ジム 服装
2018年7月20日

ジムの行き帰りの服装を知ろう!【男女別に紹介!】

はじめてスポーツジムに行くとき、不安になるのが服装ですよね。
おしゃれで動きやすいのはもちろんのこと、周囲から浮かないような格好をしたいところです。
また、季節によってどんな格好をしたらよいのか?冬は長袖長ズボン?といった疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか?
ここでは、そのようなジムでの服装について色々と心配している方に参考にしてもらいたい内容になっています。

ジムの行き帰りの服装を知ろう!

以下では

  • 女性のジムの行き帰りにおすすめな服装
  • 男性のジムに行き帰りにおすすめな服装

について触れていきます。

女性のジムの行き帰りの服装

基本は4点セット

女性のジムウェアの基本は、トップス、パンツ(ボトムス)、アンダーシャツ、シューズの4点セットです。

まずは当たり前のことですが、自分に合ったサイズを選ぶことが重要です。
サイズが大きすぎたり、余裕のありすぎるウェアは動きにくいだけでなく、トレーニング器具にウェアを挟んだりするなどの危険も伴います。

トップスはこのあとに詳しく紹介しますが、動きやすいものであれば何でも構いません。
特に肩の動きやすさを考えるとTシャツやタンクトップなど、袖のないものがベストです。

パンツ(ボトムス)もこの後に紹介しますが、選ぶ基準はやはり動きやすさです。
代表的な下半身のトレーニング種目としてスクワットがありますが、このように多くのトレーニングでは膝の屈伸動作を伴います。
このことから、パンツ(ボトムス)を選ぶ際には、膝が自由に動かせるかどうかがポイントになります。

アンダーシャツの着用は汗を吸収してトップスに汗じみをつくらないのが第一の目的です。
当然トレーニングをすれば汗をかくわけですが、周囲に不快感を与えないための身だしなみには気をつけたいところですね。
また、ジムでのトレーニングには、ベンチや床(マット)に寝ながら行う種目が多くあります。
このとき、なるべくベンチなどに汗をつけないことはジムでの最低限のマナーでもあります。

このような他の利用者への配慮と動きやすさを考えると、アンダーシャツは体にぴったりとフィットしたコンプレッション系のシャツがよいでしょう。
汗の吸収・発散、ストレッチ素材での動きやすさに加え、適度に締め付けることで筋肉や関節の動きをサポートしてくれるメリットもあります。

また、女性はアンダーシャツと併用してスポーツブラも必要です。
通常のブラジャーではホックや針金などでトップスや肌を傷めてしまうこともあるためです。
また、ジムでは激しい動きをすることもあるため、スポーツブラで乳房の揺れや垂れ、形の崩れを防ぐことができます。

シューズもウェアと同様に足にぴったり合ったサイズを選びましょう。
ジムでのトレーニングはランニングなどと違い、左右への足の動きを多くなります。
もちろん通常のスポーツシューズやランニングシューズで問題ありませんが、ソールのボリュームがあったりかかとが高いようなシューズは横方向への安定性が低く、足首の怪我のリスクも高くなりますので避けたほうがよいです。

Tシャツやショートパンツが一般的

ジムでの一般的なコーディネートはTシャツ+ショートパンツです。
基本的にジムは空調によって年中一定の温度に保たれているため、季節を問わずこれが基本形となります。

Tシャツを選ぶポイントとしては、首周りや袖周りが緩すぎず、かつ袖が長すぎないことです。
首周りや袖周りに余裕がありすぎるとだらしなく見える上に、インナーが見えやすくなってしまいます。
また、袖が長いと汗をかいたときに肌に張り付いて動きにくくなるため気をつけたいところです。

パンツ(ボトムス)はショートパンツが一般的です。テレビやネットでもよく見かける格好ですが、ショートパンツ1枚だけというのは、しっかりとトレーニングをしている人以外には似合わずおすすめできません。

一般の女性はショートパンツの下にレギンスのようなアンダータイツを履くとよいでしょう。
また、トレーニング専用ボトムス(スカート)でアンダータイツのようなインナーが付いていたり、キュロットタイプのものもあります。

ジャージや長ズボンも便利

冬などの寒い時期やウォーミングアップ用として、ジャージや長ズボンがあると便利です。
Tシャツ+ショートパンツの上に着て、体温が上がって暑くなったたら脱げばよいでしょう。
そのまま着ていてもトレーニングができるよう、薄手で伸縮性のある素材のジャージや長ズボンを選びましょう。

男性のジムの行き帰りの服装

男性も基本は4点セット

男性のジムウェアも基本はトップス、パンツ(ボトムス)、アンダーシャツ、シューズの4点セットです。
女性用ウェアのところでも説明したように、大きすぎないジャストサイズのものを選びましょう。

