LOOK ロードバイク
2018年7月10日

【ロードバイク】老舗メーカーLOOKの解説とおすすめ3選 

この記事では主にロードバイクを始めてみたいがどのようなモデルを選べばいいか分からないという方向けにフランスのスポーツ用自転車メーカーであるLOOK社のロードバイクを紹介します。LOOKはカーボン製フレーム製造から自転車業界に参入したメーカーで、今では多くのプロから支持を集めており、高性能のエントリーモデルも多数そろっています。そんなLOOK社の歴史やレースでの実績などを紹介するとともに同社から発売されているおすすめのエントリーモデルのロードバイクを紹介します

おすすめ関連記事↓
【安心のミヤタ!!】ロードバイク人気おすすめ9選

LOOKはフランスの自転車メーカー


LOOKはツールドフランスなど世界的な自転車レースが開催されるフランスのヌヴェールに本社を置くスポーツバイクメーカーです。創業は1951年で創業当時はカーボンフレームの製作を行っていました。フロントフォークなどを含めたフルカーボンフレームの製造に着手したのが1986年です。創業当時から培ってきた技術で自社工場でハンドメイドで仕上げるというこだわりがあります。

高い剛性と絶妙な操作感をもたらすオリジナルカーボンフレーム搭載のロードバイクはプロからも高い支持を集めます。そして現在でもプロライダーからの様々な要望に応え続けており高品質なバイクを作り続けています。またプロ向けに培った技術を入門機にも応用しました。現在はプロでも唸るようなエントリーモデルも発売されています。

LOOKがロードバイク界に起こした革命!ピンディングペダルの登場

1984年にシューズとペダルを固定するビンディングペダル「PP65」を発表します。ビンディングペダルのメリットはペダルと足が一体化するためにパワーを無駄なくバイクに伝えることができ、より早く安定した走行が可能になります。

ベルナール・イノーが同ペダルを使用して通算5度目のツールドフランス優勝を飾っています。このことがきっかけでLOOKの知名度は世界的なものとなります。またこのビンディングペダルの登場により世界中の他のメーカーもこぞって同じようなペダルを発売し、グローバルスタンダードとなりました。

ツールドフランスにおけるLOOKの功績

先に述べた通りLOOK製のバイクは世界的なバイクレースであるツールドフランスにおいても様々な功績を残しています。世界初のビンディングペダルを使用して優勝したベルナール・ルノーをはじめ、1986年に発表された同社初のフルカーボンフレームを搭載したバイクを使用したプロライダーのグレッグ・レモンはツールドフランス総合優勝を果たしています。また同大会において、LOOKは2000年から3年連続でツールドフランス山岳賞を獲得するなどその実績は折り紙付きです。

LOOKのロードバイクはオールマイティ

LOOKのロードバイクは過酷な山岳レースから普段使いまで幅広い用途に対応した製品をラインナップしています。レース向けの本格志向モデルは、フレームやホイールなどを軽量化したり空気抵抗を減らすなどスピード重視の設計になっていますが、普段使いのモデルは、レース向けのモデルに使用した技術を盛り込みつつ、剛性を高めすぎず、また低重心化を図り、ぐらつきを軽減させることで誰でも操作しやすいような設計になっています。このように幅広いユーザー層に対応している点もLOOKの特徴です。

プロのロードバイク選手も唸る造り

LOOKはプロ選手からの厳しい要望にも応え続け日々研究開発を続けています。そのなかでも創業当時からこだわってきたカーボンフレームはプロも納得のクオリティです。カーボン素材特有の高剛性や絶妙な重量比がライダーに滑らかな乗り心地や効率の良いパワー伝達、さらに抜群のスピード性能をもたらします。またLOOKは独自のハンドメイド製法で仕上げており、品質に対するこだわりがうかがえます。

機能面だけじゃない!デザインも凝っている

一般のライダーがロードバイクを選ぶ際に重視する点はその性能ももちろんですが、見た目も重要な要素ではないでしょうか。LOOKのバイクはスタイリッシュなフレームをはじめとした高いデザイン性でも人気が高いメーカーです。またカラーリングも落ち着いた黒を基調としたデザインから攻撃的な赤色など様々なバリエーションがラインナップされています。

LOOKのロードバイク人気おすすめ3選!【未経験者も安心!】

ロードバイク765 2016年モデル

LOOK(ルック) 765(765) ロードバイク 2016年 XSサイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ルックから2016年に発売された765というモデルは、長めのヘッドチューブと比較的短めのトップチューブを持っているのが特徴です。

そのため、上体が起きた楽な姿勢で乗ることができるので、ロングライドやツーリングなどを楽しみたい人におすすめです。

またフレーム素材にもこだわり、カーボンよりも衝撃吸収が優れているナチュラル・フラックス・ファイバーのフラックスプライを使用することで、衝撃吸収性能がさらに高まり、路面からの衝撃の伝わり方がよりやわらかくなっています。

サイズにはXSサイズがあるので、小柄な方や女性にも対応しています。

ロードバイク765 2016年モデルの製品仕様

ブラック 重量 7.74kg
サイズ XS 素材 カーボン

ロードバイク 566 2014年モデル

LOOK(ルック) 566(566) ロードバイク

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ルックから2014年に発売された566というモデルは、フレーム剛性がかなり柔らかく、低いのが特徴です。

そのため、加速という点では劣ってしまい、ヒルクライムやレースには向いていません。
しかし、 脚に疲れが残りにくいので、初心者の方や長距離、ツーリングを楽しみたい方におすすめできます。

また、衝撃減衰性能も優れているため、非常に上品な乗り心地となっています。ペダルの踏み味や衝撃、乗り心地がソフトなロードバイクです。

ロードバイク 566 2014年モデルの製品仕様

ホワイト 重量 8.55kg
サイズ M 素材 カーボン

ロードバイク 695SR 2013年モデル

ロードバイク 695SR

Amazonで詳細を見る

ルックから2013年に発売された695SRというモデルは剛性が高く、専用のステムとクランクが付属されるので高さの調節幅も広くなっているのが特徴です。

良いリズムで走ることができ、高速域でのバランス感が優れています。
力が逃げずにストレートに加速してくれるというメリットがあり、パワーがある方や体重が重い方におすすめです。

また、脚への反発が強いので、ペダルの回し方を覚えないと難しいという点からある程度バイクに乗り慣れた方に向いているでしょう。

ロードバイク 695SR 2013年モデルの製品仕様

ブラック 重量 6.63kg
サイズ XS 素材 カーボン

まとめ

ここまでLOOK社の創業時からの軌跡や同社のロードバイクが持つ特徴、そして初心者におすすめのロードバイクを紹介してきました。LOOK社は世界的なレースでも数々の優勝や賞を獲得するなどその技術と品質は数多くのプロライダーが証明しています。しかしプロ向けのモデルしかないというわけではありません。一般のライダーでも、ロードバイク未経験の方でも気軽に始めることができるモデルが多数そろっています。ロードバイクに不安を感じて踏み出せない方も是非この記事を参考に、LOOK製ロードバイクのこだわりの性能を体験してみてください。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。