ベンチコート ロングコート おすすめ
2019年2月18日

もう寒くない!ベンチコートの失敗しない選び方&おすすめ8選

ベンチコートはアディダスやプーマなど、様々なスポーツメーカーから発売されており、保温性や軽量性など商品ごとにいろいろな特徴があります。

また、使用するスポーツ場面によっても選ぶべきベンチコートに違いがあります。

そのため、初心者の方は特に、ベンチコートを選ぶ際にどのメーカーのベンチコートを選べば良いのか、迷ってしまうことでしょう。

そこで今回は、Amazon・楽天などの売り上げ上位の商品をご紹介するとともに、「SPOSHIRU編集部が」おすすめするベンチコートをたっぷりとご紹介していきます。

本記事を参考にしていただき、自身に合ったベンチコートを見つけてみてください!

ベンチコートとは


ベンチコートとは、さまざまなスポーツで着用する機会が多い羽織物のことです。主に、冬の季節に着用される場合が多く、実際に競技を行っていない選手が着用していることも多いです。

ベンチコートとはベンチで待機している選手やコーチ・監督の方が着用している割合が高く、保温性が高い特徴もあります。チームでベンチコートを統一することが一般的です。ベンチコートはベンチに座っているときに着用することもありますが、試合会場までの移動の際に着用することも多いです。

ベンチコートの種類

ベンチコートには種類があることを知らない人も多くいるのではないでしょうか。
種類の違いによって着心地やデザインに違いがあらわれる場合が多いです。

次に、ベンチコートの種類を紹介します。そのため、用途に合った種類のベンチコートを選ぶようにしましょう。

ダウンコート

ダウンコートの特徴は、体に密着させることができることです。そのため、 高い保温性を誇っている割合が高く、ベンチコート本来の役割を果たすことができ、多くのスポーツ選手が選んでいる種類でもあります。

しかし、値段か高かったり、デザイン性が乏しいデメリットもあります。

ボアコート

ボアコートの特徴は、ダウンコートとは真逆の特徴があります。
ボアコートは体に密着させることができずらく保温性が乏しいデメリットがあります。

また、ファスナーが取り付けられていない場合もあり、より寒さを感じてしまいがちです。
しかし、 デザイン性に優れている特徴があり、可愛く決めることができます

ベンチコートの選び方

ベンチコート
ベンチコートの選び方を把握しておくことで購入した際に後悔するリスクを下げることができます。ベンチコートは決して安い値段で販売されていないため、手軽に買い替えることができません。次に、ベンチコートの選び方を紹介します。

ベンチコートの選び方を以下の4つのポイントから解説します。

  • 種類
  • 丈の長さ
  • メーカー
  • 値段

種類

ベンチコートを選ぶ際には上記でも紹介したベンチコートの種類から決めることをおすすめします。 種類ごとに特徴が異なるため、用途に合っている種類のベンチコートを選ぶようにしましょう

種類をまず決めることで選び幅を狭めることができ、選ぶ際に悩んでしまうことを軽減することが可能です。 本格的にスポーツを行う際にはダウンタイプのベンチコートを購入するようにしましょう

ベンチコートは男性好みのデザインになっている割合が高く、男性におすすめの種類でもあります。
一方ボアタイプは可愛いデザインが揃っているいるため、レジャー感覚でスポーツを行う女性のおすすめです。

丈の長さ

ベンチコートには丈の長さが長いものもあれば短いものもあります。 基本的に丈が長いベンチコートの方が防寒対策として使用することができるため、丈が長いベンチコートがおすすめです。

特に、野外で行うスポーツの場合は気温の寒さとともに風による寒さも感じてしまいがちです。そのため、長い丈のベンチコートを着用することで上半身だけではなく、下半身の防寒対策も行うことができます。

丈が短いベンチコートは秋先の肌寒くなった際や、室内で行うスポーツにおすすめのベンチコートです。

メーカー

ベンチコートはさまざまなメーカーが販売しており、メーカーごとに特徴が異なる場合が多いです。そのため、 メーカーごとの特徴を把握することで購入した後に後悔することをなくすことができます

