トライアスロン TTバイク
2018年7月28日

トライアスロン初心者にTTバイクはまだ早い?おすすめのバイクを6選紹介!【2018年最新版】

トライアスロンは、スイム・バイク・ランの3種目を行いますので、様々な用具をそろえる必要があります。

中でも専門性が高いのが、トライアスロン専用自転車の「TTバイク」です。
一般的な自転車とは違い、乗りこなすのが難しい自転車であるため、初めからTTバイクを購入するべきか悩む方も多いはずです。

そこでトライアスロン用のバイクは、何を買うべきか、どのように選べばいいのかなど、初心者にわかりやすく紹介します。

おすすめ関連記事↓
トライアスロン用ヘルメットの選び方と人気おすすめ10選

そもそもTTバイクってなに?

トライアスロン TTバイク
出典:amazon.co.jp
TTバイクとは「タイムトライアルバイク」のことで、自転車ロードレースのタイムトライアル競技に特化した競技用自転車です。

TTバイクは直線の多い平地を高速域の一定スピードで走行することに特化しており、操縦性よりも路面抵抗・空気抵抗を軽減することを重視して作られています。

ハンドルはブルホーンハンドルを装着し、その中央にダウンヒルバーとひじ掛け用のアームレストを装備。
空気抵抗を極限まで低減するライディングポジションがとれるようになっています。
ロードバイクに比べてサドルは前方に位置するように設計され、全体に重心が前寄りになる特徴があります。

TTバイクと似た形をしたレース用バイクが、ロードバイクです。
ロードバイクは平地や山岳などのステージをこなすため、空気抵抗や重量を考慮して作られています。
とはいえ、ロードバイクは先頭を交代して空気抵抗を軽減するドラフティングという走り方をするため、TTバイクほど空気抵抗の軽減に特化していません。
ハンドルは下向きに大きく湾曲した形状が特徴のドロップハンドルで、走るシチュエーションやスピード域に合わせて握る位置を変えます。

ロードバイクは初心者にも扱いやすく、スポーツだけでなく移動手段に取り入れて通勤・通学など街乗りする人も多くみられます。

初心者はTTバイクに乗っていいの?

トライアスロン TTバイク
トライアスロンを始めるからと言って、TTバイクに乗る必要はありません。
TTバイクはタイムトライアル用で空気抵抗を軽減させることに特化しているため、乗り心地や操縦性が一般的な自転車と全く異なります。

初心者では高速でのカーブや加速・減速にttバイクでは対応しきれません。
自転車は何度も購入できるほど安価なものではないため、初めからしっかり揃えたくなりますが、初心者にはおすすめできない自転車です。

ではどのような自転車を用意するかというと、ロードバイクがおすすめです。
ロードバイクも一般的な自転車とは形状が異なり一見ハードルが高そうに見えますが、TTバイクより攻略しやすい自転車です。

そしてロードバイクの魅力は、パーツを交換することでTTバイク仕様に近づけることができる点にもあります。
カスタムしたロードバイクを乗りこなせるようになり、挑戦するトライアスロンの距離を長くしたい・タイムを短くしたいところまで来たら、TTバイクへの乗り換えがおすすめです。

【初心者向け】おすすめのロードバイク3選

FELT(フェルト) ロードバイク F95 ホワイト 560mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

メンテナンス重視のロードバイク!

フェルトはアメリカ、ドイツに拠点を置くメーカーです。
FELT F95の特徴は、軽量で強度のある高価な7005アルミ合金を使用したフレームを搭載している点です。

実重量より軽い感覚で走行ができ、初心者の通勤通学・ツーリングはもちろんレースにも使用できるコストパフォーマンスの高いロードバイクです。

スペック

フレームサイズ(適応身長):48(155~165㎝)、51(160~175㎝)、54(170~180㎝)、56(175~185cm)
フレーム:SuperLite Custom バテッド7005アルミニウム、スレッドBB
タイヤ:Schwalbe Lugano HS 471、700C×23C
重量:9.31㎏

CANOVER(カノーバー) ロードバイク 700C シマノ21段変速 CAR-015(UARNOS) アルミフレーム フロントLEDライト付

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

軽快で瞬時に切り替わる変速性能が魅力!

