2018年7月21日

クライミング用ロープの選び方と人気おすすめ5選【マムート、ペツルなど有名メーカーも紹介】

ルートクライミングにクライミングロープは必要不可欠です。
様々なメーカーから販売されているクライミングロープにはそれぞれ特徴があります。
ここではクライミングロープのロープワークや選び方のポイントとクライミングロープおすすめ5選を紹介します。

おすすめ関連記事↓
クライミンググローブの選び方と人気おすすめ10選!

クライミングでのロープワーク

クライミング
ロープを使うクライミングをルートクライミングと言います。
ルートクライミングでは伸縮性のあるシングルロープを使います。
ルートクライミングでは、クライマーが登るのに合わせてロープを出したり引いたりしてクライマーが墜落しないように支えるビレイヤーがおり、クライマーとペアになってクライミングします。

ルートクライミングには

  • トップロープクライミング
  • リードクライミング

の2種類があります。

トップロープクライミングは最上部にあらかじめ設置されているロープの支点にロープを通して行います。
トップロープクライミングはクライマーが常に上から確保されているため安全度が高いです。
初心者はトップロープクライミングから始めるのがおすすめです。

リードクライミングはクライマーが登りながら支点となるクイックドローに自分でロープを掛けます。そのため、クライミング技術に加えてロープワークの技術が必要になります。

クライミングロープの選び方

クライミング
以下では

  • 長さ
  • 太さ
  • 耐荷重
  • メーカー

の項目ごとにクライミングロープの選び方について解説いたします。

長さ

クライミングロープは30mから80m程度の長さが一般的です。

室内のクライミングジムでは、30mから40m程度のロープで足りますが、屋外のクライミングには60m程度の長さが必要です。
自分がクライミングする場所にあわせて適切な長さのクライミングロープを選びましょう。

太さ

クライミングで使うシングルロープの径は9.5mm程度から10mm以上まであります。

10mm以上のロープは太いロープと言えます。太いロープの特徴は強度があり伸びやすいため衝撃吸収性が良いです。
また、ロープと手との接触面積が広いため手でしっかりと握りやすいです。
ただ、ロープが太いため重量があり、リードクライミングのクリップ時にストレスを感じやすいです。
太いロープはトップロープクライミングの初心者やクライマーとビレイヤーの体重差が大きい場合におすすめです。

径が9.5mm程度の細いクライミングロープは、軽量で持ち運びしやすいです。
また、リードクライミングのクリップ時の負担が小さいです。
ただ、太いロープと比較して強度や衝撃吸収性が落ちます。
また、手との接触面積が少ないためロープを握る時の力加減が難しいです。

細いクライミングロープはクライミング中級者、上級者におすすめです。

耐荷重

クライミングロープを選ぶときは長さや太さとあわせて耐荷重を確認しましょう。
細くても耐荷重の重いロープもあるので、見た目で判断するのではなく数値も確認しましょう。

ただし、強度があるクライミングロープでも古くなったり破損したロープは本来の強度を発揮できません。
クライミングロープは破損のない状態で正しく使いましょう。

メーカー

クライミングロープは、クライミング用品メーカーなどから販売されています。
メーカーによって機能や価格も様々なので用途にあわせて選びましょう。

クライミングロープの人気おすすめ5選

EDELRID エーデルリッド ボア 9.8mm(2017年新色)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ドイツの登山用具メーカーであるエーデルリッドのクライミングロープです。
9.8mm径のシングルロープです。1mあたり62グラムです。長さは60mあり屋外でも使えます。総重量は3720グラムです。

サーモシールド加工という特殊な熱処理を施していて、質感が柔軟で操作性が良いです。

屋外でも使いたい人におすすめのクライミングロープです。


スイスのクライミング用品ブランドであるマムートのクライミングロープです。
10mm径のシングルロープです。1mあたり68グラムです。長さは50mです。総重量は3400グラムです。

耐摩耗性に優れていて丈夫なクライミングロープです。丈夫なクライミングロープが欲しい人におすすめです。

BEAL(ベアール) 10mm タイガー ユニコア ドライカバー 60m BE11116

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

クライミングロープのリーディングカンパニーであるべアールのクライミングロープです。
10mm径のシングルロープです。1mあたり61グラムです。長さは60mあり屋外でも使えます。総重量は3660グラムです。

外被と芯を接着するユニコア製法を採用し、操作性、耐久性が良いです。
ドライカバー加工により、撥水性があります。岩場などの屋外で使いたい人におすすめのクライミングロープです。

BEAL(ベアール) 10mm バイラス 50m BE11160

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

フランスのクライミングロープメーカーであるべアールのクライミングロープです。
10mm径のシングルロープです。1mあたり63グラムです。長さは50mです。3150グラムです。

撥水処理を省略することで手頃な価格を実現しています。
初心者やコストパフォーマンスの良いクライミングロープが欲しい人におすすめです。

PETZL(ペツル) R32A マンボ ウォール 10.1mm 40m

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

フランスのクライミング用品メーカーであるぺツルのクライミングロープです。
10.1mm径のシングルロープです。1mあたり65グラムです。長さは40mです。総重量は2600グラムです。

屋内ジムで使用することを想定してデザインされています。
ハンドリング性と耐久性が良いです。初心者から上級者まで使用できます。屋内ジム用のクライミングロープが欲しい人におすすめです。

クライミングロープの結び方

クライミング
クライミング全般で最も頻繁に使い、最も重要な結び方だと言えるのはエイトノット(八の字結び)です。
ハーネスにクライミングロープを結ぶ時もエイトノットで結びます。
クライミングロープは真っ直ぐな状態が一番強度があります。
エイトノットで結ぶと、結んだ部分のロープの直線部分が多いため、ロープの強度を損ないにくいです。
繰り返し練習して、正しいエイトノットを結べるようにしましょう。

以下では

  • クライミングロープの束ね方・まとめ方
  • クライミングに使えるロープ用バッグ

について触れていきます。

クライミングロープの束ね方・まとめ方

クライミングロープを正しく束ねていないと、使いたいときに絡まるなどして危険です。
クライミングロープは輪っかにして束ねるのではなく、折り返して束ねます。
ロープの端から折り返していき、もう一方の端が近づいてきたら、折り返し始めのロープの端を押さえるように巻きつけて留めます。
クライミングロープの結び方や束ね方は何度も練習し、いつでも正しくできるようにしましょう。

クライミングに使えるロープ用バッグ

クライミングロープを使うときに忘れてはいけないのがロープ用バッグです。
特に決まりはありませんが、専用のロープバッグにはクライミングロープの端を留めることができ、長いロープの端を見失うことがなく便利です。

クライミングロープ以外の用具や靴を収納できるスペースがあるロープ用バッグもあります。持ち方もショルダータイプやリュックタイプなどがあります。
他の荷物の量や携帯方法とあわせて持ちやすいロープ用バッグを選びましょう。

マムート(Mammut) ロープバッグ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 EDELRID エーデルリッド ボア 9.8mm(2017年新色)Mammut Galaxy Dry 10,0 mmBEAL(ベアール) 10mm タイガー ユニコア ドライカバー 60m BE11116BEAL(ベアール) 10mm バイラス 50m BE11160PETZL(ペツル) R32A マンボ ウォール 10.1mm 40mマムート(Mammut) ロープバッグ
購入先 Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天

自分にあったクライミングロープを選ぼう

いかがでしたか。クライミングロープには様々な太さや長さ、特長があります。
自分がクライミングする場所や自分のクライミングスキルなどにあったクライミングロープを選びましょう。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。