主にスポーツメーカーが販売している割合が高く、スポーツ用具と統一させることも可能です。メーカーを統一させることでおしゃれに決めることができ、おしゃれにスポーツを行いたい人におすすめの選び方でもあります。

機能性に優れているメーカーを選ぶことで快適に着用することができます。

値段

上記でも紹介しましたが、ベンチコートの値段は決して安いものではありません。 8000から20000円することも一般的であり、それ以上高価なベンチコートも販売されています

ベンチコートは個人で購入する場合もありますが、チームで購入する場合もあります。個人で購入する場合は財布事情と相談して購入することができますが、チームで購入する際は着用することが決まっている選手と相談することをおすすめします。

複数枚で購入するため、10万円は簡単に越してしまいます。

ベンチコートのおすすめ5選

ベンチコートを購入する際にどのようなベンチコートがおすすめなのかわからない人も多くいるのではないでしょうか。
決して安い買い物ではないため、より慎重になる傾向があります。

次に、おすすめのベンチコート5選を紹介しています。

SD18C01の詳細情報

カラー ブラック
サイズ 身長 170-180cm チェスト 94-98cm
素材 ポリエステル

水泳選手におすすめ

SD18C01はスピードのメーカーは開発・販売を行っているため、 水泳選手にベンチコートとしておすすめです。スピードは競泳に関する商品を多く販売しているため、水泳選手が着用することで統一感を出すことができます。

クッション性に加え、ストレッチ性にも優れているため、ベンチコート特有の動きにくさがありません。そのため、ウォーミングアップを行う際にベンチコートを着たまま体を温めることができます。

形態回復の機能も備わっているため、型崩れしにくい作りになっています。

C3-LS610の詳細情報

カラー ブラック
サイズ FREE
素材 ナイロン

ボアで保温性抜群

C3-LS610の特徴は裏地にボアが取り付けられていることです。そのため、 体温を効率よく高めることができ、寒い季節でも温かくすることができます

フードが取り付けられているため、体だけではなく頭も温かくすることができます。フードは簡単に取り外しすることができ、季節や用途に合わせて取り外すこともできます。

前部分をボタンで留める設計になっていることで、ファスナーのような壊れにくく長い間愛用することができます。全体的に耐久性に優れている特徴があり、傷などが付きにくいです。

00230-ABCの詳細情報

カラー ブラック
サイズ 150 肩幅:48cm 袖丈:51cm バスト:110cm ヒップ:104cm 着丈:93cm
素材 表地(ポリエステル 100%)裏地(ポリエステル 100%)中わた(ポリエステル 100%)

カラーバリエーションが豊富

00230-ABCの特徴は、さまざまなカラーが用意されていることです。ベンチコートはさまざまな種類がありますが、カラーの幅が狭くブラックなど暗めの色が採用されている割合が高いです。そのため、おしゃれアイテムとして着用することが難しいです。

しかし、00230-ABCでは多くのカラーがあり、好みのカラーのベンチコートを見つけることも可能です。明るいカラーもあるため、女性やスポーツをおしゃれにしたい人におすすめのベンチコートでもあります。

DUW11の詳細情報

カラー カレッジネイビー/アイシーピンク F17
サイズ 身長155-165cm、チェスト76-84cm、ウエスト62-70 cm
素材 ポリエステル

撥水効果に特化したベンチコート

DUW11は防寒対策として着用することもできますが、高い撥水性があるため、水に濡れやすいスポーツにおすすめのベンチコートでもあります。
蓮の葉の繊維の技術が取り入れられていることで水を弾くことに優れています。

雨や水しぶきで濡れることがなく、体温が奪われることもありません。防水ではなく撥水であるため、周りの物が濡れてしまうこともありません。
また、最先端の技術も取り入れられていることで快適性に優れている特徴もあり、着心地がよい仕上がりになっています。

XA735Nの詳細情報

カラー ブラック
サイズ XS(157~163cm), S(162~168cm), M(167~173cm), L(172~178cm), XL(177~183cm), XXL(182~188cm), XXXL(187~193cm), 4XL(192~198cm)
素材 ポリエステル

