クロスバイク チェーンカバー
2018年9月30日

クロスバイクのチェーンカバー人気おすすめ5選!洋服が汚れる前に!!

クロスバイクを漕いでいたら知らないうちにズボンの裾が汚れていた経験はありませんか?
一般車とは違ってクロスバイクにはチェーンがむき出しの状態でペダルを漕ぐことになるので、ズボンの裾がチェーンに触れてチェーンの油で汚れてしまいます。

クロスバイクを漕いでいてお気に入りの服を汚したくない場合はチェーンカバーを装着するのがおすすめです。
特に、毎朝自転車通勤・通学でスーツや制服でクロスバイクに乗る方にはおすすめです。

クロスバイクのチェーンカバーとは

クロスバイク用のチェーンカバー(チェーンガード)とは、チェーンが脚や洋服に触れて汚れるのを防いだり、洋服の裾がチェーンに巻き込まれないように守ったりするための専用のパーツです。
チェーンガードは基本的に「チェーンリングに直接取り付けるタイプ」と「チェーンリングからシートステイにかけて上部のチェーンを覆うタイプ」の2種類がありますが、チェーンリングに直接取り付けるタイプの方が主流です。

素材には耐久性が高いアルミや軽いプラスティックが使われます。

クロスバイクのチェーンカバーは必要?

基本的に販売店で売っているクロスバイクの完成車にはチェーンカバーは付属していませんが、クロスバイクにチェーンカバーを取り付ける必要はあるのでしょうか?
チェーンカバーが必要なシチュエーションや役割について詳しく解説していきます。

チェーンが脱落しない

クロスバイクにチェーンカバーを取り付けるのがおすすめな理由の1つ目は、チェーンが脱落しにくくなるからです。

クロスバイクに乗っているとチェーンが脱落することはよくあります。
チェーンが外れてしまうと再度チェーンをはめ直さなければ走ることはできません。

慣れてしまえばチェーンをはめ直すのはかんたんかもしれませんが、初心者の方が初めてチェーンをはめ直すのには時間がかかってしまう可能性があり、チェーンをはめ直すには手袋や軍手がないとチェーンの油で手が汚れてしまいます。

また、車通りの多い時間帯や車との距離が近い道路でチェーンが外れてしまうと非常に危険なので、チェーンカバーで未然にチェーンの脱落を防ぐのがおすすめです。

洋服が汚れない

クロスバイクにチェーンカバーを取り付けるのがおすすめな理由の2つ目は洋服が汚れにくくなるからです。

クロスバイクを楽しんでいたら知らないうちにズボンが汚れていた、という経験はありませんか?
これは、ペダルを漕いでいるときにズボンの裾がチェーンに触れてしまっているからです。

洋服についてしまったチェーンの油は水で洗うだけでは落とすことができません。
洋服の素材や汚れの範囲によってはクリーニングに出さなければいけないこともあります。

ズボンの裾をまとめるバンドも販売されていますが、裾バンドは毎回取り付けなければいけない点とズボンにしわができてしまう点がネックです。

特に自転車通勤・制服でスーツや制服にしわをつけたくない方や汚したくない方にはチェーンカバーを付けて汚れないようにしておくのがおすすめです。

おすすめのクロスバイク用チェーンカバー5選!

それでは、おすすめのクロスバイク用のチェーンカバー5選を紹介します。
素材やサイズ、重量などに注目して紹介していくので、お気に入りの洋服をチェーンの油で汚したくないという方はぜひ参考にしてみてください。

サニーホイル SW-CX111 ユニバーサルチェーンガード ブラック

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

サニーホイル SW-CX111 ユニバーサルチェーンガード ブラック 130-00051の詳細情報

素材 アルミ
重量 499g
対応サイズ シートステイ:φ12.7mm、φ15.8mm、φ19mm、φ22mm、チェーンリング部分44T、52T

シートステイまで広範囲にしっかりとカバーするチェーンカバー

サニーホイルの「SW-CX111 ユニバーサルチェーンガード」はチェーンリング部分からシートステイにかけてチェーンの上部をしっかり覆うタイプのクロスバイク用チェーンカバーです。
サイズはシートポスト部分がφ12.7mm、φ15.8mm、φ19mm、φ22mmの4種類、チェーンリング部分は44T、52Tの2種類と4×2=8種類のクロスバイクに対応しているところもおすすめのポイントです。
幅広いサイズのクロスバイクに対応しているので、2台目3台目のクロスバイクを購入しても追加購入なしで使いまわせる可能性があり、コスト的にも助かります。
チェーンリングからシートステイまでの長さが515〜585mm(C.C. : 375〜443mm)と調整可能なあところも嬉しいポイントです。
ただし、アルミ製のチェーンカバーなので重量が重いところがネックです。

