ロードバイク スマホホルダー
2018年7月21日

【こんなに便利なの!?】ロードバイクのスマホホルダー人気おすすめ10選!

今や、私達の生活に無くてはならないアイテムがスマートフォンです!そんな便利なスマホをロードバイクに乗っているときに使いたい。この記事ではそんなあなたにおすすめのスマホホルダーを紹介しています。

ロードバイクのワックスに関する記事はこちら↓↓
ロードバイクのワックス人気おすすめ10選!

ロードバイク用スマホホルダーとは?

ロードバイク用スマホホルダーとは、自転車のハンドルバーにスマホを固定できるものです。
最近では、角度が自由に調節できるタイプや、シリコンでできており衝撃に強いタイプなど様々な種類のスマホホルダーがあります。

ロードバイクでスマホホルダーを使うメリット

サイクリング中に地図やナビを確認したい時や、急なメールや着信があった時など、普通であればバックから出すというひと手間がかかります。
スマホホルダーを付ければ、ポケットやバックからスマホを取り出す手間を省けます。
また、ポーチ型のスマホホルダーを使えば、雨の日でもスマホが濡れる心配はありません。さらに、シリコン型やクランプ型など種類も豊富なため、ぜひ自分にピッタリのスマホホルダーを探してみてください。

スマホホルダーを付ける危険性はない?

もちろん使い方を間違えれば危険がいっぱいです。
いくらハンドルをしっかり握っていても、スマホの画面に集中しすぎると事故や転倒の原因になります。
また、しっかりスマホカバーを固定していなかったり、スマホの大きさが型に合っていないとスマホが落下してしまう可能性もあります。

自分の自転車やスマホに合ったスマホホルダーを選ぶようにしましょう。特にロードバイクはスピードが出やすいため、わき見運転に気をつけて利用してください。

ロードバイク用スマホホルダーを選ぶときのポイント

ロードバイク用のスマホホルダーには様々な種類があり、機能や性能も千差万別です。
まずは購入する際に基準となるポイントを説明します。

  • 基本中の基本!スマホのサイズが合っているか
  • ハンドルへの固定はベルトタイプ?クリップタイプ?
  • 防水性もあると安心
  • 角度を自由に変えられるか
  • スマホの固定はシリコンラバーバンドもあると落ちにくい

基本中の基本!スマホのサイズが合っているか

ロードバイク用のスマホホルダーは様々な種類がありますが、いずれを選ぶにしてもサイズが合わなければ使えません。サイズの合わないスマホホルダーを使ってしまうと、ホルダー内でぐらつく上に、大事なスマホに傷がついてしまうことがあります。

また、スマホを上下で固定できないと落下の可能性もあるため、必ず自分のスマホの大きさに対応したホルダーを選びましょう。また、シリコンのひもで固定するタイプのスマホホルダーは、伸縮性に長けていて幅広いサイズに対応しているためスマホをよく機種変更する方におすすめです。

ハンドルへの固定はベルトタイプ?クリップタイプ?

ハンドルに固定する方法は、ベルトで巻くタイプとクリップで取り付けるタイプのスマホホルダーがあります。
ベルトで巻くタイプは、基本的にハンドルに巻き付けるだけであるため、取り外しが楽です。数台でシェアしたり、レンタサイクルなどに取りつけたりと頻繁に取り外す方におすすめです。

クリップで取り付けるタイプは基本的にボルトで固定するか、手回しで締め付けます。こちらは1台にしっかりと取り付けるため、安定感があります。ただし、取り外して持ち歩けないためイタズラには注意が必要です。

防水性もあると安心

防水性があるスマホホルダーを選ぶと、雨が降っている場合にスマホを取り外す必要がなくなるため、雨の中でも道案内や、情報収集が可能です。雨天でも関係なくマウンテンバイクに乗る方や、通勤通学に使用する方におすすめです。デメリットとしては若干操作性が落ちることがありますが、なれてさえしまえばスムーズに操作できます。

角度を自由に変えられるか

スマホの角度を横向きや斜めに調節できるタイプです。ナビを使用している際に情報が見やすい利点があります。また、横向きにできることで、操作のしやすさもアップします。水平方向だけでなく垂直方向に角度を変えられるホルダーもあります。日当たりによって調節したり自分の目線の高さに合わせて角度を変ることにより、操作性が向上しより見やすくなります。

スマホの固定はシリコンラバーバンドもあると落ちにくい

スマホホルダーにシリコンカバーバンドをとりつけることでより強くスマホを固定できます。坂道や振動がある道を走る際に使用することで安心して走行できます。

デメリットとしては、画面が少し見づらくなったり、スマホホルダーのサイズが少し大きくなるため見た目が少しゴツくなることが挙げられます。
しかし、シリコンカバーバンド自体は軽くて持ち運びできるため必要によって着脱が可能です。
また、シリコンカバーバンドは素材のゴムが劣化するため固定力が弱くなったら買い換えが必要です。

ロードバイクのホイールに関する記事はこちら↓↓
ロードバイクのホイールおすすめ9選

ロードバイク用スマホホルダーは自作できる?