デザイン性に優れている

XA735Nはデザイン性に優れている特徴があります。ベンチコートは無地な場合が多いですが、XA735Nはラインがプリントされていおるため、おしゃれに決めることができます。

周りの選手もベンチコートを着用している割合が高く、区別することが難しいです。しかし、ラインが入っているベンチコートならすぐに見つけることができ、チームの居場所を確認することができます。

中綿になっていることで保温性に優れている特徴もあり、防寒対策とともにオシャレ度も高めることができます

ジュニア用ベンチコートのおすすめ3選

ベンチコートを購入する際にジュニアにはジュニア用のベンチコートを購入する必要があります。
ジュニアに大人のベンチコートを購入してしまうとサイズが合わないことはもちろんですが、裾を引きずってしまいます。

次に、ジュニア用のベンチコートを紹介します。

[プーマ] サッカーウェア ベンチコート

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

[プーマ] サッカーウェア ベンチコート の詳細情報

カラー ニューネイビー
サイズ 110 肩幅:34cm 袖丈:38.5cm 身幅:43cm 着丈:79cm
素材 ポリエステル

サッカーにおすすめ

プーマ サッカーウェア ベンチコートはサッカーで有名なメーカーであるプーマが販売しているベンチコートであるため、 サッカーを行っているジュニアにおすすめです。プーマの用具を身につけている割合も高く、コーデしやすいメリットがあります。

また、 防風対策が行われており、風が強くても中まで風を通さない仕組みになっています。サッカーは屋外で行われる確率が高いため、サッカー選手のために作られたベンチコートでもあります。
着用したまま運動しても蒸れない通気性も備わっているため、快適に着用することが可能です。

スボルメ(Svolme) ジュニア用 子供用 中綿ベンチコート

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

スボルメ(Svolme) ジュニア用 子供用 中綿ベンチコート の詳細情報

カラー ネイビー
サイズ
素材

ファスナー付きポケットで貴重品も収納できる

スボルメ(Svolme) ジュニア用 子供用 中綿ベンチコート は 中綿が入れられていることで保温効果が高い特徴があります
また、ポケットにはファスナーが取り付けられているため、ポケットの中に入れたものがなくなってしまうことがありません。

ベンチコートにポケットが取り付けられていることは珍しいことではありませんが、ファスナーが取り付けられているベンチコートは少ないです。
ポケットにはさまざまな物を入れる場合がありますが、脱いだ瞬間にポケットから出てしまうこともあります。ファスナーでしっかり閉じることでポケット内から収納物が出てしまうことをなくせます。

A.D.ONE ジュニア ベンチコート

Amazonで詳細を見る

A.D.ONE ジュニア ベンチコート の詳細情報

カラー ネイビー
サイズ 140cm
素材 ポリエステル

子供用のロングコート

A.D.ONE ジュニア ベンチコートは子供用のロングコートに仕上がっているため、膝もとまで丈があります。子供の中にはロングコートを着ることがカッコよいと考えている場合もあり、そのような子供にはおすすめのベンチコートです。

膝まで丈があるため、防寒対策としても役割を果たすことができ、寒い季節や風が強い日におすすめです。
デザインはシンプルに仕上がっていることで男の子だけではなく、女の子でも着用することができます。 スポーツを行う人はもちろんですが、スポーツ観戦を行う人にもおすすめのベンチコートです

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 SD18C01C3-LS61000230-ABCDUW11XA735N[プーマ] サッカーウェア ベンチコート スボルメ(Svolme) ジュニア用 子供用 中綿ベンチコート A.D.ONE ジュニア ベンチコート
購入先 AmazonAmazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon

まとめ

ベンチコートの失敗しない選び方とおすすめ商品をご紹介してきましたが、いかかでしたか?

ベンチコートと一口に言っても、様々な種類や特徴を持ったものがあります。

自身のレベルや目的に合わせ、より寒い日でもスポーツがが楽しめるベンチコートを探してみてください!

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。