2018年9月30日

自分のスケボーを改めて考えてみませんか?スケボーインチ人気おすすめ10選を紹介!

この記事ではスケボーのインチについてを紹介します。

スケボーの足を乗せる板をデッキと言いますが。このデッキの長さや幅を測る単位がインチです。
デッキは扱う人の身長や幅と足のサイズの関係で、滑りの感覚が異なってきます。

スケボーは部品を組み合せて作りますが、初めからすべて出来上がっているものもあります。
とりあえず、ちょっと始めてみようかなという方には、すぐに滑れるものがおすすめです。その後、慣れていくうちに、部品にこだわりをもって、付け替えていくことが出来るからです。
スケボーを選ぶ際のポイントがデッキのインチ数です。

スケボーインチで選ぶ際のポイントを紹介!

スケボーのインチとは

スケボーのインチは、デッキの長さや幅のことを指しています。
インチをセンチに換算すると、1インチ=2.54cmです。

デッキの幅は、7.5~8.25インチまであります。自分の足のサイズも考えて、幅を考えることと、自分のやりたい技も考えた上で、選択してください。

初心者で何もスタイルが決まっていない場合には、7.625~8インチの間を選ぶと乗りやすいです。

デッキの測り方は、真ん中でメジャーを当ててみるとわかります。
cmをインチに換算すればよいだけです。

細めのサイズは板を回転させる技に適しているが、安定感が劣ります。
逆に、太めのサイズは安定感のあるスピードでスケーティングに適しているが、回転
技には向いていません。

身長で選ぶ!

スケボーを選ぶ時には自分の身長を基準にデッキの長さを割り出します。
身長160cm以下であれば、29.1インチ、170cm以下であれば30.7インチ、180cm以下であれば32.2インチが標準です。

デッキブランドも数えきれないほど多くあり、様々なサイズの商品を出しています。
標準型を使用してみて、何か少し気になるという事であれば、違うデッキを探してみるのもいいでしょう。
同じ身長の人でも、足のサイズが異なるとしっくりこない原因になることもあります。
標準はあくまでも標準で、個人差があることは当たり前です。

目的で選ぶ!

小学校中学年ぐらいになると、大人と共用のインチにすることもできます。

初心者の人がどんどん上達してくると、達成感を味わって自分の気持ちが大いに充実してきます。
そうすると、段々道具にこだわりを持ち始めます。

デッキの幅が7.5~7.625インチは比較的に細めで軽いため、板を回転させる技に適していると言われています。
太めの8~8.25インチは重さがある分スピード感が出るスケーティングになります。

自分がオーリーやフリップなどの技をしたいのかを、ザーッとスピード感を持って滑りたいのかによってデッキのインチに違いが生じてきます。

人気おすすめのスケボーを10選紹介!

ラングスジャパン リップスティック デラックスミニ ブルー

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブルー×ブラック 重量 2050g
サイズ 幅220x高さ120x奥行680mm 素材 アクリロニトリル−ブタジエン−スチレン(ABS) /アルミニウム/ポリウレタン(PU) / ポリプロピレン(PP) / ポリアミド(PA)

ラングスジャパン リップスティック デラックスミニ ブルーのおすすめポイント

  • 体をひねりながら前進するもので、楽しく遊びながら知らず知らずにバランス感覚が身につく
  • 高性能ABEC7ベアリングを搭載
グレー 重量 2.6kg
サイズ 約 L770×W210×H120(mm) 素材 ナイロン混合強化ファイバー

J BOARD EX グレー RT-169のおすすめポイント

  • ノーズを左右に振るだけでスイスイ進む
  • リターンスプリング付きキャスター搭載
  • 2つの自由に動くキャスターホイール

スケボー コンプリート SANTACRUZ サンタクルーズ 7.6×31.5インチ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

レッドイエロー 重量
サイズ 長さ 約79cm 幅 約19cm 素材

スケボー コンプリート SANTACRUZ サンタクルーズ 7.6×31.5インチのおすすめポイント

  • 初心者から中級者まで乗りやすく、扱いやすいデッキサイズ
  • ベアリングはオリジナルのABEC7を搭載
  • スケボーケースとT型レンチ付属

enkeeo スケートボード 32インチ YWHB-03

Amazonで詳細を見る

ブラック/カートゥーン/夕焼け/落書き 重量 2.57 Kg
サイズ 32x8インチ(縦x横) 素材 メープル

enkeeo スケートボード 32インチ YWHB-03のおすすめポイント

  • デッキの表には滑り止めがあるので、滑らなくて安全
  • ABEC-9ベアリングとPU材質の85A ホイールを装備して、 アスファルト地面でもタイヤの音が殆どせずとても静か
  • コンパクトで持ち運びが楽

