2018年7月18日

105搭載ロードバイクの特徴と人気おすすめ10選【ロードバイク好き必見】

ロードバイクは、快適で人を楽しませる自転車です。

ロードバイクにはロングライド・ヒルクライム・トライアスロンなど色々な種類があり、用途もそれぞれ異なります。
また、メーカーによって得意な分野があるので購入時は注意しましょう。

ここではロードバイクを購入する人、もしくはワンランク上のロードバイクを購入する人に105搭載ロードバイクを詳しく紹介していきます。

関連記事はこちら↓
BH(ビーエイチ)のロードバイク人気おすすめ3選

105搭載ロードバイクとは?

ロードバイクに乗っている方は、コンポという言葉を聞いたことがあるかと思います。
コンポとは、変速機/ブレーキ/変則レバー/ボトムブラケット/ギアをまとめたものです。
コンポはシマノというメーカーがほとんどを占めており、シマノ製コンポの中でもエントリーモデルから中級モデルが主に105を使用しています。
上級モデルに劣らず、105搭載のロードバイクは、レースやロングライドにも出場できる優れたロードバイクになります。

105搭載ロードバイクの特徴

105搭載のモデルの特徴としては、動きが正確で速く、操作性に優れておりパーツの重量も軽いことが挙げられます。
長距離を走るロングライドや山道を走るヒルクライムなど、長い距離を走るときに性能に助けられます。
ロングライドやヒルクライムは、変速機のギアの切り替わりが速い105搭載モデルだと身体の負担も楽になるためおすすめです。

105搭載ロードバイク人気おすすめ10選

Giant(ジャイアント) CONTEND-SL1(CONTEND-SL1) 

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIANTのロードバイクです。
フレームはアルミでGIANTのエントリーモデルになりますが、スペックとしては申し分なく安定した走りができます。
アルミフレームなため耐久性も良く、剛性もあるためペダリングをした時に快適に走ります。
また、コストパフォーマンスに優れているためおすすめの105搭載ロードバイクです。

Giant(ジャイアント) DEFY ADVANCED2(デファイ アドバンスド2)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIANTのロードバイクです。
フレームは、カーボンでエントリーモデルになります。
カーボン製のため衝撃吸収性も強く、身体に負担がかからないのが特徴です。
また、ロングライド、ヒルクライムなどに力を発揮してくれるオールラウンドタイプにもなることからおすすめのロードバイクです。

Giant(ジャイアント) TCR SLR2(TCR SLR2)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIANTのロードバイクです。
フレームは、アルミとなっています。
TCRSLR2の特徴としてカーボンTCRの重量と剛性を再現したもので、重量がカーボンに負けず軽いです。
アルミの剛性とカーボンの衝撃吸収性も備わっている優れたロードバイクです。
上級レーサーも唸らせるほどおすすめの105搭載ロードバイクです。

Giant(ジャイアント) TCR ADVANCED2(TCR アドバンスド2)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIANTのロードバイクでフレームはアルミとなっています。
TCRシリーズの特徴として、フレームはアルミですが重量が軽い事が挙げられます。
SLR2と同じく剛性と衝撃耐久性も備わっているため、優れたロードバイクと言えるでしょう。
ロングライド、レース、ヒルクライムなどのオールランドに乗れるおすすめの105搭載ロードバイクです。

TREK(トレック) EMONDA ALR5(エモンダ ALR5)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

TREKのロードバイクでフレームはカーボンとなっています。
EMONDAシリーズでSHIMANO105搭載しており、コストパフォーマンスに優れているロードバイクとなっています。
また衝撃耐久性にも優れており、ロングライドに適しているためおすすめの105搭載ロードバイクです。

TREK(トレック) EMONDA SL 5(エモンダ SL 5) 

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

TREKのロードバイクでフレームはカーボンです。

EMONDAシリーズ特徴の、カーボンフレームなのでとても軽いです。
衝撃耐久性も備わっていおり、ロングライド、ヒルクライムに適しています。

カーボンですが、エントリーモデルになるためおすすめの105搭載ロードバイクです。

TREK(トレック) DOMANE SL5(ドマーネ SL5)

Amazonで詳細を見る

TREKのロードバイクでフレームは、カーボンです。
TREKのロードバイクのエントリーモデルは、EMONDAとDOMANEが人気です。
その理由として、SHIMANO105を搭載している点が挙げられます。
コストパフォーマンスに優れており衝撃吸収性にも優れていることから、ロングライドにも適しているおすすめのロードバイク105搭載です。

SPECIALIZED(スペシャライズド) TARMAC MEN SPORT(ターマック MEN スポーツ)

Amazonで詳細を見る

SPECIALIZEDのロードバイクでフレームはカーボンです。
世界に名を轟かせたTARMACで高性能のSHIMANO105搭載なため、とても人気があるロードバイクです。耐久性も高く、衝撃吸収性も備わっていおり、ロングライドに適しているためおすすめのロードバイク105搭載です。

SPECIALIZED(スペシャライズド) ROUBAIX ELITE DISC(ルーベ エリート ディスク)

Amazonで詳細を見る

SPECIALIZEDのロードバイクでフレームはカーボンです。
ROUBAIXの特徴として、剛性も強く路面が悪くても衝撃吸収性がありライダーに負担がかからないように設計されていることが挙げられます。
また、ロングライド、ヒルクライムなどオールランドに性能を発揮できるためおすすめのロードバイク105搭載です。

SPECIALIZED(スペシャライズド) VENGE ELITE(ヴェンジ エリート)

Amazonで詳細を見る

VENGE EILTE
CPEIALIZEDのエアロロードバイクでフレームはカーボンです。
エアローロードバイクの魅力は軽さにあります。
バイクが軽いので前に速く進めるのも特徴で、ヒルクライムとレースには一番性能が分かれます。
VENGE ELITEですが、SHIMANO105を搭載しており上級者モデルともいえますが人気がありおすすめのロードバイク105搭載です。

まとめ

ロードバイク105搭載を紹介しました。SIMANO105は、エントリーモデルから、上級者モデルまで幅広くあり、とても使いやすく色々な人に馴染みがあります。
実際に上記を参考に、自転車販売店で訪れてみましょう。

関連記事はこちら↓
トレックのロードバイク人気おすすめ6選!トレックの魅力やモデルの種類を徹底解説!

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。