ジム おすすめ
2018年7月18日

ジムの選び方のポイントと都内でおすすめのジム5選

今回はおすすめのジムについて紹介していきます。
ジムの種類やジムを選ぶ際のポイントのほか、都内にあるおすすめのジムについて詳しく書いていきますから、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

主なジムの種類とそれぞれの特徴

トレーニングなどの運動を行うジムにはどんな種類があるのか、特徴別に3種類紹介していきます。

  • 市区町村の運営する体育館のジム
  • パーソナルジム
  • 民間企業経営の総合スポーツジム

市区町村の運営する体育館のジム

1つ目は「市区町村の運営する体育館のジム」です。いわゆる公営のジムです。特徴は何と言っても料金です。2時間の利用に対して、体育館にもよりますが、400~500円ほどで利用できます。

プールも1回数百円で借りることができます。利用したいときに体育館に行ってお金を払って利用するため、会員費などは必要ありません。お金が無駄になる心配もありません。

デメリットとしては、設備のレベルが低いと言うことです。ウエイトトレーニングを目的としている人にはおすすめできません。

パーソナルジム

2つ目は「パーソナルジム」です。個人のトレーナーがついてくれるため、メニューの作成からトレーニングはもちろんのこと食事まで管理してくれます。

特徴としては自分にあったトレーニングができますし、自分のレベルに合わせたトレーニングを行うことができます。

一方デメリットとしては、料金が高いと言うことです。体育館のジムに比べるとはるかに高くなります。

民間企業経営の総合スポーツジム

3つ目は「民間企業経営の総合スポーツジム」です。代表的なジムをあげると、「コナミスポーツクラブ」です。コナミスポーツクラブは民間企業が経営しているスポーツジムで、全国各地に展開されています。特徴としては、マシンが基本的には揃っていると言うこと。ランニングマシンやプールなどが揃っています。

デメリットとしては、パーソナルジム同様に料金が高いと言うことです。

ジムの選ぶ時のポイント

ここからは、ジムを選ぶ際のポイントについて以下に3点紹介していきます。参考にしてください。

  • 通いやすい場所にあるか
  • 設備やサービスの充実度
  • 価格も重要

通いやすい場所にあるか

まずは、通いやすい場所にあるかどうかを確認してください。例えば、パーソナルジムとして代表的な「ゴールドジム」は駅の近くにありますし、体育館のジムであれば郊外でもあります。

コナミのスポーツジムも駅近だけでなく郊外にもありますから、自分の行動範囲内で通えるジムを選んでみてください。家から近い場所にあるジムや職場に近いジムをおすすめします。

設備やサービスの充実度

マシンの設備やサービスの充実度も加味してみてください。本気で筋肉をつけたい人は、体育館の公営のジムは設備に難があるためおすすめできません。一方で、軽いトレーニングやちょっと体を動かしたいと言う人は、体育館のジムでもぴったりです。

パーソナルジムが最も設備・サービスともに揃っているため、本気で筋トレをしたい人は「ゴールドジム」などのパーソナルジムがおすすめです。

価格も重要

価格も重要視してください。予算に限りがある場合には、料金が高いパーソナルジムではおすすめできません。月額1万円ほどから通えるジムもありますし、公営のジムの場合には1回数百円で使うこともできますから、予算に合わせてジムを選んでください。

利用する人はスタジオレッスンやプールの有無も

ジムによってはトレーニングの仕方を教えてくれるレッスンがあったりプールを利用できるジムがあります。プールはリハビリで使う人や有酸素運動で使う人もいます。プールはコナミのスポーツジムには併設していケースが多いため、使うことができます。

プールで泳ぎたいと言う人や、きちんとしたトレーニングが知りたいと言う人はレッスンやプールの有無も確認してみてください。

都内でおすすめのジム5選

それではここから以下の都内でおすすめのジムを5つ紹介していきます。

  • TIPNESS
  • ゴールドジム
  • コナミスポーツクラブ
  • b-monster
  • ANYTIME FITNESS

TIPNESS

1つ目は「TIPNESS」です。
全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会「NESTA」と業務提携を結んでいるティップネスには、「NESTA」の資格を持っているトレーナーが在籍しています。
そのため、トレーナーの質やレッスンの質がとても高くおすすめです。

ゴールドジム

2つ目は「ゴールドジム」です。
ウエイトトレーニングを行うためのマシンに特化していて、トレーナーの質も非常に高いです。アメリカでも人気のジムです。
ボディビルダーが通うイメージがあるため初心者や女性から敬遠されがちなのですが、スパやアメニティにも力を入れ始めたことで女性客も初心者も徐々に増えてきています。

コナミスポーツクラブ

3つ目は「コナミスポーツクラブ」です。
日本最大手のコナミスポーツクラブは、フィットネス業界における売り上げランキングでは世界で5位にランクインするほどの規模です。
カーディオやエアロビクスなどのレッスンを受けることができるため、女性にも人気です。また、スポーツジムでは珍しく行きたいときにお金を払って使うこともできるため、自由度の高さも人気です。

b-monster

4つ目は「b-monster」です。
女性を中心に人気急上昇中のニューヨークのボクササイズ(ボクシングを活用したエクササイズ)をモチーフにしているジムです。
約60分のレッスンの中で、本物のサンドバッグを大音量の音楽の中で叩くことができます。日常の生活では本物のサンドバッグを叩くことはまずないため、ストレス解消にはもってこいです。

ANYTIME FITNESS

5つ目は「ANYTIME FITNESS」です。
プールやスタジオがなく、マシンに特化した24時間いつでも使えるのが「ANYTIME FITNESS」です。1番の魅力はその店舗数です。1度入会すると、世界25ヶ国の3,000以上の店舗で特別な手続きがなくても使うことができます。値段もリーズナブルなので、利便性の高さは随一です。

Spochiおすすめプロテイン

「FASTANA」~ファスタナ~

  • プロテイン+36種類の美容成分配合
  • ダイエットにフルコミット
  • 全額返金保証付き

「FASTANA」~ファスタナ~はダイエットや美容には欠かせない、プロテイン(たんぱく質)をはじめ36種類の美容成分を贅沢に配合しております。また、ダイエット中の悩みである、便秘・肌荒れ・リバウンド。これらのすべての問題を解決してくれる、素晴らしいダイエットプロテインです。

詳細を見る

まとめ

今回はおすすめのジムの選び方や種類の他に、都内にあるジムについて紹介してきました。紹介したジムは都内だけでなく日本全国にあるジムもありますから、自分の求めるレベルや料金を気にしながら、通いたいジムを決めてみてください。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。