2018年10月30日

アシックスのボクシングシューズ、特徴や選び方は?おすすめもご紹介!

ボクシングで使うシューズはレスリングシューズとも言い、一般のシューズとは作りが違います。もちろん用途が違うので履いてみた感じも全く違うのですが、これから始めようとしている方はシューズ選びもとても重要です。

今日は、様々なメーカーのなかからアシックスに限定して、アシックスのボクシングシューズの特徴やおすすめのシューズ、選び方なども合わせながらご紹介していきます。

これから買おうと思っていた方や、アシックスのシューズが気になっていた方はぜひ、参考にしてみてください。

ボクシングシューズ アシックスの特徴と選び方を紹介!

アシックスのボクシングシューズの特徴!

アシックスのボクシングシューズの特徴は、フィット感が高く、しっかりとクッション性があるところです。クッション性やフィット感はとても重要なポイントにもなるので、初心者にもおすすめのメーカーでもあります。

また、リングの上では滑りにくさも大切ですが、グリップもしっかり効いています。耐久性も高く、安心の日本製で高品質なシューズにこだわりたい方にもおすすめです。

タイプから選ぶ!

ロングタイプは、足首やアキレス腱の保護が優れており、捻挫や靭帯の損傷など怪我のリスクを減らしてくれます。着脱は他の対応に比べるとしにくいのが難点ですが、フィット感が強く安定感を求める人におすすめです。

ミドルタイプは、保護力はロングタイプよりは劣りますが足首の保護はしてくれます。着脱もしやすく、ボクシングシューズのなかではバランスのとれたタイプです。

ショートタイプは、スニーカーのような見た目で着脱がしやすく、デザインが多くおしゃれができるのが特徴です。ただ、足首などの保護や安定感は少ないため厳密にはボクシングシューズの練習用としておすすめします。

目的から選ぶ!

練習で使うかという目的に着目して見ていくと、ボクシングシューズよりもレスリングシューズの方が練習には向いています。

ボクシングシューズはソールに溝がなく薄いのが特徴ですが、レスリングシューズはグリップ力が高く、ボクシングの練習だけでなく普段のジムにも使用することができます。体や筋肉に余計な力をかけずにトレーニングできます。

目的によっては、レスリングシューズの中でもショートタイプにして普段のジムとも併用して練習用に購入しても良さそうですね!

アシックスのボクシングシューズの商品を紹介!

[アシックス] ボクシングシューズ ボクシングMS (現行モデル)

Amazonで詳細を見る

ホワイト/レッド 重量
サイズ 24cm~29cm 素材

[アシックス] ボクシングシューズ ボクシングMS (現行モデル)のおすすめポイント

  • AHARラバー採用により、グリップ力に耐久性を備えた一足。
  • 約2倍(当社比)の耐摩耗性を発揮するアウターソール素材
  • クッション性にも優れています。

まとめ

今回は、アシックスのおすすめボクシングシューズと一緒に選び方や特徴をご紹介してきましたが、いかがでしたか?初めて購入するかたは、アシックスなど日本製で安心できるものを一足、購入を考えてみてもいいのではないでしょうか?

シューズはスポーツをするにあたって、とても重要なアイテムです。シューズによっては甲高や幅が大きく違い、足にフィットしないものもあるので、トレーニングに集中するためにも妥協せずしっかりと自分の足に合うものを見つけましょう!

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

※承認後に表示されます。