水泳 パドル おすすめ
2018年9月27日

水泳パドルの選び方と人気おすすめ10選!各メーカーの特徴も解説!!

水泳用パドルの人気おすすめ10線を紹介します。

目的によって選ぶパドルが異なってきます。この記事ではパドルの選び方や各メーカーから販売されているパドルの特徴を紹介していくので、パドルの購入を検討している方はぜひ参考に読んでみてください!

水泳用パドルの選び方を紹介!

サイズで選ぶ!筋肉に合わせて選ぼう!!

まずはサイズでパドルを選んでみましょう。
筋力アップが目的であれば特にサイズは気にしておきたいポイントです。
サイズが大きければ大きいほど水を多くつかむことができますが、その分パワーがないと水を書くことができません。

パワーアップを行いからといっていきなり大きなパドルを選ぶのではなく、徐々に大きくしていってパワーアップを図りましょう!

種類で選ぶ!目的に合わせて選ぼう!!

パドルには目的に応じた種類があります。
指先で水をキャッチする感覚を得るためのパドルやキャッチした水を全身でかくためのパドルなど、様々です。

また、布製で手袋のように装着するパドルは、泳いでいる時にも外れることがないためおすすめです!

水泳用パドルの人気おすすめメーカーを紹介!

スピード

スピードからはキャッチの強化やストロークフォームの向上を狙ったパドルが販売されています。
手にフィットするような形状をしているため、使用感も良いです。

ストロークのフォーム確認やキャッチの強化を図りたい方におすすめのパドルです。

アリーナ

アリーナのパドルもキャッチやストローク強化向けのパドルが特徴的です。
しかし、パドルが平らになっているため、使用感はやや低いです。

手袋のようにはめる布製のパドルもあるため、泳いでいる時に外れることがなく、パドルが割れる心配もないため、安心して使うことができます。

ストロークメーカー

ストロークメーカーの特徴は安さにあります。
他のメーカーより安く販売しておりますが、機能性は高く、一つの歯どるでキャッチだけでなく、ストロークの今日かを図ることもできます。

とにかくコスパの良いパドルを探している方におすすめのパドルです!

ミズノ

ミズノのパドルはキャッチに特化しております。
不思議な形をしたパドルは長時間の使用にも適したつくりになっており、ひたすらキャッチの練習をおこないたい方におすすめです。

ゴムチューブをさす穴も複数あるため、自分にあったポジションでパドルをつけることができます。

水泳パドル人気おすすめ10選!

arena(アリーナ) ハンド パドル 水泳 練習用 ARN-4435

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

PNK(ピンク) 重量 99.8 g
サイズ Medium 素材 ポリエチレン

arena(アリーナ) ハンド パドル 水泳 練習用 ARN-4435のおすすめポイント

  • 中央に大きな穴がある練習用パドル。
  • パドルの板面で水をしっかりとらえながらも手のひらに水を感じることで、普段の感覚を損ないにくい形状になっている。
  • 手の平にフィットする立体形状のパドルでキャッチング、筋力トレーニング、共に適しています。

EVERNEW(エバニュー) パルムR型 S EHA149

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

重量 113 g
サイズ 長さ17cm×幅10cm 素材 ABS樹脂/丸ゴム使用

EVERNEW(エバニュー) パルムR型 S EHA149のおすすめポイント

  • 水泳等で水かきを意識させ商品です。
  • ポピュラーな角型形状のパドル
  • キャッチ感覚向上・プル強化・ドリルに。

arena(アリーナ) フィンガー パドル 水泳 練習用 ARN-4436 フリーサイズ(15×10.3cm)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

RCPK(ルビー×クリア×ピンク×クリア)/RLAV(ルビー×ラベンダー×クリアパープル×ラベンダー) 重量 99.8 g
サイズ F(W15×H10.3cm) 素材 ポリエチレン

arena(アリーナ) フィンガー パドル 水泳 練習用 ARN-4436 フリーサイズ(15×10.3cm)のおすすめポイント

  • 小型のパドル。キャッチ動作のワークアウトができます。
  • ほぼ指だけに当てるパドルで、キャッチの際の水があたる感覚をより感じやすくするため、水をとらえる技術練習に適している。
  • 水をつかまえるテクニックとストロークを正しく理解するためのフィンガーパドルです