トップスはタンクトップが多い

男性のジムウェアのトップスはタンクトップが主流です。
Tシャツのように袖が邪魔にならず、特に肩の動きやすさは抜群です。
またタンクトップのメリットとして、腕や胸が見えることによって筋肉の動きを目で見ながらトレーニングできる点もあります。
筋力トレーニングは、刺激を与えている筋肉を意識するかしないかで効果に違いが出ると言われています。
これが多くの人がタンクトップを着る理由のひとつでもあります。

タンクトップにも、普段着で着るようなタイプ、ジム専用の首周りや肩周りが大きく開いたタイプ、Tシャツの袖部分だけを無くしたようなタイプなど様々あります。
どれも好みで選べばよいですが、トレーニングの経験が浅く、それほど筋肉が大きくなっていない方は露出が少ないタンクトップを選びましょう。
このような方にはTシャツやパーカーの袖部分だけ無くした形のタンクトップがおすすめです。

アンダーウェアは着用するのがおすすめ

トップスへの汗じみやベンチへの汗移りを防ぐためにも、男性もアンダーウェアの着用をおすすめします。
ただし、タンクトップ+アンダーウェアは見た目の相性が悪いので避けましょう。
トップスにTシャツを選んだ場合はアンダーウェアの着たほうがよいでしょう。

ボトムスは好みに合わせよう

パンツ(ボトムス)は自分の好みや季節によって選びましょう。
ショートパンツは丈が短すぎるため服装マナー的に疑問がありますし、膝にかかるような長さだと膝の屈伸動作の邪魔になります。
ハーフパンツの長さは、太ももの半分から膝上までの範囲で選びましょう。

長ズボンの流行としてはスウェット生地でスリムなシルエットのジョガーパンツです。バスケットボールのジャージのように裾が広いパンツはジムでは浮いてしまいますので、迷ったらジョガーパンツ一択でも間違いありません。


ジムの服装の選び方

以下では

  • 有酸素運動をするなら、ジャージは不向き
  • アッパーは簡単に脱げる服装
  • 体温調整がしやすい服装
  • 夏用と冬用2種類を用意しておく

について触れていきます。

有酸素運動をするなら、ジャージは不向き

ジムへ通う目的がランニングマシーンやトレッドミルなどの有酸素運動がメインの場合、軽めの服装がベストです。
このような運動は20分、30分と長時間継続するため、暑くなってきたからといって途中で止めることもできません。

また、かいた汗をジャージが吸収して見苦しくなるだけでなく、肌に張り付いて動きにくくなったり、重くなったりもします。有酸素運動がメインであれば男女ともにTシャツ+ショートパンツがおすすめです。

アッパーは簡単に脱げる服装

冬などの寒い時期やウォーミングアップの際は、Tシャツやタンクトップの上にアッパー(ジャージやパーカー)を着ることもあります。

ジムでのトレーニングではすぐに体温が上がり汗をかくため、アッパーは簡単に脱げるものが最適です。
ジャージは問題ありませんが、パーカーなどの場合はフロントジッパータイプを選ぶとよいでしょう。

体温調整がしやすい服装

ジムでのトレーニング中は、負荷を増すほど体温が高くなるため、汗を吸収して体の表面の熱を効率よく逃してあげる必要があります。
ただ、ジムにいる間は頻繁に服装を替えることはできないため、保温性と放熱性の高い服装が理想的です。

綿100%のTシャツだと吸収した汗を吸収するのみで、汗をかけばかくほど不快感が増すため、トップスの生地はスポーツ用の速乾タイプ(ドライタイプ)を選ぶとよいでしょう。
また、スポーツ用のアンダーウェアは、汗を吸収して水分や熱を放出する機能に優れているため、速乾タイプのTシャツと組み合わせることによって体温調節が容易になり快適にトレーニングをすることができます。

夏用と冬用2種類を用意しておく

通常、ジムは空調によって気温が年中一定に保たれていることが多いです。
しかし、冬などは室温は暖かくても体の中は冷えているため、怪我防止の意味でもジムウェアは夏用と冬用を揃えることをおすすめします。
とは言え、夏用と冬用を完全に別にする必要はなく、冬場はTシャツの下に長袖のインナーシャツを着たり、ボトムスは夏ならショートパンツ(ハーフパンツ)、冬ならスウェットのジョガーパンツにするなどで十分です。
さらに真冬はウォーミングアップ時にアッパーを1枚着ておけばよいでしょう。

どこで買うのがおすすめ?

