2018年7月21日

野球グローブのメーカー別人気おすすめ9選!

今から野球グローブを購入しようと考えても、たくさんの種類のメーカーや商品の中から自分に合ったものを見つけるのはなかなか大変です。おすすめの野球グローブの一覧を読んで、購入の前に、野球グローブの各メーカーの歴史や特徴を知っておくと参考にすることができます。有名な野球グローブのメーカー9社を一覧にまとめました。

野球グローブのおすすめメーカーと着用選手に関する記事はこちら!↓
野球グローブの人気おすすめメーカー5選と着用選手を徹底解説!

Mizuno Pro(ミズノ)

MIZUNO(ミズノ) グローブ プライム スペシャルエディション オールラウンド 用 硬式 野球 (軟式 使用可) グラブ USA限定モデル 12インチ [並行輸入品]

Amazonで詳細を見る

ミズノは野球界において圧倒的な知名度を誇るメーカーです。ミズノは1906年に創業してから、世界的にも有名な総合スポーツメーカーとなり、高い評価を受けています。多数のプロ選手がアドバイザリースタッフとして契約されており、使用者の声を反映した商品開発が行われています。

使用者としては前田健太選手(ロサンゼルス・ドジャース)や坂本勇人選手(読売ジャイアンツ)が知られています。

プロプリファード JAPAN(Rawlings)

Rawlings(ローリングス) 硬式グラブ(グローブ) 用 プロプリファードJAPAN [内野手用] GH7PRJ6

Amazonで詳細を見る

Rawlingsは1800年からグローブの製造を行っており、長い歴史を持つ老舗メーカーです。1920年に開発されたウェブ付きのグローブは、選手の捕球能力を高めることに成功しています。使用者としてはデレク・ジータ―氏(元ニューヨークヤンキース)が有名です。

2013年以降は日本でも独自の事業を展開し、プロプリファード JAPANといったグローブは快適なフィット感、操作性の高さが魅力的です。

久保田スラッガー(久保田運動具店)

久保田スラッガー 硬式グローブ グラブ 内野手用 小型 セカンド・ショート・サード用 KSG-SJ1 少年 一般兼用 DPオレンジ×タン 右投

Amazonで詳細を見る

久保田スラッガーは1950年に創業したメーカーです。野球道具を取り扱っていますが、その中でも特にグローブの製造には力を入れています。新品のグローブをお湯につけて入れ型をつける湯もみ型つけといった方法は、現在では一般的に行われていますがこれを初めて編み出したのは久保田です。

すべて手作業で商品を作るというこだわりが特徴で、松井稼頭央選手(西武ライオンズ)や鳥谷敬選手(阪神タイガース)といった有名選手も愛用しています。

PROSTATUS(ZETT)

ZETT(ゼット) 野球 硬式 グラブ (グローブ) プロステイタス セカンド ショート 右投用 BPROG56

Amazonで詳細を見る

ZETTは1920年(大正9年)に創業した老舗メーカーです。多くの野球選手とアドバイザリー契約を結び、使用者からの情報をもとにより高品質な商品の製造開発を行っているのが特徴です。

PROSTATUSシリーズは特に人気の商品です。藤浪晋太郎選手(阪神タイガース)や大瀬良大地選手(広島東洋カープ)に愛用されています。

Proedge(SSK)

SSK エスエスケイ PROEDGE 軟式 グローブ グラブ プロエッジ 外野手用 グローブ PEN37218 (35) オレンジ (L) 右投用

Amazonで詳細を見る

SSKは1946年に佐々木恭三氏が創業した株式会社です。終戦の翌年から立ち上がり、プロ野球の歴史とともに成長してきたメーカーです。その長い歴史の中で培った知識と経験をもとに作り出されたグローブはプロ・アマ問わず多くの野球選手に愛されてきました。

黒田博樹選手(広島東洋カープ)や菊池涼介選手(広島東洋カープ)といった選手も使用しています。

GOLDSTAGE(ASICS)

アシックス ベースボール スワロー限定 硬式グラブ 袋付き ゴールドステージ ヌバック 投手用 グローブ BO Rオレンジ 右投用(LH)

Amazonで詳細を見る

ASICSはシューズやスニーカー、スポーツウェアといった競技グッズを取り扱っているイメージがありますが、野球グローブの製造も行っています。2012年からはアシックスでのブランド野球用品の製造販売を始め、注目を集めています。

捕球をサポートするハイクラッチ機能がついているのが特徴で、プロ野球選手では、大谷翔平選手(ロサンゼルス・エンゼルス)がこのメーカーのグローブを使用しています。

UNDER ARMOUR(Under Armour)

アンダーアーマー(UNDER ARMOUR) 野球 グローブ 軟式グラブ 右投げ 内野手用 1313807

Amazonで詳細を見る

UNDER ARMOURはアメリカのメリーランド州に本社をおくスポーツ用品製造の会社です。1966年にケビン・ブランク氏によって、より機能的なスポーツウェアをつくりたいという思いで創業されました。製造販売されている野球グローブには自分の型がつけやすい北米ステアが使用されており、湯もみのお湯やオイルがなじみやすいのが特徴です。

感覚も柔らかくてハリがあり、プロ野球界では柳田悠岐選手(福岡ソフトバンクホークス)や金子千尋選手(オリックスバファローズ)といった選手に選ばれています。

ハタケヤマ(ハタケヤマ)

ハタケヤマ HATAKEYAMA hatakeyama 硬式キャッチャーミット V-M8WR

Amazonで詳細を見る

ハタケヤマは野球グローブの中でも主にキャッチャーミットを中心として製造・販売を行っているメーカーです。商品はすべて職人の手作業で作られているというこだわりで、特にキャッチャーミットが多くの人々に愛されています。

プロ選手としては伊藤光選手(オリックスバファローズ)や炭谷銀仁朗選手(西武ライオンズ)がこのメーカーの商品を使っています。

TAMAZAWA(スポーツ玉澤)

玉澤 タマザワ 硬式 キャッチャーミット 漢字ラベル カンタマ!シリーズ 二番 ほ 捕手用 KANTAMA-2HO

Amazonで詳細を見る

TAMAZAWAは100年以上の長い歴史を持つブランドのメーカーです。中でもキャッチャーミットに定評があり、昔から多くの選手に愛されてきました。

特選カンタマ!シリーズの商品は専用の皮が使用されており、使用者の希望に合わせて縦型・縦横型・横型、ポケットの深さ・浅さを選ぶことができるのが魅力です。高校野球の選手に人気のメーカーです。

少年野球のグローブに関する記事はこちら!↓
【少年野球向け!!】グローブの選び方と人気おすすめ10選

まとめ

野球グローブを選ぶ際には、自分に合ったグローブを選ぶ事でパフォーマンスが良くなります。
様々なメーカーから自分に合ったグローブを探してみてください。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。