ウェイトリフティングベルトおすすめ
2018年8月25日

ウエイトリフティングベルトは筋力向上に効果あり?人気おすすめ10選を紹介

ウェイトリフティングベルトは本格的に鍛えている人や上級者だけでなく、初心者でも使うべきアイテムです。ウエイトリフティングベルトの選び方や巻き方、手入れの方法、そしておすすめのベルトを紹介します。
おすすめ関連記事↓
ジムでの筋トレメニューやトレーニングの順番について解説!

ウェイトリフティングベルトをつける理由

ジムなどに通って筋トレをしている人であれば、一度はウェイトリフティングベルトを目にしたことがあると思います。ウェイトリフティングベルトは上級者がするイメージが強いですが、一体何のためにつけるのでしょうか。

最大筋力を向上させる

ウェイトリフティングベルトをつける理由としてまず挙げられるのは、最大筋力の向上目的です。体幹をウェイトリフティングベルトによって補強することになるため、動作時のブレなどロスが起こりにくくなりパフォーマンスアップにつながります。

腰椎を保護する

ウェイトリフティングベルトは上述のように上級者がつけるイメージですが、実は初心者でも使いたいものです。ウェイトリフティングベルトをつけることで体幹を固定することにより、腹圧が高まります。
腰椎や骨盤帯の安定性は腹圧によってキープされているので、安定性を高めて怪我の防止に効果的です。

ウエイトリフティングベルトの選び方

ウエイトリフティングベルトの選び方
ウェイトリフティングベルトの効果を理解したら、早速ベルトをつけてトレーニングをしたくなってきたのではないでしょうか。ここではウェイトリフティングベルトの選び方を紹介していきます。

目的に合ったベルトを選ぶ

フィットネス向けのベルトの特徴

フィットネスや軽トレーニング時に使われるベルトは軽さやコンパクトさが特徴の1つとなります。女性向けのベルトも出ており、カラーバリエーションやデザインなどファッション性も考慮されています。

高重量で行う人向けのベルトの特徴

筋トレをしっかりと行うタイプで、筋肥大や筋力アップを目的に高重量や高負荷のトレーニングには革製でしっかりとしたベルトが必要です。ピンバックル式が安価でよく使われますが、本格的に使うのであればフックバックル式が主流になります。

素材で選ぶ

ナイロン・布製のベルト

ナイロンや布製のベルトは上述した軽トレーニングやフィットネス向けです。腰椎の保護を目的に初心者や女性におすすめで、トレーニングを安全に行うために使っていきます。ベルトによってモチベーションアップにもつながります。

革製のベルト

革製のベルトは本格的に筋トレを行う場合には必須になります。革製の中でも幅の狭いものは導入向けであり、ウェイトリフティングベルトに慣れて本格的に負荷を上げていく場合には幅の厚いベルトを使いましょう。パワーベルトとも呼ばれます。

ウエイトリフティングベルトはどうやって巻くの?

ウエイトリフティングベルトの巻き方
ウェイトリフティングベルトは巻き方がとても重要です。間違って巻いてしまうと効果がないばかりか故障や怪我の原因になるため、きちんと巻き方を覚えましょう。

ウエイトリフティングベルトの巻き方

ウェイトリフティングベルトは巻き方が重要と述べましたが、難しいことはありません。イメージは普通のベルトと同じです。ただし、腹圧をキープすることが目的なので、しっかりと締め付けましょう。

巻く時のポイント!

しっかり締め付けることで腹圧をキープするためのポイントとしては、おへその少し上にベルトの中心をもってくることです。骨盤にかかってしまうと効果がないため注意が必要です。同様に、上過ぎて肋骨にかかることがないように注意しましょう。

ウエイトリフティングベルトの手入れ

せっかくウェイトリフティングベルトを使うのであれば長く使いたいものです。ウェイトリフティングベルトは基本的にはノーケアで大丈夫ですが、時々は状態の確認をすると傷みにも気付きやすいため不慮の事故を防ぐことにもつながります。

革製の場合の手入れ方法

革製のベルトの手入れとしては、アルコールを布に染み込ませて汚れをとったり、オイルを塗ることが挙げられます。オイルは予め塗られている場合もあるのでしっかりと確認しましょう。

布製の場合の手入れ方法

布製の場合は汗や汚れが染み込んでしまうことが考えられます。中には頻繁に洗濯をする人もいるようですが、耐久性を考えるとあまりしない方が良いと言えるでしょう。ベルトは消耗品でもあるため、その点も考慮したいところです。

ウエイトリフティングベルトを販売している人気のメーカー

アディダスの特徴

アディダスのウェイトリフティングベルトは、形はオーソドックスなタイプですが、長い点が特徴です。体格によっては既製のベルトが合わない場合もありますが、そんな人によく選ばれています。

レッドステッチの特徴

レッドステッチは本格的なパワーベルトでよく知られているメーカーであり、初心者からパワーベルトを使うべきというコンセプトでベルトの使用を勧めています。ウェイトリフティング選手や本格的なトレーニーがよく選んでいます。