JOYNT ジョイント スケートボード コンプリートセット THROW-BACK

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

グレー 重量
サイズ 8インチ 素材

JOYNT ジョイント スケートボード コンプリートセット THROW-BACKのおすすめポイント

  • フラット、カーブ、レール、ランプなど様々なセクションでも扱いやすいコンプリートセット
  • 高性能ABEC5のベアリング搭載
  • 52㎜のハードウィール搭載

【WHG 】スケートボード コンプリートセット 27インチ/31インチ

Amazonで詳細を見る

ブルー/星空/青光/黒 重量 約4キロ
サイズ 27インチ:L72cmxW20cm(L28″xW8″)31インチ:L80cmxW20cm(L31″xW8″) 素材 メープル

【WHG 】スケートボード コンプリートセット 27インチ/31インチのおすすめポイント

  • 高性能なABEC-7ベアリングを搭載
  • パターンが熱圧着印刷されていて色褪せや色落ちしない
  • コンパクトで普段ではバッグに収納してどこでも持ち運びが楽にできる

RiDGE Skateboards 製 Complete 55cm 22インチ ミニクルーザーボード

Amazonで詳細を見る

ナチュラル 重量 2.1 Kg
サイズ 22インチ(55cm) 素材 メイプル

RiDGE Skateboards 製 Complete 55cm 22インチ ミニクルーザーボードのおすすめポイント

  • 22インチ(55cm)のコンパクトなサイズは持ち運びや、タイトなコーナリングに最適
  • ABEC7精度の高品質ベアリングを搭載
  • グリップ力の強いデッキテープを使用

Penny Skateboards スケボー 22インチ Graphics

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブルー/ホワイト/ピンク/ブラック 重量
サイズ <22インチ>デッキ長さ57×幅15cm、トラック:3インチ、ウィール:59mm 素材 プラスチック

Penny Skateboards スケボー 22インチ Graphicsのおすすめポイント

  • 裏面のグラフィックがおしゃれ
  • コンパクトで、ターンのクイックさやグライド感も抜群
  • デッキはグリップテープが不要

CALIFORNIA STREET COMPLETE SET SIMPLE BLACK ZINGER 7.75

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

白ウィール/赤ウィール/黒ウィール 重量
サイズ 長さ76.5cm 幅19.7cm 素材 カナディアンメープル

CALIFORNIA STREET COMPLETE SET SIMPLE BLACK ZINGER 7.75のおすすめポイント

  • ホイールベースが広めの設計の為、安定感が良い
  • シェイプ(形)にもクセが無く乗りやすい
  • オリジナルクルーザーウィール装備で、路面をスムースに走行可能

REKON SKATEBOARD COMPLETE SET WOOD

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ナチュラル 重量
サイズ 7.75×31インチ 素材 カナディアンメープル

REKON SKATEBOARD COMPLETE SET WOODのおすすめポイント

  • 高性能なABEC7のベアリングを搭載
  • カナディアンメープルウッドを7層圧着で使用
  • 強度と軽量化を兼ね備えたトラックを使用

まとめ

どうしてスケボーをするのか考えたことありますか。その目的は人それぞれです。
プロスケーターになりたいと思っている方もいるでしょう。
子供が使っているスケボーに試しに乗ってみた大人がハマってしまったということもあるでしょう。小学生中学年ぐらいであれば、大人と共用のインチにすることもできます。

初心者の人がどんどん上達してくると、達成感を味わって自分の気持ちが大いに充実してきます。
そうすると、段々道具にこだわりを持ち始めます。

デッキの幅が7.5~7.625インチは比較的に細めで軽いため、板を回転させる技に適していると言われています。
太めの8~8.25インチは重さがある分スピード感が出るスケーティングになります。

自分がオーリーやフリップなどの技をしたいのかを、ザーッとスピード感を持って滑りたいのかによってデッキのインチに違いが生じてきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

※承認後に表示されます。