OGK ATB ギアカバー MG-10 ガンメタ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

OGK ATB ギアカバー MG-10 ガンメタの詳細情報

素材 プラスティック
重量 68g
対応サイズ 取付ダウンチューブ径:約28~50mm

ダウンチューブに直接取り付けられる幅広いクロスバイクに対応可能なチェーンカバー

「MG-10」はヘルメットやカゴなどの自転車パーツ販売で有名なOGK技研から販売されているおすすめのクロスバイク用チェーンカバーです。
「MG-10」の最大の特徴は、本体をダウンチューブに取り付けるところです。
ダウンチューブに付属の金具とベルトで取り付けるタイプなので、チェーンリングの大きさに関わらず、ほとんどのクロスバイクに装着可能なところが嬉しいポイントです。

素材にはプラスティックを採用しており、68gと軽いので、チェーンカバーで洋服の汚れを防ぎつつもクロスバイク全体の重量を重くしたくない、という方におすすめのクロスバイク用チェーンカバーです。
しかし、プラスティックはアルミに比べると耐久性の低さがネックなので、重量と耐久性のどちらを重視するのかを判断材料にして購入しましょう。

バッシュガード 50T Driveline BCD110mm CNC

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

Driveline ドライブライン スーパーガード G1モデル の詳細情報

素材 CNC Alloy 6061/T6
アルミ合金 CNC加工仕上げ
重量 52T:本体約150g ボルト約45g
対応サイズ 42T、46T、48T、50T、52T、53T

豊富なカラーバリエーションとスタイリッシュなデザインが特徴的な高品質チェーンカバー

Driveline(ドライブライン)から販売されている「スーパーガード G1モデル」はカラーバリエーションの多さが特徴的です。
カラーは、チタングレー、レッド、ゴールド、シルバー、ブルー、ブラックの6種類から選択できるので、御侍史のクロスバイクのカラーにあったものを選べるところがおすすめです。
あえて、クロスバイクのカラーと違ったカラーを選ぶことで存在感を出してみるのも面白いかもしれません。

「スーパーガード G1モデル」のもう一つの特徴はシンプルでスタイリッシュなデザインに仕上がっているところです。
チェーンカバーのデザインにもこだわって、他人とは違うおしゃれなカスタマイズをしたい方におすすめのクロスバイク用チェーンカバーです。

FLINGER(フリンガー) SW-722 チェーンリングカバー

Amazonで詳細を見る

FLINGER(フリンガー) SW-722 チェーンリングカバーの詳細情報

重量 52g
対応サイズ 42T、44T


プラスティックを採用して52gという軽さがウリのチェーンカバー

「FLINGER(フリンガー) SW-722」の特徴は本体の軽さです。
プラスティックを採用することによって本体の重量を52gにまで抑えています。
52gは一般的にスポーツバイク用ライトの半分以下の重さなので、クロスバイクの重量を気にする方で、チェーンリングに直接取り付けるタイプのチェーンカバーが欲しい方におすすめです。
しかし、プラスティック製はアルミ製のチェーンカバーに比べると耐久性の面では劣ってしまいます。
対応BCD(PCD)は104mm、ネジ穴は4つのタイプなので、ご自身のクロスバイクのクランクのサイズを確認したうえで購入するように注意してください。

ギヤリングカバー HC-W1052 PCD130mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ギヤリングカバー HC-W1052 PCDの詳細情報

素材 プラスティック
重量 約70g
対応サイズ 50T~53T

シンプルでクロスバイクの外観を崩しにくいチェーンカバー

「HC-W1052」の特徴は無駄な装飾のないシンプルなデザインです。
目立ちにくいブラックと必要最低限のシンプルなデザインなので、クロスバイクに取り付けても見た目に違和感が生まれにくいです。

さらに、本体の素材にはプラスティックを採用しており、重量も約70gと比較的軽めです。
特に、クロスバイクの重量を重くしたくない方で、全体的な外観を崩さないようなクロスバイク用チェーンカバーを探している方におすすめです。

価格も1000円以下と安めなので、とりあえずクロスバイク用のチェーンカバーを試したい方やチェーンカバーにあまりコストを割きたくない方にもおすすめのチェーンカバーです。

対応BCD(PCD)は130mmで5つ穴タイプのチェーンカバーなので、ご自身のクロスバイクのクランクサイズを確認してから購入しましょう。

自分にあったチェーンを選ぼう

おすすめのクロスバイク用のチェーンカバー5選を紹介しました。
クロスバイク用のチェーンカバーは素材やタイプによってそれぞれメリット・デメリットがあるので、今回紹介したクロスバイク用チェーンカバーも参考にご自身に合うチェーンカバーを見つけてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。