ASICS(アシックス) トレーニングパドル

Amazonで詳細を見る

04イエロー 重量 S:30g/M:38g/L:47g
サイズ S:たて約16×よこ約19cm(浮力0.10kg)M:たて約18×よこ約21cm(浮力0.13kg)L:たて約20×よこ約24cm(浮力0.17kg) 素材 本体:ポリプロピレンゴムチューブ:天然ゴム

ASICS(アシックス) トレーニングパドルのおすすめポイント

  • asics アシックス スイミング トレーニングパドル AC-300軽量で強度があり、浮力を持つスイムトレーニングパドル。
  • 本来の動作に近い状況で負荷をかけられるモデルです。
  • 孔ぬき構造で水をキャッチし易く、正確なストロークの習得に役立ちます。

SPEEDO(スピード) Fastskin Training Aids スイム パドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

KR(ブラック×レッド) 重量 372 g
サイズ Free 素材 ポリプロピレン/サーモプラスチックラバー

SPEEDO(スピード) Fastskin Training Aids スイム パドルのおすすめポイント

  • 柔軟性のあるパッドで水を掴む感覚を得やすく、レース時に近いストロークピッチで練習ができる軽量のパドルです。
  • 裏側のくぼみで水を大きく捉えることができるので、パワートレーニングにも最適。
  • ムダな手首の返りを防止した形状にもなっており、テクニックの向上に適した世界基準のトレーニングパドルです。

Soltec‐swim(ソルテック) 水泳用 ピーナッツパドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

グリーン 重量 472 g
サイズ S, M, L 素材 本体/エラストマー、固定用ゴムチューブ/天然ゴム

Soltec‐swim(ソルテック) 水泳用  ピーナッツパドルのおすすめポイント

  • 自分にあったストローク、体重移動の確認、ハードトレーニングセットとして使用
  • 「自分自身の泳ぎの感覚や身体の使い方」を身に付けることができる
  • 限られたトレーニング時間の中に無理なく取り入れる事ができる実用的なパドルです。

シリコン 水泳 パドル グローブ クロール 平泳ぎ ELITE SWIM

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブルー 重量
サイズ S/M/L 素材

シリコン 水泳 パドル グローブ クロール 平泳ぎ ELITE SWIM のおすすめポイント

  • 指に装着するだけで強力な推進力が得られる「エリートスイム」
  • 海や川で泳ぐ際や、トレーニング、タイムアタックなどに
  • 装着したままで普通に指が使えるのも便利

ミズノ【Mizuno】EXER FINGER PADDLE エクサーフィンガーパドル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ネイビー(14) 重量
サイズ S(107×148mm)、M(121.5×168mm)、L(136×188mm) 素材

ミズノ【Mizuno】EXER FINGER PADDLE エクサーフィンガーパドルのおすすめポイント

  • 手の平全面で水を捕えられる様小指側に負荷をかける構造を採用
  • 5本の指と手のひらで、水をキャッチする(つかむ)感覚を身に付ける為のパドルです。
  • 指先のグリップ感覚を向上させ、より使い易い仕様に。

FINIS(フィニス) 水泳 練習用 パドル フリースタイルパドル [日本正規品]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

イエロー 重量 259 g
サイズ 素材 パドル/ABS樹脂、チューブストラップ/シリコン

FINIS(フィニス) 水泳 練習用 パドル フリースタイルパドル [日本正規品] のおすすめポイント

  • フリースタイルトレーニング用パドル。
  • ロングフィンシェイプのサーフスケグデザインにより1ストロークあたりの距離を伸ばし、強いストロークと腰の回転をサポート。
  • 手が入水する際の交差を防ぎ、肩の負担を軽減。

Speedo(スピード) テックパドル SD91A02

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

レッド 重量
サイズ S、M、L 素材 パドル/ポリプロピレン、ストラップ/ラテックス

Speedo(スピード) テックパドル SD91A02のおすすめポイント

  • テックバトルを使用したトレーニングでは、水の抵抗を利用してストローク時の手や腕の動きを強化することができます。
  • スピード独自の翼型テックパドルは、手の形に合わせて作られているため、自然な手や指の位置を維持でき、正確なストロークの習得に役立ちます。
  • 指の下に設けられた穴から水が抜け、水をキャッチする感覚を自然に得ることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
水泳用パドルの選び方や各メーカーが販売するパドルの特徴を紹介しました。
目的によって選ぶパドルが大きく異なってきます。
この記事を参考にぜひ自分にあったパドルを見つけてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

※承認後に表示されます。