街乗り ロードバイク
2018年12月8日

街乗りクロスバイクの選び方解説と人気おすすめ10選紹介!通勤・通学のおともに!

この記事では街乗りにおすすめなクロスバイクの選び方の解説からスポシル編集部が厳選した人気クロスバイク10選を紹介していきます!
通勤・通学にクロスバイクを使いたい方、趣味として一台持っておきたいとお考えの方、バイク初心者から上級者まで参考になるかと思います。
クロスバイクの特徴や簡単なメンテナンス方法、バイクに乗る際の注意点など細かい部分まで丁寧に説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

クロスバイクが街乗りにおすすめな理由

街中で見かけるおしゃれなクロスバイク。最近ではかなり多く見かけませんか?
実は趣味だけでなく通勤で使っている人も多く、街乗りにもクロスバイクは最適です。
スタイリッシュでかっこいいクロスバイクは、スポーツ自転車にイメージであまり乗る勇気がない方もいらっしゃるかもしれませんが、街で乗りたくなるようなクロスバイクのおすすめな点を見てみましょう!

十分な速さ

普通の自転車との大きな違いは、速さです。普段のように漕ぐだけで時速25~30㎞のスピードが出ます。ママチャリや自転車ですと頑張っても時速15㎞程なので、かなり速いことがわかりますよね。短い距離なら車を使うより楽に移動できますし、3駅ほどなら楽にクロスバイクで通勤している方も多いです。

スピードが早いことによってスムーズに通勤できますし、車や電車などのストレスがなくなり快適に過ごすことができます。通勤にかかる時間もかなり短縮されますので、朝が弱い方にもおすすめです。

軽さ

自転車は手で持ち上げたり、移動させることに不便を覚える方も多いですが、クロスバイクはかなり軽量なので楽に持ち運ぶことが可能です。重さはバイクによって変わりますが、ママチャリの半分ほどの重さのものが多い傾向にあります。

軽ければ軽いほど坂道が楽だったり、スムーズにスピードが加速していきます。また、漕ぎだす力が少なく済みますが、砂利道やあまり良くない道を走ることが多く安定を求める方は、ある程度重量のあるものをおすすめします。

メンテナンス・カスタマイズが気軽にできる

毎日通勤や通学、趣味などで使用するとやはり汚れがついたり、メンテナンスが必要になります。空気入れなどのメンテナンスは基本ですが、クロスバイクは工具を使うことなくタイヤを取り外したり、ハンドルなども分解できるため簡単にメンテナンスすることができます。

パーツも簡単に取り外せるため、クロスバイクに慣れてきた方や趣味にしている方は自分好みのデザインにカスタマイズしている方も多いです。自転車を気軽にカスタマイズできるのは、クロスバイクの特権ですね!

街乗りクロスバイクの失敗しない選び方!

どんな基準でクロスバイクを選べばいいのか迷っている方は多いと思います!
そんな方たちのために分かりやすく、押さえておきたい選び方をまとめました。

フレーム素材で選ぶ!


フレーム素材によって金額も強度も大きく変わってきます。フレームによって重量も変わってきます。

一番安くて重い、鉄。鉄より軽いが強度が弱い、アルミ。
かなり丈夫だが少し値がはるクロモリ。軽さで選ぶならこれだが、値段がかなり高いカーボン。

自分の目安の予算や、重視したいところをしっかり擦り合わせて、ベストな素材を選ぶようにしましょう。

重量で選ぶ!

冒頭でもお話ししたように、軽ければ軽いほど余計な力を加えずに乗りこなすことができます。10㎏以下だと軽い目安と言われていますが、パーツや素材によってはさらに軽いバイクも存在します。

よりスピードを重視したい方に限らず、持ち上げる回数が多かったり、あまり力の無い女性は軽いデザインのものを選ぶとより扱いやすいのではないでしょうか。

また、走行中の安定性を重視したい方やバランスを取るのが苦手な方、初心者でまだ慣れずに恐怖心がある方は少しだけ重量が重いものでもいいかもしれません。

カスタムのしやすさで選ぶ!

