pexels-photo-257970
2018年8月1日

野球用プロテクター主要メーカーと人気おすすめ10選【キャッチャー必見!】

野球のプレー中に怪我をするのを防ぐために必要不可欠なものがプロテクターです。硬式球に限らず、軟式球もあたりどころが悪いと最悪骨折という形になってしまいます。
そのような怪我を防ぐためにもプロテクターは野球をプレーするにあたって積極的に使っていきたいアイテムです。
野球をプレーするにあたってプロテクターはどのようなものを揃え、どのように手入れを行えばよいのかと不安が多い人に是非読んで欲しい内容になっています。

野球グローブのメーカー別人気おすすめについてはこちら↓↓
野球グローブのメーカー別人気おすすめ9選!

野球のプロテクターが持つ役割とは?

野球のプロテクターが持つ役割について以下の4つの観点から解説していきます。

  • キャッチャーの場合
  • バッターの場合
  • 審判の場合
  • 子供の場合は安全のため必須

キャッチャーの場合

野球をプレーする選手の中で一番プロテクターを着用しているのがキャッチャーです。キャッチャーはヘルメット、マスク、レガース、プロテクターとたくさん着用しています。これは後ろにボールがそれないようにボールを体で止めたり、ファールボールが当たったり、バッターのスイングしたバットが当たったりしても大きなけがをしないために着用します。
レガースは膝や脛を守り、ヘルメットは頭を守ります。また、マスクは顔を守り、プロテクターは上半身を守ってくれます。
草野球などで面倒くさがってレガースなどの着用をしない人もいますが、怪我を防ぐためにも最低限キャッチャーはヘルメット、マスク、プロテクター、レガースは着用するようにしましょう。

バッターの場合

バッターの場合、自打球とデットボールが当たっても怪我しないために腕や足にプロテクターを着用します。
ひじはデッドボールの影響を受けやすいためエルボーガードを、脛からくるぶしにかけてはデットボールの他に自打球が当たる可能性があるためフットガードを着用します。
選手の中にはフットガードを着用すると足の動きが制限されるため、足を活かすような選手は着用しない場合もあります。しかし、自打球やデットボールが当たった時のことを考えるとエルボーガードやフットガードは着用するのが望ましいです。

審判の場合

野球の審判の場合、基本的にキャッチャーの後ろで判定をする球審のみプロテクターを着用します。
塁審や線審の場合はボールが飛んできても逃げることができますが、球審の場合バットに当たったファールボールやピッチャーが暴投してしまったボールが当たる可能性が非常に高く逃げることも難しいです。
そのため、球審を務めるときは胸を守るプロテクターとマスクは必需品です。また、プロの審判の中には頭を守るためのヘルメットをかぶっている審判もいます。

子供の場合は安全のため必須

硬式球に限らず、軟式球でも当たると怪我をすることもあり、骨折する可能性も十分あります。そのため、小学生中心のリトルリーグやシニアリーグなどの少年野球、高校野球では安全面を考慮してプロテクターは必ずつけることをおすすめします。
プロテクターをつけたからと言って必ずしも怪我をしないわけではありませんが、軽い怪我におさえておくためにも子供が野球をプレーするときはプロテクターを着用させるようにしましょう。

プロテクターの選び方

さて、大きな怪我を防ぐために積極的に使っていきたいプロテクターですが、どのようなことをポイントに選ぶといいのか以下の3つの観点から解説していきます。

  • 軽量かつ丈夫
  • プレーの妨げにならない
  • プロテクターは適正サイズ

軽量かつ丈夫

プロテクターを選ぶにあたって大切になってくるポイント一つ目は、軽量かつ丈夫なものを選ぶという点です。体を守るものなので丈夫なプロテクターを選ぶことは当たり前のことですが、それと同時に軽さも大切になってきます。
丈夫なプロテクターでも重くて動きが制限されるようなプロテクターを選んでしまうとプレーに支障をきたしてしまいます。そのため、プロテクターには丈夫さと軽さが求められます。

プレーの妨げにならない

プロテクターを選ぶにあたってプレーの妨げにならないかも重要なポイントになってきます。
プレー中の大きなけがを防ぐために使うプロテクターですが、その体を守るプロテクターがバッターであればバッティングや走塁の動作の妨げになったり、キャッチャーであればキャッチングやスローイングといった動作の妨げになったりするのはよろしくありません。
購入する際には試着可能であれば実際に着用してプレーの動作に支障をきたさないか確かめることをおすすめします。

