2019年1月18日

足底筋膜炎におすすめのテーピングを徹底解説!テーピングの巻き方や効果も紹介!

今回は足底筋膜炎の対策を考えている人に知ってほしい「テーピング」について紹介をしていきます。
スポーツをしている人なら1度はテーピングを巻いた経験がある人もいることでしょう。

もちろん、テーピングを巻いた経験がない人でもわかるようにテーピングの巻き方や選び際のポイント・おすすめのテーピングなども紹介をしていきます。
この記事を最後まで読み、足底筋膜炎の対策に役立ててください。

おすすめ関連記事↓
【2018年最新版】インソールの最強おすすめ42選!ランキング形式でご紹介!

足底筋膜炎とは

足底筋膜炎 インソール
足底筋膜炎とは、足底筋膜とかかとの骨の付着部に異常をきたし痛みが発生する症状です。
足底筋膜はかかとの骨から足裏前方までつながっている5つの繊維組織帯のことで、スポーツに限らず歩行時などでも重要な役割を果たします。

足のアーチ形状を維持する働きは特に重要で、足底筋膜に異常が発生するとアーチが行う衝撃の吸収やバランス維持の役割にも支障をきたしてしまいます。
足底筋膜炎はマラソン競技者のように、足裏に繰り返し強い圧力や刺激、負担を与え続けると発症する傾向にあります。
痛みの原因は負荷を与え続けることで足底筋膜を形成するコラーゲンが損傷する場合や、足底筋膜が硬くなり炎症を引き起こす場合などが挙げられます。

足底筋膜炎の原因と症状

足底筋膜炎 インソール
足底筋膜炎を発症する原因は、足底筋膜への過度な負担です。
例えば、マラソンのようにランニングを継続的に行っていたり、バスケットボールやバレーボールのようにジャンプを繰り返し行うようなスポーツを行っていたりなど、足底筋膜に相当の負担を強いている方は発症リスクが高いです。

このようにランニングやジャンプで繰り返し負荷をかけすぎると足底筋膜が正常な状態を維持できなくなり、微小断裂を引き起こしたり、炎症を発症したりすることで痛みが発生します。

この痛みが足底筋膜炎の症状ですが、かかと骨との接点にあたる部分にまず痛みを発症します。次にアーチ部分にも痛みを生じるようになります。
安静にしていれば痛みを感じませんが、動きはじめると足底筋膜を刺激するため痛みが生じます。
そのため、最も痛みを感じやすいのは朝起きた時や練習開始時です。しばらく動き続けることで痛みが軽減する傾向にありますが、症状が軽いうちに対策を講じた方がよいでしょう。

足底筋膜炎が悪化するとどうなるの?

足底筋膜炎 インソール
足底筋膜炎が悪化すると、当然ながら痛みが増してきます。
初期は朝起きたときやトレーニング開始時だけなど、動き出しの時に痛みを生じ徐々に軽減していきます。
ただし、立ち仕事や歩行を長時間続けると疼くような痛みが増し、足のアーチを使う階段の上り下りやつま先立ちなどの動作も苦痛になってきます。

痛みが発生するのは、かかとの内側がほとんどで、刺すような痛みを伴うのも特徴の一つです。
ひどい痛みの時は足を地面につけることができないくらい激しい痛みを生じます。さらに、つま先の甲を曲げたときやかかと部分を押しただけでも強く、激しい痛みを生じることもあります。

足底筋膜炎は痛みだけでなく骨にも悪影響をおよぼす可能性もあります。初期には足底筋膜とかかと骨がくっついている部分に微小外傷が現れるだけですが、症状が長く続くと石灰化や骨化のような変化を確認できるようになり、レントゲンで撮影すると骨棘という骨のトゲが発生し骨の変形も引き起こします。

足底筋膜炎の治し方

扁平足 インソール
足底筋膜炎を発症した場合、まず優先すべきことは足底筋膜の安静です。
繰り返し強い衝撃を与え続けたのが主な原因ですので、トレーニングを控え過度な刺激を与え続けないことが基本となります。
その上でさまざまなアプローチを通して足底筋膜炎を治療していきます。

