2018年7月20日

ジムマシンを効率的に使って理想のボディを目指そう!

ジムで筋肉トレーニングをする場合は、マシンを使うことで効率よく筋力を付けることができます。
しかし、初めて使うジムのマシンは使い方が分からない場合が多いです。
ここでは、ジムに設置されているマシンの使い方を紹介しています。
そのため、ジムで筋肉トレーニングを始めようと考えている人やマシンを正しく使えているか不安がある人は参考にしてください。

おすすめ関連記事↓
ジムに行くときの服装を知ろう!【男女別に紹介!】

ジムのマシンをうまく使おう!

ジムに通い筋肉トレーニングをする人は男性のイメージがありますが、女性もダイエット目的でジムに通いマシンを使う機会が多いです。

ジムに設置されているマシンは、一見どこを鍛えるマシンなのか判別できない場合や用途は分かっていても使い方が分からない場合も多いです。

見よう見まねでマシンを使用しても効率よく筋肉に負荷をかけることができないため、筋肉量を増やすことができません。
また、正しく使用しないと怪我をしてしまう危険性もあるため、使用する前に正しい使い方を把握しておくことが大切です。

以下では

  • 上手に使えば効率的に効果が得られる
  • 何を目的にするかを明確にしよう!

について触れていきます。

上手に使えば効率的に効果が得られる

筋肉トレーニング用のマシンは、効率よく筋肉を鍛えれるように開発されています。
また、筋肉量が乏しい人でも使うことができるように微調整をすることも可能です。
そのため、ジムに来ることが初めての人でも段階を得て筋肉トレーニングをすることで効率的に筋肉を鍛えることができます。

ジムに設置されているマシンのほとんどが自宅用の筋肉トレーニング用のアイテムより本格的な物が多いため、自宅で筋肉トレーニングをするより効率よく筋肉を付けることが可能です。
そのため、ジムに通う場合は、積極的にマシンを使用することをおすすめします。

マシンを使用して筋肉トレーニングをしたいが、使い方が分からない場合は、ジムのトレーナーに教えてもらう事でマシンの使い方を学ぶことができます。

何を目的にするかを明確にしよう!

ジムのマシンを使っても、理想の体形を手に入れれない場合や見た目の変化が表れない場合があります。

その原因は、目的に適したマシンを使用していないか正しい使い方をしていないかのどちらかです。
例えば、腹筋を鍛えたいにも関わらず、ランニングマシンばかり利用していては効率よく腹筋を鍛えることができません。
そのため、ジムでマシンを使う場合は、まずどこを鍛えたいかを明確にすることが大切です。

全身の筋肉量を増やしたい場合は、ランニングマシンで使うことでバランス良く筋肉を付けることができますが、腹筋を割るためには相当走り込む必要があります。
それでは結果が表れるまでに時間がかかってしまい途中で挫折してしまう可能性が高いです。

そうならないためにも全身を鍛えたい人でも特にどこを鍛えたいかを決めることが大切です。
少しでも変化が表れることで、筋肉トレーニングの成果を実感し、さらなる高みを目指すことも可能です。



ジムのトレーニングマシンの使い方

ジムのトレーニングマシンは多くの種類が設置されているため、初心者の方はどれを使用すればいいのか迷ってしまったり、使い方が分からずに使用することを避けてしまう場合もあります。

しかし、多くのトレーニングマシンが揃っているジムに通っているのに、使用しないマシンがあることは損をしています。

そのため、全てのマシンを使ってみて、どのような感じで筋肉に負担がかかるのかを経験しても損することはありません。
それぞれのトレーニングマシンには、使い方が決まっているため、それぞれの使用方法を知っておく必要があります。

以下では

  • 使い方がわからないときはスタッフにアドバイスをもらう
  • 使い方の本を読んでみよう
  • 女性用のジムマシンの使い方もある
  • マシントレーニングのメニューは自分のレベルにあったメニューにする

について触れていきます。

使い方がわからないときはスタッフにアドバイスをもらう

多くのマシンが設置しているジムですが、全てのマシンの使い方を把握するには多くの時間が必要になります。
そのため、使い方が分からない場合は素直にスタッフに聞くことをおすすめします。

ジムには必ずスタッフがいるため、その人に聞けば使い方が分からないマシンを使うこともできるようになり、ジムに通う楽しみを倍増することが可能です。

また、その際に自分が鍛えたい部位を伝えることで、おすすめのトレーニングマシンを教えてくれるため、効率よく身体を鍛えることも可能です。

使い方の本を読んでみよう

最近はジムで鍛える利用者も増えているため、筋肉トレーニング用の書籍も多く出版されています。
そのため、筋肉トレーニングの方法以外にマシンの使い方を説明している本も出版されています。

上記の用にジムのスタッフの人に聞くことが一番早いですが、人見知りの人やプライドが高い人は本でマシンの使い方を事前に把握する方法がおすすめです。

ジムのマシンの使い方を事前に把握しておくだけでも、実践する際に大きな助けになるため、スタッフに聞かなくても初めてのマシンを使うことができます。

しかし、同じ部位を鍛えるマシンでも種類が多くあるため、読んだ本と同じ種類ではない可能性もあります。
そのため、細かな調整に対して対応できない場合もあります。

女性用のジムマシンの使い方もある

ジムに設置しているマシンには女性用マシンも存在します。
そのため、間違っても女性用のマシンを男性が使わないようにしましょう。

女性用のマシンの特徴は、女性特有の体形にフィットするように開発されていることです。
そのため、女性でも違和感なくマシンを使う事ができます。

また、ジムによって異なりますが、同じ作りのマシンでも女性専用と男性専用に分かれている場合があります。その理由は、男性が使ったマシンを使う事に抵抗感がある女性が多いからです。