ロードバイク用のスマホホルダーを100円ショップに売っている材料を加工することで自作することも可能です。市販で購入するのももちろんいいですが、自作することで世界に1つだけのスマホホルダーを作ってみてはいかがでしょうか。

また、輪ゴムだけで固定することもできます。まだスマホホルダーを持っていない方や、壊れてしまった際の手段としても有効なためぜひ覚えておきましょう。

ロードバイクのサドルに関する記事はこちら↓↓
ロードバイク用サドルの選び方とメーカー別おすすめ15選

100均の商品でスマホホルダーを自作

準備するものは、100円ショップのスマホケース、結束バンド、はんだごてまたはカッター

作り方は、スマホケースの下半分に4つの穴を開けます。穴の間隔は縦方向に約4センチ、横に約2センチです。この感覚は大体で大丈夫です。はんだごてが準備できた方は溶かして穴を開けます。カッターの方はケースを傷つけたり裂いてしまわないように注意しましょう。

結束バンドを、開けた穴に後ろから全面に出しまた後面にもどす順番で、横向きに通します。これを上下2箇所とも行います。
ハンドルの縦部分やトップチューブの縦部分に取り付けます。

はんだごてではなくカッターで穴を開ける際は、スマホケースが割けてしまわないようにすこし注意が必要ですが、たったこれだけで作成できます。
固定力が意外にも高く、着脱も簡単なため重宝できます。購入を迷っている方は試作してみるのもおすすめです。

ロードバイクのスタンドに関する記事はこちら↓↓
【ロードバイク】スタンド人気おすすめ6選

おすすめのロードバイク用スマホホルダー10選

BESTEK 自転車ホルダー スマートフォン用ホルダー 保護バンド付き

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る
BESTEKスマホホルダー
ステンレス製でハンドルに締め付けるタイプのスマホホルダーです。上部が伸縮してホールドします。落下防止用のパッドと固定バンドで3重固定します。360度回転可能な万能モデルです。フック部分がやや目立ったりゴムがスマホの上にかかるのが若干気になりますが、それを差し引いてもお釣りが来るほどの固定力の高さが売りです。安定感を求める方におすすめです。

MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る
ミノウラIH520-STD
上下左右のウイングでスマホをしっかり挟み込みます。シリコンカバーバンドを取り付ける部分もあるため、さらなる強化が可能です。左右の回転が9度単位で調節可能です。様々なスマホ、使い方に対応するスマホホルダーです。

スマートフォンをしっかり固定できるロックとストッパー付き!サイド部分のロック機能が衝撃から守り、ストッパーが下り坂で発生する前滑りを防止します。360度回転させることができ、縦や横での固定はもちろん、取り付け位置を自由に調節できます。
衝撃に強いため、ハードな道でのサイクリングなどをする人におすすめです。

MINOURAの製品仕様

ブラック 重量 120g
サイズ iphone6 素材 アルミ、プラスティック

MOREZONE 5.5インチ 自転車 スマホ ホルダー

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る
MOREZONEスマホホルダー
防水可能なポシェットタイプのスマホホルダーです。ケース内にスマホを入れて使用します。ホルダー下部には収納ポケットがあるため小銭や小物を入れられます。タッチ部分は防水性に優れていますが、スムーズに操作でき雨の日でも問題なく使用できます。耐久性もバッチリでコンディションの悪い日でも安心なスマホホルダーです。

自転車ホルダー バイクスマホホルダー GPSナビ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る
BENDA スマホ固定用マウント
4つの爪でしっかりとスマホを固定できるスマホホルダーです。それぞれにボタンが付いていてボタンを押すことでロックを解除できるため着脱の際に余分な力が必要ありません。水平方向に360度回転可能な上に、斜めにも少しですが向きを変えられます。素材も柔軟なものを使用しており、振動を抑えてくれます。さらに、耐久性も兼ね揃えているため、便利で丈夫なスマホホルダーと言えるでしょう。