クロスバイクの特徴でもあるカスタムですが、バイクのデザインによってカスタムの仕方も変わってきます。簡単なカスタムだとステッカーを張ったり、ライトを変えたりする方も多いです。

こだわりが強くなるとさらにカスタムにも力が入る方も多いです。自分のお気に入りのバイクは自分だけのこだわりのバイクにしたいですよね。アクセサリーを取り付けたり、サドルバッグやボトルゲージ、スタンドなどさらに取り付ける場合には、工具や知識も必要になります。

タイヤで選ぶ!

走る上で最も重要なパーツで、タイヤの太さや大きさでも走りに大きく関係してきます。

ホイールが大きいと漕ぎ出しは遅くなりますが、スピードは維持しやすいです。
ホイールが小さいと漕ぎ出しは早くなり、スピード維持は難しくなります。

タイヤの幅が広いとスピードは出にくいですが、安定性が高くなります。
タイヤの幅が狭いとスピードは出ますが、安定させるのが難しいです。

この特徴を上手に把握して、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

ギアで選ぶ!

クロスバイクのギアは大きく2タイプに別れています。見分け方は、ギアの数に注目しましょう。ギアが2枚場合は、ロードバイク型。ギアが3枚の場合はマウンテンバイク型のモデルになっています。

特徴としては、ロードバイク型は軽く、少しの力でも速さを出すことができます。マウンテンバイク型は、急な坂道など急斜面を走るときに必要になるギアとして3枚目がついています。速く軽く走ることが街乗りに大切なポイントなので、ロードバイク型をおすすめします。ギアを見分けることでかなりバイクを選ぶポイントを絞ることができます。

サスペンションで選ぶ!

サスペンションの機能は、あまり舗装されていない道や砂利道など、安定しない道でタイヤのコントロールが難しい場合、タイヤをなるべく地面に着けておくような役割を果たしてくれます。

かなり値段が高く、メンテナンスなどの手入れも難しいことにプラスして、普段の走っている道路などではあまり使用しないため、街乗りでは必要ないかもしれません。ですが、趣味にしたい方や本格的にレースに参加したい方などは検討してみてもいいかも知れません。

街乗りクロスバイクの人気おすすめメーカーを紹介!

趣味やレースなどの大会に限らず、通勤などの目的でクロスバイクを乗っている人が多くなってきています。おしゃれなバイクで、スタイリッシュに乗っている方も多いだけでなく、かなり便利に使いこなすことも可能です。

今日は、おすすめのクロスバイクやおすすめメーカーをご紹介していきます。

カノーバー

オオトモという会社から展開されている自転車ブランドで、コストパフォーマンスが良いことやデザインの種類が豊富なこと、軽量が特徴です。シンプルでスタイリッシュなデザインも人気の理由です。初心者の方でも低価格なため手が出しやすいですが、性能の高さを求める方にはあまりおすすめできません。

毎日の通勤などで耐久性が高いものを探している方は、カノーバーの中でも少し値段が高いものを見てみるようにしましょう。クロスバイクには珍しいディスクブレーキを搭載しているモデルもあり、様々なタイプが用意されています。

ネクスタイル

こちらもカノーバーと同じオオトモから展開されているブランドです。カノーバーもネクスタイルも製造のみを中国で行うことで価格を低く保っています。低価格、ディスクブレーキ搭載で制御力の強さ、そして軽量が特徴です。標準装備もされており、コストパフォーマンスが良いと人気です。

初心者でも使いやすいバイクが多く、カノーバーよりもかなり低価格です。本格的なクロスバイクを探している方には少し普通の自転車よりのものもあるので強くおすすめしませんが、通勤のみやデザインをかっこいいものを探している方は挑戦してみてもいいかもしれません。

アニマート

こちらもリーズナブルな価格設定で人気のブランドですが、低価格でも品質が良いと評判のブランドです。上記2つ同様、設計を日本で行い、中国で生産することによって価格を抑えていますが、品質や耐久性は高いと評判です。

有名ブランドのSHIMANOのギアなどアイテムを搭載しているモデルもあるので、故障してしまった場合やメンテナンスなども自分で簡単に商品を見つけたり、交換することも可能です。
交換が苦手な方や初心者でも、大体のお店にアイテムが揃っていると何かあったとき安心ですよね。

有名ブランドでなくてもOK!

