2018年10月28日

スノボーのキッカーを始めたい人必見!コツや練習方法を紹介!

今回の記事では、キッカーのコツをわかりやすく紹介します。キッカーは興味あるけど、まだできない方や、キッカーがなんなのか知りたい方に向けた記事となっています。
今回の記事をみて、自分にあった練習方法や上達のコツを見つけてみてください。

キッカーを始めるために必要な技術とは?

キッカーを始めるにあたり、必要な技術を紹介します。最低限の技術を身につけていないと怪我などにも繋がるため注意が必要です

カービングターンを練習してみよう

キッカーには必ず、カービングターンが必要になってきます。キッカーのランディングでは、カービングターンをしながら速度の調整やエッジの引っかかりを防ぎます。カービングターンができないと、キッカーを飛べたとしても不安定になってしまうか、回してみたいとなってもなかなか難しいです。必ず、カービングターンをできるようにしましょう。

オーリーは必須

オーリーは必須となってきます。キッカーでは、ただそのまま抜けているように見えて軽くオーリーをしています。逆にオーリーをしないと、キッカーのテーブルという平らな部分に着地してしまうため、大変危険になります。また、オーリーにも弾くタイミングや力加減があるため、注意しながらキッカーを飛びましょう。

キッカーのコツを紹介!

まず最初にキッカーが初めての人に向けたキッカーのコツを紹介します。

地形でオーリーのタイミングを覚える

まず最初にキッカーを練習する上で重要になってくるのは、オーリーです。オーリーをまず練習するために地形などでオーリーを練習しましょう。通常滑っている時にオーリーするのではなく、小さいジャンプのできる地形でオーリーの弾くタイミングを理解しましょう。

キッカーを飛んでいる際に弾くタイミングが違うと、宙に出た際にバランスを崩してしまい、頭や背中から落ちるリスクが高くなってしまいます。イメージとしては、ボードの先端がリップに差し掛かってから前足に差し掛かった際に軽くオーリーをかけるとタイミングよくジャンプすることができます。なかなか、最初からキッカーに入るとミスした時のリスクが高いため、簡単な地形から行うことをおすすめします。

しかし、地形で練習する際に一つ注意点があります。キッカーに比べ地形は、着地する場所が考えられておらず、フラットな場所に着地となってしまう場合があります。フラットな場所に着地してしまうと、膝などに負荷がかかってしまうため、できるだけ場所を選んで練習しましょう。

最初は小さなキッカーから入ってみよう

次にオーリーのタイミングが掴めたら、一番小さなキッカーから練習しましょう。小さなキッカーなら、リスクも少ないですし慣れるにはちょうど良いです。それでも、恐怖心がある場合は、一旦キッカーに入るのをやめましょう。恐怖心があると自然と腰が引けてしまったり、自分のパフォーマンスを発揮できないため、危険が伴ってしまいます。

ストレートジャンプを攻略しよう!

キッカーに慣れてきたらストレートジャンプをまずは攻略しましょう。ストレートジャンプが一番の基礎ですが、以外とオーリーができておらずギリギリだったり、スピードが早いから飛んでいるだけということが挙げられます。スピードと、高さをストレートジャンプで自分の中で感覚として身につけましょう。

キッカーの注意点

怖いと思ったら入るな

キッカーの注意点として、怖いと思ったら入るのをやめましょう。一恐怖心があると自然と腰が引けてしまったり、自分のパフォーマンスを発揮できないため、危険が伴ってしまいます。恐怖心によりスピードを落としてしまい、しっかりとオーリーできていたとしても、テーブルに着地してしまい、足への負荷をかけてしまいます。また、最悪の場合落ちた時の衝撃で、膝が顎に当たってしまうこともあるため注意が必要です。

誰もいないことを確認しよう

キッカーの場所に誰もいないことを確認してから必ず入りましょう。大きなキッカーなら、キッカー横に監視員がいる場合がありますが、小さいキッカーだといない場合があります。そのため、前の人がしっかりと抜けたことを確認してからスタートしましょう。もし接触事故になってしまったら、大怪我を負ってしまう可能性があるため、気をつけましょう。

キッカーのオフトレ?

マットジャンプ施設・ウォータージャンプ施設で練習

マットジャンプ施設やウォータージャンプ施設というのは、ランディング部分が人工芝等で作られており、着地の部分に水やマットが敷かれており、失敗しても痛くないというのが挙げられます。初心者でも安全に楽しむことができるため、おすすめです。一度チャレンジしてみたい技があるけど雪山じゃ怖いという方にはおすすめの施設です。

室内スキー場で練習

夏などにキッカーやスノボ全般を楽しみたいという方はいるかと思います。そのため、室内スキー場はおすすめです。最近ではピスラボなどを使用した夏のゲレンデというのがありますが、キッカーは練習できません。そのため、夏の室内スキー場は涼しくなっており、涼む目的で入るのもおすすめです。

トランポリン施設で練習

トランポリン施設で練習することもおすすめです。キッカーでは、空中での体のひねりを使いますよね。そのため、トランポリン施設で、空中の体のねじれを練習することでキッカーのオフトレには最適です。また、場所によっては短い板をつけながらトランポリンをできる場所もあります。

まとめ

今回はスノボのキッカーを上達するためのコツに関して説明しました。
キッカーがまだできない方や、練習途中の方に向けた記事となっています。
今回紹介したコツを参考にしてキッカーを100%楽しめるスノーボーダーになりましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。