プロテクターは適正サイズ

プロテクター選び最後のポイントは、自分の体にあった適正サイズかということです。体を守るために着用するプロテクターですが、大きすぎても小さすぎてもしっかりと体を守ることができません。
そのため、自分の体に合ったサイズのプロテクターを選ぶことが大切です。子供の場合は成長の度合いに応じたサイズのプロテクターに買うようにしましょう。

プロテクターの手入れ方法

プロテクターも大切な野球道具です。しっかりと手入れの方法をおさえてバットやグローブと同じように手入れをこまめにするようにしましょう。ここでは以下の2つのパターンから解説していきます。

  • 軽い汚れのときは?
  • 汗や泥がひどいときは?

軽い汚れのときは?

軽い汚れなどがついたときは濡れたタオルなどで軽く拭きます。練習や試合でついた軽い汚れはタオルや雑巾などを濡らして軽く拭くだけで簡単にきれいにできます。軽く汚れたら毎回汚れを落としておくことでプロテクターを長く使うことができます。

汗や泥がひどいときは?

グランドコンディションがよくないときに試合や練習を行うとプロテクターは泥で汚れてしまいます。
また、夏の暑い時期は汗をかくためプロテクターが汗臭くなることもあります。そのような場合は、中性洗剤洗剤を溶かした水で洗います
水の中に中性洗剤を加え、その中で軽くもむように洗い汚れを落とします。汚れが落ちたら真水で軽くゆすぎ、押すようにして水を絞って陰干しします。中性洗剤を加えた水で洗うだけで泥汚れも落ち、汗臭さも軽減できるため、ある程度こまめに洗うことをおすすめします。

野球用プロテクターの主要メーカーは?

野球用品を取り扱うメーカーはさまざまありますが、ぞれぞれどのような特徴があるのでしょうか。以下の主要5メーカーを解説していきます。

  • ミズノ
  • ゼット
  • アシックス
  • SSK
  • ベルガード

ミズノ

日本国内の大手スポーツ用品メーカーであるミズノにはどのような特徴があるのでしょうか。

ミズノの特徴

ミズノは野球用品だけではなくスポーツ全般のウエアや道具などを取り扱っている国内の大手スポーツ用品メーカーです。
国内の大手スポーツ用品メーカーのため、比較的他のメーカーよりも取り扱い店舗が多いのが特徴で、入手もしやすいです。

ゼット

プロでもゼットのグローブを愛用する選手は多くいますが、ゼットにはどのような特徴があるのでしょうか。

ゼットの特徴

野球用品を中心にさまざまなスポーツ用品を取り扱うメーカーです。プロ野球選手の中にもZETTのプロテクターやグローブを愛用している選手が非常に多いです。
取り扱い店舗も非常に多く、購入しやすいメーカーです。また、種類も非常に多く自分好みのデザインのものを購入可能です。

アシックス

スポーツ用品メーカーとして有名なアシックスはどのような特徴があるのでしょうか。

アシックスの特徴

アシックスは兵庫県に本社を置く日本の総合スポーツ用品メ-カーです。ミズノ同様、様残な競技のウエアやシューズをはじめとしたさまざまな用品を生産販売しています。
スポーツ用品店で取り扱いしている店舗も多く、購入しやすいブランドです。歴史も古く、信頼の高いスポーツ用品メーカーです。

SSK

ミズノやアシックスに比べて知名度の低いSSKですが、SSKはどのような特徴があるのでしょうか。

SSKの特徴

SSKは大阪に本社を置くスポーツ用品メーカーです。SSKは創業者の佐々木恭三の名字のローマ字からきている。野球用品を中心に取り扱っており、数多くの野球選手ともアドバイサリー契約を結んでいます

ベルガード

聞きなじみのないベルガードですが、どのような特徴があるのでしょうか。

ベルガードの特徴

ベルガードは日本にある、野球のプロテクターを中心に取り扱う中小メーカーです。規模こそは他のメーカーに比べると小さいですが、プロテクターをメインに生産してきたメーカーのため、技術力は非常に高いです。
しかし、小規模メーカーながらも高い技術力がかわれ、メジャーで活躍するような選手も愛用しています。

