サーフボード
2018年2月23日

サーフボードのブランドの特徴と人気おすすめ5選【選び方と種類を徹底解説!】

サーフボードは様々なメーカーから発売されており、商品ごとにいろいろな特徴があります。

また、使用する人によっても選ぶべきサーフボードに違いがあります。

そのため、初心者の方は特に、サーフボードを選ぶ際にどのメーカーのサーフボードを選べば良いのか、迷ってしまうことでしょう。

そこで今回は、Amazon・楽天などの売り上げ上位の商品をご紹介するとともに、「SPOSHIRU編集部が」おすすめするサーをたっぷりとご紹介していきます。

本記事を参考にしていただき、自身に合ったサーフボードを見つけてみてください!

サーフボートの部位別解説

サーフボード

ノーズ

ノーズは、サーフボードの先端部分のことです。ノーズの幅は、サーフボードの安定性と直進性に影響します。ロングボードは、安定性のある丸みのあるノーズが多いです。

テール

テールは、サーフボードの最後部のことです。テールは、ターンに大きく影響を与える部分です。

レール

レールは、サーフボードの側面のことです。レールは厚みによって特色に違いが出ます。ターンの時のコントロール性能と、ボードの浮力に影響します。

デッキ

デッキは、サーファーが立つサーフボードの表面のことです。

ボトム

ボトムは、サーフボードの裏面のことです。波と直接触れる緻密な部分で、シェイパー(サーフボードを削り出す人)の技術が詰まっています。

ロッカー

ロッカーは、サーフボードの反っている部分のことです。サーフボードには一般的にノーズロッカーと、テールロッカーがあり、板の走り方に大きく影響を与えます。

サーフボードの選び方

サーフボード

サーフボードの種類で選ぶ

ロングボード

ロングボードは他のサーフボードに比べて安定感があります。力の少ない女性や、週1回くらいの頻度で海に通うような初心者の方におすすめです。

ファンボード

ファンボードは、ロングボードとショートボードの中間の長さにあり、ロングボードとショートボードの機能の中間をとったようなサーフボードです。ショートボードよりは安定性があり、ロングボードよりは操作性があります。
長さでは、6.5フィート(200cm)〜9フィート(270cm)のものが一般的にファンボードと呼ばれています。

ショートボード

ショートボードは、ロングボードやファンボードに比べ短く、安定性はありませんが、その分サーフボードのクイックやターンの速さは抜群です。中上級者向けのサーフボードで、初めてサーフィンをやる人にとっては、乗りこなすのはかなり難しいでしょう。

長さで選ぶ

自分のスタイルやレベルに合った長さのサーフボードを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか。
基本的には、サーフボードは長くなるほど安定性が増し、短くなるほど機動性が上がると考えてください。

厚みで選ぶ

サーフボードの厚みとは、一般的に中心(センター)の部分の厚みを指し、レールに向かって薄くなっていきます。このセンターの厚みが厚いほど、浮力が大きくなるので初心者には厚みのあるサーフボードが人気でおすすめです。

レールで選ぶ

ボキシーレール(フルレール)

ボキシーレールはレールに厚みがあり、3種類のレール中でも最も浮力があるサーフィンです。レールを水面に入れた時の反発力も高くなるため、ターンの時のに加速力が良いのが特徴です。

ローレール

ローレールは、3種類の中ではレールの厚さが薄い形状で浮力が少ない分、水面にレールを入れやすくコントロール性能が良いのが特徴です。その反面、ターン時のレールを入れた時の加速力はしにくくなります。

ミディアムレール

ミディアムレールは、ボキシーレールとローレールの中間の厚さで、クセのないレールです。オールラウンドなレールといえます。

サーフボードの幅で選ぶ

サーフボードの幅は、広いと安定性と浮力が増しますが、コントロール性が低下します。
サーフィン初心者の方は、サーフボードぼ幅がやや広めのボードを選ぶのがおすすめです。

サーファー向け便利グッズ

サーフボードラック


サーフボードラックを購入することで部屋にサーフボードを収納することができます。
サーフボードラックには、縦置きと横置きタイプがあります。一般的に使用されるラックは縦置きタイプであり、簡単に収納できるメリットがあります。

一方横置きタイプのサーフボードラックの特徴は、生活スペースを圧迫しないことです。また、掃除をする際に邪魔にならないメリットもあります。
横置きタイプはサーフボードを飾る際に利用される割合が高いです。
サーフボードラックの選び方と人気おすすめ10選【縦置きと壁掛け用】

サーフボードハードケース


サーフボードのハードケースの特徴は、バックのような取っ手が付いていることです。そのため、持ち運ぶ際にはハードケースに入れることをおすすめします。

ハードケースで持ち運ぶ際にサーフボードに傷がついてしまうことを予防できます。サーフボードのは大きいため、持ち運ぶ際に周りにぶつけてしまいやすいです。
一度ぶつけてしまうとその傷から腐敗してしまいやすく劣化スピードを加速させてしまいます。サーフボードを持ち運ぶ場合におすすめのケースです。
サーフボードハードケースの選び方人気おすすめ10選!

