2019年2月26日

【ラグビーポジション紹介】スクラムハーフについて

ラグビーのスクラムハーフとは背番号9番でフォワードとバックスのつなぎ役となるポジションです。

また、日本代表の田中史郎選手を見ると分かるように比較的体が小さい選手がつとめることが多いポジションでもあります。

15人の中で最もパスをする回数が多く、高いパススキルが要求されます。

そんなスクラムハーフにはどんな役割があり、どんな練習が必要なのか詳しく解説していきます。

また、スクラムハーフにおすすめのスパイクもご紹介します。

おすすめ関連記事↓
【徹底解説】ラグビーのポジションについてご説明!

スクラムハーフとは

スクラムハーフとは、 スクラム時に両チームの組み合った中間にボールを投げ入れ、そのボールを手で取り出すことを担うポジションです。

場合によってはナンバーエイトが取り出すこともあります。ボールを展開する役目になるので常にボールを追いかけていく必要があります。

そのため、 15人の中で最も走る距離が長く、最もパスをする回数が多くなります。

どんなに走ってもへこたれないスタミナと、素早く正確にパスができるパススキルが重要なポジションです。

試合中の役割

スクラムハーフの試合中の役割はいくつかあります。

まず1つ目は スクラムやラインアウト、ラックからパスを出すことです。

このパスは強いプレッシャーの中で出すことが多いですが、攻撃の軸ともなるとても重要なパスです。そのため、素早く正確なパスが求められます。

2つ目は フォワードの司令塔となることです。

ブレイクダウンでフォワードがボールの争奪戦を繰り広げているすぐ後ろにいることが多いのがスクラムハーフです。

すぐ後ろにいることでフォワードが見えないブレイクダウン周辺の状況を把握することができ、状況に応じてフォワードに指示を出して動かし、相手の隙をつく大事な役割です。

トレーニング

スクラムハーフが行うべきトレーニングは、 まずはより正確に素早く、遠くまで伸びる落ちないパスの練習が必要です。

基本のフォームや体の旋回、体重移動の練習はもちろん、コンパクトなモーションで行うパンチパスの練習もおすすめです。

また、長距離を走り心拍数が上がった状態でパスを出すことも多いため、持久力アップにはインターバルトレーニングがおすすめです。

もちろん、タックルされてもひるまない体づくりも必要ですから、基本のウェイトトレーニングに加えて、先ほどのインターバルトレーニングに仲間をおんぶしたり肩にかついでのダッシュを加えるとより効率の良いトレーニングになります。

おすすめ関連記事↓
【ラグビー】筋トレのメリットとメニューについて徹底解説

体格

スクラムハーフは機動力やスピードに加えて、地面にあるボールを拾ってパスをするため、比較的小柄な選手が多いです。

実際に日本代表の田中史朗選手は身長166cmで、他日本代表スクラムハーフの選手も160cm後半から170cm前半となっています。

また、どの選手も体重は70kg以上あり身長に対してとても筋肉質で、田中選手にいたっては体脂肪率を7%にキープしているとのことです。

しかし、世界にまで視野を広げると180cm代の選手もいます。

大きいことでフォワードに捕まってしまっても対処できたり、積極的にアタックできるというメリットがあります。

しかし、小回りが効かないことや大柄な分体力の消耗が激しく長くプレーできないことから、小柄な選手がスクラムハーフを担うことが多いです。

スクラムハーフにおすすめのスパイク

[ミズノ] ラグビーシューズ サムライスピード SP 2

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ミズノのサムライスピードSP2はスピードを重視したワイドフィットのフラッグシップモデルのスパイクです。

取替え式と固定式のスタッドを組み合わせることで軽量性とグリップ性を高めています。

またアッパー内部に過度な伸びを抑制する繊維を使っていることで、ダッシュやターン時の横ブレを軽減できます。

アディダス] エックス 18.1-ジャパン HG/AG

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アディダスのエックス18.1は軽量化を図ったスピードメッシュアッパーにより異次元のスピードプレーが可能となったサッカースパイクです。

3D成型ヒールで安定したフィット感と、ローカットの履き口が足をしっかり固定して安定性を高めています。

そのため、機敏なスタート・ストップの動きにも貢献してくれます。

ASICS(アシックス)メンズ スパイク メナス3

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アシックスのMENACE3は高速プレーをサポートする人工皮革のスパイクです。

柔軟性とホールド性を両立するハイブリッドシンセティックレザーを使用し、シューズ内でのブレを抑制します。

これによりエネルギーロスを軽減して高速プレーをサポートしてくれます。

おすすめ動画

こちらはスクラムハーフのスーパープレイを集めた映像です。

スクラムハーフを担う選手の足がらいかに速いかが分かります。

また、どの選手が相手からのプレッシャーを切り抜けていけるかを瞬時に判断してパスを出しており、素早い状況判断が得点へと繋がっています。

こちらはニュージーランド代表のアーロン・スミスという選手の好プレーを集めた映像です。

パスはとても素早く、まったくブレのない的確なパスをしています。

また、素早い状況判断で味方からボールを受け取り、インゴールへトライを決めています。

アーロン・スミス選手がスクラムハーフとしていかに素晴らしいプレーをしているかが分かります。

まとめ

ラグビーのスクラムハーフというポジションはフォワードの司令塔となる重要な役割を担うポジションです。

そして、最も多くのパスを出し、ボールを展開していく役割でもあります。

フォワードにしっかりと指示が出来なければ相手に隙を突かれてしまいますし、正確なパスが出せなければ相手にボールを奪われてしまいます。

他ポジションの選手より体格は小さくても、一番長い距離を走り続け、素早い状況判断と動きで得点へとつなげる非常に重要なポジションなのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。