かなり多くのブランドの中でも、有名ブランドや昔ながらのブランドがありますが、有名ブランドでなくても確かな品質、安定感を持ったクロスバイクは沢山あります。
価格やデザインはブランドによって違うモデルもありますが、しっかりと自分の体に合ったものを選ぶことで快適に乗ることができます。

十分な性能

街乗りの場合、必要な性能と不必要な性能がありますよね。例えば、軽量や安定感。軽く漕ぐだけでスピードが出せることは必要ですが、急斜面を走るときに必要な余分なギアやサスペンションはあまり必要ないかもしれません。

有名ブランドでなくても、自分が必要としている性能を十分満たすことは可能です。それに伴って、選ぶ幅も価格帯も変わってきますが、自分の必要とするものだけを探すことで無駄の無いバイクを見つけることができます。

豊富なデザイン

有名ブランドでも街乗りできるデザインが販売されていますが、その他のブランドでもかなり多くのデザインが販売されてます。ブランドによっても街乗り用とスポーツ用の基準や形、デザインが少しずれている可能性があるのでしっかり見極めることが大切です。

また、色なども自分の好きな配色やバイクのパーツの形など、ブランドにこだわらず自分の好きなものをしっかり見てから決定した方が、大切な1台になるのではないでしょうか。沢山のバイクがあって全てを見ることは難しいですが、ブランドにこだわらずデザインをこだわって選ぶのもおすすめですよ。

街乗りにヘルメットは必要か?

大会ではなく、街でのサイクリングにおいてヘルメットは必要ですか?
必要ないと言う方もいるでしょう。着用することが義務付けられていないので個人の自由ですが、街乗りでもヘルメットは予想外の事故や転倒からあなたを守るために、とても必要なアイテムです。

ダサくもないし、むしろ安心感を与える

ヘルメットを被りたくないと主張する方の中には、「ダサい」という理由を持つ方が多くいらっしゃいますが、最近では様々なデザインが増えており、被っていることは全くダサくありません。

被っていることによって、バイクに乗っている自分自身も、他のロード乗りにも安心感を持つことができます。
万が一、事故に遭ってしまった場合、ヘルメット無しの頭部を打ち付けたなら大変なことになりますよね。バイクの事故も起きないわけではありません。自分の安全、家族への安心感のためにもヘルメットを着用しましょう。

コンパクトサイズで荷物にならない

ヘルメットと言えば、大きく邪魔になるイメージですが、最近のヘルメットはかなりコンパクトサイズのものも販売されています。
コンパクトタイプは、見た目もかなりスタイリッシュでバイクで通勤している方にも人気のあるデザインです。

コンパクトサイズなら頭でっかちに見えることもありませんし、収納にも便利です。
中には折り畳めるサイズもあるようです。自分の走るシチュエーションによって使い分けてもいいかもしれませんね。

クロスバイクの洗車方法

汚れがたまりやすいクロスバイクの正しい洗車方法をご存じですか?
定期的に洗車することは、常にきれいなバイクで走ることができるためだけでなく、バイクを長く使い続けるためにもとても重要です。
洗い方やメンテナンスのことを少しおさらいしてみましょう!

専用洗剤で拭く

バイクは濡らしてはいけない部分があるため、必ず拭き掃除をし、水をかけないようにしましょう。そして、バイクを痛ませないように専用の洗剤で拭くことが重要です。

洗剤も万能型や、強い汚れを落とすことのできる最強型、速乾型など種類がありますが、自分の扱いやすいものを選ぶようにしましょう。車や普通の自転車と違い、かなり繊細なバイクだからこそ、丁寧に拭くようにしましょう。

水分をふき取る

洗剤で拭き掃除をした後は、水分をふき取ります。
水をかけているわけではなく、雑巾やウエスに洗剤や水をつけて掃除しているので、びっしょり濡れていることはありませんが、ピカピカに仕上げたい方や、錆の原因を最小限に抑えたい方、メンテナンスに時間を割くことができる方はふき取ることをおすすめします。

