2018年10月30日

強心臓PKキッカーになれる?フットサルのPKのルールと練習法の徹底解説!

サッカー同様、フットサルにもPKは存在します。サッカーよりゴールが小さいし、上手くPKを決められる自信がない、よくそんな声を耳にします。しかし、今回紹介する練習法を続ければ強心臓の心強いPKキッカーになれるかも?

フットサルのPKのルールを紹介!

サッカー同様、フットサルもPKがあります。PKとはペナルティキックの略称です。

ペナルティエリアで直接フリーキックに該当するファールを犯してしまうと、相手にPKが与えられます。
距離はサッカーの距離より短い6mです。その位置にあるペナルティマークにボールをセットしてキーパーと一対一で蹴る状況が作れます。

この際、キーパーとキッカー以外は、下記の指定されたポジションを取る必要があります。
★ピッチ内
★ペナルティエリア外
★ペナルティマークの後方
★ペナルティマークから5m以上離れた場所

フットサルのPKのコツや練習方法を紹介!

上手にPKを成功させるコツは、キーパーの取りにくいコースにシュートを打つことです。そのコースとはサッカーと同様、四隅です。
しかし、下の二隅ではゴールも小さくキーパーに止められるケースが多くなります。なので、下を狙う際は地面より少し浮かしたライナー状のボールを打ってみましょう。そして、シュートは思いっきり!

また、その四隅に的確に狙えるようにするため、バー当ての練習がシュートの正確さの向上につながります。右ポスト、左ポスト、バーの左右の角を狙いながらシュートを打っていく練習です。この練習だと、自分の狙った位置に目がけて何度もシュートを打つことによって、シュートの正確さが向上し、シュートスキルも身につきます。

なので、PKのコツを掴んでそのための対策としての練習を繰り返し実践してみましょう。

まとめ

以上、フットサルのPKのコツと練習法の徹底解説でした。みなさん、いかがでしたか?PKの上手く決めるためのコツや練習法はマスターできましたか?今後、フットサルのPKを蹴る機会がみなさんもあると思います。その機会のために今から練習してみてはどうでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。