2018年7月17日

カヌーのパドル人気おすすめ10選!【2019年最新版】

おすすめのカヌーパドル10選を紹介します。

カヌーといっても様々な楽しみ方があり、カヌーの種類によってパドルも様々です。

これからカヌーを始めたいけどどんなパドルを選べばいいのかわからない人におすすめの内容になっています。ぜひ参考にしてカヌーパドルを選んでください。

おすすめ関連記事↓
折りたたみ式カヌー人気おすすめ5選!

カヌーのパドルの種類

出典:amazon.co.jp
カヌーのパドルには様々な種類があります。海や川を旅するツーリング・カヤック、ビーチや湖で遊べるレクリエーショナル・カヤック、激流を楽しむホワイトウォーター・カヤック。
最近人気が急上昇のフィッシング・カヤックなど、カヌーの楽しみ方は様々あります。

パドルの選び方は、カヌーを使用してのアクティビティやフィールドによって大きく異なるのでアクティビティや用途に合った最適な1本を選びましょう。

ボートはオールをテコにして漕ぐものですが、パドルを使って漕ぐ舟の総称を「カヌー」と呼びます。
さらにシングルパドルで漕ぐものを「カナディアンカヌー」と呼び、ダブルパドルで漕ぐものを「カヤック」と呼びます。
さらにカナディアンカヌーやカヤックフィールドや目的によって様々な種類のパドルがあります。

以下では

  • 素材
  • シャフトの形状

について触れていきます。

素材

カヌーのパドルにはカーボンやファイバーグラスといった軽くて強い素材が使われることが多く、素材の特徴によりパドリングに違いが出ます。
アクティビティや用途、実際に触ってみて自分に合うものを選びましょう。

プラスチック樹脂製

プラスチック樹脂製のパドルはしなりがあるので通常の使い方ではほとんど割れることがありません。

激しい使い方にも耐えるので、ツーリングの途中にパドルが破損しては困る心配がある場面では有効です。
しかし、10年ぐらい使用していると経年劣化で割れることはあります。

アルミ製

アルミ製のパドルは比較的安価です。
シャフトがアルミもしくはスチールでできているものもありますが、カーボン製のシャフトより比較的重く感じるものが多いです。

繊維強化プラスチック製

繊維強化プラスチック製のパドルは軽くて強度もありますが、一点に大きな力が加わると割れる時はいっきに割れます。
レースやコンペティション用のパドルはほぼカーボン製です。
上手をクイックに操作しやすく、操作性が高いです。

シャフトの形状

シャフトとはブレードとブレードをつなぐ棒の部分のことで、シャフトの形状によってもパドリングに影響があります。
真っすぐな「ストレート」タイプと、シャフトが曲がった「ベント」タイプがあり、パドルのコントロール性能や手首への負荷など大きな違いがあります。

ストレートシャフト

ストレートシャフトはオーソドックスな形状のシャフトになります。
ベントタイプに抵抗がある初級者や、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

エルゴノミックシャフト

エルゴノミックシャフトは人間工学に基づいて、パドリング中の手首とシャフトの角度を理想的に保つことで、ブレードコントロールの性質を高めます。

より力がブレードに伝わりやすい形になっているシャフトです。
また手首の負担が軽くなるため、疲労を軽減します。

カヌーのパドルの持ち方

カヌー パドル
シャフトの中央が自分の中心にくるようにに持ちます。
肘を曲げ、両手を肩幅程度に広げて、シャフトの中央を左右対称に掴んで握ります。

腕をまっすぐ前に伸ばした時、右のブレードの表側が手前に向くようにするのがポイントです。
漕ぐときに重く感じる場合は少し広めに持ちましょう。

カヌーのパドルの漕ぎ方

以下では

  • フォワードストローク
  • Jストローク

について触れていきます。

フォワードストローク

フォワードストロークとはカヤックを前に全身させる漕ぎ方です。
前傾したり後傾したりせず背筋を伸ばして座ります。
パドルを漕ぐ際、膝を胸に近づけるようにして前傾姿勢を取りますが、猫背になって背中が丸くならないよう注意して下さい。
脚は軽く曲げ踏ん張るようにフットプレイスに置きます。

