2018年10月28日

ハンドボールのシュートって?種類や練習法を解説!

ハンドボールのシュートってかっこいいですよね。他のスポーツとは少し違った動きをします。その分初心者の方にとっては難しいスポーツと言えるかもしれません。

かっこいいシュートが打ちたいと思うかもしれませんが、まずは基本から固めていくことが大事です。ハンドボールのボールは大きさの割には重さがあります。誤ったフォームや、やり方でシュート等を行なっていると肘や肩を怪我する可能性が高いです。

今回はそのハンドボールのシュートについて解説します。基本的なところからおすすめの練習方法まで紹介していきます。

ハンドボールのシュートって?

ハンドボールのシュートはとてもかっこいいですよね。自分でたくさんの点数を取ってチームに貢献したいとみなさん思っていると思います。

かっこいいシュートを打つためには綺麗なフォームを身につけることと、シュートのバリエーションを持っていることが大切です。

ここでは綺麗なフォームとシュートにはどんな種類のものがあるのかを紹介していきます。

綺麗なフォームを身につけよう

まずは綺麗なフォームを習得しましょう。綺麗なフォームを習得するためには、少し地味な練習が必要かもしれません。まずは近い距離からキャッチボールをしましょう。シュート練習じゃないの?と思った方もいるかもしれません。

シュートとパスは基本的にはフォームは一緒です。まずはフォームを意識しながら行えるパスからやっていきましょう。パスで相手の胸に狙って投げられないうちは、シュートを打っても入らないことの方が多いでしょう。まずは基本からです。

フォームで注意する点は、体を大きく使えているか、肘を柔らかく使えているか、リリースポイントは高いか、、ボールの回転は縦回転かというところでしょう。

これらが良くなっていればきっといいフォームになっているはずです。

これらのチェックポイントを注意しながら、フォームを改善していきましょう!

どんな種類があるの?

シュートにはどんな種類があるのでしょうか。それは、タイミング、横のリリースポイント、縦のリリースポイントで区別することができます。

タイミングというのは、ノーステップシュート、ループシュートなどの派生があります。

ノーステップシュートはボールをキャッチした足をそのまま踏み切り足にしてシュートを打つものです。正確なキャッチと、ジャンプのタイミングが重要になる難しいシュートです。

ループシュートは、キーパーが前に出てきてコースを潰してきたときに、上に浮かしたり、キーパーのタイミングをずらして打つために使うシュートです。

本気のシュートを打つ雰囲気をキーパーにいかに見せられるかが重要になります。

横のリリースポイントというのは、ブラインドシュートや、ブロンジョンシュートのことです。

ブラインドシュートは、野球で言うところのサイドスローやアンダースローのことです。このシュートは、ディフェンスの間から打つことでキーパーにボールの出所を見せないことがポイントです。それにより、キーパーは反応することができません。

ブロンジョンシュートは、ブラインドシュートとは逆側に体を倒しながらシュートを打つことです。半身の体勢の背中側に体を倒しながら一気に体をひねってシュートを打ちます。

このシュートもキーパーがボールの出所を察知しずらいために、上手く打てれば得点力につながるシュートです。

最後に縦のリリースポイントというのは簡単にジャンプをするかしないかということなのですが、先ほどまでに紹介したものは全て、ジャンプしても、しなくても打つことができます。ジャンプをすると難易度が上がりますが、ぜひとも習得したいシュートばかりです。

たくさん練習してたくさんのバリエーションのシュートをできるようになりましょう!

おすすめのシュート練習を紹介!

ここからはおすすめのシュート練習を紹介していきます。

フェイントをかけてからのシュート

シュートを打つためにはカットインしなければいけないシーンがたくさんあります。つまりディフェンスをかわさなければいけません。そのためにはフェイントをして交わすことになります。

あなたは全力でフェイントをかけた後に正しい姿勢のシュートが打てますか?意外と難しいですよね。ここではその練習をしていきましょう。

まずはディフェンスを想定したコーンをおきます。その斜め後ろに隣のディフェンスがカバーに来たという想定でコーンをおきましょう。これで躱した後に、横に流れてしまってはカバーに来たディフェンスに捕まってしまうという状況が作れます。

この動かないディフェンスを相手にシュートを決める練習をしましょう。最後の一歩を縦に踏み込む癖をつけることが目的の練習です。

ブラインドシュート、ブロンジョンシュートの練習をしよう!

ブラインドシュートやブロンジョンシュートは体を倒す練習と手首を使ってボールを強く推し出すことが重要です。そこでゴールラインと6mラインが交わるところに立ち横を向いてるゴールに対してシュートを打ちましょう。キーパーはいりません。

この練習ではわずかに見えるコースにシュートを打つことと、体をできるだけ倒してコースを作り出すことが大切です。

できるようになったら、コートの角まで下がることでより難易度が高くなります。

まとめ

今回はハンドボールのシュートについて紹介しました。綺麗なフォームを身につけること、シュートのバリエーションを増やすことが、かっこいいシュート、得点力につながってきます。

たくさん練習してぜひ習得してくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。