ヨガ,ベルト
2018年5月5日

【選び方徹底解説!!】2018年版ヨガベルトおすすめ10選

ヨガのポーズを行う際に必須となるのがヨガベルト。種類も多く長さやデザインも様々です。自分に合ったヨガベルトを選びましょう。ここでは、ヨガベルトの選び方のポイントとヨガベルト人気おすすめ10選を紹介します。どのようなヨガベルトがあるか知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ヨガベルトの選び方のポイント


出典:amazon.co.jp

長さ

ヨガベルトは、一般に約1.8mの長さのヨガベルトが使用されます。しかしながら、160㎝を越える高身長の女性が利用するのであれば、2.4mのヨガベルトの方が使いやすく、男性だとなおさらだといえます。ヨガベルトの長さは、あくまで自分の身長にあったベルトを選びましょう。

デザイン性

多くの女性が行うヨガだと、ヨガベルトのデザインも大切なポイントです。大半のヨガベルトはコットン素材が主流のため単色のベルトが多いですが、少ないながらもコットン以外の素材で使われ、デザインが施されたヨガベルトもあります。お気に入りのデザインのヨガベルトだと、さらにやる気がでるに違いありません。

使い方

ヨガベルトは、ヨガのポーズ取る際の補助として用います。基本的にヨガベルトは、ポーズを固定するために使われ、ベルトを手にもち足を固定、腕に巻いて固定などといった方法があります。上手にポーズをとるためにも、積極的にヨガベルトを利用しましょう。

ヨガベルトの人気おすすめ10選

Yoga Design Lab (ヨガデザインラボ)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

2014年に立ち上げられたばかりの新興(Yoga Design Lab)のヨガベルトです。特徴はなんといっても美しいデザインです。3種のなかから選べます。素材には、通常のコットンではなく環境に優しい独自開発した素材が使用されています。値段も2000円とそれほど高いわけでもないので、質・デザインともに求めるのであれば、おすすめのヨガベルトです。

suria(スリア) [ヨガストラップ パープル]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ヨガブランド(suria)のヨガベルトです。使われている素材は面で、ベルト幅が5㎝とやや広めであるのが特徴。女性のみならず手の大きい男性の方にも使いやすいヨガベルトといえます。逆に手の小さな方には使いにくいかもしれません。長さは180㎝と240㎝の中間の200㎝です。デザインに関しては、バックル部にワンポイントの小さなハスの花が描かれています。

ヨガグッズ【Manduka】アライン ヨガストラップ 8ft

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ヨガマットで有名な(Manduka)のヨガベルトです。素材には綿が用いられており、バックルには金属が使用されているため、強度は確かです。バックルが割れるといった心配はまずありません。ヨガベルトを少しでも長く使用し続けたいと考えているような方も検討してみるとよいでしょう。長さは243㎝と長いので、身長の高い女性や男性が主な利用対象といえます。

秦運動具工業 ストレッチストラップ(ヨガストラップ)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

フィットネス・健康器具の専門メーカー(秦運動具工業)が手掛けるヨガベルト。素材には綿が使用され、バックルはプラスチック製となっています。また、長さ186cm・幅3.5のため、いたって標準的なヨガベルトといえます。値段が1000円未満の非常にリーズナブルな価格なので、とりあえずヨガでヨガベルトを利用してみたいといった初心者におすすめのベルトです。

リーボック(Reebok) ヨガストラップ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

スポーツブランド(Reebok)のヨガベルトです。素材には綿が使用されており、長さは250㎝とかなり長めなので、男性でも問題なく利用できます。バックルには金属が使われているため、引っ張りすぎて壊れるといった心配はありません。スタイリッシュなベルトとなっているため、カッコ良さを求める方におすすめです。色はブルーとグリーンの2種が用意されています。

ヨガブランド(ヨガワークス)のヨガベルトは素材には綿が使用されており、長さ240㎝と長めのベルトとなっています。バックルにはプラスチックを使用。長さの調整はワンタッチで簡単に緩めたり閉めたりできるようになっています。また、ラベンダー・コーラル・モスグレイ・ユーカリ・ローズクオーツの5種の色が豊富なのも大きなポイントです。

素材に綿が使われている(NoSoLo)のヨガベルトです。長さは240㎝と長め。バックルには金属が使用され、縫い目がしっかりしているのが特徴です。ベルトを引っ張りすぎてバックルがとれてしまうことが心配な方にもおすすめです。種類には10色ものベルトが用意され、値段が1000円以下の破格の値段である点も見逃せません。これからヨガを始める初心者が利用するとよいでしょう。

米国のヨガメーカー(Hugger Mugger)のヨガベルトです。ストラップには最高級コットンが使用された高級志向のヨガベルトです。182㎝の標準的な長さで、バックル部にはウェーブ模様を施し、リングをしっかりと固定しています。とにかく質が良いヨガベルトといえるので、長くにわたって利用したいと考えている方、あるいはブランド志向の方におすすめです。

adidas(アディダス) ヨガ&ストレッチ ヨガストラップ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

大手スポーツメーカー(アディダス)のヨガベルトです。長年にわたってあらゆるスポーツ製品を手掛けたアディダスだけあって、質はよいです。長さは250㎝と長めで男女問わず幅広い方におすすめのヨガベルトです。バックルには金属を使用し、ヨガストラップは丈夫ながらも肌に摩擦を与えない工夫も施されているのも大きな特徴です。

easyoga(イージーヨガ) ヨガストラップ プレミアム

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ヨガウェアやマットなどを手掛けるヨガ専門ブランド(easyoga)のヨガベルトです。長さは標準サイズの180cmとなっています。素材はコットンが使用され、バックルには金属が使用されています。質のよいヨガベルトで、長くにわたって利用したいと考えている方におすすめです。また、色が5種類用意されており、いずれも落ち着いた色味となっています。

自分にあったヨガベルトを選ぼう

値段は当然ながら、ヨガベルトを選ぶ際は、長さ、デザイン、バックル(金属かプラスチックか)などが判断の基準となります。自分の身長にあった長さか、気に入ったデザインか、あるいは長く使う予定なら質がよいヨガベルトにするなど、事前によく確認にしてから購入しましょう。

合わせて読みたいヨガ記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。