以下では

  • 通販なら便利に購入できる
  • しまむらやGU、ユニクロのアイテムもおすすめ

について触れていきます。

通販なら便利に購入できる

ジム用のウェアは、amazonや楽天などのネット通販で手軽に購入することができます。
販売されている商品やサイズも豊富に揃っていて、同じ商品でも価格を比べながら購入できます。
しかし、実際に手にとったり試着したりできないため、素材やサイズについては十分に気をつけて選びましょう。

しまむらやGU、ユニクロのアイテムもおすすめ

しまむらやGU、ユニクロには、ジム用にもできるスポーツ用Tシャツやショートパンツ、ハーフパンツが販売されています。

何と言っても「ジム用」と謳って販売されているウェアよりも安く購入できる点がメリットです。
また、ウェアは使用しているうちに生地が傷んだり、汗などで匂いが気になってくることもありますが、このようなファストファッションブランドであればお財布に負担をかけずに手軽に買い換えることができます。

さらに、服装の組み合わせが自由にできるため、自分の好みに合わせてコーディネートでき、他の人と服装が被りたくない方、「いかにもジムウェア」という服装が苦手な方にもおすすめです。

女性用のおすすめのジムウェア5選

(アディダス) adidas トレーニングウェア M4T グラデーション ルーズTシャツ EUC99 [レディース]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

adidas(アディダス)のおすすめレディーストップスです。
アディダスはサッカーをはじめとするスポーツ用品総合メーカーとして有名ですが、近年はフィットネス・ワークアウトウェアにも力を入れ、おしゃれなウェアが多く販売しています。
これは、フィットネス向けの「ワークアウト」シリーズの半袖Tシャツで、一見シンプルな単色かと思いきや裾に向かって微妙なグラデーションカラーになっている点がおしゃれ。
レーヨン混の素材はソフトな肌触りが特徴的で、フレンチスリーブが女性らしさを際立たせます。

ナイキ(NIKE) ウィメンズ ジム ヴィンテージ ショート 883734

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

NIKE(ナイキ)のおすすめレディースボトムスです。
見た目はとてもシンプルなショートパンツですが、素材にコットンを取り入れることで柔らかく伸縮性に富み、足の動きを妨げないためジムでのトレーニングやウォキング、ランニングにもぴったりです。
ウエストの調整は太めのドローコードを採用し、運動時でもしっかりとフィット感をキープできると同時に、お腹への食い込みも軽減されるため快適にトレーニングをすることができます。


ROXY(ロキシー)のおすすめレディースボトムスです。
ロキシーはサーフ・スノー系で女性から絶大な支持を得るブランドですが、近年はワークアウトシーンにぴったりのアパレルも多数販売するようになりました。
これは、杢調のフレンチテリーを使用したスリムフィットのロングパンツで、細すぎず太すぎず絶妙なシルエットでルーズな印象にならずに着こなすことができます。
左脚に配したロゴプリントと大きめの左右のポケットがアクセントになり、デザインも秀逸。ウェストはゴムとドローコードの2重仕立てでジャストフィットをもたらします。

[アンダーアーマー] UA HG Armour Legging レディース 1309631

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)のおすすめレディースレギンスです。
アンダーアーマーは、フィットネス・ワークアウトウェアを日本に広めたメーカーといっても過言ではありません。
そんなトップメーカーが作るアンダータイツは、4方向に柔軟に伸縮する素材を使用しながらも適度な着圧を与えて筋肉や関節の動きをしっかりとサポートしてくれます。
また、発汗による水分を効率的に排出する素材に抗菌防臭、紫外線ブロック加工などを施した高機能の生地を採用し、ジム以外でも屋外でのウォーキングやランニングにも対応します。

(シーダブリューエックス) CW-X スポーツブラ 内蔵成型カップ Yバックスタイル メッシュ素材 吸汗速乾 HTY057 [レディース]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

CW-X(シーダブリューエックス)のおすすめスポーツブラです。
CW-Xは日本の下着メーカー「ワコール」のスポーツインナー専門ブランドです。
内蔵型カップ構造でバストラインを美しく整え、前後にセンターホールを設けることで通気性を確保しています。肩甲骨の動きを邪魔しないYバックスタイルは運動時のズレ上がりを軽減させています。
生地は独自開発のメッシュ型吸汗速乾素材「クールマックス®ファブリック」を使用し、汗をかいても爽やかな付け心地をキープしてくれます。

男性用のおすすめのジムウェア5選

【ナイキ】NIKE 【ナイキ ブリーズ クールマイラーS/Sトップ】892995-010 メンズ ウェア SU18 BLACK/HTR

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

NIKE(ナイキ)のおすすめメンズトップスです。
ランニングシャツとして開発されていますが、ナイキ独自のDri-FITテクノロジーを採用した生地は柔らかく、汗を素早く蒸発させて常に快適な状態をキープしてくれます。
袖は短めなので、トレーニング中に筋肉の動きを意識しやすくさせます。
通常のTシャツよりもタイトなフィット感はジムのワークアウトシーンにぴったりマッチします。

