2018年10月31日

ストームのボウリングボール!選び方や特徴、人気おすすめ商品6選を大紹介! 

今回の記事ではストークのボウリングボールについて説明します。ストークは世界で最もシェアが高いボウリングボールです。そんなストークの特徴や選び方、人気おすすめ商品6選を紹介します。これからボウリングを始めたい初心者の方や、ストークのボウリングボールを購入したい方におすすめの記事です。

ストームの選び方を紹介!

コアの素材で選ぶ!

ボウリングボールを選ぶときは必ずコアの素材で選びましょう。コアとはボールに内蔵されている部品で、摩擦に影響を与えます。ボールの摩擦が変わることで、投球した際の曲がりやすさも大きく影響を受けます。
ボウリングでは、ボールの曲がり方の差が勝負に大きな影響を与えます。そのため、ボウリングのボールを選ぶ際は必ずコアの素材を確認しましょう。

重さで選ぶ!

ボウリングのボールを選ぶ際はボールの重さを見極めて選びましょう。ボールは重ければ重いほどストライクが出やすいと言われています。しかしそれ故に重いボールを無理して使う事はやめましょう。ボウリングは投球時のフォームも大切です。無理して自分が投げるには重すぎるボールを選ぶと、投球時にバランスを崩してしまいコントロールを失ってしまいます。ボールを選ぶ際は自分に合った重さのものを選びましょう。

フィット感で選ぶ!

ボウリングのボールを選ぶ際はボールのフィット感で選びましょう。ボウリングのボールには指を通す穴があり、投球時は指を穴に入れた状態で投げます。指にフィットしないボールを選んでしまうと、プレーの質低下に繋がります。必ず自分の指に合うボールかを店頭などで確かめてから商品を選びましょう。

ストームの特徴を紹介!

世界シェアNO1

ストークの特徴は、ボウリング界においてハイパフォーマンスボールでシェア率トップという点です。ストークはその機能性の高さや豊富なカラーバリエーションなどで数多くのボウラーから支持を集めています。ストークのボールは、王道のボールを使ってボウリングを楽しみたい方に特におすすめです。

カーブがかけやすい

ストークの特徴はボールに動きがかけやすい点です。ボウリングでスコアアップを狙うにはカーブをかけるなどボールを上手く動かすことが大切です。ストークのボールは動きをかけやすい設計で製作されているため、カーブがかけやすいです。ストークのボールはボウリングでスコアアップを狙う方にはかなりおすすめです。

初心者には扱いにくい

ストークの特徴として、ボウリング初心者には扱いにくいという点が挙げられます。
先ほど述べたように、ストークは動きがかかりやすいボールです。カーブなどの動きをかけるには、ボールをしっかりとコントロールする必要があります。まだボールコントロール技術が未熟な初心者の方がストークを利用すると、意図しない動きがかかってしまいます。そのためボールのイメージ通りの動きが期待できません。初心者の方は、まずはあまり動きがかからないボールを選ぶことをおすすめします。

ストームのボウリングボール人気おすすめ6選を紹介!

(ストーム) Storm ボウリングボール ピッチブラック

Amazonで詳細を見る

ブラック 重量 7.08 Kg
サイズ 23.4 x 22.1 x 22.1 cm 素材 コントロール・ソリッド・ウレタン

(ストーム) Storm ボウリングボール ピッチブラックのおすすめポイント

  • 出荷時の仕上げは1000グリッドパッド
  • キャパシターコア
  • カバーストックはコントロール・ソリッド・ウレタン

(ストーム) Storm Tropical Breeze Pink/Purple 12,13ポンド 普及型ボウリングボール (並行輸入品)

Amazonで詳細を見る

ピンク/パープル 重量
サイズ 12LB 素材 原子炉 コア

(ストーム) Storm Tropical Breeze Pink/Purple 12,13ポンド 普及型ボウリングボール (並行輸入品)のおすすめポイント

  • 仕上げ:1500グリットポリッシュ フレアポテンシャル:2 “-3″(中低)
  • フレグランス:誕生日ケーキ ボールのカバーストックのいくつかの小さな穴が正常
  • 興味深い色と革新的な香りでトロピカル風はすべてのスキルレベルのボーリング選手に訴えます

(ストーム) Storm Tropical Breeze Carbon/Chrome 14,15ポンド 普及型ボウリングボール (並行輸入品)

Amazonで詳細を見る

カーボン/クロム 重量
サイズ 14LB 素材 シナモン コア

(ストーム) Storm Tropical Breeze Carbon/Chrome 14,15ポンド 普及型ボウリングボール (並行輸入品)のおすすめポイント

  • 仕上げ:1500グリットポリッシュ フレアポテンシャル:2 “-3″(中低)
  • ボールのパフォーマンス:エントリーレベルのボール
  • Reactor Pearl反応カバーストックを特徴とします

(ストーム) Storm Tropical Breeze Teal/Blue 10,11ポンド 普及型ボウリングボール (並行輸入品)

Amazonで詳細を見る

ティール/ブルー 重量
サイズ 10LB 素材 Reactor Pearl Reactive

(ストーム) Storm Tropical Breeze Teal/Blue 10,11ポンド 普及型ボウリングボール (並行輸入品)のおすすめポイント

  • エントリーレベルやカジュアルリーグボーラーに最適
  • このTropical Breezeボウリングのボールは、シアンと青のクールな色を組み合わせて、メロンミントと一緒に仕上げています
  • ボールのパフォーマンス:エントリーレベルのボール

■ストーム ボール■【STORM】マーヴェルマックス・エリート MARVEL MAXX ELITE

楽天市場で詳細を見る

ネイビーソリッド 重量
サイズ 素材 NRGソリッドリアクティブ

■ストーム ボール■【STORM】マーヴェルマックス・エリート MARVEL MAXX ELITEのおすすめポイント

  • レーンコンディション:ミディアム~ミディアムヘビー用
  • 取扱ウェイト:12P~16P
  • 表面仕上げ:1500グリット・ポリッシュ

■ストーム ボール■▽【STORM】インテンス・フォーカス INTENSE FOCUS

楽天市場で詳細を見る

ブラック/ホワイト/オレンジ 重量
サイズ 素材 R2Sパールリアクティブ

■ストーム ボール■▽【STORM】インテンス・フォーカス INTENSE FOCUSのおすすめポイント

  • レーンコンディション:ミディアム用
  • 取扱ウェイト:12P~16P
  • 表面仕上げ:1500グリット・ポリッシュ

まとめ

今回の記事では人気ボウリングボール、ストークの選び方、特徴、人気おすすめ商品を説明しました。ストークなどのボウリングボールを選ぶ際はコアの素材やボールの重さ、フィット感で選ぶようにしましょう。また、ストークはカーブなどの動きを出しやすいボールなので上級者の方はスコアアップを狙いやすいですが、一方で初心者の方にはあまりおすすめできません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

※承認後に表示されます。