代表的な治療方法は「保存療法」と呼ばれている方法です。
保存療法とは手術や摘出など体を傷つけずに行う治療法で、先に挙げた「トレーニングを控え安静にする」のも保存療法の一つです。
ほかにはアキレス腱をはじめ足底から下肢にかけてのストレッチを行う、インソールを導入する、テーピングを行うといった方法があります。
どれも足裏のアーチ機能を正常に戻し、衝撃を和らげる目的で行われます。また、痛みを取り除くため消炎鎮痛内服薬による治療も考えられます。

保存療法でなかなか効果が見られない場合で、特に痛みがひどい場合は「手術治療」を選択する場合あります。
骨棘という骨のトゲを取り除くことで足底筋膜との接触部を正常に戻します。

保存療法、手術治療のほかに「体外衝撃波治療」という治療法も考えられます。衝撃波を皮膚の上から与えることで痛みを取り除くとともに、組織の修復を促す治療法です。
このように足底筋膜炎の治療にはさまざまなアプローチがあり、症状や痛みのレベルによって治療法も変わってきます。

足底筋膜炎用テーピングの効果

まずはじめに、足底筋膜炎になった人にとって、テーピングを巻くことはどのような効果があるのかを紹介していきます。

テーピングを巻くと、筋肉を伸ばすことができるため硬くなっている筋肉をほぐす効果が見込めます。
また、テーピングの力によって土踏まずのアーチが持ち上げられクッションの機能を復活させる効果もあります。
テーピングを巻いたことがない人でもわかるように、動画なども用いながら紹介していくので次の章に書いてある内容を是非参考にしてください。

なお、足底筋膜炎用のテーピングを巻くと言うよりは、足底筋膜炎の対策のためにテーピングを巻くと言う方が正しいため、誤解のないようにお願いいたします。

テーピング方法を動画で解説!

それでは動画を用いて、テーピングを巻く方法を紹介していきます。
まずはこちらの動画をご覧ください。

テーピングをする前に、

  • ホワイトテープ
  • 伸縮テープ
  • アンダーラップ

を用意してください。

いきなり肌にホワイトテープを貼り付けてしまうと、剥がすときに足の毛を巻き込んでしまったりかぶれる原因にもなります。必ずアンダーラップを用意してください。
そして、指を動かしたりよく動く足の甲には動きを窮屈にしない伸縮テープを用いることが一般的です。

足のアーチを引き上げたり、しっかりと固定することを意識してテーピングを巻いていきましょう。

寝るときにテーピングは剥がす?そのまま?

基本的には、寝るときはテーピングは剥がしておいたほうがいいでしょう。
理由としては、テーピングによって締め付けられて血流が悪くなる可能性があると言うことと、そもそもテーピングは動いている時の筋肉をサポートする役割なため、動かない寝るときは剥がしてください。

動いているときや立っているときに足の痛みを感じるのが足底筋膜炎ですから、特に痛みを感じやすい運動中や仕事中にだけ貼っておけば十分です。

寝るときは基本的に肌には何もつけないほうがいいです。寝ているときは自然に回復する力も働くため、無理なく足底筋膜炎やそのほかの怪我などを直すときには自然治癒力に任せましょう。

足底筋膜炎用テーピングの選び方

足底筋膜炎用のテーピングの選び方を紹介していきます。

足底筋膜炎の対策として足に巻くテーピングの選び方を知っておくことで、今後店頭で購入したりインターネットで購入する際の目安になります。是非参考にしてください。

足底筋膜炎用テーピングの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 伸縮性
  • テーピングの機能性
  • 目的・用途

伸縮性

1つ目は「伸縮性」です。
テーピングテープ自体に伸縮性があるかどうかを確認してください。伸縮テープと非伸縮テープの特徴を紹介しておきます。

伸縮テープ:可動制限や固定、圧迫を目的としています。
非伸縮テープ:強い固定や圧迫を目的としています。

特に痛みを感じてしまう場合には非伸縮テープ(伸びないテープ)を選択するのが懸命でしょう。
しっかりと固定して動かないようにしたいと言う場合には非伸縮テープを選んでください。