普段用からツーリングまでこなせるミドルクラスのロードバイクです。
シマノ製のリア変速に、 3段階のフロント変速、ブレーキ作動軸が左右にあるブレーキを前輪・後輪に採用。

タイヤは700×28C乗りやすく、程よいクッション性を持ちながらも高速走行をサポートしてくれます。
コストパフォーマンスの点でも初心者におすすめなバイクです。

スペック

素材:アルミニウム
ホイールサイズ:700インチ
サイズ:1710×930×440㎜(適応身長160㎝以上)
変速機能:21段
重量:13㎏

ブリヂストン アンカー ロードバイク ANCHOR RS6 EX レッド 490 (2016) 490mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

爽快な走りが実現するアンカー性能!

軽量化のために重量を最大限にそぎ落とし、アルミ素材の中でも最高性能を求めたロードバイクです。

走りの爽快感、リアレーサーの最新性能が体感できるコストパフォーマンスに優れたロードバイクです。

スペック

フレーム:PROFORMATアルミニウムA60611
タイヤ:700×23C
フレームサイズ(適応身長):430㎜(150~160㎝)

【中級者向け】おすすめのTTバイク3選

2016年 BLUE TRIAD SP 105 トライアスロン バイク Sサイズ

Amazonで詳細を見る

空気抵抗を極限まで低減するライディングが実現!

グループには人気の高いSHIMANOグループセットを使用。
軽量で高い剛性、シフティングの歯切れの良さといったパフォーマンスと価格のバランスが完璧です。

フレームとフォークには、空気力学を製品開発に活用しているBlue Bicyclesのフレームを使用しています。

スペック

グループ:SHIMANO105グループセット
高弾性カーボンファイバー
BB30ボトムブラケット
31.8MM PROFILE DESIGN T2Wing
FSA Omega Compact TT 50/34クランクセット

ICAN(アイカン) Arrow X フルカーボン 競輪バイクTT01 シマノUltegra 6800 トラックバイク

Amazonで詳細を見る

コンパクトサイズの超軽量モデル!

ブレーキには、高級Dura-Aceグループセットのブレーキを採用。
コンパクトで軽量、高度に精錬されたシステムのUltegraは、シフティングとブレーキングがスムーズに行え、走行に集中することができます。
軽量で衝撃吸収性に長けたフルカーボンのバイクです。

スペック

グループ:SHIMANO Ultegra6800
フレーム:53.5/55.5/57.5㎝
ホイール:カーボン(トライスポークとディスクホイール)
ブレーキセット:SHIMANO Dura-Ace

ブルー53.5 CM TRIAD EXカーボンTime TrialトライアスロンバイクSRAM Force 22 11s

Amazonで詳細を見る

洗練されたデザインとエンジニアリングが魅力!

ハイパフォーマンス用のTTバイクです。高弾性のカーボンファイバーフレームとフォークは、空気学力・効率・スピードを追及。

ライダーと一体化するデザインがさらに空気抵抗を最小限に抑え、驚くほど速い走行が可能となっています。

スペック

フレーム:BLUE-tecターミネーターカーボンファイバー
ホイール:700インチ

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 FELT(フェルト) ロードバイク F95 ホワイト 560mmCANOVER(カノーバー) ロードバイク 700C シマノ21段変速 CAR-015(UARNOS) アルミフレーム フロントLEDライト付ブリヂストン アンカー ロードバイク ANCHOR RS6 EX レッド 490 (2016) 490mm2016年 BLUE TRIAD SP 105 トライアスロン バイク SサイズICAN(アイカン) Arrow X フルカーボン 競輪バイクTT01 シマノUltegra 6800 トラックバイクブルー53.5 CM TRIAD EXカーボンTime TrialトライアスロンバイクSRAM Force 22 11s
購入先 Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天AmazonAmazonAmazon

トライアスロン初心者はロードバイクから始めよう

新しいことを始める際、いいものを揃えて万全な体制で挑みたい気持ちもあるでしょう。
しかし、トライアスロンのTTバイクについては段階を経て、そろえるのがおすすめです。

TTバイクは専門性が高く初心者が乗りこなすには時間がかかります。
そのため、はじめはロードバイクで様々な感覚をつかみ、パーツ交換していくことでレベルアップを図ることをおすすめします。

TTバイクを乗りこなす実力がつく頃には、様々な知識と能力が身につき、自分に合ったベストなTTバイクを選ぶことができるでしょう。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。