スキー板 選び方
2018年4月19日

フリースタイル、オールラウンド系スキー板の選び方10選!

ウィンタースポーツの代名詞といえばスキーですね。
近年はスキー板の種類(ジャンル)も多岐にわたり、目的や志向に合わせたスキー板を選ぶ必要があります。自分に合った1台を見つけて気持ちよくかっこよく滑りたいですね!
ここではスキー板おすすめ10選を紹介していきます。

スキー板の選び方のポイント

おすすめはオールラウンド系!

スキー板は「レース系」、「デモ系」、「オールラウンド系」、「フリースタイル系」の4つに大きく分類されます。レース系はスラロームなどの競技向け、デモ系は技術資格志向者向けです。一般のスキーをする人が扱いやすいのは、オールラウンド系やフリースタイル系です。中でもオールラウンド系のスキー板が今の主流になりつつあります。(今回はオールラウンド系のおすすめスキー板を紹介します。)

スキー板の長さ

技術の進歩によってスキー板の性能も上がります。現在では、男性は160cm~165cm、女性は150cm~155cmが一般的なスキー板の長さです。これを規準に身長や体格、スピードレベルや趣向に応じてプラスマイナス5cmの範囲でスキー板を選びましょう。また、長さと同様にセンター幅(足元のスキー板の太さ)も重要です。(今回はこのセンター幅に着目しておすすめスキー板を紹介します。)

価格

近年はスキー板とビンディング(金具)のセット販売が主流となっていて、相場は5万円~8万円の範囲です。低価格のスキー板セットもありますが、快適性や上達度合いを考えると、ある程度の価格のスキー板を選びたいところです。一般的に価格が高くなればスキーとしての質は高くなりますが、逆に技量以上のスキー板は必要以上の出費になるだけでなく、扱いづらくなることもあるので注意が必要です。

スキー板の人気おすすめ10選

アトミック 7VANTAGE X 75 CTI 17-AASS01118-VANX 75 CTI-XT12 カービングスキー板

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ATOMIC(アトミック)のおすすめスキー板です。専用ビンディング付き、センター幅は75mm(板の長さ165cmの場合)。トップとテールが幅広い設計で、ラディウス(回転半径/一般的に数値が小さいほど曲がりやすい)が13.8mと小さく設定されています。ずらしてもカービングでも思うように操作しやすい万能タイプのおすすめのスキー板です。

Rossignol Experience 75 CA Skis + Xpress 10バインディング – 2018

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ROSSIGNOL(ロシニョール)のおすすめスキー板です。専用ビンディング付き、センター幅は75mm(全ての板の長さ共通)。ロッカー形状(スキー先端の反り上がりが足元に近い)により、従来のスキー板より楽にターンに入ることができます。さらに、両足セットで3.6kgと軽量なので特に初心者におすすめのスキー板です。

Fischer Pro MTN 77 スキー RS11 Powerrail ビンディング付き 男性用

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

FISCHER(フィッシャー)のおすすめスキー板です。専用ビンディング付き、センター幅は77mm(板の長さ171cmの場合)。手頃な価格ながら、滑走面には競技用と同等の素材を採用しているので滑走性が非常に高いのが特徴です。重量も両足セットで3.4kgと軽量です。初心者から中級者におすすめのスキー板です。

SALOMON(サロモン)XDR 78 ST + MERCURY 11 ビンディング付 スキー オールマウンテン L39957400

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

SALOMON(サロモン)のおすすめスキー板です。専用ビンディング付き、センター幅は78mm(全ての板の長さ共通)。ラディウス(回転半径)が13m(板の長さ160cm)と小さく設定されているので、ウェストが太い割に機敏な小回りも楽しめます。独自のロッカー形状で深雪でも高い操作性を実現しています。山全体を滑りまわりたいスキーヤーにおすすめのスキー板です。

Head Natural Instinctスキーシステムwithバインディングメンズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

HEAD(ヘッド)のおすすめスキー板です。専用ビンディング付き、センター幅は78mm(板の長さ170cmの場合)。ロッカーが深く入っているので簡単にターン導入ができ、ラディウス(回転半径)も小さいので特に整備されたゲレンデでのクルージングが快適です。特に初心者やベテランスキーヤーにおすすめのスキー板です。

Elan Amphibio 80 TIスキーW / ELS 11.0 Binding ( 9806 )

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ELAN(エラン)のおすすめスキー板です。専用ビンディング付き、センター幅は80mm(全ての板の長さ共通)。ブーツの前後で板の厚みを変え、さらに板の左右の厚みも異なる世界初の4Dテクノロジーで操作性と振動吸収性をアップさせています。このため現在では珍しく左右のスキーが決まっています。どのレベルのスキーヤーにもおすすめのスキー板です。

k2 Ikonic 80 Skis with m3 12 TCXライトバインディング

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

K2(ケーツー)のおすすめスキー板です。専用ビンディング付き、センター幅は80mm(全ての板の長さ共通)。オールマウンテン系スキー板の開発に早くから取り組んできたメーカーらしく完成度の高いスキーです。どの斜面でも楽に滑れるロッカー形状でスキーを楽に取り回すことができます。表面の質感も独特で高級感があります。中級者以上のスキーヤーにおすすめのスキー板です。

(フォルクル) Volkl メンズ スキー・スノーボード ボード・板 RTM 81 Skis with Bindings - 2017/2018 [並行輸入品]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

Volkl(フォルクル)のおすすめスキー板です。専用ビンディング付き、センター幅は81mm(全ての板の長さ共通)。スキー板の両端を薄くすることで、より少ない力でのターンが可能です。さらにセンター幅80mmクラスにしてはとても軽量。ティップ(先端)とテールのロッカーを長めに設定してありどんな雪質や斜面にも対応できるおすすめのスキー板です。

16-17 SALOMON サロモン 2017 QST 85 〔SKI スキー 板のみ〕 (onecolor):L39144200

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

SALOMON(サロモン)のおすすめスキー板です。板単品の販売形式で、ビンディング(金具)は別途必要になります。センター幅は85mm(全ての板の長さ共通)。ラディウス(回転半径)が大きいので整備されたゲレンデではゆったりとしたクルージングが楽しめます。また、雪が降った日には新雪バーンも楽しみたい方にもおすすめのスキー板です。

LINE(ライン)のおすすめスキー板です。板単品の販売形式で、ビンディング(金具)は別途必要になります。センター幅は88mm(全ての板の長さ共通)。このセンター幅が88mmもありながら非常に軽量にできており、幅の広さを感じない軽快な取り回しが可能です。グラフィックデザインもとてもクールです。山全体を滑りたい方におすすめのスキー板です。

自分にあったスキー板を選ぼう

いかがでしたか?
近年は技術の進歩でスキー板は軽く扱いやすくなっています。その分ちょっと太めで安定感のあるスキー板がリリースされています。どんな雪質や斜面にも対応できるオールマウンテンスキーで快適にスキーを楽しんでください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。