おすすめの野球用プロテクター10選

ミズノ 打者用 アームガード 高校野球対応 左右兼用

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

国内の大手スポーツ用品メーカーミズノの左右兼用アームガードです。ポリウレタン製樹脂でできており、ボールが当たっても衝撃を吸収してくれます。高校野球にも対応しており、フリーサイズで左右兼用のため、高校生以上のプレイヤー全員におすすめです。

ZETT(ゼット) 野球 打者用 エルボーガード 左右兼用

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

人気野球用品メーカーZETTのエルボーガードです。ひじをデッドボールから守ってくれるこのエルボーガードは多面体構造、三分割構造、コネクトベルト構造になっており、腕が返しやすいため違和感なくフルスイングをすることが可能です。
他のエルボーガードを使ってみたけどフルスイングが上手くできないからあまりエルボーガードはつけたくないと思っている人に是非つけて欲しい商品です。

ゼット ZETT 打者用 エルボーガード 左右兼用

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

野球用品メーカーZETTのナイロンと合皮でできたエルボーガードです。左右兼用のエルボーガードで、日本国内で生産されている商品のため、品質には問題ありません。フリーサイズのため、どの年代でも使用可能です。

SSK エスエスケイ エルボーガード 打者用 プロテクター 左右兼用

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

こちらはSSKのエルボーガードです。フリーサイズで左右兼用、高校野球に対応しており、しっかりとした作りでボールが当たってもしっかりと衝撃を吸収するため、高校球児におすすめのエルボーガードです。

アシックス(asics) 軟式用プロテクター レッド F

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

大手スポーツ用品メーカーアシックスのキャッチャー用のプロテクターです。合成皮革製の軟式用プロテクターで、比較的安価のため草野球でキャッチャーをやっている人におすすめのキャッチャー用のプロテクターです。

久保田スラッガー 硬式用防具 キャッチャーズギア4点セット

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

野球用品メーカー久保田スラッガーの硬式用キャッチャープロテクターセットです。硬式球対応のキャッチャー用のプロテクターで、マスク、スロートガード、プロテクター、レガーツの4点がセットになっています。
高校野球対応で手入れがしやすく着脱も簡単で、キャッチャーやっている高校球児におすすめです。

ゼット ZETT 軟式 防具 4点セット

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

野球用品を多く取り扱うZETTの軟式用キャッチャープロテクターです。プロテクターの他にもマスク、スロートガード、レガーツがセットになっており、キャッチャーに必要最低限の防具がすべて揃います。
プロテクターとレガーツはワンタッチで着脱可能で、着脱が簡単にできます。草野球でキャッチャーをやる人におすすめです。


国内の大手スポーツ用品メーカーミズノのフットガードです。自打球が当たりやすい脛からくるぶしまでのところをしっかりとガードしてくれるため、安心してプレーに集中できます。高校野球のルールに対応した商品で、高校球児におすすめのフットガードです。

アシックス ベースボール バッティングレガース バッティングレガース (左右別売) レッグガード

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

大手スポーツ用品メーカーアシックスのフッドガードです。ポリエチレン製のレッグガードで、しっかりと足をガードし衝撃を吸収してくれます。高校野球のルールに対応しており、高校球児におすすめのフットガードです。

ゼット ZETT 打者用 レッグガード 右打者用

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

野球用品を多く取り扱ZETTのレッグガードです。すねを内側からしっかりと保護してくれるロングタイプで、ワンタッチで着脱できるため、着脱も簡単にできます。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 ミズノ 打者用 アームガード 高校野球対応 左右兼用ZETT(ゼット) 野球 打者用 エルボーガード 左右兼用ゼット ZETT 打者用 エルボーガード 左右兼用SSK エスエスケイ エルボーガード 打者用 プロテクター 左右兼用アシックス(asics) 軟式用プロテクター レッド F久保田スラッガー 硬式用防具 キャッチャーズギア4点セットゼット ZETT 軟式 防具 4点セットミズノ フットガードアシックス ベースボール バッティングレガース バッティングレガース (左右別売) レッグガードゼット ZETT 打者用 レッグガード 右打者用
購入先 Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天

まとめ

野球をプレーするとデッドボールや自打球が当たることは何度もあります。硬式球が当たると骨が折れることがありますが、それは軟式球も同じです。
プレー中に起こる怪我を少なくするためにもプロテクターはしっかりと使っていきたいアイテムです。自分にあったプロテクターを揃えて怪我を防ぎ、野球を楽しくプレーしましょう。

あわせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

※承認後に表示されます。