テニスシューズ オレンジ
2018年3月30日

オレンジのテニスシューズ人気おすすめ5選!

テニスを始めるなら、まず必要になるのがテニスシューズですよね?
機能性が高く、足にフィットするテニスシューズを履けば、快適にプレーできるはず。
また、デザイン性溢れるシューズを身につければ、プレー意欲もさらに高まります。
しかし、テニスシューズと一口に言っても、どれを選んでいいのか迷ったことはありませんか?

そこで今回はテニスシューズの選び方を解説し、オレンジのテニスシューズを5選紹介します。

テニスシューズの選び方のポイント

コートで選ぶ

オムニコート・クレーコート


オムニコートは、砂入りの人工芝タイプのコートで、日本で行われる大会ではオムニコートがよく使われます。
クレーコートの地面は土でできており、滑りやすいのが特徴です。
オムニコートやクレーコートを使用する場合は砂や土でも滑りにくいグリップ力のあるシューズが必要です。

ハードコート


ハードコートはセメントやアスファルトを基盤に作られ、合成樹脂などでコーティングされています。
ハードコートは地面が固いので、膝などへの負荷が大きくなりやすいのが特徴です。
そのため、ハードコートを使用する場合はクッション性のあるシューズが必要です。

カーペットコート


出典:ja.wikipedia.org
インドアで行うテニススクールなどに多い、文字通り絨毯(じゅうたん)状のコートです。
カーペットコートはストップ性が強いので、コートに足が引っかかりやすいのが特徴です。
カーペットコートを使用する場合はカーペットコート専用の靴底がラバー状のツルツルしたシューズを選んでください。

グラスコート


グラスコートは天然芝でできており、滑りやすいのが特徴です。
グラスコートを使用する場合は天然芝でも滑りにくいグリップ力のあるシューズが必要です。

スペックで選ぶ

クッション性

テニスはコート中を走り回るため、足や膝に負担がかかりやすいスポーツです。
そのため、テニスシューズはクッション性が高いシューズを選ぶことが大切です。
クッション性の高いシューズを履き、怪我なくテニスを楽しむためにクッション性を重視してテニスシューズを選ぶようにしましょう!

通気性

テニスコートを縦横無尽に走り回るテニスは体だけでなく、足も非常に汗をかきます。
そのため、テニスシューズは通気性の良いシューズを選ぶことが大切です。
通気性の良いシューズを履き、快適にテニスを楽しむために通気性を重視してテニスシューズを選ぶようにしましょう!

デザインも重視しよう!


出典:amazon.co.jp

テニスシューズにはおしゃれなデザインのものがたくさんあります。
シックでシンプルなシューズからデザイン性溢れるおしゃれなシューズまで多種多様です。
各メーカーによってもデザインが異なるので、簡単に決めるのではなく、テニスシューズのデザインをメーカーごとに比較をし、自分の好みのデザインを見つけましょう。
気に入ったシューズを身につければ、さらにテニスが楽しくなること間違いなしです!

オレンジのテニスシューズ人気おすすめ5選

エネルギッシュな印象を持つオレンジは、身につけるだけで気分が上がりそうですよね!
オレンジのテニスシューズを履いているプレイヤーはあまりいないので、オレンジのテニスシューズを履けば目立つこと間違いなしです!
そこで今回はアシックス、ニューバランス、ナイキ、ヨネックス、ミズノからピックアップして5選紹介します。
是非参考にしてテニスを思う存分楽しみましょう!

アシックス テニスシューズ GEL-SOLUTION SPEED 3 OC(オレンジ)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る
メイン素材 合成繊維
ソール素材または裏地 合成底
ヒールの高さ 2.5 cm
留め具の種類 レースアップ
ソールの厚さ 2 cm
オレンジレッド/ブラック
サイズ 25.0 cm – 29.0 cm

プレーの機動力をプラスするアシックスの「GEL-SOLUTION SPEED 3 OC」
オムニコートやクレーコートでネットプレーが得意なテニスプレイヤーにおすすめです。
つま先が自然に上がっているので、一歩前に踏み出す時間を少し短縮できます。

ニューバランス テニスシューズ MC606(オレンジ)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る
メイン素材 人工皮革
ソール素材または裏地 ラバーソール
ヒールの高さ 4 cm
留め具の種類 レースアップ
ソールの厚さ 2 cm
WHITE/ORANGE
サイズ 26.0 cm – 30.0 cm

ニューバランスが誇る最高峰のテクノロジーを結集し、作られた「MC606」
クッション性とフィット感を兼ね備えた優良モデルです。

ナイキ テニスシューズ ウィメンズ ズーム ヴェイパー 9.5 ツアー(オレンジ)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る
アッパー 合成繊維+人工皮革
ミッドソール 合成樹脂(ファイロン)
アウトソール ゴム底(XDR)
トータルクリムゾン/メタリックローズゴールド/ホワイト
サイズ 23.0 cm – 25.5 cm

軽量性と俊敏性を追求したナイキの「ズーム ヴェイパー 9.5 ツアー」
激しいフットワークに応える安定性とフィット感が特徴のテニスシューズです。
軽量の合成素材と通気性に優れたメッシュのアッパーが足に合わせた動きをサポートします。

ヨネックス YONEX テニスシューズ POWER CUSHION 102(オレンジ)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る
メイン素材 人工皮革
ソール素材または裏地 ゴム
ヒールの高さ 5.5 cm
留め具の種類 レースアップ
ソールの厚さ 2.5 cm
ホワイト/オレンジ
サイズ 22.0 cm – 28.0 cm

軽量性抜群のヨネックスの「POWER CUSHION 102」
指先・足甲部・中足部・かかと部分の無駄な隙間を削減し、フィット感の向上が実現。
そのため、シューズとの一体感が増し、安定性とエネルギーロスの少ないフットワークが可能となりました。

ミズノ テニスシューズ ウエーブエクシード OC(オレンジ)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る
メイン素材 人口皮革
ソール素材または裏地 合成底
留め具の種類 シューレース
ソールの厚さ 2.5 cm
オレンジ×ホワイト×ワイン
サイズ 22.0 cm – 28.5 cm

軽さとフィッティングを磨き、生まれ変わったミズノの「WAVE EXCEED」
通常のラバーよりも耐摩耗性が約80%高いアウトソール素材の「X10(エックステン)」を装備
高い反発性によって、接地をよりスムーズにする新ソールが機動力をアップさせます。

テニスを楽しもう!

テニスシューズの選び方を解説し、オレンジのテニスシューズを5選紹介しました。
上記を参考にテニスシューズを手に入れて、テニスを思う存分楽しみましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。