ボルダリング 自宅
2018年11月23日

自宅でできるボルダリングトレーニング

今回は自宅でできるトレーニングについて紹介していきます!
忙しかったり、ケガをしていてジムに通えない方は自宅でのトレーニングがおすすめです。
しっかりトレーニングをすれば、ジムでのトレーニング以上の効果が得られます!

保持力を鍛えよう!

ボルダリング専用トレーニンググッズを使う!

保持力強化にはボルダリングメーカーが出しているボルダリング専用のトレーニンググッズを使いましょう!
フィンガーボードと言われる壁に貼り付けてトレーニングを行うものや、ロックリングスと言われる吊り下げてトレーニングを行うものがあります。

これらの特徴として、ちょうど指が入るくぼみがあるため、指の保持力を鍛えられる構造になっています。
自宅で本格的に指を鍛えたい方は非常におすすめです!

懸垂をしよう!

懸垂できるとボルダリングでどう役立つ?

懸垂はボルダリングにおいて非常にいいトレーニングです!
懸垂ができればムーブの幅が広がり、キャンパシングなどを武器に有利な登りができるようになります。

また、懸垂ができると引きつける力が強くなるため、距離のあるホールドにもリーチできます。

懸垂トレーニング方法

懸垂のトレーニングとしては、まず家に取り付けられる懸垂レバーを買いましょう!
アマゾン等で2000円から3000円という比較的安いものも売っていますので、日ごろ触れられる位置に取り付けることで、継続的にトレーニングすることができます。

懸垂レバーを使ったトレーニング方法はたくさんありますが、シンプルに普通の懸垂を行うだけで十分な効果があります!

懸垂がなかなかできないという方は、台などに乗って、なるべく足に力を入れずに懸垂をしてみてください。
懸垂によって鍛えられる筋肉を動かすことが大切です!

腹筋を鍛えよう!

ボルダリングにおける腹筋の必要性とは?

ボルダリングは一見腕と足のみしか使わないように思えますが、実は腹筋も重要な役割を果たします。

傾斜のそこそこある壁において、足の位置を変えたいとき、自分の体を壁からはがさないために腹筋の力が必要となります!

また中上級者の課題においては、あえて両足を壁から離すムーブをするシーンがよくあります。
その際に足を壁に戻すとき、腹筋の力が大きく必要です!

腹筋トレーニング方法

腹筋を鍛えるのにおすすめなのが、腹筋ローラーを用いたトレーニングです。
腹筋ローラーもネット上で安く買えるので、一台買っておくとよいでしょう。

ちなみに腹筋ローラーはとても強度の強いトレーニングとなるので、まずは膝をついてトレーニングしてみてください。
常日頃から腹筋を鍛えられている方は、立ったままでチャレンジしてみましょう!

まとめ

今回は自宅でできるボルダリングトレーニングについて紹介しました!
自分がジムで鍛えた分を維持するために自宅トレーニングは欠かせません。
あいた隙間時間などに少しやるだけで、後の効果は全然違ってきますので、ぜひ積極的にトレーニングに励んでいきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。