サーフボードニットケース


ニットケースの特徴は、サーフボードにぴったりフィットさせてカバーをすることができます。そのため、カバーによる摩擦をより軽減することができ、サーフボードに傷ができることを最大限回避することができます。

また、紫外線に触れてしまうことも予防でき、紫外線によるサーフボードの劣化を防ぐことも可能です。
ぴったりフィットさせてカバーすることで風の抵抗を受けにくく、車の上に積んで運ぶ際に適したカバーでもあります。
サーフボードを車で運搬する際におすすめのケースです。
サーフボードニットケースの選び方とおすすめ10選!

サーフボードのブランド別人気おすすめ5選

JS SURFBOARDS(ジェイズサーフボーズ)

JS SURFBOARDSは、世界で3本の指に入ると言われているシェイパーJason Stevensonがチームを率いるブランドです。非常に人気があり有名なブランドで、多くのトッププロにサーフボードを提供しています。
日本にもJS SURFBOARDS JAPANがあり、種類豊富なカスタムオーダーが出来るのが特徴です。


このサーフボードは、特殊な繊維素材で作られており、驚きの軽さとしなやかさを備えています。愛用者も多く、この1本でどんな波の状況にも対応できるオールラウンドタイプなサーフボードなので、初心者の方にも上級者の方にもおすすめです。

RUSTY(ラスティ)

RUSTYは、16歳の時からシェイプを行なっている、オーストラリアのラスティ・プレイゼンドーファーが創業したブランドです。トップサーファーに愛される、軽くて強いアグレッシブなサーフボードづくりを得意としています。


このサーフボードは、やや長さのあるショートボードで、クイックやターンの速さが抜群です。また、厚すぎず、薄すぎないレールなので、コントロール性と操作性を兼ね備えた、毎日海に行かれる方におすすめのサーフボードです。

LOST(ロスト)

LOSTは1992年に設立されたカリフォルニアのサーフブランドです。サーフボードだけでなく、ミュージックやスケートボードなどでも多くのファンを魅了しています。初心者でも使えるイージーなラインから、プロも使うハイクオリティなラインまで幅広く選べるのが特徴です。


このサーフボードは、20年間以上蓄積されたデータをもとに作られており、緻密に計算された高い完成度のサーフボードです。安定性はあまりないショートボードなので、中〜上級者におすすめです。

WEBBER SURFBOARDS (ウェバーサーフボード)

(ウェバーサーフボード)は、独自の理論と伝統的な技術を融合させた、革新的なデザインが魅力のサーフボードブランドです。前進の会社が設立されたのは1983年で、ウェバーサーフボードが設立されたのは1996年です。斬新なアイデアを取り入れたサーフボードが多く個性的な印象ですが、販売されているものはプロのライダーがテストを繰り返し、一般ユーザーでも乗りやすい最適なシェイプなので、どんなスタイルでも使用することができます。


このサーフボードは、中級者以上の方におすすめですが、WEBBER SURFBOARDSのように革新的な乗りこなしがしたい!という方は、あえて挑戦してみてもいいかもしれませんね。

JUSTICE SURFBOARDS(ジャスティスサーフボード)

JUSTICE SURFBOARDSは、1992年に設立された日本のサーフボードブランドです。日本の波にも適応するサーフボード作りがされていますが、アメリカやハワイにも拠点があり世界で通用するブランドとなっています。日本のブランドにこだわる方におすすめです。

ジャスティスサーフボード

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

このサーフボードは、テールが特徴のRED HOTモデルです。
レールはやや厚みを残してあるので、日本の小波のコンディションでも、スピードとキレのあるターンが可能です。レールに厚みがありスピードが出る分、安定性は低くなるので、中級者以上の方におすすめです。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 JS SURF BOARDS JSサーフボードラスティー サーフボードリブテック サーフボードウェーバーサーフボードジャスティスサーフボード
購入先 Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天

自分に合ったサーフボードを選ぼう

サーフボードの種類や部位、選び方の解説とメーカー別の人気おすすめ5選を紹介しました。
この記事を参考に自分に合ったサーフボードを見つけましょう。

サーフボードの売れ筋ランキングを見る

amazon売れ筋ランキング
楽天市場売れ筋ランキング

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。