ただし、テーピングを巻いている時に運動をしたり、立ちっぱなしの仕事や長距離を歩く仕事の場合には伸縮テープを選ぶことをおすすめします。伸縮テープは、非伸縮テープに比べると足が動かしやすくなっています。

テーピングの機能性

2つ目は「テーピングの機能性」です。
テーピングの機能性というのは、テーピング自体に撥水効果があったり、テープを手でもカットできるかどうかという点です。

雨の日などは撥水機能のあるテープをおすすめします。水に濡れてしまうと粘着力が弱くなったり、濡れた部分の伸縮性が落ちてしまうなどの問題が発生します。
撥水機能がついていると水を弾いてくれます。

また、テーピングテープを自分の手でカットできるかどうかというのは、非常に重要です。基本的には手でカットできますが、場合によってはハサミでないとカットできないテープもあり、1人でテーピングを貼るのが非常に大変になります。
例え1人で貼るとしても、ハサミを持ったり置いたりの動作が面倒で効率が悪くなります。

撥水機能や手でカットできるかどうかの機能面も重視してみてください。

目的・用途

3つ目は「目的・用途」です。
先ほどテーピングの選び方を紹介する際に伸縮テープと非伸縮テープの話をしましたが、伸縮テープと非伸縮テープの中にもいくつか目的や用途に応じて種類が存在します。

例えば「可動制限もしつつ、動きやすさを重視したテープ」や「固定をするためのテープ」のように用途に応じてテープが開発されています。

テーピングテープの巻き方や目的によって、最適なテープの種類は異なります。
激しいスポーツをしたい人にとっては、硬くて固定できるテープの方が望ましかったり、軽めの運動には固定しすぎない柔らかいテープがおすすめとなります。

次の章からはAmazonや楽天にて販売されているテーピングテープを紹介しますが、購入前には必ず自分の目的に最適なテープかどうかを確認してみてください。

足底筋膜炎用テーピングの人気おすすめ10選

それではここからは、足底筋膜炎用のおすすめのテーピングやサポーターを10個紹介していきます。
硬さや目的に応じてぴったりなテーピングテープ紹介しますから、あなたに最適なテーピングテープが見つかります。

ニチバン バトルウィンテーピング テープ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ニチバン バトルウィンテーピング テープの詳細情報

メーカー ニチバン
値段 572円(税込)

アスリートに愛されている非伸縮タイプのテーピング

「ニチバン バトルウィンテーピング テープ」は、アスリートに愛されている非伸縮タイプのテーピングです。
世界トップのサッカークラブ「FCバルセロナ」が認めるほどの、高品質のテーピングテープです。

非伸縮タイプですので、普段激しいスポーツをしていて、足底筋膜炎に悩んでる人にぴったりなテーピングテープと言えます。

一度貼るとその形をキープし、長時間つけていても緩んだり剥がれることはありません。
あなたの足裏や足の筋肉をしっかりとサポートし、足底筋膜炎の対策・予防を行えます。
手で切れやすい点も特徴で、1人でも貼れるタイプのテーピングテープです。

激しい運動以外でも、少し緩めにテープを貼れば十分に使いやすいため、アスリート以外の人にもおすすめです。

ニチバン ダブルグリップ HYBRID 白着バンデージ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ニチバン ダブルグリップ HYBRID 白着バンデージの詳細情報

メーカー ニチバン
値段 1,512円(税込)

剥がしても痛くないテーピングテープ

「ニチバン ダブルグリップ HYBRID 白着バンデージ」は、剥がしても肌が痛くならないテーピングテープです。
どういうことかというと、一般的なテーピングテープは、肌にしっかりと張り付いていて、剥がすときに毛を巻き込んだり肌を引っ張ってしまうため、痛くなってしまう点がデメリットでした。

しかし「ニチバン ダブルグリップ HYBRID 白着バンデージ」は、テーピングテープとは少しタイプが違い、剥がしても肌を引っ張ることもなく使いやすい点が特徴です。
貼るときに失敗しても何度でも付け直すことができるため、初心者の人でも使いやすいです。

少し強めのアンダーラップとして使用している人もいるため、「ニチバン ダブルグリップ HYBRID 白着バンデージ」1つで、アンダーラップとテーピングテープの役割を担ってくれる優れものです。

