2019年2月26日

【ラグビー】ルール変更について徹底解説

ラグビーの試合を見ていて、ルールが変わっていることに気がついたことはありませんか?実際にラグビーでは、他のスポーツよりも頻繁にルールが変更されています。

そのため「ルールが変わった後に試合の流れも変わった」「なぜこんなにルールが変更されるのだろう」などと思うかもしれません。実は、ゲーム展開や選手のことを考えた理由があるのです。

そこでここでは、ラグビーにおけるルールの変更点や変更される理由について解説していきます。

おすすめ関連記事↓
【徹底解説】ラグビーのポジションについてご説明!

ラグビーのルールについて

ラグビーのルールは難しいと思われている人が多いですが、簡単なルールから覚えていけば試合観戦がとても楽しくなります。
詳しくは下のページをご参考にしてくださいい!!!

おすすめ関連記事↓
意外と簡単?難しいラグビールールのついて徹底解説!時間から点数まで!

ルール変更について

現在世界では、プロアマ問わず様々なスポーツが行われています。 その中でラグビーは、ルールが変更される頻度がたいへん高いのが大きな特徴のスポーツです。

たとえば、トライした後のコンバージョンキックをトライ後90秒以内に行うようにするなど、小さな変更点は多いです。

またトライの得点が5点に増えるなど、試合運びが大きく変わる変更が行われるのも、ラグビーの特徴と言えるでしょう。

なおラグビーでは、北半球と南半球でルールが適用される時期が異なります。2017年8月には北半球で、2018年1月には南半球で試験的なルールの変更がありました。

なんでルール変更が起きるの?

ラグビーでルール変更が起きる理由は、 選手の怪我防止に加え、よりおもしろい試合展開にすることの2点です。

まず、選手の安全を考えたルールに随時変更されます。ラグビーでは、タックルのように衝撃の強いプレーが多いためです。

今までは、怪我などでプレーができないと判断された選手のみ試合中に交代できました。しかし現在では、いつでも交代が可能になっています。

次に、よりおもしろい試合展開ができるようにルールが変わることもポイントでしょう。

方向性としては、攻撃側がより多くの得点が入る流れになっています。

また、ゲームの中断を極力減らして、観戦者が試合を楽しめるようなルールに変更されています。

まとめ

ラグビーでは、他のスポーツではあまり見られない頻度の高さでルールが変更されています。選手の安全確保に加え、よりエキサイティングな試合展開にする理由があるためです。

ルールの変更が多いと、覚えることがたいへんかもしれません。

しかし、選手の怪我が減ることで活躍する機会が増えます。また、試合展開が速くなったり戦術の質が高くなったりすることで、観客の楽しみも増えます。

ぜひルール変更の流れや変更点を知って、ラグビーを楽しんでください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。