どうしても時間があまり割けない方は、自然乾燥でも汚れが落ちていれば腐食が進むことは少ないです。

パーツの交換時期を把握しておく

快適に乗り続けるためには、洗車だけではなくパーツのメンテナンスも大きく関係してきます。タイヤの空気などは日常的に気にかける方も多いですが、余裕のある方はパーツの交換時期を把握して常に、コンディションのよい状態のバイクにしておきましょう。

ブレーキシューの交換

ブレーキによってかなり摩擦の影響を受けているパーツです。月に1回は必ず点検するようにしましょう。ブレーキシューには溝があり、その溝が深くなると取り替えの目安になります。

取り返せずに使い続けるとタイヤのホイールを傷つけてしまったり、走行中の安全を管理する上でもよくありません。また、溝が偏って削れてしまっている場合は、左右を合わせるためにやすりなどで削っておきましょう。

時間のない方は、後輪よりも前輪の方が早く減ってしまうので前輪を目安にメンテナンスするなど工夫しましょう。

タイヤの交換

タイヤはパンクだけでなく、日光の影響や走っている状態によっても劣化してしまいます。また、乗らなかっただけでもひびが入ってしまうので、久しぶりに乗る方は必ず点検するようにしてください。

いつも乗り続けている方は、1年に1回の目安で点検しましょう。
また、タイヤの溝がすり減っているとグリップ力が落ち、滑る原因にもなります。
ひびが入ってしまっている場合や破片が刺さっている場合はすぐに交換しますが、まだ1年経っていなくても減りが激しい場合は交換するようにしましょう。タイヤとチューブはセットで交換します。

チューブの交換

先ほどタイヤとセットで交換するようにお話ししたチューブですが、実はタイヤよりも交換する回数は多いパーツです。空気が抜けていくスピードが早かったり、パンクを繰り返してしまう場合は、チューブが原因の可能性が高く交換の目安でもあります。

少ない方でも年に1回は交換する方が多いですが、できる方は常に予備をバッグやサドルに入れておくことをおすすめします。

選ぶ際も、必ずタイヤの大きさと同じ大きさか、現在しようしているバルブの高さと同じものかをチェックするようにしてください。

安全に走ろう!

クロスバイク人気が加速していますが、これから始める方やすでに乗っている方も安全に走るためには、どんなところに気を配ることが重要でしょうか。当たり前に気を付けていることかもしれませんが、今一度一緒に確認してみましょう!

しっかり車道を走ろう

クロスバイクで走る際には、必ず車道を走りましょう。車と同じ向きで左側を走るのが鉄則ですが、道路やその時の車やバスの状況によっても、判断が必要になるので注意しながら走りましょう。

かなりスピードが出やすいクロスバイクは歩道を走っていると、かなり危険で事故を起こす可能性も高くなってしまいます。普通の自転車とは少し違うことを頭にいれて、乗るときは必ず車道を走るようにしてください。

車道を走るのが怖い方も多いですが、クロスバイクは自動車と同じ扱いになるのでヘルメットなどしっかり体を守るものを身につけて安全に車道を走りましょう。

スリップ注意

普通のバイクも多いようにロードバイク、クロスバイクも雨の日はスリップしやすいです。細いタイヤを使用している方は、より滑りやすいです。雨の日は乗らない方がいいのですが、通勤や通学となると乗らなければならない人も多いですよね。

そんな方は滑りやすいところを避けるようにしましょう。スピードを出しすぎないようにし、いつでも止まり準備をしておくことやタイヤを太いものを使う工夫をすることも大切ですが、側溝の蓋やマンホールなどは避けるようにしましょう。

段差に注意

クロスバイクはタイヤが細く、空気圧が高いため普通の自転車では簡単に通ることのできる段差が注意が必要になります。スピードを落としたり、体重を掛けないようにして通ることが基本です。

正面から通ることや斜めに通ることもしないようにしましょう。衝撃に弱いクロスバイクのタイヤは、無理して乗り越えようとするとフレームやホイールにダメージがかかってしまいます。ひどい場合には衝撃を吸収しきれずパンクしてしまう可能性も十分に考えられるので段差は通らないようにするか、かなり気を付けながら通るようにしましょう。

街乗りクロスバイク人気おすすめ10選!