ピップ キネシオロジーテープ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ピップ キネシオロジーテープの詳細情報

メーカー ピップ
値段 673円(税込)
項目3 項目3の情報
項目4 項目4の情報
項目5 項目5の情報

機能性が高いテーピングテープ

「ピップ キネシオロジーテープ」は、機能性が高いテーピングテープです。
どんな点が優れているかというと、通気性がある快適な素材を使用しているため、肌に優しいテープであるという点や、伸縮性に優れているという点です。
また、低刺激粘着剤を使用しているため、剥がすときに肌が引っ張られて痛くなることもないですし、汗やシャワーも弾く撥水加工が施されています。

通気性・伸縮性・低刺激粘着剤・撥水加工
などの機能を要しているにも関わらず、値段は673円(税込)と非常にリーズナブルな点も人気の1つです。

伸縮テープですので、固定をする強い力はありません。激しいスポーツなどにはあまり向いていませんが、仕事時に使う程度であれば十分でしょう。

二トリート テーピング ホワイトテープ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

二トリート テーピング ホワイトテープの詳細情報

メーカー 二トリート
値段 2,195円(税込)

スポーツなどで大量にテーピングを使う機会のある人におすすめのテーピングテープ

「二トリート テーピング ホワイトテープ」は、スポーツなどで大量にテーピングを使う機会のある人におすすめのテーピングテープです。
「二トリート テーピング ホワイトテープ」は、38mmのテープが8個も入っていて、1個あたり275円(税込)ほどで購入できる計算になります。スポーツをよくする人や、普段から足底筋膜炎対策以外でテーピングを使用する機会の多い人にとっては、リーズナブルでテープもたくさん入っているためお得です。

非伸縮テープなため、固定するためのテープです。数ある非伸縮テープの中でも強めの作りになっているため、しっかりと動かないように固定したい人や、接着剤が綺麗に取れなくて悩んでいた人にとってはぴったりのテーピングテープです。

ニチバン バトルウィン カラーテーピングテープ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ニチバン バトルウィン カラーテーピングテープの詳細情報

メーカー ニチバン
値段 486円(税込)

目立ちにくいベージュカラーのテーピングテープ

「ニチバン バトルウィン カラーテーピングテープ」は、目立ちにくいベージュカラーのテーピングテープです。
一般的なテーピングテープは白いものが多く、かなり目立ちやすい点があります。
しかし「ニチバン バトルウィン カラーテーピングテープ」は、目立たないように肌になじみやすいベージュカラーとなっているため、足裏をテーピングで固めたときに少し足首に見えてしまっても目立つことはありません。

スポーツをしている人であれば違和感なくテーピングを巻くことはできますが、スポーツをしていない人からすると少し抵抗感がありますから、目立たせたくないという人は「ニチバン バトルウィン カラーテーピングテープ」を選んでみてください。

ニチバン バトルウィンアンダーラップテープ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ニチバン バトルウィンアンダーラップテープの詳細情報

メーカー ニチバン
値段 342円(税込)

足をかぶれなどから守るアンダーラップ

「ニチバン バトルウィンアンダーラップテープ」は、足をかぶれなどから守ってくれるアンダーラップです。
アンダーラップは、白やベージュのテーピングテープを巻く前に、肌に巻くもののことです。
アンダーラップがないままテーピングを巻くと、人によっては足がかぶれてしまったりテーピングを剥がすときに皮膚が引っ張られて痛い思いをする場合があります。

アンダーラップ自体は基本的に手で切ることもできますから、1人でも巻くことができます。また、柔らかい素材でできているため皮膚を痛めることもありません。非粘着タイプのアンダーラップなので、肌に張り付くことはなく、剥がすときも痛くありません。

アンダーラップは必須とは言いませんが、皮膚の弱い人や不安な人は必ず購入しておきましょう。

Bracoo アーチサポーターの詳細情報

メーカー Bracoo
値段 1,922円(税込)

