クッカー おすすめ
2018年4月4日

クッカー人気おすすめ10選【登山に大活躍!!】

キャンプで料理タイムは楽しみのひとつです。そこにクッカーがなければ始まりません。クッカーにも色々な種類があります。そこで今回はクッカーの種類と人気おすすめ10選を紹介します。

クッカーの選び方のポイント

クッカーはメーカーや種類が非常にたくさんある調理器具です。形も色々で大きく深型と浅型に分けられますが、その大きさには注意が必要です。ご自分が持っているストーブ(バーナー)にサイズが合わないといけません。載せてみてバランスが悪いと風などで転倒します。あらかじめ作りたいメニューを想定しておくと形が決めやすいです。

形状から選ぼう!!

クッカーは大体が丸型ですが深型と浅型の2種類あります。

深型クッカー

深型は鍋としての使い方、お湯を沸かすなどがメインです。深型のクッカーの中にガス缶や食材などを入れてコンパクトになるものもあります。

浅型クッカー

浅型はフライパンとしての使い方がメインです。火が前面に当たりますから炒め物などの料理に向いています。角型のクッカーもあり、四角いインスタントラーメンがそのまますっぽり入って折らずに調理できます

クッカーを素材から選ぼう!!

クッカーの素材も色々ありますが、アルミ製、チタン製、ステンレス製がほとんどです。それぞれメリット、デメリットがありますのでキャンプシーンを念頭に入れてお好みのものを選ぶようにしましょう。

アルミ製

アルミ製:もっとも多く使われているリーズナブルな素材です。熱伝導に優れ、熱回りがよく、軽いのがメリット、材質が柔らかくヘコミ易い、強度が弱いのがデメリット。

チタン製

チタン製:アルミより高価で材質が強く、軽くて腐食しにくい。燃伝導が悪く、燃費がよくない。取扱いしにくい材質です。

ステンレス製

ステンレス製:硬くて丈夫、傷がつきにくくサビにくい、焦げにくい。デメリットは重い、熱伝導が悪い、焦げやすい。などがあります。

クッカーの人気おすすめ10選

エバニューチタンウルトラライトクッカー深型S

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

材質:チタン
サイズ:φ94×108㎝
容量:640ml
重量:96g
クッカー本体の厚みが薄く、熱伝導に優れています。クッカーとしての軽さの限界まで追求した商品です。またたくまにお湯が沸きます。スープ類が飲み易く、小型バーナーにも相性がよい、ソロクッカーとしておすすめです。

コールマンバックアウエイソロクッカー

Amazonで詳細を見る

材質:アルミニウム
サイズ:φ12.5×10㎝
容量:900ml
重量:250g
上蓋が深く、注ぎ口があり、目盛もついています。熱伝導がよく、外側には傷を保護するハードアノダイズ加工、牛側には拭き取るだけで汚れや焦げ付きを落とすノンスティック加工がされています。持ち手も熱くならないシリコンハンドルです。

プリムスライテックセラミックファライパン

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

材質:アルミニウム
サイズ:φ21.3×5㎝
重量:267g
焦げ付き防止処理がしてありますから焼きそばも目玉焼きも油は不要で肉の脂だけで焦げ付きなして調理できます。内側にセラミックコーティング加工がしてありますから水を使わないでキッチンペーパーで汚れが取れます。底面には滑り止め加工もしてあります。

モンベルクッカーアルパインンクッカー16

Amazonで詳細を見る

材質:アルミニウム(ハードアナダイズド加工)
サイズ:φ16.4×9センチ
容量:1.5l
重量:256g
クッカー、フライパン、ケトルなどが重ねて収納できます。非常に軽量で調理も素早くできます。広口タイプで浅型。
火が通り易く、調理が楽です。熱くなりにくいハンドル、つかみやすい取っ手、使い易さを追求した仕様になっています。

コールマンアルミクッカーセット

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

サイズ:ウオックパンφ26×7.5㎝ フライパンφ24×4.5㎝ 片手鍋φ18×8.5㎝
収納サイズ:φ29×13㎝
重量:2.6kg
素材:アルミ、ステンレス、スチール、ポリエステル
キャンプレシピを多彩にするハンドル着脱式クッカーセットです。煮る、炒める、蒸す、揚げる、焼くなど全ての調理が可能です。熱伝導の早い厚み2.5mmのアルミニウム、焦げ付き防止のノンスティック加工もしてあります。

スノーピークアルミパーソナルクッカーセット

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

サイズ:クッカーLφ14.8×7.5㎝ クッカーSφ12.8×6.9㎝ フタLφ15.2×3.3㎝ フタSφ13.7×3㎝
収納サイズ:φ15.5×10㎝
重量:485g
素材:アルミニウムアルマイト加工
人気のクッカーセットでリーズナブル、定番のクッカーです。アルミのフライパンと字型クッカーが2個揃え抜群の収納性を誇るソロ用おすすめのクッカーです。食器として使い易さを追求し、調理しやすく食べやすいと評判です。

スノーピークチタントレック

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

サイズ:ポットφ10.5×11.3㎝ リッドφ10.5×2センチ
収納サイズ:φ10.5×12.8㎝
重量:136g
素材:チタニウム
チタンはステンレスより軽く、サビに強い、金属臭が少ない、という特徴があります。本格的な山行きやキャンプに手軽に持ち出せるミニマムクッカーです。深型クッカーですからストーブやカトリッジ、カトラリの収納もできます。

プリムスイージークッカーソロセット

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

サイズ:ポットφ9.5×8.7㎝ ミニポットφ9.5×4.8㎝
収納サイズ:φ11×12.8㎝
容量:630ml
重量:210g
素材:チタン
定番のクッカーです。プリムスのIPガスカートリッジとP115の小型のバーナーを一緒に収納できます。長い間キャンプや登山で親しまれてきた評判のクッカーです。

スタンレーキャンプクック0.71l

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

サイズ:φ14.5×10㎝
重量:393g
容量:0.71l
素材:ステンレス
キャンプ時に調理や食事で使い勝手のよいフード&ドリンクギアです。容量296mlのカップ2個がセットになっており、これらが1つにまとめられます。収納にはこだわています。カップには目盛がついていて計測できます。

サイズ:ライスクッカーミニDXφ16.5×9.3㎝ フライパンφ21×5.2㎝ ステンレス大鍋φ21.5×12.5㎝
ステンレス片手鍋φ17.5×7.7㎝ メッシュバスケットφ20×11㎝
収納サイズ:φ21.5×17.5㎝
重量:2.54kg
素材:ステンレス
2~3人用にこだわったおおきさです。2人だけで本格的な料理が楽しめます。ライスクッカーDXは誰でも簡単にご飯が炊けます。使い方を犠牲にしないで収納性にもこだわっています。

自分にあったクッカーを選ぼう!!

アウトドアに大活躍のクッカーの人気おすすめ10選を紹介しました。
上記を参考に自分にあったクッカーを選んでアウトドアを楽しみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。