マシントレーニングのメニューは自分のレベルにあったメニューにする

ジムのマシンを使って筋肉トレーニングをすることは効率よく筋肉を鍛えることができますが、自分のレベルあったメニューにする必要があります。

マシンのほとんどが重りを利用して筋肉に負荷をかける仕組みです。
そのため、同じマシンでも重さを調整するだけで初心者から上級者まで使うことが可能です。

マシンを使用する際の注意事項に自分のレベルにあった重さでトレーニングをする必要があります。例えば、一度しか上げることでしかできない重りを上げても筋肉を効率よく付けることはできていません。

一度しか上げれない重さより10~20回程度上げれる重さの方が筋肉を鍛えることができます。
そのため、筋肉トレーニングをする場合は、使用するマシン選びも大切ですが、自分のレベルにあったメニューを考えることも重要です。



トレーニング別ジムマシンを紹介

ジムにあるマシンには、鍛える部位によって選ぶ必要があります。
また、正しい使い方をマスターすることで効率よく筋肉を鍛えることができます。
次に、鍛えたい部位ごとにおすすめのマシンと使い方を紹介します。

以下では

  • 腹筋を鍛えたいときにおすすめマシン
  • 背筋を鍛えたい時におすすめのマシン
  • 有酸素運動をする時はこのマシン

について触れていきます。

腹筋を鍛えたいときにおすすめマシン

腹筋を鍛えることでウエストを引き締めることができます。
年齢を重ねると体形を維持することが難しくなります。
特にお腹の状態を維持することは非常に難しです。お腹は体形が崩れやすい部位であるため、お腹だけが出てしまうと体形のバランスが崩れてしまい、だらしない印象が出てしまいます。

そのようなみっともないお腹を引き締めるためには腹筋を鍛えることで魅力的なお腹にすることができます。
腹筋を鍛えることで、お腹を割ることもでき、男性の憧れの腹筋でもあります。

アブドミナルクランチマシン


腹筋を鍛える場合は、寝転んでから上体を起こすイメージが強いですが、このアドミナルクランチマシンでは座った状態でも腹筋を鍛えることが可能です。

まず、椅子に座りハンドルをしっかり握ります。後は、上体を膝に近づけるだけで腹筋を鍛えることができます。

トーソローテーションマシン


トーソローテーションマシンは腹筋を鍛えることができますが、主に横腹を鍛えるとためのマシンです。
横腹を鍛えることは難しく、マシンを使っても横腹は鍛えにくい部位です。

トーソローテーションマシンの使い方は、まず動画のように自分の体格と合うようにセットします。
後は、ハンドルを握り膝立ちで座り、腰を回すことで効率よく横腹を引き締めることができます。
そのため、入らなかったズボンなどを履けるようになります。

アブコースター


アブコースターは一見トレーニングではなく遊具で遊んでいるように見えてしまうこともありますが、腹筋には大きな負荷をかけることができます。

アブコースターの使い方は、ハンドルを握り膝立ちになります。
この際に、可動部を足の甲で引っかけることがポイントです。アブコースターにはレールが取り付けられているため、下半身を上に持ち上げることで腹筋を鍛えることが可能です。
また、下半身の向きを斜めにすることで腹斜筋も鍛えることができます。

背筋を鍛えたい時におすすめのマシン

筋トレする部位で背筋は忘れがちにですが、背筋を鍛えることで腰痛を解消できたり、重い物を持ち上げる際に腰を痛めることがありません。
また、肩コリを解消することも可能です。

アシステッド・プルアップマシン


アシステッド・プルアップマシンは、膝立ちになりハンドルを握ります。
息を吐きながら懸垂をする要領で上体を持ち上げます。

ケーブルマシン


ケーブルマシンは一台で多くの部位を鍛えることができます。
主にロープを引っ張ることで筋肉を鍛えることができます。
背筋を鍛える場合は、膝を軽く曲げ、腰も曲げます、後は背筋を使うようにロープを引っ張ります。
脇をしめてロープを引っ張ることがポイントです。

ラットマシン


ラットマシンは上部に取り付けられているレバーを下に引っ張ることで背筋を鍛えることが可能です。
動画では正しいフォームと間違ったフォームを紹介しています。

有酸素運動をする時はこのマシン

トレーニングの種類には有酸素運動と無酸素運動があります。
無酸素運動とは、筋肉を短時間に強い負荷をかける方法で、有酸素運動は時間をかけてじっくり筋肉の負担をかける方法です。2つの運動をすることで効率よく筋肉を鍛えることが可能です。
ジムの有酸素運動ができるマシンもあります。

クロストレーナー


クロストレーナーは下半身を鍛えることができます。
また、自分のペースで行う事ができるため、初心者にはおすすめのマシンです。

トレッドミル


トレッドミルとは、ランニングマシンのことです。
多くの人が一度は見たことがあるマシンではないでしょうか。
使い方は自分の好みのスピードを設定し、ベルト部分を走ることで室内でもランニングすることか可能です。

まとめ

ジムのマシンを使用することで効率よくさまざまな部位を鍛えることができますが、マシンごとに使い方が異なっています。
そのため、使用するマシンの使い方をマスターする必要があります。
マシンの使い方は難しいと考えている人もいますが、一度教えてもらえば簡単に使う事ができます。



合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。