まず上半身を右前方にひねるようにして右腕を伸ばし、ブレードで水をかきます。ブレードが水をすくう位置は、右足のつま先あたりになります。

上半身のひねりを戻しながら右腕を引き、同時に左腕は肩の高さを維持して前方に押し出すようにします。
腰の回転も使ってできるだけ長いストロークで漕ぐのがポイントになります。

右手が腰のあたりにくるまで漕いだら、左腕は完全に伸び切るようにしましょう。
そして右のブレードを水から引き抜き、右の肩あたりまで引き上げ、右手首を手前にひねります。
右側と同じ要領で、左前方の水もすくい上げます。

Jストローク

Jストロークはカナディアンカヌーで使われる漕ぎ方です。
ブレードを前に出し後ろに引きますが、この時漕いだ側と反対に船が傾いてしまいます。

漕ぐときに押し出す手の親指を自分側に向けるようにパドルをひねり、ブレードが船と平行になるように握ったら、ブレードが船から離れるようにして外側に漕ぎます。
片側ばかりで漕いでいると疲れてしまうので、左右どちらでも漕げるようになると良いでしょう。

カヌーパドルの選び方

カヌー パドル
パドルの種類について説明しましたが、たくさんの種類や特徴があるため、自身にあったパドルを選ぶことがとても重要です。
そこで今回は、選ぶ時に重要な3つのポイントをピックアップし紹介します。

フェザリング角度

パドルには、水から出ている方のブレードが風の抵抗を受けにくくするためにフェザリング角度が設定されています
また、パドリングするときに水面の進入角により水を捉えやすくもなっています。

角度はジャンルや好みによって調整できます。
湖や海では風の影響を受けにくい、90度や60どなど角度の大きいパドルがおすすめです。
逆に低い角度のパドルは、激流を下り風の影響をあまり考えなくてよいホワイトウォーターカヤックでの使用がおすすめです。

また、自分の漕ぎやすい角度に自由に調節できる分割式のパドルも販売されており、風の弱い時や初心者の方が使う時は角度を0度に設定するということも可能です。
さらに利き手が左の場合でも、角度を-60度に設定することで対応できます。

ホワイトウォーター

川の激流を下るホワイトウォーターカヤックでは、方向転換や短時間での瞬発力が求められます。
そのため、漕ぐ回数をあげやすいように全長が短めで、ブレードは水をとらえやすいように幅の広いワイドブレードがおすすめです。

しかし、激流を下るので岩や川底にぶつけたり、落としたりする可能性も高いので、最初のうちはブレード、シャフト共に値段の安いプラスチック素材を選ぶのがおすすめです。
そして、慣れてきたらグラスファイバー製に買い換えていくのが良いでしょう。

湖・海

湖や海ではある程度の水深があるため、ブレードを底にぶつけてしまう心配がほとんどありません。
また、長距離・長時間漕ぐことが多いフィールドでもあります。

そのため、軽さを一番のメリットとするカーボン素材で、水の抵抗を受けにくいナローブレードがおすすめです。
ナローブレードは横幅が狭いので水をとらえる力は弱いですが、水の抵抗が少ないことで腕が疲れにくく長距離を長時間漕ぐ湖・海での使用に最適です。

おすすめのカヌーのパドル10選

Overmont カヤックパドル 2ピース分割可 アルミ合金製 グラスファイバー ダブルブレード 全長222cm

Amazonで詳細を見る

パドリング時のブレを軽減しパドリングをスムーズに行える無駄のないブレードデザインで、長時間にわたるパドリングも効率よくこなしてくれます。
シャフト中央部のピンロックをオープンにすると長さ及びフェザー角度の調節が自由にできます。初心者の方におすすめのパドルです。

コールマン ホワイトウォーターカヤックパドル ブラック 2000010310

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アルミ製の丈夫なシャフト。4つに分割でき、現地に運ぶ際に便利なパドルです。