ボディメーカーの特徴

ボディメーカーのベルトはリーズナブルで使いやすい点が特徴です。簡単に着脱できることが初心者には使いやすく、手が出しやすいことでよく選ばれています。

おすすめのウエイトリフティングベルト10選

GOLD'S GYM(ゴールドジム) ブラックレザーベルト

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

おすすめのウエイトリフティングベルトでまずはじめに紹介するのは、ゴールドジムの ブラックレザーベルトです。ゴールドジムと言えば言わずと知れたトレーニングジムですが、最もオーソドックスなベルトとなっており、多くのジムで使われています。
2本ピンのバックルで使いやすく、背当てパッドによってどのような体型の人にも馴染みやすいベルトです。使いやすさなどは徹底的にテストされているため初心者でも安心して使える点が好評です。

adidas(アディダス) トレーニング 牛革レザーウエイトリフティング ベルト

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

おすすめのウエイトリフティングベルトで次に紹介するのは、アディダスの牛革レザーウエイトリフティングベルトです。アディダスはよく知られているスポーツメーカーであり、ウエイトリフティングベルトもよく使われています。
耐久性や使いやすさともに優れていると好評で、ゴールドジムのウエイトリフティング ベルトが短い人はアディダス製を好んで使っています。

apt'(エーピーティー) パワーリフティングベルト パワーベルト

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

おすすめのウエイトリフティングベルトとしては、apt’のパワーリフティングベルトも挙げられます。本格高級牛革を使っており、ステンレススチールのピンは錆にも強く使いやすいことから人気のウエイトリフティングベルトです。
国際パワーリフティング協会の基準を満たしており、公式な試合でもよく使われることから本格派のパワーベルトとしてよく使われています。

BODYMAKER(ボディメーカー) ウエイトリフティング ナイロンベルト TG143

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ウエイトリフティングベルトでは、ボディメーカーのウエイトリフティングナイロンベルトもおすすめです。革製のウエイトリフティングベルトに抵抗がある人や、いきなり本格的なベルトよりもまずは試す程度から始めたい人によく使われています。
取り扱いが簡単で、ブラックとブルーのカラーが選べる点も好評です。柔らかいホールド感によってパフォーマンスする上で気になることがない点が好まれています。

Schiek(シーク) リフティングベルト 4004 ブラック(日本正規品)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

おすすめのウエイトリフティングベルトで次に紹介するのは、シークのリフティングベルトです。着け心地の良さがとても人気のウエイトリフティングベルトであり、腰に巻いただけで他のベルトとの違いがわかるとも言われています。
身体のラインに沿ってしっかりとフィットするように設計されており、ナイロン製のため不快感も抑えられます。下背部のパッドによってより骨盤周りが安定するようになっている点も好評です。

king2ring トレーニングべルト リフティングベルト パワーベルト pk770

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ウエイトリフティングベルトでは、king2ringのトレーニングべルトもおすすめです。二重のベルクロがしっかりホールドしてくれるウエイトリフティングベルトとなっており、形状記憶になっているため形が崩れない点が特徴です。
簡易包装や大量購入などコストカットを徹底的に行うことでとてもリーズナブルな値段となっており、使いやすさや手入れのしやすさと合わせて人気のウエイトリフティングベルトとなっています。

Harbinger(ハービンジャー) 女性用トレーニングベルト 5インチ(13センチ)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ウエイトリフティングベルトのおすすめとしては、ハービンジャーの女性用トレーニングベルトも挙げられます。やはり筋肉量の違いから体格など男女の差は生まれやすく、女性向けに特化して作られたウエイトリフティングベルトです。
ベルクロが長めになっているためしっかりとホールドすることができ、カラーバリエーションも女性が選びやすくなっています。軽量性や使いやすさも含め、女性におすすめのウエイトリフティングベルトです。

Veroman トレーニングベルト レザー ウエイト リフティングベルト

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ウエイトリフティングベルトのおすすめでは、Veromanのトレーニングベルトも挙げられます。腰のパッドが厚くなっている点が特徴であり、腰椎や骨盤周りをしっかりとサポートしたい人に人気のウエイトリフティングベルトです。
カラーバリエーションがホワイトとピンクの2種となっており、女性が選びやすいところも人気になっています。品質の高さも好評のウエイトリフティングベルトであるためおすすめです。

IROTEC(アイロテック) パワーベルト

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ウエイトリフティングベルトでは、アイロテックのパワーベルトもおすすめです。鉄のような心や身体をつくるテクノロジーをコンセプトにしており、価格以上にコストパフォーマンスが良いと好評になっています。
本革製のパワーベルトで使用感も良く、しっかりと鍛えたい人向けのウエイトリフティングベルトです。

GronG(グロング) ウエイト トレーニングベルト リフティングベルト 筋トレ用

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ウエイトリフティングベルトのおすすめでは、グロングのウエイトトレーニングベルトも挙げられます。ローラーベルトが使いやすく、ベルクロの固定によって簡単かつ適切にホールドできるので安心してトレーニングに打ち込むことができます。
価格がとてもリーズナブルなのでお試しにはピッタリのウエイトリフティングベルトです。レベルが上がっても使い続ける人も多く、初心者からベテランまで使っている人の多いウエイトリフティングベルトです。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 GOLD'S GYM(ゴールドジム) ブラックレザーベルトadidas(アディダス) トレーニング 牛革レザーウエイトリフティング ベルトapt'(エーピーティー) パワーリフティングベルト パワーベルトBODYMAKER(ボディメーカー) ウエイトリフティング ナイロンベルト TG143Schiek(シーク) リフティングベルト 4004 ブラック(日本正規品)king2ring トレーニングべルト リフティングベルト パワーベルト pk770Harbinger(ハービンジャー) 女性用トレーニングベルト 5インチ(13センチ)Veroman トレーニングベルト レザー ウエイト リフティングベルトIROTEC(アイロテック) パワーベルトGronG(グロング) ウエイト トレーニングベルト リフティングベルト 筋トレ用
購入先 Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天

まとめ

ウエイトリフティングベルトの選び方や巻き方、手入れの方法、そしておすすめのベルトを紹介しました。トレーニングの効果を高め、身体を保護するためにもウェイトリフティングベルトを積極的に使っていきましょう。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。