編集部がおすすめする街乗りクロスバイクをまとめました!
なにを選べばいいのか迷っている方は、以下のバイクを選んでおけば間違いありません。
ぜひ参考にしてみてください。

NEXTYLE(ネクスタイル)の人気おすすめクロスバイク

NEXTYLE(ネクスタイル) 700Cクロスバイク シマノ製21段変速 NX-7021 前後フェンダー付き

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

NEXTYLE(ネクスタイル) 700Cクロスバイク シマノ製21段変速 NX-7021 前後フェンダー付きは、21段も変速することが可能で、急な坂道でも楽々走行することができます。また、坂道だけではなく状況に合わせて変速することで疲れにくく、長時間走行することも可能です。そのため、平坦な道だけではなく、さまざまな道を走行する人におすすめのクロスバイクです。フレームのカラーも多く用意されていて、フレームのカラーに合わせてタイヤのカラーも変えているため、おしゃれなクロスバイクに仕上がっています。

NEXTYLE(ネクスタイル)700Cクロスバイク アルミフレーム シマノ7段変速 ディープリム 前輪クリックリリースNEXTYLE CNX-7006

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

NEXTYLE(ネクスタイル)700Cクロスバイク アルミフレームは大迫力のディープリムが特徴的なクロスバイクです。ディープリムが太いため、安定した走りをすることができ、通勤や通学、特別なイベントまでさまざまな用途で使用することができます。スタイリッシュなフランクカバーが取り付けられているため、走行している時にスボンの裾が巻き込まれることを予防できます。安全か快適に走行することができ、衣服を制限されないクロスバイクでもあります。

CANOVER(カノーバー)の人気おすすめクロスバイク

CANOVER(カノーバー) クロスバイク 700C シマノ21段変速 CAC-025 (NYMPH) ディープリム グリップシフト フロントLEDライト付

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

CANOVER(カノーバー) クロスバイク 700Cは、オリジナルのサドルが取り付けられているクロスバイクです。メーカー名が印刷されており、見た目もスタイリッシュなデザインに加え、座り心地もよいため、長時間走行してもお尻が痛くなりません。また、駐輪している時に転倒することを予防できるスタンドが取り付けられていることで、駐輪している間に転倒することを予防することができます。転倒した際に傷が付くことを回避することができ、いつまでも綺麗に使用することができます。

CANOVER(カノーバー) クロスバイク 700C シマノ21段変速 適応身長:160cm以上 CAC-024 (HEBE) ディープリム クロモリフレーム フロントLEDライト付

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

CANOVER(カノーバー) クロスバイク 700C シマノ21段変速 CAC-024は、各所にロゴが印刷されており、スタイリッシュな見た目に仕上がっています。ロゴは小さく印刷されているため、クロスバイクをアレンジしやすいです。ハンドル部分を身長に合わせて高さを調整することができ、さまざまな身長の人でも快適に走行することができます。今まで身長のせいで自分に合ったクロスバイクと出会うことができていないひとにおすすめのクロスバイクです。

CANOVER(カノーバー) クロスバイク 700C シマノ21段変速 CAC-023 (NAIAD) ディープリム アルミフレーム フロントLEDライト付

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

CANOVER(カノーバー) クロスバイク 700C シマノ21段変速 CAC-023は、90㎜のディープリムが取り付けられているため、一見目立つ外見です。そのため、走行中に周りの人からの注目を浴びたい人におすすめのクロスバイクです。ディープリムが90㎜あることで、高速走行中に安定感を得ることができます。ディークリムが細いと高速走行した際に転倒してしまう危険性があります。高速走行することに恐怖感や安定感がない場合におすすめのクロスバイクでもあります。

