ピラティス
2018年7月25日

ピラティス教室を選ぶポイント 

今回の記事は、これからピラティス教室に通うことを考えている人向けに、ピラティス教室を選ぶ際のポイントを紹介していきます。
何も調べずに通い始めてしまうと「思っていたものと違った」と感じることもあります。「思っていたものと違った」と思うことがないように、この記事を最後まで読んで事前に教室について調べていきましょう。
ピラティスとヨガの違いを知りたい方はこちら↓
ピラティスとヨガの違いとは?目的や効果の違いを徹底解説!

ピラティス教室へ通う目的を明確化しておくこと

ピラティスの教室を探す前に、まずはピラティスの教室に通う目的を明確にしておきましょう。なぜ家ではなく教室に通ってピラティスを習うのか、何のためにピラティスを行うのかということを整理しておくことが大事です。
なぜかというと、教室に通い始めてから「こんなはずじゃなかった」や「この教室は自分には合っていない」と口にしないようにするためです。
中途半端な気持ちでピラティスをすると、「こんなはずじゃなかった。私にはヨガの方が合っているかも」と思ってしまったり、料金やレッスン内容などを知らずに通い始めてしまうと、「この教室は合っていない」と言う原因になります。

ダイエット目的で通う人もいれば、娯楽目的で通う人もいます。ですがお金を払って教室に通うのであれば、きちんと通う目的を明確にしておきましょう。

ピラティス教室に行く前に調べたい・知っておきたいこと

ピラティスの教室へ行く前に、事前に調べておいた方がいいことや知っておいた方がいいことがあります。いきなり何も調べずに入会してしまうと自分に合っていない場合もあり、後々後悔することになります。
ここからは教室に通い始める前に確認しておくべき4つのポイントについて解説していきます。

  • 予算
  • 通学
  • ピラティス教室へ体験にいく
  • グループかマンツーマンか

予算

ピラティスの教室は、教室、立地、コースによって月謝(月額料金)がピンからキリまであります。
ピラティスの教室に通う前に、「1ヶ月当たりいくらまでならピラティスに使っていいのか」という予算を設定しておきましょう。
教室によっては入会時に月謝とは別に事務手数料や会員手数料が発生する場合もあります。また、新しくウェアを買うタイミングもあります。生活費を圧迫しない範囲で、予算を設定しましょう。

また、支払い方法も確認しておくことが大切です。場合によってはクレジットカードが使えない場合やクレジットカードしか使えないと言う場合もあります。事前に支払い方法も確認しておきましょう。

通学

生活圏内に、通うピラティス教室を納めるようにしましょう。1番良いのは職場の最寄駅に近い教室か、家の最寄駅から徒歩圏内であったり車で無理しなくても通える距離の教室を選びましょう。

教室を選ぶ際に、今の生活圏の外にしてしまうと、通うことが面倒臭くなってしまう場合もあります。
1ヶ月の間に教室に通うことができる回数や、通える時間帯も調べておきましょう。

ピラティス教室へ体験にいく

ピラティスの教室に通い始める前に、事前に教室へ体験をしに行きましょう。体験をせずに通い始めてしまうと「こんなはずじゃなかった」となる場合もあります。
ピラティスの教室は駅前で開催されていることが多いです。インターネット上でピラティスを体験できる教室を探してみたり、リーフレットを受け取るなどしてピラティスの体験をしに行ってください。

ピラティスはスポーツジムのほか、公共施設やカルチャー教室やヨガ専用のスタジオでも行われます。体験もそれに合わせて会場が違うため、事前に確認をしてください。

ピラティスの教室によってはいきなり入会することはできず、入会前の体験レッスンが必須の場合もあるため、確認をしてみてください。

グループかマンツーマンか

ピラティス教室の主なレッスンが、複数人で行うグループレッスンなのかインストラクターと1対1のマンツーマンで行うレッスンなのかを確認しておきましょう。

グループで行う場合には、知り合いができてピラティスに通いやすくなり、教え合いながらピラティスを学ぶことができると言うメリットがあります。
一方で、複数人で行いますし、時間も決まっているため、ポーズや意識するポイントがわからなくなってインストラクターの指示についていけなくなってしまうこともあります。その際にはサクサクを次のポーズに移っていくこともあるため、きちんと理解できないと言うデメリットがあります。

マンツーマンで行う場合には、1対1でインストラクターに教えてもらうことができるため、わからない点を教えてもらいながら自分のペースで進めていけると言うメリットがあります。一方で、ピラティスを一緒に行う仲間ができないと言うデメリットがあります。

ピラティス教室に通いたいと思っている方向けに押さえておきたいポイントとは

ピラティス教室に通うことを考えている人向けに、押さえておきたいポイントを3つ紹介していきますから、必ず確認してください。

  • ピラティスの講座内容は本当に自分にあっているか
  • ピラティスを始めるための動機をきちんと把握しておく
  • ピラティスの人気講師の講座にとらわれず体験に行き自分に合った講座内容を見つける

ピラティスの講座内容は本当に自分にあっているか

ピラティスの講座内容・レッスン内容は本当に自分に合っているかをきちんと確認しましょう。
ピラティス初心者なのにピラティス上級者向けのレッスンを受講していたらついていくことは難しいですし、初心者向けのピラティスレッスンであっても、コースによって内容が違う場合があります。
これから通う教室はレッスン内容が自分に本当に合っているかどうかは、体験レッスンや口コミを参考に見極めてみてください。

ピラティスを始めるための動機をきちんと把握しておく

冒頭でも触れましたが、ピラティスを始めるための動機を今一度確認しておきましょう。中途半端な気持ちで通い始めてしまうと、「こんなはずじゃなかった」や「この教室は自分には合っていない」と感じてしまいます。そうすると通うことを辞める場合も考えられ、今までのお金や時間が水の泡になってしまいます。

自分自身がピラティス教室に通うことを考えた動機を把握しましょう。

ピラティスの人気講師の講座にとらわれず体験に行き自分に合った講座内容を見つける

各教室には、「人気講師」と呼ばれる講師がいます。レッスン内容や人柄から講師を選ぶ人が多く、ホームページでも「人気講師から探す」と言うボタンが設置されていることもあります。
人気講師から探すことももちろんいいのですが、人気講師だと受講者が多くなり定員が満員になってしまったり、講師は良くても内容が自分に合っていないと言うことになり兼ねません。

1番良いのは、自分の目で見て肌で感じて講座内容・レッスン内容を決めることです。

ピラティス教室のまとめ

今回の記事では、これから通うピラティスの教室を選ぶ際のポイントについて紹介してきました。教室を選ぶ際の大事なポイントをまとめると、

  • 予算
  • 生活圏内かどうか
  • 講座内容、レッスン内容

この3つです。
この3つの部分は必ずチェックをして、これから通う教室を選んでください。

合わせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。