かかと周りを包み込んでくれるサポーター

「Bracoo アーチサポーター」は、かかと周りを包み込んでくれるサポートです。すねから土踏まずのアーチまでを包み込んでくれるサポーターのようになっています。
足裏のアーチの形に関しては特殊な設計がなされており、足底筋膜に圧力をかけることで痛みを軽減し、歩行や運動を快適にしてくれます。
あくまでもサポーターなため、痛みを取ることや改善を見込むことはできませんが、歩いている時や立っているときに感じる痛みを軽減することは可能です。

足底筋膜炎の人だけではなく、扁平足の人にもかかとに痛みを感じている人にもおすすめです。また、靴下の下に履けば暖かくもなるため冬場の寒い時期や、冷え性の人にもおすすめなサポーターです。

バンテリンコーワ サポーター足首用

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

バンテリンコーワ サポーター 足首用の詳細情報

メーカー コーワ
値段 1,117円(税込)

テーピング理論を用いた足首用サポーター

「バンテリンコーワ サポーター 足首用」は、テーピング理論を用いた足首用サポーターです。バンテリンコーワといえば、腰や関節に塗るクリームなどが有名ですが、体に起こりやすい痛みや不調を知り尽くしているコーワだからこそ開発できた、テーピング理論を用いている足首用のサポーターなのです。

フィギュアエイト構造を採用しており、足首のブレを抑制してくれるため、足首がぶれる不快感を軽減してくれます。歩きやすくなるだけではなく、土踏まずのアーチを持ち上げてくれることでクッションの役割を果たし、足裏や体への負担を軽減する効果が期待できます。

伸縮率の異なる3種類のナイロン繊維を採用しており、様々な編み方を組み合わせて立体的な形となっているため、締め付ける力はあるものの脱ぎ履きがしやすいです。

歩けるんデスの詳細情報

メーカー アップル医療機器株式会社
値段 1,944円(税込)

医療技術から生まれた歩行重視のサポーター

「歩けるんデス」は、医療技術から生まれた歩行重視のサポーターです。医療機器を開発している会社が製造しているサポーターで、歩きやすさを重視して開発されています。土踏まずのアーチをベルトがサポートし引き上げてくれることで、足が安定し歩行時の蹴り出しがいつも以上に力強くなります。足を矯正するサポーターなため、スムーズな歩行を実現できます。

足底筋膜炎を発症すると歩くことすら痛みを感じるようになり歩きにくくなりますが、「歩けるんデス」をつけていれば痛みを感じることはなく力強く歩き続けることができます。土踏まずだけではなくかかともベルトによってサポートされるため、衝撃吸収のサポートもしてくれます。

足底筋膜圧着ソックスの詳細情報

メーカー SOCKPRO
値段 1,380円(税込)

<h3足底筋膜を圧迫し痛みを軽減してくれるソックス

「足底筋膜圧着ソックス」は、足底筋膜を圧迫し、痛みを軽減してくれるソックスです。
痛みを伴う足底筋膜などを圧迫することで足を安定させるとともに、血流をあげることで炎症を予防します。足の痛みを和らげて筋肉の回復を助けてくれる効果が期待できます。

「足底筋膜圧着ソックス」を履いていても違和感を覚えることはなく、非常に履きやすい点が魅力的です。薄く作ることを追求し、薄型の素材を採用しており、靴を履いていても邪魔になることはないため、仕事中でも使いやすい点が特徴です。抗菌作用・速乾性・通気性にも優れているため、清潔な状態で使い続けることができますし、足がむくんでしまった時でも伸縮自在な素材が、しっかりと足にフィットし圧力をかけ続けてくれます。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 ニチバン バトルウィンテーピング テープニチバン ダブルグリップ HYBRID 白着バンデージピップ キネシオロジーテープ二トリート テーピング ホワイトテープニチバン バトルウィン カラーテーピングテープニチバン バトルウィンアンダーラップテープBracoo アーチサポーターバンテリンコーワ サポーター足首用歩けるんデス足底筋膜圧着ソックス
購入先 Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天

まとめ

今回は、足底筋膜炎の対策におすすめなテーピングの巻き方や、テーピングの選び方を中心に紹介してきました。
足底筋膜炎は、放っておいても治ることはありません。テーピングやサポーターなどを利用して、対策をしていく必要があります。
ぜひこの記事で紹介しているおすすめのテーピング・サポーターを参考に、足底筋膜炎の対策をしてみてください。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。