Tigra Sport Bike Console Waterproof Bicycle

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る
TIGRA Sport bike Console
密閉式でスマホをしっかり覆うタイプのスマホホルダーです。フック型でしっかりと固定できます。衝撃につよいケースを搭載し、万が一ケースが落ちてもスマホを守ります。耐水性も強く雨の日でも安心です。また、耐塵性にも優れているため塵が舞いやすい大通りの近くや田舎の畑の周りなどでも安心して走行できます。

iphoneをそのままハンドルに取り付けたようなスッキリな見た目と簡単でスピーディに着脱ができます。着脱に必要な動作はたった2回!簡単に取り付けができる上に安定性は抜群です。iphone専用に作られているため使いやすく、頑丈で一体感を味わうことができます。
取り付けたままiphoneの使用が可能です。あらゆるシーンで活躍する優れものです。
スマホホルダーを取り付けたいがホルダーの存在感が強いものは使用したくない・・・と感じている方におすすめです!

TiGRA Sportの製品仕様

ブラック 重量 54g
サイズ iphoneXS/S 素材 シリコン、カーボネイト

TaoTronics 自転車ホルダー バイクスタンド スマホ・iPhone固定用マウントキット

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る
Tao Tronics スマホ固定用キッド
フック型のスマホホルダーです。本体付属でシリコンカバーバンドが搭載されています。上下左右のフックとシリコンカバーバンドで固定するため安定感があり、山道やでこぼこ道を走行しても大丈夫です。角度も360度回転可能であるため見やすい角度でスマホを使用できます。シリコンカバーバンドの替えは別売しているため劣化しても交換可能です。

マルチユースサイクルマウント 進化系スマホホルダー

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る
DOPPELGANGER サイクルマウント
ハンドルにシリコンカバーバンドでハンドルに固定するシンプルな設計のホルダーです。弾力と固定力が高く、しっかりと固定できます。マウントする場所も自由に調節できるため、使いやすい位置に固定できます。また、スマホだけでなく、ドリンクやバナナ、ラジオなど固定できるものが多く、スマホホルダーとしてだけではなく、荷物ホルダーとしても使えるすぐれものです。

Bone シリコン製 スマホホルダー

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る
Bone スマホホルダー
スマホをシリコンカバーで挟み込み、腕時計のようにハンドルに装着するタイプです。一番の特徴は着脱のしやすさです。数台のバイクを保持しているライダーでしたら乗る際に簡単に装着して降りる際に外せるため大変便利です。また、お店などでは降りる際に外しておけば、いたずらや盗難防止にも有効です。

また、マウンテンバイクだけではなくベビーカーやママチャリにも装着できるため様々な用途に利用できます。発光素材を使用しているため暗くなると光ります。夜間の走行にも便利です。

ハンドルバーの直径を気にせず面倒な取り付けも一切不要で簡単に取り付けが可能!伸縮性が良いだけでなくキズや汚れなどから守り、さらには滑りも防止ししっかりスマートフォンを保護します。汚れたら水洗いOK。いつでも清潔に使用できます。
夜、使用する頻度が高い人や簡単に取り付けを行い人におすすめです。

[adelphos-01] iphone7.8ホームボタン対応 落下防止ワイヤー付属

Amazonで詳細を見る
adelphos
フック型のスマホホルダーですが、手回しハンドルで取り付けがしやすいながらも頑丈に固定できるタイプです。防水、耐久性に優れています。また、落下防止力も高く仮に落としてしまった場合にも3ヶ月の保証があります。

ケースとフックの着脱が簡単なので駐車中のスマホの持ち運びにも便利です。4種類の大きさのスマホホルダーが予め付属し、高さ調節用のクッションも同梱されているため幅広い機種に対応しています。スマホの操作性も高く、縦横斜めの全方向に回転できます。対応力、耐久性、操作性の三拍子揃った万能モデルです。

GORIX ゴリックス 自転車用スマホ&モバイルバッテリーケース

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る
GORIX スマホバッテリーケース
ハンドル部分の伸縮性が優れているため、大小さまざまなハンドルに装着できます。ママチャリ等にも装着できます。さらに、スマホだけでなくモバイルバッテリーも収納できるため、長時間使用する際にも安心です。3.5インチ〜6インチのスマホに対応しています。スマホの固定力も高いため、遠出をしたり、旅先で使用するのにおすすめです。

ロードバイク スマホホルダーまとめ

いかがでしょうか。一言にスマホホルダーと言っても用途や形態によっていろいろな種類があります。また、自作することも可能です。これからスマホホルダーの購入を検討しているのでしたら、使用するイメージをしっかり固めてから購入することをおすすめします。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。