CANOVER(カノーバー) クロスバイク 700C シマノ21段変速 CAC-021 (VENUS) 特殊加工 アルミフレーム フロントLEDライト付

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

CANOVER(カノーバー) クロスバイク 700C シマノ21段変速 CAC-021は、熟練した職人が溶接しているため、見た目だけではなく強度も高く仕上がっています。そのため、高い強度とデザイン性があるクロスバイクでもあります。一般的なクロスバイクでも溶接作業は欠かせない手順ですが、溶接した後が残っている場合があります。しかし、CANOVER(カノーバー) クロスバイク 700C シマノ21段変速 CAC-021は溶接後に綺麗に研磨しているため、溶接した後を見分けることができないくらい完成度が高いです。

ANIMATO(アニマート)の人気おすすめクロスバイク

ANIMATO(アニマート) クロスバイク VIENTO(ヴィエント) 700C ホワイト シマノ7段変速 A-1

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ANIMATO(アニマート) クロスバイク VIENTO(ヴィエント) 700C ホワイトは、リーズナブルな値段で購入することができるため、クロスバイクを始めようと考えている人におすすめです。リーズナブルな値段で購入でき、高性能なクロスバイクに仕上がっているため、安心して走行することができます。前輪にはクイックリリースハブが採用されていることで工具なしでタイヤを交換することができます。タイヤを手軽に交換することができ、交換するための工具を購入する必要もなく、お手入れにお金がかからないクロスバイクでもあります。

ANIMATO(アニマート) クロスバイク VIENTO(ヴィエント) 700C マットブラック シマノ7段変速 A-1

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ANIMATO(アニマート) クロスバイク VIENTO(ヴィエント) 700C マットブラック シマノ7段変速 A-1は、上記で紹介したカラー違いのクロスバイクです。上記で紹介したホワイトはきちんと手入れすればいつまでも綺麗なホワイトを維持することができますが、手入れをしないと汚れが目立ってしまうデメリットがあります。一方、 ANIMATO(アニマート) クロスバイク VIENTO(ヴィエント) 700C マットブラック シマノ7段変速 A-1はブラックのカラーなため、汚れが目立ちにくいです。また、普通のブラックではなく、マット加工されたブラックであるため、反射しない特徴があります。

LIG(リグ)の人気おすすめクロスバイク

LIG(リグ) クロスバイク 700C シマノ6段変速[サムシフター] 前輪クイックリリース 前後キャリパーブレーキ LIG MOVE

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

LIG(リグ) クロスバイク 700Cはフレームがあるみで作られていることで、軽量化されているクロスバイクです。そのため、収納する際や移動する際に手軽に行うことができ、力が弱い女性の方でも苦労なく扱うことができます。また、前後のリムのカラーが異なるデザインなため、走行している最中もおしゃれに決めることができます。クロスバイクは走行している最中におしゃれ感を出すことは難しいですが、前後のリムのカラーが違うことで走行中でもおしゃれ感を出すことができます。

CORVETTE(コルベット)の人気おすすめクロスバイク

CORVETTE(コルベット) AL-CRB7006 700c クロスバイク 軽量アルミフレーム シマノ6段変速

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

CORVETTE(コルベット) AL-CRB7006 700cは軽量化されていることで、誰でも手軽に走行することができます。また、リムが赤色にすることでデザイン性も高い仕上がりになっています。クロスバイク自体は黒を主体にカラーリングされていますが、リムが赤色なため、走行している間でもおしゃれ感を出すことが可能です。リーズナブルな値段で購入することもでき、クロスバイクの初心者から上級者まで安全かつ快適に使用することができます。また、リムの赤色は特別な塗装がしているため、長期間使用してもリムが変色したり、光沢がなくなることを予防できます。

まとめ

クロスバイクはどんな特徴があるのか、どのクロスバイクがおすすめなのか、買った後のメンテナンスはどんな感じなのかについてイメージを持てましたでしょうか。
今回紹介しているクロスバイクはクロスバイク初心者から上級者まで多くの方が愛用しているものなので、最初の一台としては間違いないです。これを機にクロスバイクで街乗りを楽しんでみてはいかがでしょうか!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。