MORGEN SKY カーボンパドル SUP・カヤック・カヌー 2ピース ストレートシャフト ダブルブレード パドルバッグ付き CP12

Amazonで詳細を見る

100%カーボンで非常に軽量かつ十分な強度のあるパドルです。
シャフト中央部のピンロックをオープンにすると、長さ及びフェザー角を調整可能です。

MORGEN SKY カヤックパドル アルミニウム ダブルブレード 2ピース220cm 型番PD2-06

Amazonで詳細を見る

グラスファイバーの繊維強化プラスチックをブレードに使用し、折れにくく重量も抑えられ初心者でも快適なパドリングをすることができます。
長時間ゆったりとしたペースで漕ぎたい方はこのパドルがおすすめです。

AKUALA(アクアラ)カーボン パドル カヌーポロパドルカヤックパドル

Amazonで詳細を見る

カーボン製の720グラムの超軽量 カヌーポロパドルです。

Winnerwell カヤックパドル WFN グラスファイバーシャフト&ナイロンブレード

Amazonで詳細を見る

Winnerwellカヤックパドルはグラスファイバー入りナイロンを使用し、軽くて強度があり長持ちします。
非対称なブレードはグラスファイバー入りナイロンで作ったシャフトと相性が良く、快適なカヤックを楽しむことができます。

MORGEN SKY カヤックパドル 子供用パドル アルミニウムシャフト ダブルブレード 2ピース160cm 型番PD3-05

Amazonで詳細を見る

子供用サイズのパドルです。子供用ですが一切妥協のない設計、デザインは初めてカヌーをする子供たちの最高のパフォーマンスを実現してくれます。
お子様と一緒にカヌーを始める方におすすめです。

vegonia(ベゴニア) 取り外し可能 非対称 アルミ カヤック パドル パドル アフロート オール イエロー

Amazonで詳細を見る

アルミニウム製のパドルで入門用の一本に最適のパドルです。
2つに分割できるため運搬に便利です。

WERNER(ワーナー) パドル スカジッツ 2ピース ストレート 230 MC-5985

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

シャフトは上級機種と同じグラスファイバーで軽量かつ強度にすぐれています。
ブレードはアジャスタブルジョイントを採用し、簡単にフェザーアングルを変更(15度刻み)する事が可能です。
スイングバランスの良さ、種類の豊富さは初心者からベテランまで全てのパドラーを満足させてくれます。

AquaMarina(アクアマリーナ) iSUP用 アルミニウムカヤックパドル 4セクション

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

丈夫なアルミニウム製のパドルです。4セクションからなる分割式で持ち運びに便利で、サイズ調整も可能です。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 Overmont カヤックパドル 2ピース分割可 アルミ合金製 グラスファイバー ダブルブレード 全長222cmコールマン ホワイトウォーターカヤックパドル ブラック 2000010310MORGEN SKY カーボンパドル SUP・カヤック・カヌー 2ピース ストレートシャフト ダブルブレード パドルバッグ付き CP12MORGEN SKY カヤックパドル アルミニウム ダブルブレード 2ピース220cm 型番PD2-06AKUALA(アクアラ)カーボン パドル カヌーポロパドルカヤックパドルWinnerwell カヤックパドル WFN グラスファイバーシャフト&ナイロンブレードMORGEN SKY カヤックパドル 子供用パドル アルミニウムシャフト ダブルブレード 2ピース160cm 型番PD3-05vegonia(ベゴニア) 取り外し可能 非対称 アルミ カヤック パドル パドル アフロート オール イエローWERNER(ワーナー) パドル スカジッツ 2ピース ストレート 230 MC-5985AquaMarina(アクアマリーナ) iSUP用 アルミニウムカヤックパドル 4セクション
購入先 AmazonAmazon楽天AmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazon楽天Amazon楽天

まとめ

カヌーのパドルのおすすめ10選を交えて、カヌーパドルについて紹介しました。
初めてパドルを選ぶ際はメーカーやジャンルによって形状が違うのでショップで相談して検討することをおすすめします。
是非カヌーの基礎知識を学んで、お気に入りのパドル一本を選びカヌーを始めてみましょう。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。