(アンダーアーマー) UNDER ARMOUR スレッドボーン マッスルタンク(トレーニング/ノースリーブ/MEN)[1289617]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)のおすすめメンズトップスです。
UNDER ARMOURはフィットネスシーンでは絶大な人気を誇るのブランドです。
今、多くのトレーニーに人気のルーズフィットタイプのタンクトップは、動きやすくすっきりとした見た目も特徴です。
脇の開口部が大きく設けられ、腕の動かしやすさは抜群。
しっかりと筋肉の動きを意識してトレーニングできます。
ポリエステル100%の素材は、汗を素早く吸収して外部へ発散してくれるのでいつでも快適です。
しっかりと筋力トレーニングに励みたい方におすすめのトップスです。

GYMCROSS ストレッチ ノースリーブ ライトウェイト スウェット パーカー[メンズ] フィットネスウェア gc-023

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GYMCROSS(ジムクロス)のメンズおすすめトップスです。
GYMCROSSはアメリカカリフォルニアで2016年に誕生した新しいフィットネスウェア専門ブランド。
デザインも品質も良く、コストパフォーマンスに非常に優れていて人気急上昇中です。
薄手でストレッチ性の高い素材を使用したノースリーブパーカーはスタイリッシュで、タンクトップを敬遠しがちな方でも違和感なく着られると人気です。
春から秋にかけて長く着れるおすすめのトップスです。

GYMCROSS ストレッチ トレーニングウェア ライトウェイト ジョガーパンツ スキニーフィット[メンズ] ジム スウェットパンツ フィットネスウェア gc-004

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GYMCROSS(ジムクロス)のおすすめメンズボトムスです。
ストリートシーンでも人気のジョガーパンツですが、もちろんジム用のボトムスとしてももちろん最適です。
最新トレンドをしっかりと押さえた細身のスキニースタイルがおしゃれ。
普通のスウェットパンツとは違い、脚にフィットするのでシルエットが非常に良くなる上、ストレッチ素材によって脚の屈伸の妨げになりません。
ジッパー付きポケットも装備しており、ジムの行き帰りに履くことも可能です。

(アンダーアーマー) UNDER ARMOUR ヒートギアアーマーコンプレッションLSモック(トレーニング/長袖ベースレイヤー/モックネック/MEN)[1289559]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)のおすすめメンズアンダーシャツです。
日本でコンプレッションインナーを定着させたブランドUNDER ARMOURの定番のアンダーシャツです。
汗による水分を素早く吸収、発散し、通気性にも優れています。
4方向へのストレッチ性能に優れ、縫い目は限りなくフラットに近い縫製方法で仕上げるなど、動きやすさと着心地を追求しています。
季節を問わずジムで使えるおすすめのアンダーシャツです。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 (アディダス) adidas トレーニングウェア M4T グラデーション ルーズTシャツ EUC99 [レディース]ナイキ(NIKE) ウィメンズ ジム ヴィンテージ ショート 883734LOVE STRONG[アンダーアーマー] UA HG Armour Legging レディース 1309631(シーダブリューエックス) CW-X スポーツブラ 内蔵成型カップ Yバックスタイル メッシュ素材 吸汗速乾 HTY057 [レディース]【ナイキ】NIKE 【ナイキ ブリーズ クールマイラーS/Sトップ】892995-010 メンズ ウェア SU18 BLACK/HTR(アンダーアーマー) UNDER ARMOUR スレッドボーン マッスルタンク(トレーニング/ノースリーブ/MEN)[1289617]GYMCROSS ストレッチ ノースリーブ ライトウェイト スウェット パーカー[メンズ] フィットネスウェア gc-023GYMCROSS ストレッチ トレーニングウェア ライトウェイト ジョガーパンツ スキニーフィット[メンズ] ジム スウェットパンツ フィットネスウェア gc-004(アンダーアーマー) UNDER ARMOUR ヒートギアアーマーコンプレッションLSモック(トレーニング/長袖ベースレイヤー/モックネック/MEN)[1289559]
購入先 Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天

まとめ

いかがでしたか?ここではジムウェアについて詳しく説明してきました。
ここまで読めば初めてジムに行く方でも服装に関する心配は少なくなったのではないでしょうか?
自分のお気に入りの一着を見つければトレーニングに対するモチベーションも上がり、より効果も高まることでしょう。
それでは理想の体型を目指して日々のトレーニングに励みましょう!


合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。