ロードバイク
2018年4月27日

【毎日を快適に!!】通勤用ロードバイクの選び方とおすすめ10選

主にツーリングなどの気軽な運動に用いられるロードバイク。長距離移動用に設計されていることもあり、通勤、通学用としても活用します。ただ、選べるメーカーも数多く、初心者が前提知識なしに選ぶのは大変困難です。そこで今回はそんな方へ向けて、ロードバイクのモデルや価格などを考慮し選べるよう、ポイントと人気のバイク10選を紹介したいと思います。

通勤におすすめのロードバイクの選び方のポイント


出典:amazon.co.jp

レース向けモデルで選ぶ

文字通り、レース向けに設計されたモデルから考えてみます。レース向けに設計されていることもあり、軽量で操作性が良いのが特徴です。空気抵抗を抑えるため、前傾姿勢を保つことも特徴です。しかし、初心者が乗るには過剰な性能で、本気でレースへ向けた目標がない限りそこまでレース向けモデルを候補に入れる必要はなさそうです。

万能モデルで選ぶ

続いて万能モデルについて考えてみます。いわゆるシクロクロスバイクと言われるロードバイクで、本格的なロードバイクよりもタイヤが太く、ハンドルがフラットで、乗り心地が良いです。ロードバイクよりも走行性能は落ちるものの、数キロの通勤程度の走行であれば問題ありません。また信号が多く、止まる走る動作があり、段差の多い街中で考えればむしろ優れているかもしれません。

価格で選ぶ

タイプが決まれば、次は価格帯からモデルを選んでみましょう。参考程度に考えると、大手メーカーが用意している低価格帯モデルは、だいたい7、8万円から12万円くらいまでです。15万〜30万円する中、上級者モデルもありますが、まずは低価格帯からでいいでしょう。また、5万円以下するモデルも存在しますが、ロードバイク用のパーツを用いておらず、注意が必要です。雰囲気だけロードバイクでいいという方であれば、考慮に入れていいでしょう。

通勤用ロードバイクの人気おすすめ10選


ジャイアントの通勤用でおすすめなロードバイクです。老舗ロードバイクメーカーであるビアンキです。初心者から本格的なロードレースまで幅広く愛用されています。その中でもDEFY3は、ハンドルが高めで、ガンガンスピードを上げるというよりは、のんびり走る方に向いています。

Bianchi (ビアンキ) ロードバイク IMPULSO TIAGRA

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ビアンキの通勤用でおすすめなロードバイクです。価格帯としてもエントリー向けのグレードですがここで用いられているアルミのフレームは高評価で、石畳のガタガタを走るプロチームが採用するほどです。もちろん、長距離を走るのにも向いています。

LOUIS GARNEAU (ルイガノ) ロードバイク CTR COMP

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ルイガノの通勤用でおすすめなロードバイクです。購入してすぐレースにエントリーできる性能も十分備えておりますが、値段も比較的抑えめで、また耐久性にも優れているので、通勤用に十分検討に入れていいでしょう。

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ロードバイク FLAGSHIPシリーズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ドッペルギャンガーの通勤用でおすすめなロードバイクです。価格が抑えられ初心者にも非常におすすめのロードバイクです。色の展開も派手で、デザインを重視していて、シンプルよりも派手なロードバイクが欲しい人にもおすすめなロードバイクです。

トレックの通勤用でおすすめのロードバイクです。より軽いと言われているカーボンに迫る軽さを誇るアルミフレームが用いられ(アルミの分価格も抑えられ)ています。そして高い強度も誇り、通勤やヒルクライム、サイクリングにも使えるオールラウンドなモデルです。

CANOVER(カノーバー) ロードバイク 700C シマノ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

カノーバーの通勤用でおすすめのロードバイクです。コストパフォーマンスに優れ、高品質なロードバイクで、高級感あふれるデザインが魅力です。価格は抑えたいがそれっぽいロードバイクが欲しい!方におすすめです。

ANCHOR(アンカー) RFA3 EX(RFA3 EX) ロードバイク 2016年 440サイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アンカーの通勤用でおすすめのロードバイクです。アンカーは日本のブリヂストンが展開しており、日本人向けと言えるでしょう。そんなアンカーの中でも入門モデルで、安心して乗ることができるでしょう。

トーテムの通勤用でおすすめのロードバイクです。トーテムは中国のメーカーです。価格も非常に抑えられています。それでも、コストパフォーマンスに優れたシマノ製の変速機も用いられており、アルミフレームも用いられており、初心者には非常におすすめのロードバイクです。

[キャノンデール]Cannondale Synapse AL Sora Bike - 2017

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

キャノンデールの通勤用でおすすめのロードバイクです。キャノンデールはアルミフレームの技術に優れている、アメリカのメーカーです。こちらのモデルはキャノンデールの中でもエントリーモデルです。ただ、他のメーカーのエントリーモデルを凌駕する乗り心地で、おすすめのロードバイクです。

SPECIALIZED(スペシャライズド) ALLEZ COMP(アレー コンプ)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

スペシャライズドの通勤用でおすすめのロードバイクです。元々はマウンテンバイクを得意としたメーカーですが、2017年あたりからツール・ド・フランスなどで結果を収めたメーカーでもあります。その中でもこちらのモデルは初心者向けで、乗り心地も良く、初心者も手を出しやすい一台です。

自分にあったロードバイクを選ぼう

ロードバイクは入門向けでも決して安いとは言えないですよね。失敗しないためにも自分の身体と目的に合ったロードバイクを選びたいですね。最高の一台を見つけてください!

合わせて読みたいマウンテンバイク記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。