らないことによって目覚めが良くなるのではなく、糖質制限によってタンパク質を十分にとることが、目覚めに影響していると言われています。体に必要な栄養素を取り入れるのに繋がるのが、糖質コントロールであることも分かります。
【正しい方法で!!】糖質制限の仕方と筋トレとの関係について徹底解説!! 

糖質コントロールのデメリットとは?

糖質コントロールにメリットがあるのは事実です。それと同様に、糖質コントロールならではのデメリットがあるのも事実です。

食費がかかる

一つ目の糖質コントロールをするデメリットは、食費がかかることです。糖質があまり含まれていない食材は、高価である場合が少なくありません。なるべく糖質が含まれていない野菜やお肉をを購入しようとすると、普段より食費がかかってしまうこともあります。

空腹感が常に伴う

もう一つの糖質コントロールをするデメリットは、空腹感が常に伴うことです。血糖値が低くなると空腹を感じやすいと言われています。そのため、必然的にどうしてコントロールをして血糖値が下がることにより、空腹を感じやすくなってしまいます。

CREBIQの食事管理はバランスが良い

CREBIQの食事指導は、食事制限ではなく、食事管理であることがわかりました。どんな人であっても長く続けることのできる食事管理をCREBIQで学ぶことができます。ジムに通うことに不安を感じている人はCREBIQでダイエットをすることをおすすめします。無理のない仕方で耳そうな体を手に入れることができるからです。

FAQよくあるご質問|女性専用パーソナルトレーニングジム【CREBIQ】

料金表|女性専用パーソナルトレーニングジム【CREBIQ】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。