2019年2月28日

ボクシングのプロテスト徹底解説

ここでは、ボクシングのプロテストについて紹介しています。そのため、プロテストに興味がある人におすすめの内容になっています。

ボクシングのプロテストには体力測定だけではなく、筆記試験も行われるため、座学も行う必要があります。また、健康診断も行われ、健康的な体ではないと合格率が下がってしまいます。

プロテストを受ける前にテストが行われる日程をあらかじめ確認しておき、どのくらいの期間行われるかを把握しておきましょう。

結果内容は年齢によって合格率に影響が出ることもありますが、難易度は決して高いわけではないため、努力をすれば合格することもできます。

ボクシングのプロテストとは

ボクシングのプロテストとは、プロボクサーになるための試験です。他のスポーツの場合は、実績を残したり、チームからスカウトされ契約することでアマからプロに転身することができます。

しかし、 ボクシングの場合はテストに合格しないとプロボクサーになることができません。もちろん、実績も必要となりますが、さまざまな試験をパスする必要があるため、さまざまあるスポーツの中でも試験を受けることでプロになれる珍しいスポーツでもあります。

プロボクサーになることで大きな大会に参加することもでき、より上の舞台に上がることができます。

日程・期間

プロテストが行われる日程は決められているわけではありません。そのため、いつに行われるかは後日知らさせることが一般的です。

プロテストは受講者が一定人数集まった際に運営側からプロテストが行われる日程が知らされます。曜日も決まっているわけではないため、スケジュールを合わせる必要があります。しかし、 運営側から日程が知らされてから数日後に行われることはなく、数週間後に行われる場合が多く、スケジュールを空ける準備時間が十分にあります。

ボクシングのプロテストに費やされる日数は一日だけなため、一日フリーにすることですべての試験を受けることができます。ジムから申し込みを行うため、同じジム人と一緒に受ける可能性が高いため、ある程度リラックスをすることができます。

年齢制限

ボクシングのプロになるためには試験を受ける必要がありますが、誰でも試験を受けることができるわけではありません。

ボクシングのプロテストは年齢制限があり、17歳から34歳までの男女と決められています。受付した際に満34歳ならギリギリ試験を受けることが可能です。できるだけ若いうちにプロボクサーになればそれだけ活躍できる期間を長くすることができるため、20歳前後で試験に受ける人が多いです。

他のスポーツではプロになるための年齢制限が決まっていない場合が多いですが、ボクシングでは決められているため、試験を受ける前に把握しておくことをおすすめします。

健康診断

ボクシングのプロテストの内容の中には健康診断が含まれています。健康診断では特に受講者が行うことはなく、ドクターに任せていれば診断が終了します。やることはないですが、健康診断をパスすることができないと次の試験に移ることができず、その時点で不合格になってしまいます。

そのため、 健康状態に自信がない人はあらかじめ病院で健康診断を受けておくことをおすすめします。健康診断で行われることは、基本的な診断と型肝炎検査、頭部CT 検査などで30歳以上になると頭部MRIに変更されます。体の異常はさまざまな要因からなることが多く、どのような健康的な生活を行っていても病気になることもあります。

健康診断はどのように努力しても短期間で改善することが難しいため、あらかじめ病院で異常が発見された場合は試験を断念して治療に専念することをおすすめします。

筆記

ボクシングのプロテストに筆記があることを知らない人も多くいるのではないでしょうか。筆記があることで不安になる人も多くいますが、 決して難しいことではなく単純なことを記入するだけです。そのため、筆記の合格率はほぼ100パーセントといっても過言ではありません。

筆記で求められることはボクシングの知識ではなく、所属しているジムの名前や自身の名前、尊敬するプロボクサーの名前などで試験とは呼べないような内容になっています。プロテスト内容には筆記と書かれていますが、筆記テストではなくアンケート感覚で挑めば問題ありません。尊敬するプロボクサーの名前の欄には、好きなボクサーの名前を書いても大丈夫ですが、所属しているジムの先輩ボクサーの名前を記入することが多いです。

結果

プロテストの結果はテストを受けた翌日には結果発表が行われます。そのため、比較的早く結果を知ることができ、不安な日々を送らなくて済みます。また、早く結果を知ることができるため、次の行動に移りやすいです。

プロテストの合格発表は運営からジムへ知らされる場合が多く、受講者はトレーナーから結果を知らされることが一般的です。また、ネットでも簡単に結果を知ることができ、個人でも結果を知ることができます。ネットでは、他のジムの受講者の結果も知ることができ、合格率も確認することができます。

難易度・合格率

ボクシングのプロテストの難易度や合格率を知りたい人も多くいるのではないでしょうか。特に、プロテストを受けようとする人はどうしても気になることでもあります。

次に、ボクシングのプロテストの難易度や合格率を紹介します。そのため、受講しようと考えている人は参考にしてください。

プロテストは簡単?

ボクシングのプロテストは難しい印象があり、誰でも合格することができないイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、 プロテストの合格率は約60パーセント前後であり、決して難易度が高いわけではありません。受講者の人数が少なければ合格率100パーセントになることも珍しいことではなく、決してプロになることが高い壁ではありません。もちろん、何も準備をしなくても合格できるほど甘いテストではありませんが、所属しているジムのトレーナーと相談することで合格率を高めることができます。

トレーナーはどのくらいの技量がつけば合格できるかを判断することができ、受講する意思があることを伝えることで、トレーナから合格率を教えてもらうことができます。

まとめ

ボクシングのプロテストに合格することは、一人のボクサーになった証拠でもありますが、まだまだ一人前とは言えない状態です。

プロテストに合格してからボクサーとしての人生が始まるため、入口に立ったにすぎません。ボクサーにとってプロテストに合格することはスタート地点に立つことであるため、まずプロテストを受けて合格することが大切です。

ここでは、ボクシングのプロテストについて詳しく紹介しています。そのため、受講しようと考えている人が参考にすることで、事前に準備をすることができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。